Jazz & Drummer

ジャズ・フュージョンの新譜や好きなドラマーのことなど音楽98%、感じたままに書いている個人ブログです。

カテゴリ: 懐かしの一枚(LP)



Anthony Braxton(Reeds,Per)
Chick Corea(P)
David Holland(B,Cello)
Barry Altschul(Ds,Per)
Rec. February 21,1971,Paris (CBS SONY SOPJ19-20)

生まれて初めて買った2枚組のLPは、確かマイルスの「ビッグファン」だったと思う。高校3年の時なのだが、当時はそうそう簡単にLPを買えるはずもなく、特に2枚組を買うのにはかなりの勇気が必要だった。
ちょうど時期を同じくして友人が買ったのがこの「サークル/パリ・コンサート」。お互いの家で聴き合っているうちに、友人はマイルスの方が良いと言うし、私は逆にサークルの方が気に入って、思い切って交換したという経緯がある。長いジャズ聴き人生でアルバムを誰かと交換するという行為は私としては後にも先にもこれ一回きりなので、今でも懐かしい思い出として残っている。
チック・コリアをリアルタイムでオッカケしたのは、カモメのジャケットでお馴染みのRTFからだった。なのでフリー時代のチック作品は後追いして聴いているのだが、本作がそれの第一弾。同じフリー作品の「A.R.C」や「ソング・オブ・シンギング」、あるいはそれ以前の「ナウ・ヒー・シングス・ナウ・ヒー・ソブス」は社会人になってから買い集めている。
フリージャズというと退いてしまう人が多いのだが、実は私が初体験した生のジャズ・コンサートは高2の時に観た「佐藤充彦とがらん堂(佐藤充彦、翠川敬基、田中穂積で弩フリーをやっていた)」で、これによってフリージャズに対する免疫が出来ている。ぶっちゃけ何をやっているのかわけが分からなかったものの、即興的な三者のインタープレイがとにかく滅茶苦茶カッコよかったね。またドラムの田中穂積の後ろにズラリと並んでいるフライパン群やセット横の木魚(ウッドブロックだったかな?)にはビックリで、普通のドラムセットの概念をぶち破ったセッティングから醸しだす現代音楽的なドラミングの凄さには涙が出るほどに感動している。でもチックのサークルを聴いたときは「佐藤充彦とがらん堂」の原点はこれだったんだなとすぐに分かった。まあこれというよりも、厳密にいえばアンソニー・ブラクストンが入っていない「A.R.C」や「ソング・オブ・シンギング」の方なんだけどね。いずれにしてもがらん堂がチックのフリー作品に大きく感化されていたトリオだったのは間違いないだろう。特に田中穂積なんかはもろバリー・アルトシェルと化していたね。

というわけで私の中では「佐藤充彦とがらん堂」と微妙に被っているサークルなのだが、正直言って本作の1曲ごとの音楽的な記憶はあまりない。ただ1曲目の「ネフェルティティ」からしてすでに異様な世界に引き込まれたということと、「トイ・ルーム」におけるアルトシェルのドラムソロの異常なまでのカッコよさは、いまだに忘れることができないでいる。音楽をやっているというよりは、どちらかといえば4人が対話しているという印象が強かったかな。また実験的な要素も多大にあったね。フリージャズではありながらも非常に知的なのがいかにもチックらしかったなぁ。でもチック本人にしてみれば、この手のサウンドにはもはや限界を感じていたのだろう。アルバムがリリースされた時点でサークルはすでに解散していたようだし、RTF以降もフリー的な手法は完全に封印していたものね。とはいえ最近になってからはまたぞろ曲の途中にちょこっとフリーな要素を取り入れたりして、この時代を懐かしんでいるようにも見受けられるけどね。いっそのこと遊びでもいいので、またフリージャズの作品を一枚作ってくれると嬉しいな。もしブラクストンやアルトシェルが健在で、今でも第一線で活動しているのであればもちろんこのメンバーでね。まあ若手を起用してもいいけれど、そんな話があればきっとデイブ・ホランドだけは真っ先に乗り気になるだろう。彼の場合は音楽の根底にずっとフリーの要素が息づいているからね。
となんか取り留めのない話ばかりで失礼しました(苦笑)。
  

