Jazz & Drummer

ジャズ・フュージョンの新譜を中心に感じたままに書いている個人ブログです

カテゴリ: 雑記

オータム・レコードコンサート2018(2018.10.20)1

昨日大館市中央公民館で行われた大館ジャズクラブ主催のレコードコンサートに当方が持参したCD(ここ1~2年の新譜)は下記のとおり。
今回はドラム特集だったので、自分のCDをかける前に10分ぐらいジャズドラマーの歴史と特徴を簡単に解説させていただいた。

1. Antonio Sanchez / Channels of Energy(アントニオ・サンチェス)
   CD2、4曲目「Channels of Energy」
   (CD1、4曲目「The Real McDaddy」をかけるつもりが間違ってしまった)
2. Joey Alexander / Eclipse(エリック・ハーランド)
   4曲目「Moment's Notice」
3. Edward Simon, Scott Colley, Brian Blade / Steel House(ブライアン・ブレイド)
   2曲目「What If?」
4. Miki Yamanaka / Miki(ビル・スチュワート)
   7曲目「A Fake Hero」
5. Ari Hoenig / NY Standard(アリ・ホーニグ)
   2曲目「Bessie's Blues」
6. Theo Hill / Interstellar Adventures(ルディ・ロイストン)
   5曲目「The Comet」
7. Mark Guiliana Jazz Quartet / Jersey(マーク・ジュリアナ)
   3曲目「Our Lady」
(6、7は時間の関係でかけることができず)
オータム・レコードコンサート2018(2018.10.20)2


  

--EDIT--

サマー・レコードコンサート2018 (2018.7.14)1

昨日大館市中央公民館で行われた大館ジャズクラブ主催のサマー・レコードコンサート(ギター特集)に当方が持参したCD(ここ1~2年の新譜)は下記のとおり。
今回は会員A氏の自作アンプに加えて、CDプレーヤーも会員S氏のTRIGONに替えたので、パラゴンが今まで以上に良い音で鳴ってくれました。

  3曲目「Blues Mind Matter」
  1曲目「Time Line」  
  CD2の2曲目「Let Loose」
  2曲目「Miles Beyond」
  5曲目「April in Paris」
6. Russell Malone / Time for the Dancers(時間の都合でかけず)
7. Oregon / Lantern(時間の都合でかけず)

サマー・レコードコンサート2018 (2018.7.14)2

サマー・レコードコンサート2018 (2018.7.14)3
  

--EDIT--

スプリング・レコードコンサート2018(2018.4.14)

昨日大館市中央公民館で行われた大館ジャズクラブ主催のスプリング・レコードコンサート(ベース特集)に当方が持参したCDは下記のとおり。ここ1~2年にリリースされたベーシストのアルバムから選定しました。

  6曲目「Eye of the Hurricane」
  6曲目「Evening Song for B」
  3曲目「Walkin' the Walk」
  6曲目「Bridge of Dawn」
  3曲目「Tempei Tempo」
  3曲目「Youthful Bliss」
  7曲目「Someday My Romance Will Come」
  

--EDIT--

ニューイヤー・レコードコンサート2018

昨日大館市中央公民館で行われた大館ジャズクラブ主催のニューイヤー・レコードコンサート(2017年のベスト盤・愛聴盤特集)に当方が持参したCDは下記のとおり。

1. Alex Sipiagin / Moments Captured
  6曲目「Bergen Road」
2. Billy Childs / Rebirth
  1曲目「Backwards Bop」
3. George Colligan / More Powerful
  5曲目「More Powerful Than You Could Possibly Imagine」
4. Blue Note All-Stars / Our Point of View
  Disc1の5曲目「Witch Hunt」(時間が足りなくて掛けることができず)   

--EDIT--

レココン(2017.10.21)

大館ジャズクラブ主催によるオータム・レコードコンサートが昨日大館市中央公民館にて開催された。今回はトランペット&トロンボーン特集。当方が持参したCDと掛けた曲は下記のとおりだが、真空管アンプの自作マニアである会員A氏が最近嵌っているトランジスタアンプと新譜との相性も音質的に硬めであるも悪くはなく、スピーカーがJBLパラゴンなのも相まって、自宅で聴くのとはまた一味違った雰囲気で楽しむことができた。

            記
    6曲目「L's Bop」
    7曲目「Evolution」
    4曲目「Blues for Mike」
    CD1、6曲目「Lone Wolf」
    1曲目「Moving Picture」
6.Miles Davis Quintet / Relaxin' (XRCD)
    1曲目「If Were a Bell」
7.Miles Davis In Concert / My Funny Valentine
    1曲目「My Funny Valentine」 
  

--EDIT--

↑このページのトップヘ

google-site-verification: google878c7206ee6d4f7b.html