Jazz & Drummer

ジャズ・フュージョンの新譜を中心に感じたままに書いている個人ブログです

カテゴリ: 楽器

VIC FIRTH SD2 Boleroを新調

ブライアン・ブレイドを観たり聴いたりすると無性に使いたくなるSD2 Boleroだけど、5年前に購入したもの(別頁あり)はチップが擦り減ったりリムショットでボコボコになったりとだいぶへたってきたので、新たに3セット購入した。以前のやつはVIC FIRTH50周年の焼印が入っていて、それはそれで希少価値があったのだが、ワタシ的にはやっぱり普通のマークの方が好き。相変わらずのスティック泥沼だけど、今年はSD2 Boleroをメインでいきたいと思っている。
  

--EDIT--

スネアスタンド YAMAHA SS3を購入

先月購入したYAMAHAの軽量ハイハットスタンドHHS3(別頁あり)が非常に気に入ったので、見た目を合わせるために同じくアルミ製のスネアスタンドSS3も買ってみたけれど、TAMAのクラシックタイプのHS50S(別頁あり)よりもパイプが太い分安定感があるし(重量は逆に200グラム軽い)、これまで愛用していたYAMAHA SS740A(別頁あり)と同じ構造で使いやすいので、これにして正解だった。
シンバルスタンドはTAMA HC52F×3本(別頁あり)で満足しているし、予備でDW-6710UL(別頁あり)も持っているので、スタンドの軽量化はこれにて終了。あとはシンバルや小物を除き、楽器買いには終止符を打とうと思っている。
  

--EDIT--

HHスタンド1

軽量のHHスタンドはdw 6500UL(別頁あり)TAMA HH55F(別頁あり)を持っているけれど、どちらもフラットベースで、床が平らでないとグラついてしまうので、YAMAHAから発売されたばかりのHHS3を買ってみた。
写真で見るとカメラの三脚みたいでカッコ悪いのだが、実物はそれほどでもなく、10分も見ていたらすぐ慣れる。脚だけではなく、パイプの上下もアルミ製なのがHH55Fよりも100グラム軽い理由(重量2.2Kg)。フラットベースではなく普通の三脚なのと、パイプが太いことが相まって、安定性はこれまでメインで使っていたYAMAHA HS740Aと同等なのが利点。初めて踏んだときにキーキー音が鳴って、ずいぶん品質が悪いなあと思ったけど、潤滑油を注してみたらピタリと収まったのでホッとする。スプリングのテンション調整機構がないことや(あとメモリークランプも)、ツインペダル使いの人は三脚部分が回転しないので思い通りにセッティングできないのが欠点だけど、同じくシンプル設計で、よくライブをやる店に置いてあったHS600シリーズに慣れている私にとっては無問題。あとはアルミの耐久性がどうかということだけだが、付属のインナーバッグ(保護袋)に入れて運搬することにより、とりあえずキズはつきにくいと思うので、特に気にする必要はないだろう。
HHスタンド2

  

--EDIT--

VATERのスティックSwingとPROMARKのナイロンブラシB400を購入1

今週土曜日のライブはピアノが生音なので、小音量ドラミング用として細めのスティックVATER Swingを買い足し。またスネアのヘッド(REMO)を張り替えたばかりなので、金属製のワイヤーブラシのように擦ったときにコーティングのザラザラに引っかかってプレイに支障をきたすことのないようPROMARKのナイロンブラシB400も合わせて購入した。
ナイロンブラシは大昔のPearlのやつと、一昔前のVIC FIRTHも持っているけれど、どちらもグリップ、ブラシの径が太すぎるのと、VIC FIRTHに関してはブラシの引き出し部分に隙間があって、左右に振るとカタカタ音までするので、数回の練習に使っただけでオクラ入り。でもこのPROMARKはグリップもブラシも細目にできているし、作りもしっかりしているので、これからはTPOに応じて普通のワイヤーブラシと併用していけそうだ。

VATERのスティックSwingとPROMARKのナイロンブラシB400を購入2
  

--EDIT--

TAMA The Classic Stand Hardware Kit HC4FBを購入1

TAMAのフットペダルThe Classic Pedal HP50(別頁あり)とシンバルスタンドThe Classic Stand HC52F(別頁あり)が非常に気に入ったので、同じシリーズのハイハットスタンドHH55F、スネアスタンドHS50SとシンバルスタンドHC52F×2本がセットになっていてキャリングバッグも付いているThe Classic Stand Hardware Kit HC4FBを購入。バンドの練習でさっそく使ってみたけれど、ハイハットスタンドはdwのフラットベースDW-6500UL(別頁あり)よりも踏み心地がいいし(チェーン部分につま先が接触するのを防止するガードが付いていたり、収納時にラジアスロッドをフットプレート内側に固定できるのも有難い)、スネアスタンドも昔のもの(高校時代に吹奏楽部で使っていたやつ)とは違って剛性が高いし安定感もあって、これは買って大正解だった。
HC4FBのキャリングバッグ込みの重量は実測で8.1キロと超軽量。バッグにはシンバルスタンドがもう1本入るぐらいの余裕があるし、無理すればフットペダルも入りそうな感じなのだが、その他にドラムスローンもあるわけだし、手で持ったり肩に担いだりするよりもキャスター付きのケースの方が運搬が楽なので、結果的にはPROTECTIONRACKET 5038W-01(別頁あり)に全部入れて、キャリングバッグは別の用途で使うことにした。

TAMA The Classic Stand Hardware Kit HC4FBを購入2
TAMA The Classic Stand Hardware Kit HC4FBを購入3
TAMA The Classic Stand Hardware Kit HC4FBを購入5
TAMA The Classic Stand Hardware Kit HC4FBを購入4
  

--EDIT--

↑このページのトップヘ

google-site-verification: google878c7206ee6d4f7b.html