--EDIT--



Mike Mainieri(Vib)
Michael Brecker(Ts)
Don Grolnick(P)
Eddie Gomez(B)
Steve Gadd(Ds)
Kazumi Watanabe(G)Disk2、B1
Rec. December 14&16,1980,Live at the Pit Inn,Tokyo (Better Days YB7010/11ND)

ステップスにはあまりにも思い入れが強すぎて、原稿が気に入らなくては書き直すといった状態がマイケル・ブレッカーが亡くなってからかれこれ1年ぐらいも続いている。でもいくら書き直しても納得することはないだろうな。これだって自分がいやになるほどの駄文だしね(苦笑)。
本作は六本木ピットインに於けるライブ・レコーディング。ステップスとしての実質的なデビュー盤ではあるが、その下地はすでにブレッカー兄弟が経営するナイトクラブ「セブンス・アベニュー・サウス」での、NYのスタジオミュージシャンのファーストコールたちが仕事帰りに集まっては繰り広げていたジャムセッションで出来上がっていたのではないかと思う。そんな彼らを招聘した当時の日本のレコード会社、プロデューサー等の製作陣やプロモーターはパワーがあったというかなんというか、美味しそうな企画をどんどん実現させていて、本作に限らずリー・リトナーのジェントルソウツ、深町純のNYオールスターズ、ナベサダのGJTとの共演や武道館コンサート、渡辺香津美の「トチカ」等、とにかくみんな凄かったね。それには日本自体が経済的に世界をリードしていたという時代背景もあったのかもしれない。
ステップスは続く「ステップ・バイ・ステップ(81年)」と「パラドックス(82年、ドラマーはスティーブ・ガッドからピーター・アースキンに交代している)」をリリースした後は、エレクトラ・ミュージシャンに移籍すると同時にステップス・アヘッドと改名。ドン・グロルニックが抜けて新進気鋭のイリアーヌが参加し、サウンド的にはこのあたりからエレクトリック色やフュージョン色が強くなっている。カッコいい4ビートジャズをやろうということで結成されたステップスではあるも、3作品でもうやりたいことはみんなやり尽くしただろうし、元来が新しもの好きな彼らのことなので、もっとナウいサウンドを追求したくなったのだろう。
私が仙台で生で観たのは1982年。ちょうどアースキン入りの「パラドックス」の頃だった。ストレート・アヘッドでギンギンな4ビートジャズをやっていて、まだエレクトリックなサウンドに突入する前だったけど、それでもマイク・マイニエリは曲によってはすでにエレクトリック・バイブを使っていたかなぁ。その辺の記憶は定かではないが、個人的にはステップスはステップス・アヘッドに改名してからの時代も含めてこの時代が最高だと思っている。でも衝撃度に関してはやっぱり1作目の本作にはかなわない。なんといってもメンバー各人の最高のプレイが聴けるからなぁ。特にガッドに関してはこれで燃え尽きてしまったのか、彼が叩いている以降のアルバムは言葉は悪いけどなんか腑抜けのように聴こえてしまって、そのせいで私のガッド熱は急激に醒めている。そうこうしているうちにデイブ・ウェックルが登場してきて、嗜好はそちらの方に移ってしまったしね。
本作が録音された1980年前後は、ハンコックのVSOPやウィントン・マルサリスの出現等で、それまで方向性を見失っていた4ビート・ジャズのシーンがにわかに復活してきた頃。それに同調するかのようにフュージョン界のスーパースターである彼らがステップスとして真摯に4ビート・ジャズに取り組んだわけだが、それが皮肉にもフュージョン全盛の時代に終止符を打つきっかけにもなっている。フュージョンにうつつを抜かしていたジャズメンの中には、本作で目が覚めた人もいたのではないかな。そんな意味でもとても重要な作品で、ジャズの歴史の中にもキッチリと組み込むべきだと思っている。
と前置きがかなり長くなってしまったです。

