Jeremy Pelt / Griot: This is Important!

Jeremy Pelt (Tp) except spoken commentary
Chien Chien Lu (Vib) 1, 3, 5, 7, 9, 11, 13 & 16
Victor Gould (P on 1, 3, 5, 7, 9, 11, 13 & 16, Nord Key on 14)
Vicente Archer (B) except spoken commentary
Allan Mednard (Ds) 1, 3, 5, 7, 9, 11, 13 & 16
Ismel Wignall (Per) 1, 3, 9 & 11
Brandee Younger (Harp) 13

Produced by Jeremy Pelt
Engineered and mixed by Maureen Sickler
Recorded at Van Gelder Recording Studio, Englewood Cliffs, NJ on September 14 & 15, 2020
Mastered by Katshiko Naito
Photography by Ra-Re Valverde
Graphic Design by İrem Ela Yıldızeli
Brandee Younger appears courtesy of Ipulse! Records
Jeremy Pelt plays Galileo Trumpets.
Chien Chien Lu plays Mallets by Malletech
Ismel Wignall plays Meinl Percussion
(High Note Records HCD 7341)

1. Griot - Intro (Words by Jeremy Pelt) (music with commentary) 2:59
2. Words by Paul West (spoken commentary) 0:59
3. Carry Christ Wherever You Are 6:55
4. Words by Larry Willis (spoken commentary) 0:51
5. Wnderdog 4:35
6. Words by JD Allen (spoken commentary) 1:02
7. Don't Dog the Source 6:54
8. Words by Bertha Hope (spoken commentary) 0:58
9. A Seat at the Table (Words by Bertha Hope) (music with commentary) 3:00
10. Words by Harold Mabern (spoken commentary - explicit content) 1:25 
11. Solidarity 5:41
12. Words by Rene Marie (spoken commentary - explicit content) 0:38
13. A Beautiful (F*Cking) Lie 4:57
14. In Spite of... (Words by Warren Smith)  (music with commentary - explicit content) 1:17 
15. Words by Ambrose Akinmusire (spoken Commentary) 1:09
16. Relevance 4:44
All compositions by Jeremy Pelt and published by Peltjazz Publishing

・High Noteからのジェレミー・ペルトのリーダー作を買うのは、「Jeremy Pelt/Men of Honor(10年)」「Jeremy Pelt / The Talented Mr. Pelt(11年)」「Jeremy Pelt / Soul(12年)」「Jeremy Pelt / Water and Earth(13年)」「Jeremy Pelt / Face Forward, Jeremy(14年)」「Jeremy Pelt / Tales, Musings and other Reveries(15年)」「Jeremy Pelt / #Jiveculture(16年)」「Jeremy Pelt / Make Noise!(17年)」「Jeremy Pelt / Noir En Rouge: Live in Paris(18年)」「Jeremy Pelt / Jeremy Pelt The Artist(19年)」(各別頁あり)に次いで11枚目。昨年リリースの「Jeremy Pelt / Art Of Intimacy Vol.1」も買っていればパーフェクトなのだが、ドラムレスのバラード集だったのでパスしている。
・本作は半分のトラックがポール・ウェスト等へのインタビュー・コメントなので(ペルトのしゃべりもあり)、英語が分からない身としては何を言っているのかちんぷんかんぷんだけど、演奏に関してはどの曲もシリアスで実にいい塩梅。「Jeremy Pelt The Artist」にも参加していたヴィクター・グールド、ヴィセンテ・アーチャー、アラン・メドナード、イスメル・ウィグナル(?)、チエン・チエン・ルー(台湾の女流バイブ奏者)とで、本気モードのジャズを聴かせてくれる。
・ペルトのさりげない上手さ、カッコよさは相変わらずだし、次いでスポットが当たっているルーも、同じく若手のジョエル・ロスあたりと比較しても遜色ないプレイをしているし、休んでいる場面はけっこう多いながらも、グールドのピアノも曲調にバッチリ嵌っていて流石だなあと思わせてくれる。またリズム隊もアーチャーのガッチリしたベースを土台に、メドナードがバイタリティー溢れるドラミングをしているのが聴きものだし、4曲に参加のウィグナルのパーカッション(コンガ)もいいアクセント。
・こういうモーダルな演奏は基本的に大好きなので、当然ながらルンルン気分で楽しめるのだが(曲によってはフェードアウトしているので、尻切れトンボな気がしないでもない)、音的にはドラムが奥に引っ込んだ感じのオフ気味の音で録れているのが残念。その分ソロイストのプレイが引き立つとはいえ、もう少し前面に出して、他の楽器と同じような音質で録っていれば、更にノリノリで堪能できたと思う。エンジニアがヴァン・ゲルダーのアシスタントを努めたモーリン・シックラーなので、こういう音にしたい気持ちはよく分かるけど、私としては昔のアルバムだけで十分だ。

Evaluation ★★★★☆


Griot: This Is Important!
Jeremy Pelt
Highnote
2021-02-12