Jazz & Drummer

ジャズ・フュージョンの新譜を中心に感じたままに書いている個人ブログです

カテゴリ: 楽器

Istanbul Agop Custom Series Turk Jazz Ride 22”を購入1

サイドシンバルとして先月購入したMEINL Byzance 20" Vintage Pure Light Ride(別頁あり)は、期待していたクラッシュ音の「バシャーン」が出なくてちょっと失敗(チップ音の「コツコツ」は狙いどおりだったけど)。あの値段でそういう音が出てくれればラッキーだったんだけどね。仕方がないので本命であるIstanbul Agop Custom Series Turk Jazz Ride 22”を、トップ用でとうとう買ってしまった。
まだドラムセットでは試していないけど、極小音量で叩いても「バシャーン」が出ることはよく分かるし、雑味のある倍音を伴った「コツコツ」音も理想とするところなので、下手くそながらもこれまで以上に表情豊かなドラミングができるのではと思っている。
これで22”の所有シンバルは3枚。KジルのLight Rideは古いジャズやヴォーカルものをやるときに。コンスタのMedium Thin Ride Low(別頁あり)やこのTurk Jazz Rideはもっと新しめのジャズをやるときにと、TPOに応じて使い分ければ色々な演奏に対応できるだろう。
ちなみに重量は2,172g。持った感じはLight Rideよりも軽いので参考までに。

IMG_9005

Istanbul Agop Custom Series Turk Jazz Ride 22”を購入3
  

--EDIT--

VIC FIRTH American Classic 5A、85Aを購入

今年はSD2 Bolero(別頁あり)をメインでいきたいと思っていたのだが、やはり日によっては太く感じることがあるので、予備のスティックとしていろいろ試してみたら、訳あって持ち方を変えている現在の指にはレギュラー、マッチド共にAH5A(別頁あり)がベストマッチング。ならばヒッコリー版のAmerican Classic 5Aの方はどうかと思って古いやつを引っ張り出してみたけれど、どれもがチップが欠けたり歪んでいたりで使いものにならないので、30年ぶりぐらいに購入。また細めの85A(別頁あり)も、前のドラムセットを売るときにオマケで付けたものの、マーク・ジュリアナの動画を観る度に気になってしょうがないので買い直した。
音的にはSD2が好きだけど、スタンダードなAタイプの方がコントロールしやすいので、しばらくはこれらをTPOに応じて使い分けていくとしよう。
  

--EDIT--

MEINL Byzance Vintage 20

「コツコツ」としたライド音で、ビルスチュ的な「バシャーン」というクラッシュ音がするドライ系のシンバルを兼ねてから欲しいと思っていたところ、たまたま見ていた某サイトの在庫処分品としてMEINL Byzanceシリーズの20" Vintage Pure Light Ride が格安で載っていたので衝動買いしてしまった。まだドラムセットに組んでは叩いていないけど、その結果は半分当たりで半分ハズレといったところかな。やはり安いのにはそれなりの理由があるようだ。
私は昔からZildjian派なのだが、ここ数年は他メーカーのシンバルにも魅力を感じるようになっているので、いつの日か本命であるIstanbul AgopやBosphorusも買えればなあと思っている。
MEINL Byzance Vintage 20
MEINL Byzance Vintage 20
  

--EDIT--

VIC FIRTH SD2 Boleroを新調

ブライアン・ブレイドを観たり聴いたりすると無性に使いたくなるSD2 Boleroだけど、5年前に購入したもの(別頁あり)はチップが擦り減ったりリムショットでボコボコになったりとだいぶへたってきたので、新たに3セット購入した。以前のやつはVIC FIRTH50周年の焼印が入っていて、それはそれで希少価値があったのだが、ワタシ的にはやっぱり普通のマークの方が好き。相変わらずのスティック泥沼だけど、今年はSD2 Boleroをメインでいきたいと思っている。
  

--EDIT--

スネアスタンド YAMAHA SS3を購入

先月購入したYAMAHAの軽量ハイハットスタンドHHS3(別頁あり)が非常に気に入ったので、見た目を合わせるために同じくアルミ製のスネアスタンドSS3も買ってみたけれど、TAMAのクラシックタイプのHS50S(別頁あり)よりもパイプが太い分安定感があるし(重量は逆に200グラム軽い)、これまで愛用していたYAMAHA SS740A(別頁あり)と同じ構造で使いやすいので、これにして正解だった。
シンバルスタンドはTAMA HC52F×3本(別頁あり)で満足しているし、予備でDW-6710UL(別頁あり)も持っているので、スタンドの軽量化はこれにて終了。あとはシンバルや小物を除き、楽器買いには終止符を打とうと思っている。
  

--EDIT--

↑このページのトップヘ

google-site-verification: google878c7206ee6d4f7b.html