2枚組で全8曲。
演奏がどうこう言う前に、まず観客の熱狂ぶりが凄いよなぁ。中にはフュージョンをやると思って勘違いして観に来た人もいると思うけど、そんな人たちもこのクールで現代的で、それでいながら思いっきり熱い4ビート・プレイにはきっと度肝を抜かれたことだろう。お客さんたちがステージと一体化していて、掛け声やら拍手やらで過剰なまでに盛り上がっている。ジャズの演奏でこんなに観客が熱くなっている日本のライブ盤は後にも先にも聴いたことがないね。観客としてあるべき姿がここにはある。
演奏の方はといえば、とにかくどの曲もみんな凄いっす。なんてったって1曲目の「Tee Bag」からもうかっ飛びだもんね。テーマが終わってドン・グロルニックのアドリブに突入する直前の、スティーブ・ガッドのオープンロールのところでまずは軽い第一波が押し寄せてくるのだが、初めて聴いた時にはこの部分だけですでにいっちゃった。やはりガッドが気合が入っているのといないのでは演奏の出来栄えが全く違ってくるよね。
といかにも今聴いているかのようだけど、実はLPは聴くことができないし、買い足したCDも段ボール箱行きになっているので記憶だけを頼りに書いている(苦笑)。なのでアドリブの順番とか、誰がどの場面でどうだったとかの細かいことは定かではないけれど、マイケル・ブレッカーが素晴らしいテクニックを駆使しながら、これでもかというぐらいにブロウしまくっているのには圧倒されたっけなぁ。こんなに熱いマイケルにはそうそうお目にかかれるものではない。彼には数多くの名演があるけれど、本作でのプレイも10指に入るぐらいに凄いっすよ。そしてリーダーのマイク・マイニエリの現代的なバイブのカッコよさといったらありゃしない。特にバラード曲での泣きのプレイには聴き惚れてしまうね。またグロルニックのガッドを挑発するかのような美味しいフレーズの連発は目茶苦茶カッコよかったし、ゴメスにしても当時これだけ弾けるベーシストはそんなにいなかった。でもわたし的にはなんといってもガッドの鬼気迫るようなドラミングにノックアウトされたんだけどね。
大好きだった曲は、初っ端の「Tee Bag」、サンバと4ビートの混合ブルースの「Fawlty Tenors」、しっとりと落ち着いた「Lover Man」、思いっきりの泣き曲の「Saras Touch」や「Song to Seth 」、ウェザーリポートの(というかジョー・ザヴィヌルの)佳作曲を4ビート・アレンジで超カッコよくした「Young And Fine」、そしてゲスト参加の渡辺香津美が焦りまくって弾いていて、後半のガッドのドラムソロが圧巻の「Not Ethiopia」といったところかな。ってほとんどの曲だけどね(笑)。
本作は説明不要の超名盤なんだけど、ジャズの王道的な路線からいくと裏名盤的な存在なのかもしれない。当時は批評家のお偉方たちにスウィングしていないだのなんだのとけっこう叩かれていたからなぁ。でもこれを聴いて狂喜していた私たちの方がむしろ先見の目があったのかもしれないね。本作やチック・コリアの「スリー・カルテッツ」あたりが、それ以降の4ビート・ジャズの大きな指針の一つとなっているのは今となっては明白だ。
本作に関してはまだまだ書き足りないことはあるけれど、なんとかマイケル(2007年1月13日死去)の命日に合わせてアップすることができたのでよかったです。改めて合掌!あっ、ついでにドン・グロルニックにも合掌です。大好きなピアニストでした。

  

--EDIT--



Chick Corea((P,Syn,Key)
Gayle Moran(Vo)
Stanley Clarke(B)
Steve Gadd(Ds)
Don Alias(Per)
Jean-Luc Ponty(Vln)
etc.
Rec October 1976,CA (Polydor MPZ8103/4)

