Jazz & Drummer

ジャズ・フュージョンの新譜や好きなドラマーのことなど音楽98%、感じたままに書いている個人ブログです。

カテゴリ: 楽器

スネア用ヘッド、スティック、ワイヤーブラシを購入1

1.スネア用ヘッド EVANS UV1
謳い文句によると、耐久性の高い新開発のUVコーティングを施しているとのことなので、興味津々買ってみた。バンドの練習でさっそく使ってみたけれど、REMOのコーテッド・アンバサダーと比べると倍音が少ない印象。エッジ部分やフープにコーディングが施されていないためか、ヘッドを張っていっても「ミシミシ」いわないし、コーティングの粒子も細かいので、新品でもブラシの引っ掛かりが少ないのが利点ではあるけれど、ハイチューニングにしてもトーンが太めなのには違和感を感じなくもない。EVANSのヘッドは昔も使ったことがあるけれど、私にはREMOの方が合っているようだ。
2.スティック VATER Manhattan 7A(ナイロンチップ)
ウッドチップのManhattan 7A(別頁あり)は持っているけれど、最近のケンドリック・スコットは同じVATERのAmerican Hickory Swing(別頁あり)のナイロンチップからこちらの方に替えたようなので、どんな感じかなと思って買ってみた。でもナイロンチップだとライドシンバルの音が綺麗すぎるんだよね。同じクリアー傾向でも、私としてはチップが小さいボール状のVIC FIRTH SD2(Bolero)Peter Erskine (SPE)モデル、あるいはYAMAHAの大坂昌彦モデル YCS-MO2(各別頁あり)の「コツコツ」する音の方が好きだ。
3.ワイヤーブラシ REGAL TIP 583R
スネアのヘッドを張り替えたついでにワイヤーブラシも2年ぶりに新調。でもメッキが剥がれるのかサビが浮いてくるのか分からないけれど、1~2ヶ月もするとブラシや金属の棒の部分が黒ずんでしまうだよね。もしかするとほとんど車に積みっぱなしなのが原因かもしれないけれど、この583Rだけでも既に5本も買っている。それはさておき仕様変更でもしたのか、これまでは白文字(別頁あり)だったものが金文字に変わっているのと、新たにClassicという文字も入っているのは入手してから気がついた。
スネア用ヘッド、スティック、ワイヤーブラシを購入2

  

--EDIT--

シンバルスタンドDW-6710ULを購入3

ハードウェアケース軽量化の第4弾として、ドラムスローン(YAMAHA DS750)、フットペダル(YAMAHA FP8500BDW-6000AX)、ハイハットスタンド(DW-6500UL)(各別頁あり)に次いで、シンバルスタンドDW-6710ULもとりあえず1本だけ購入した。
この6710ULはHHスタンドの6500ULと同様、フラットベースだしパイプも極細なので、脚をバスドラムの胴にぶつけてしまってキズをつけることなくスネア側に引き寄せできるのと、シンバルの鳴りもよりナチュラルなものへと変化するのが利点。見た目はレトロだが、昔のスタンドとは違ってひ弱な作りでは決してないので、ネジがバカになったり緩んだりして演奏中にシンバルが傾いてしまう心配はないだろう。重量は今使っているYAMAHAのスタンド(CS750)の半分ぐらいと思われる約1.3Kgなので、残りの2本もこれにして、スネアスタンドも同シリーズのDW-6300ULに換えれば、車への積み下ろし等だいぶ楽になる。

シンバルスタンドDW-6710ULを購入2
シンバルスタンドDW-6710ULを購入3

  

--EDIT--

fp1

ここ1~2年使っているフットペダルYAMAHA FP8500BSpeed Star Bearingに交換済み、別頁あり)に特に不満はないのだが、dwのハイハットスタンド 6500UL(別頁あり)と見た目を揃えたくて、新たにDW-6000AXを購入した。
こちらの方にもさっそくSpeed Star Bearing(SS-5000)を取り付けたけど、踏み心地に程よい重さがありながらもスピーディーに反応してくれて(オリジナルの状態だとビーターの動きが鈍く感じる)、実にいい塩梅。YAMAHAと同様アンダープレートなしなので、DW-9000PB(別頁あり)と比べると当然ながら持ち運びの重量が軽いし、レトロ感たっぷりのシングルチェーン・ドライブなのも気に入っている部分。付属のビーターだけは純ジャズとの相性がイマイチなので、普通のもの(写真はDWSM103だが、もっと柔らかい音がするYAMAHA BT610AもTPOに応じて併用する予定)に替えている。
fp2
fp3
fp4
 
  

--EDIT--

VIC FIRTH VIC-RUTE505を購入1

PROMARKのHot RodsやCool Rods(別頁あり)はスティックと比べると軽やかな音がするけれど、音色が明るめで硬質なのがイマイチ気に入らないし、同じくPROMARKのBroomsticks(箒、別頁あり)はまろやかな音がするのはいいけれど、シンバルでリズムを刻んでも聴こえにくいのが欠点ということで、デイヴ・ウェックルが叩いているYouTube動画を参考に、VIC FIRTHのプラスティックブラシVIC-RUTE505を買ってみた。
昨日バンドの練習があったので、さっそくサンバ調の曲で試してみたけれど、輪ゴムがデフォルトの位置の場合はHot Rodsに近い感じ、手元の方にずらした場合は幾分ソフトと、2種類の音を使い分けできるのは便利なものの、叩いている最中にグリップ部分も曲がるのには違和感を感じるし、ダイナミクスも意外と付けにくくて、ロッズ系はこれ一本でOKという気にはならなかった。それぞれが一長一短あるので、普通のスティックと同様、そのときの気分や演奏場所、音楽との相性に応じて使い分けていこうと思う。
VIC FIRTH VIC-RUTE505を購入2
 
  

--EDIT--

hh1

ハードウェアケースをPearlの特注品ハードケースからPROTECTIONRACKETの5038W-01(別頁あり)に替えてからは、重量が軽くなって持ち運びもだいぶ楽になったのだが、それでも日によっては重く感じることがあるので、ドラムスローンをYAMAHA DS750(別頁あり)に、またフットペダルもYAMAHA FP8500B(別頁あり)にした次第。シンバルスタンドは軽量タイプのYAMAHA CS750が3本、ハイハットスタンドもYAMAHA HS740Aなので、これ以上軽くするためにはフラットベースタイプのものに変更するしか方法はなく、各メーカーを検討したうえで、手始めにDWの超軽量ハイハットスタンド6500ULを買ってみた。
先日ジャズバンドの練習があったのでさっそく踏み心地を試してきたけれど、スタンドがフラフラ揺れはするも脚部には安定感があるし、ピンを出さなくても逃げてはいかないし、10年以上使ってもなかなか良い音がしないKジルのハイハットが、まるでオールドKのような味わいのある音色に変わったし、Pearlのセッティングマットのハイハット用のゴムマットに脚もギリギリ乗っかって実にいい塩梅。踏んだ感触には少々の違和感を感じるけれど、これは使っているうちに慣れてくるだろう。
レトロ臭がプンプンするフラットベースだが、高校の吹奏楽部時代に使ったことがある貧弱で壊れやすいものとは異なり、さすがに現代版は全くの別物に進化しているので、更なる軽量化を図ってシンバルスタンドやスネアスタンドもDWの6000ULシリーズに徐々に替えていき、この際なのでフットペダルも6000AXにしてDWで統一させようかなと考えている。
hh2
 
  

--EDIT--

↑このページのトップヘ

google-site-verification: google878c7206ee6d4f7b.html