Jazz & Drummer

ジャズの新譜を中心に感じたままに書いてます

カテゴリ: 楽器

Zildjian K KEROPE 20

KEROPE 22"(別頁あり)の温かみのある音が最高に気に入ったので、音質と見た目を合わせるために、同じく店頭展示品処分特価の20”もサイド用として購入。これで基本の3シンバルはHHのボトムを除いて全てがKEROPEとなるのだが、本当に欲しいHHは同じKジルでもCONSTANTINOPLEの方だし、右サイド用やエフェクト系等、他にも気になっているシンバルがあるので、これからもコツコツと集めていこうと思っている。

Zildjian K KEROPE 20

Zildjian K KEROPE 20
  

--EDIT--

VIC FIRTH American Classic 8Dを購入

10年ぐらい前まで7Aと共に愛用していた8Dを買い足し。
個体差なのかちょっと重く感じるけれど、やっぱり新しいスティックは気持ちがいいね。
しばらくはこれとSD2 Bolero、ナイロンチップのMJC5をTPOに応じて使い分けてみよう。

  

--EDIT--

Zildjian K KEROPE 22

ここ数年トップシンバル買いがエスカレートしているのだが、今年に入ってから購入したIstanbul Agop Custom Series Turk Jazz Ride 22”(別頁あり)はクラッシュ音が気に入っているものの、肝心のライド音が倍音の高域成分が少ないためにピッチが低く聴こえて、バンドで演奏しているときに他の楽器の音に埋もれてしまいがちなので、他に何かいいシンバルがないかなと物色していたところ、以前から気になっていたKEROPE 22"が店頭展示品処分特価で出ていたので、売れてしまったり消費税が上がる前にと思って購入した。
KEROPEは同じKジルでも、Constantinople Medium Thin Ride Low(別頁あり)やLight Rideよりも温かみのある音がするのが特徴。重量が2,296gとKEROPEの中では軽いわりにはチップ音と倍音のバランスは良好だし、軽い分クラッシュ時の立ち上がりも速くて、重目のシンバルや厚目のシンバルのような「グワーン」ではなく、「バシャーン」系の音がするのも私好み。ただしTurk Jazz Rideのピッチを少しでも高くしようとしてここ1~2ヶ月愛用しているナイロンチップのスティックVIC FIRTH Modern Jazz Colection MJC5(別頁あり)との相性はイマイチだけどね。他のシンバルでもそうなのだが、ナイロンチップだと「コツコツ」ではなく、「チンチン」「シンシン」系の音になってしまうので、MJC5と同じ寸法のウッドチップAmerican Classic 8Dにするか、あるいはもっとコツコツ音を強調したいときにはより雑味の少ないSD2 Bolero(別頁あり)Peter Erskineモデル(SPE、別頁あり)YAMAHAのYCS-MO2(大坂昌彦モデル、別頁あり)あたりに替える必要がありそうだ。

Zildjian K KEROPE 22
  

--EDIT--

VIC FIRTH Modern Jazz Colection MJC5を購入1

3種類持っているVIC FIRTHのModern Jazz Colectionシリーズ(別頁あり)だけど、先日インスタグラムにアップされたVIC FIRTHの動画を見たら、グレゴリー・ハッチンソンがMJC1ではなくMJC5を使っていたので試し買いしてみた。でも握った感触になんとなく覚えがあるので調べてみたところ、以前愛用していたAmerican Classic 8Dとサイズ(太さ1.37cm、長さ40.64cm)もテーパーの形状(ミディアム)も全く一緒なんだね。違うのはチップがナイロンということのみだけど、8Dにもナイロンチップはあるし、ヒッコリー製なのも同様なので、もしかすると他の部分を微妙に変えているのかもしれない。
ナイロンチップのスティックは、ケンドリック・スコットの影響でVATERのAmerican Hickory SwingManhattan 7A(各別頁あり)も所有しているので、これで3本目。私はコツコツしたライド音が好きなので、そういう音を出しやすいウッドチップをこれまでずっと使ってきたのだが、最近はあまり拘らなくなっている。

〈7/23追記〉
細めのスティックはこれに決定!
ということで、もう2セット追加注文。

VIC FIRTH Modern Jazz Colection MJC5を購入2
  

--EDIT--

ドラムスツール YAMAHA DS840を購入

持ち運びの軽量化を計ってここ4年ぐらい使っているドラムスツールYAMAHA DS750(別頁あり)は、シートが硬くて座り心地がイマイチなのと安定性にも欠けるので、昔20年以上愛用していたダブルレッグの現行品YAMAHA DS840を買ってみた。この手のやつはPearlの旧型も持っているのだが、家で練習台を叩くときに使っているし、シンバルを除くドラムセットの全てをYAMAHAに統一したかったので買い足した次第。
重量は5.3kgとかなり重くなってしまったけど、柔らかめのシートの方が自分には向いているし、フットペダルやハイハットべダルも踏みやすく感じるので、今後のドラミングが僅かながら向上するのではと思っている。

ドラムスツール YAMAHA DS840を購入2
  

--EDIT--

↑このページのトップヘ

google-site-verification: google878c7206ee6d4f7b.html