久々の「懐かしの一枚」コーナーです。
チック・コリアのソロ名義でリリースされたファンタジーな三部作の2作目がこの「マイ・スパニッシュ・ハート」。前にレビューしている他の2枚(「妖精」「マッド・ハッター」)と同様に大好きな作品である。20歳前後という多感な時期に聴いたせいもあって、本作で繰り広げられているもろスパニッシュな音世界にはかなり感化されている。
この3枚に共通しているのはチックの音楽性の素晴らしさはもちろんのこと、スティーブ・ガッドが超カッコいいんだなぁ。当時のガッドは次々と新しいリズムパターンを開発していたけど、それが最も効果的に活かされていたのがチックの音楽で、もうこれ以外のドラミングは考えられないほどにサウンドにバッチリとハマっていた。この後の「フレンズ」とか「スリー・カルテッツ」なんかもそうだしね。だからこそのガッドの起用なんだけど、もしもRTFのレニー・ホワイトが叩いていたら、ここまで完成度の高い作品にはなっていなかったと思う。まあRTFはRTFで最高にカッコいいことをやっているけどね。

チックのソロ名義のアルバムとしては初の2枚組み(グループとしてはサークルの「パリス・コンサート」がある」)。ラテンの血をひくチックは、それまでにも「ラ・フィエスタ」や「スペイン」といったスパニッシュ調の曲を作っているが、本作もまたタイトルやジャケットからも分かるように、スパニッシュなサウンドを前面に打ち出している。
1枚目のA面1曲目の「ラヴ・キャッスル」の愛に満ち溢れていながらも厳しさも持ち合わせているサウンドからしてもう素敵だよね。ゲイル・モランの天使のような歌声やブラスセクションがところどころに入っているけれど、基本的にはチックとガッドのデュオがメインとなっている(バックでドン・アライアスが小間物をシャカシャカやっている)。スパニッシュなフレーズが随所に現れるチックのアコピに、ベース代わりに弾いているシンセ音と、ブラシを使ってソフトタッチにプレイしているガッドのサンバ調のドラミング(スネアが右手でハイハットが左手のいつものパラディドル風なパターン)がとてもよくマッチしているね。2曲目からはガッドはお休みで、スタン・クラークやストリングスが参加。フラメンコの手拍子や足拍子を取り入れながらのもろスパニッシュな曲調が続く。この部分はほとんどチックの一人舞台なのでちょっと退屈だけど、その後のガッドが入っていてメチャクチャカッコいい5曲目「ナイト・ストリート」を聴くための、通らなければならない儀式的なものだと思えばどうってことはない。
それはB面も同じ。やっぱりラスト曲の「ウインド・ダンス」(この曲は「妖精」に入っていた「ナイト・スプライト」によく似ている)まではちょっと退屈だ。でもこういう部分があるために、「ウインド・ダンス」のカッコよさがよりいっそう引き立つんだよね。
2枚目のA面は1曲目の「アルマンドのルンバ」以外はなんとなく退屈な面なので、ほどんど聴いていないっす(苦笑)。
で聴きどころはなんといってもB面の「スパニッシュ・ファンタジー組曲」。この楽曲の素晴らしさはもうお見事としかいいようがない。この面は当時よっぽど聴き込んでいたと見えて、いま買い足したCDを聴きながらこれを書いているけれど、チックの難易度の高いフレーズまでをもちゃんと一緒に口ずさむことが出来たです。
今聴いても音楽的に全然古臭くない。やっぱりチックは凄い人ですな。
  

--EDIT--



Billy Cobham(Ds)
John Abercrombie(G)
Michael Brecker(Ts)
Randy Brecker(Tp)
Glen Ferris(Tb)
Milcho Leviev(Key)
Alex Blake(B)
Rec. July 4&13,1974,Montreux & London

