Dr. Lonnie Smith / Breathe

Dr. Lonnie Smith (Or)
Jonathan Kreisberg (G)
Johnathan Blake (Ds)
Iggy Pop (Vo) 1, 8
Richard Bravo (Per) 1, 8
John Ellis (Ts) 2, 3, 4, 6
Sean Jones (Tp) 2, 3, 4, 6
Jason Marshall (Bs) 2, 3, 4, 6
Robin Eubanks (Tb) 2, 3, 4, 6
Alicia Olatuja (Vo) 6

Produced by Don Was
Tracks 2-7 Recorded by Geoff Countryman and Tyler McDiarmid at the Jazz Standard, New York, NY
Tracks 1 and 8 Recorded by Eric Shilling at Hit Factory / Criteria Studio, Miami, FL
Additional Engneering by Tony Fagenson at the Hut, Hollywood, CA
Mixed by Mike Marciano at Systems Two Recording Studio, Brooklyn, NY
Mastered by Ian Sefchick at Capitol Mastering, Hollywood, CA
Post-Production Teck Engineer - Patrick Cavanagh
Proudly Presented by the Blue Note/Capitol Team:
Don Was, Rachel Jones, Cem Kurosman, Justin Seltzer, Melissa Cohen, Alex Anastasi, Michael Cantor, Eduardo Ribeiro, and Francisco Marmol
(Blue Note Records 602435461762)

1. Why Can't We Live Together (feat. Iggy Pop) (written by Timmuy Thomas) 7:44
2. Bright Eyes (Live) (written by Dr. Lonnie Smith) 7:25
3. Too Damn Hot (Live) (written by Dr. Lonnie Smith) 7:33
4. Track 9 (Live) (written by Dr. Lonnie Smith) 9:43
5. World Weeps (Live) (written by Dr. Lonnie Smith) 12:04
6. Pilgrimage (Live) (written by Dr. Lonnie Smith, lyrics by Lynne Meryl Konenigsberg) 8:19
7. Epistrophy (Live) (written by Thelonious Monk, Kenny Clark) 4:22
8. Sunshine Superman (feat. Iggy Pop) (written by Donnovan) 6:37

・「Dr. Lonnie Smith / Evolution(16年、別頁あり)」「Dr. Lonnie Smith / All in My Mind(18年、別頁あり)」に次ぐ、ロニー・スミスのジョナサン・クライスバーグ、ジョナサン・ブレイクとのトリオ(他にゲストも参加)の3枚目。本作にはジョン・エリス、ショーン・ジョーンズ、ジェイソン・マーシャル、ロビン・ユーバンクスの豪華ホーンセクションや、「All in My Mind」にも参加していたアリシア・オラトゥヤが加わったNYジャズ・スタンダードにおけるライブ演奏と、ヴォーカルのイギー・ポップ、パーカッション(コンガ主体)のリチャード・ブラボー(?)が加わったスタジオ録音の2種類の音源が収録されている。
・その演奏はこれまでと同様、年齢を全く感じさせないスミスのハートフルかつダイナミックなプレイがなんと言っても素晴らしい。またクライスバーグとブレイクの、オルガントリオの伝統的なスタイルを継承しながらの、現代性を加味したプレイも非常に魅力的。
・ポップ入りの1曲目「Why Can't We Live Together」なんかは昔のサンタナ風だったりして、思わずニヤリとさせられるし、ライブの方ではトリオの面々に加えて、アンサンブルをバッチリ決めているホーン陣が、曲によってはアドリブでも熱いプレイで聴かせてくれる。ゴスペルタッチな6曲目「Pilgrimage」でのオラトゥヤのヴォーカルも好感触。
・オリジナル、既成曲問わず最高の雰囲気で楽しませてくれるし(大好きな「Epistrophy」もブレッカー・ブラザーズ風なアレンジがカッコいい)、曲ごとにリズムを変えているのも、リズム好きにとってはたまらない。終始ノリノリで聴いていたら、トータル63分があっという間に終わってしまった。
・演奏には大満足だし、録音も各楽器の音質、バランス共に良好なので、本作は5つ星にしておこう。何度も繰り返し聴いて楽しめる愛聴盤にもなりそうだ。

Evaluation ★★★★★

Breathe
Dr. Lonnie Smith
Blue Note
2021-03-26