Jazz & Drummer

ジャズ・フュージョンの新譜を中心に感じたままに書いている個人ブログです

キーワード:the maguire twinsを含む記事

Aaron Goldberg / At the Edge of the World

Aaron Goldberg (P)
Matt Penman (B)
Leon Parker (Ds, Vocal-Per, EmbodiRhythm)

Recorded by Mike Marsiano at Systems Two, Brooklyn NY, September 16th & 21st, 2016
Mixed by Chris Allen at Scar Sound, NYC, February 13th and March 9th, 2017
Mastered by Nate Wood, August 19th, 2017 and March 20th, 2018
Artwork & Design by Brandon Mendez / 120db Photography
Cover, Inside & Film Strip Series Photos by Alejandra Barragan
Trio Photo by alessandra Freguja
(Sunnyside SSC 1521)

1. Poinciana (Nat Simon, Buddy Bernier) 5:47
2. Luaty (Aaron Goldberg) 4:50
3. Isn't This My Sound Around Me (Bobby Hutcherson) 5:20
4. When You are Near (Bobby Hutcherson) 8:22
5. Effendi (McCoy Tyner) 5:25
6. En La Orilla Del Mundo (Martin Rojas) 4:26
7. Black Orpheus (Manha de Carnabal) (Luiz Bonfa, Antonio Maria) 5:34
8. Tokyo Dream (Aaron Goldberg) 6:15

アーロン・ゴールドバーグのリーダーアルバムを買うのは「Aaron Goldberg / The Now(14年、別頁あり)」以来。その間にも「Klemens Marktl Sextet / December(16年)」「Yotam Silberstein / The Village(16年)」「Bob Reynolds / Hindsight(17年)」「The Maguire Twins / Seeking Higher Ground(18年)」(各別頁あり)で聴いているので久しぶといった感じはしないのだが、今回はルーベン・ロジャース、エリック・ハーランドに代わり、マット・ペンマン、レオン・パーカーとのトリオ作品となっているのが興味深いところ。ペンマンは10年ぶりのリーダー作「Matt Penman / Good Question(18年、別頁あり)」はもちろん、一昨日聴いたばかりの「Antonio Sanchez & Migration / Lines in the Sand(18年、別頁あり)」でも珍しくエレベをメインに素晴らしいプレイをしていたし、ここ何年か音沙汰がなかったパーカーも、「The Humanity Quartet / Humanity(18年、別頁あり)」では相変わらずの個性的なプレイで楽しませてくれたので期待に胸が膨らむのだが、実際の演奏もロジャース、ハーランド組とはまた一味違った、ゴールドバーグの引き立て役に回っている感のある幾分控えめなプレイながらも、それぞれの持ち味は存分に発揮されていて実にいい塩梅。1曲目ではパーカーがドラムの代わりにハンドクラッピングやヴォイスパーカッションをやっているけれど、これもまたラテンタッチなアレンジの「Poinciana」にバッチリ嵌っていて、最高の雰囲気で楽しませてくれるし、ペンマンも多くの曲でソロをとっていて、特にバラードの4曲目では「こういうソロも弾ける人なんだな」と感心するほどに歌心のあるプレイで魅了させられる。もちろんゴールドバーグも、どの曲をとっても一音一音が非常に生き生きとしていて、どれだけ速いフレーズを弾いていても決して破綻することのない魅力的なピアノで聴かせてくれるのだから流石としかいいようがない。トリオとしての3人の相性はバッチリだし、選曲やアレンジのセンスの良さに加えて、動と静のバランスも良好なおかげで、トータル46分があっという間に感じられるほどに素敵な演奏を堪能できた。
ロジャース、ハーランド組との諸作品も良かったけれど、本作もゴールドバーグにしては比較的オーソドックスではあるものの、メンバーを代えたことと選曲の妙が相まって、新鮮な気持ちで楽しむことができた。録音もマイク・マルシアーノだけあって、各楽器が温かみがありながらもいい意味でクリアーだし、バランスも完璧で、オーディオ的にも満足させてくれるので、これはオマケして5つ星にしておこう。他のコンテンポラリーなピアニストとは異なり、アコピだけで勝負しているのも素晴らしい。

評価☆☆☆☆☆ (☆最悪!、☆☆悪い、☆☆☆普通、☆☆☆☆良い、☆☆☆☆☆最高!)



  

--EDIT--

The Maguire Twins / Seeking Higher Ground

Bill Mobley (Tp, Flh)except 5
Gregory Tardy (Ts, Ss)
Aaron Goldberg (P)
Donald Brown (Rhodes)11
Alan Shutaro Maguire (B)
Carl Seitaro Maguire (Ds)

Producer: Donald Brown
Executive Producer: Yuki Maguire
Recorded by Pete Matthews at Music + Arts Studios, Memphis, TN, USA in March, 2017
Mixed by Pete Matthews at High Low Studios, Memphis, TN, USA in March & April, 2017
Masterd by Dave Darlington at Bass Hit Recording, NYC, NY, USA in May, 2017
Photoguraph by Jamie Harmon, Gregory Ronnie Booze, Yuki Maguire
Album Design by Yuki Maguire, Carl Seitaro Maguire
Three Tree Records TTR1801

