Jazz & Drummer

ジャズ・フュージョンの新譜や好きなドラマーのことなど音楽98%、感じたままに書いている個人ブログです。

カテゴリ: 雑記

サマー・レコードコンサート2017(2017.7.22)

昨日大館市中央公民館で行われた大館ジャズクラブ主催のサマー・レコードコンサート(サックス特集)に当方が持参したCDは下記のとおり。今回はここ1~2年の新譜だけではなく、超名盤のXRCDも、JBLパラゴンや会員自作のアンプで鳴らすとどういう音がするのか聴いてみたくて2枚持って行きました。

           記
1.Dayna Stephens / Gratitude
3曲目「Amber is Falling」
2.Ondřej Štveráček Quartet feat. Gene Jackson / Sketches
1曲目「Song Nr. 226」
3.Dan Pratt / Hymn for the Happy Man
1曲目「Gross Blues」
4.Jacam Manricks / Chamber Jazz
1曲目「Thread」
5.Jon Irabagon featuring Tom Harrell / Behind The Sky 
2曲目「The Cost Of Modern Living」
6.Art Pepper / meets The Rhythm Section (XRCD)
1曲目「You'd be So Nice to Come Home to」
7.Sonny Rollins / Saxophone Colossus (XRCD)
1曲目「St. Thomas」   

--EDIT--

スプリング・レコードコンサート(2017.4.15)

毎年1月に開催しているレコードコンサート(大館ジャズクラブ主催)を、今年から春夏秋冬の年4回実施することとなり、その第一弾としてスプリング・レコードコンサートが、昨日大館市中央公民館にて行われました。今回はジャズピアノをテーマに、各自が持参したピアノトリオを主体とした新旧のアルバムを3時間に渡ってたっぷりと堪能。会員A氏が製作持ち込みの真空管アンプ等のおかげで、会場備え付けのJBLパラゴンもこれまでになく良い音(音楽的な)で鳴ってました。
 
当方が持参した7枚のCDうち、視聴したのは下記の5枚。ここ2~3年の新譜から選びました。
 2曲目 Sushi
 9曲目 One's a Crowd
 2曲目 Old City
 4曲目 Medley: La plus lente que lente / La moins que lente
 7曲目 Twelve Tone Rag

次回サマー・レコードコンサートの開催は7月中旬の土曜日(15日の予定)、サックス(クラリネットも含む)特集に決定です。会員以外の方もお気に入りのCD・LPを持参の上、是非ご参加ください。  
  

--EDIT--

ニューイヤー・レコードコンサート2017(2017/1/21)

毎年恒例のニューイヤー・レコードコンサート(大館ジャズクラブ主催)が、大館市中央公民館にて開催された。今回も「昨年のベストアルバム・私の愛聴盤を聴こう」をテーマに、会員や一般参加者持ち寄りのCDやLPを、3時間に渡ってたっぷりと堪能。当方持参のCDは下記の通りです。

   3曲目「Walkin' The Walk」
 1曲目「Five」 
 1曲目「Circuit」
 1曲目「MD66」
 1曲目「Magic Dance」
  

--EDIT--

‪#‎私を構成する9枚‬

Facebook、Twitter、Instagramには既にアップ済みだけど、私を構成している(現在の音楽的嗜好の基となっている)のは以下の9枚ということで、参考までにブログにも記しておきます。

1.John Coltrane / Live at Birdland
2.Miles Davis / Four & More
3.Chicago / 栄光のシカゴ(別頁あり)
4.Santana / Caravanserai(別頁あり)
5.Beck, Bogert & Appice / Live in Japan
6.Bob James / One(別頁あり)
8.Herbie Hancock / Headhunters(別頁あり)
9.Chick Corea / Friends(別頁あり)
  

--EDIT--

ニューイヤー・レコードコンサート2016(2016.1.23)1

毎年恒例のニューイヤー・レコードコンサート(大館ジャズクラブ主催)が、大館市中央公民館にて開催された。今回も「2015年のベスト盤・私の愛聴盤を聴こう」をテーマに、会員や一般参加者持ち寄りのCDやLPを、3時間に渡ってたっぷりと堪能したのだが、会員A氏が前日にようやく完成させたという管球式パワーアンプ(ノイマンのカッテングアンプに使用されているEL156という真空管を使ったアンプだそう)のおかげで、昨年以上に素晴らしい音で楽しむことができて、音的にも大満足だった。

当方が持参したCDのうち、視聴したのは以下の2枚。
  3曲目「Dutch Blues」
  10曲目「Amethyst」

ニューイヤー・レコードコンサート2016(2016.1.23)2
ニューイヤー・レコードコンサート2016(2016.1.23)3

 
  

--EDIT--

↑このページのトップヘ

google-site-verification: google878c7206ee6d4f7b.html