1. Theodicy (Gregory Tardy) 6:08
2. Hibiscus (Geoffrey Keezer) 8:24
3. The Early Bird Gets The Short End of The Stick (Donald Brown) 6:08
4. Clarity (Jon Hammar) 5:36
5. Shed (Aaron Goldberg) 6:00
6. Song for Arjun (Alan Shutaro Maguire) 6:54
7. Witch (Alan Shutaro Maguire) 4:42
8. 49th St (Bill Mobley) 5:19
9. Mid Air (Carl Seitaro Maguire & Ben Flint) 5:52
10. Machi no Michi (Carl Seitaro Maguire) 6:16
11. An Island, A Piano, and Keith (Donald Brown) 6:45
12. Someday My Prince Will Come (Frank Churchill, Arranged by Alan Shutaro Maguire) 6:50

マグワイア・ブラザーズ改めマグワイア・ツインズの母親は私と同じ秋田県出身ということで、初めてお会いした4年前から双子のカール、アラン共々親しくさせていただいているのだが、なんとこの度Three Tree Recordsというレーベルまで自分で立ち上げてしまったのだから、バイタリティー溢れる行動力には、今に始まった事ではないとはいえ驚かされる。そのレーベル第一弾が本作。双子がテクニック的なことも含めて一段とパワーアップしているのと、グレゴリー・ターディ、アーロン・ゴールドバーグの参加が相まって、18歳のときに録音したファーストアルバム「Carl & Alan Maguire / The Sound Of Music(14年、別頁あり)」を凌ぐ強力なプレイで楽しませてくれる。その演奏はハードバピッシュなものにモーダルさを加味した正統的な4ビートがメイン。1曲目から各人が快調に飛ばしていて、ノリノリで聴いているところに、「Ralph Peterson Quintet / V(88年)」に入っていて、昔から大好きだった曲「The Early Bird Gets The Short End of The Stick」が3曲目で登場するのだから嬉しくなってしまう。作曲者のドナルド・ブラウン本人がプロデューサーとしてコントロールルームから見ているためか、演奏の方もより一段と気合が入っていて、もうこの1曲だけでも幸せな気分になれるというのに、アルバムの中盤からは昨夏の来日でも演奏したカールとアランのオリジナルを堪能できるし、ターディ、ゴールドバーグ、ビル・モブレイの提供曲もどれもが素敵だし(アルバムとしての曲調の統一感もきちんと取れている)、双子が熱演しているのは当然として、聴いたことがあるのは「Donald Brown / Wurd On The Skreet(98年)」「Donald Brown / At This Point In My Life(01年)」「Continuum/Act One(07年、別頁あり)」ぐらいのモブレイも含めてメンバー全員が自分の持ち味をフルに発揮している(中でもゴールドバーグのプレイが相変わらずカッコいい)おかげで、超一流の人たちのアルバムと比べても遜色ない演奏を楽しむことができる。また録音も各楽器の音質、バランス共に上々で、選曲良し、演奏良し、録音良しの、Three Tree Records第一弾に相応しいアルバムに仕上がっている。
ジャズは昔以上にマイナーな音楽になっているけれど、カールとアランの二人の若者があえてジャズを選んだこと自体が素晴らしいことだし、生まれ持った才能なのか努力の結果なのか、テクニックや音楽性の向上も著しいので、私としては親しい間柄なのを抜きにしても、二人やレーベルオーナーである母親をこれからも応援し続けていこうと思っている。

評価☆☆☆☆ (☆最悪!、☆☆悪い、☆☆☆普通、☆☆☆☆良い、☆☆☆☆☆最高!)

Maguire Twins
Three Tree
2018-03-30


I have known The Maguire Brothers, now renamed The Maguire Twins, for four years.  I met them in Akita, Japan where I live.  Their mother is also from Akita.  I have known them as people of action and this time they surprised me by establishing their own label, Three Tree Records. 

This is their first album of the label.  The twins made big progress.  With the participation of Gregory Tardy and Aaron Goldberg, their playing is powerful and far better than their first album I reviewed.  ’ Carl & Alan Maguire / The Sound Of Music(2014).  

Their sound is mainly main stream 4 beats hard bop with somewhat modal elements.  All the artists swing hard from the opening number.  I really enjoyed listening.  Then at the third track, I came across my long time favorite tune, ‘The Early Bird Gets The Short End of The Stick’.  It was in the album of ‘Ralph Peterson Quintet / V(88)’.  Maybe because Donald Brown was watching over the musicians from the control room, they are playing even more enthusiastically.  This number alone made me so happy.

From the middle of the album, you can enjoy the originals by Carl and Alan.  I recall them playing some of those tunes when they toured Japan last summer.  The tunes provided by Tardy, Goldberg and Mobley are all so nice.  The twins play so well and so do all the other members.  Each of them fully demonstrates their abilities.  Aaron Goldberg’s play is so cool as always. Bill Mobley played very well, too.  I do not know him very well and I only heard him play in Donald Brown’s 'Donald Brown / Wurd On The Skreet(98)', 'Donald Brown / At This Point In My Life(01)', 'Continuum/Act One(2007). ' 

All and all, the musical performance standard of this album is as good as that of other top-notch artists.  

In addition, the sound quality and balance of each instrument are excellent.  The song selection, the musical performance and the recording are all very good.  This album from Three Tree Records is finished and presented as a great first product.

Jazz has become even less popular music than before.  But the fact that these two young men, Carl and Alan dared to choose jazz to play is a wonderful thing.  The rate of improvement in their techniques and musicality is remarkable.  Maybe because they are born with it and they put a lot efforts.  Even putting aside that they are my close friends, I am committed to support them and their mother who is the label owner.

Evaluation: ☆☆☆☆ Very Good
(☆☆☆☆☆Excellent,  ☆☆☆☆Very Good  ☆☆☆Good, ☆☆Fair, ☆Poor)

  

--EDIT--

↑このページのトップヘ

google-site-verification: google878c7206ee6d4f7b.html