マイケル・ブレッカー追悼盤。
ビリー・コブハムの1974年のモントルー・ミュージック・フェスティバル(今のジャズフェスのことかな?)とロンドンのレインボー・シアターの模様が収録されている。
ランディとマイケルのブレッカー兄弟は、このツアーの後にいよいよブレッカー・ブラザースを結成する。75年にはデビュー作「Brecker Brothers」をレコーディングし、その後の活躍ぶりはみなさんよくご存知だと思うのでここでは割愛するが、わたし的にはまだ2人が有名になる前の、コブハムのセカンド・アルバム「クロスウィンド(74年リリース、別頁あり)」の頃からリアルタイムで知っていたというのが、ささやかな自慢となっている(笑)。
でももっと前の、彼らがフィラデルフィアからNYに進出してきた70年あたりの、ホレス・シルバーのグループだとか、マイク・マイニエリの「ホワイト・エレファント」だとか、コブハムが実質的なリーダー(と思う)の「ドリームス」とかで、すでに2人とも活躍しているんだよね。この辺のところは「ホワイト・エレファント」以外は後追いできていないが、マイケルが逝ってしまった今となっては一番聴いてみたいのがこの時代の演奏なので、気持ちが落ち着いたらゆっくりと探してみようと思っている。
さて「シャバズ」は、まだビリー・コブハムがワンマン性を発揮してギンギンだった頃の、私が勝手に四部作と名付けているやつの最終作品(スペクトラム、クロスウィンド、皆既食、シャバズ)である。コブハムはこの「シャバズ」を境に音楽の路線が聴きやすい方向に変化していった。時代の流れなので仕方がないといえばそれまでだが、もしかするとレコード会社が意図したことだったのかも知れない。でも「ファンキー・サイド・オブ・シングス」以降の作品からは確実にコブハムらしさが薄れていくんだなぁ。まあジョージ・デュークとの双頭バンドとかいろんなオールスターズもののようなスペシャル・プロジェクトの方で忙しくなったというのもあるのだろう。いずれにしても自分のやりたいサウンドを納得がいくまで追求できなくなり、そんな状況に嫌気をさしてコブハムはスイスに移住したのだと思う。
わたし的にはこの「シャバズ」までが最高で、ドラミングはもちろんのこと、手間暇掛けた楽曲がとにかくカッコよかったです。

全4曲。今のCDの時代にしてみれば「えっ、たったの4曲?」って感じだけど、13分台の曲が2曲もあるので聴き応えは十分だ。
いきなりコブハムの超絶ドラムソロからのスタート。やっぱりコブハムはこうでなくてはいけません(笑)。しかもテーマもカウントできないほどにコロコロ変わる変拍子だしね。こんな複雑な曲ばかり吹かされていたのでランディもマイケルも楽譜にメチャクチャ強くなったのか、はたまた楽譜に強い彼らだからこそコブハムがなかなか手放さなかったのかはよく分からないが、細かいフレーズでも一糸乱れぬ鉄壁なアンサンブルの凄さという彼らの特長はこの時点ですでに現れている。そんなことからしても2人がコブハム・バンドで培ったものが、後々の仕事でもおおいに役立っているのは確かだろう。
ランディはワウワウ・ペダルも駆使して自由奔放に吹いているが、それは楽曲面においてはワンマンであっても演奏自体はフロントにやりたい放題やらせるコブハムの度量の広さがあってこそだろうな。
難解なリフをもつ「トーリアン・マタドール」が初演の「スペクトラム」のときよりもだいぶ速いテンポで演奏されているのだが、ここではマイケルがアドリブ部分でハイ・ポジション主体に吹いていて、将来につながる片鱗をちょっとだけだが見せている。でもまだコブハム・バンド時代は兄貴の方にばかり多くスポットが当たっていて、マイケルはあまり出る幕がなかったんだよな。私なんかも「Brecker Brothers」を聴いてから初めてマイケルが本当に凄い奴だということが分かった口だ。
と、ランディとマイケルのことを主体に書いているが、このアルバムの主役はなんといってもコブハムで、そのパワーとスピードには圧倒されっぱなしで、ドラミングだけをとると四部作の中では一番強力。
ジョンアバは相変わらずヘンテコリン(いい意味で)なギターを弾いているし、ミルチョ・レヴィエフの参加はわたし的には七不思議のひとつとなっている。
  

--EDIT--



Chick Corea(P)
Michael Brecker(Ts)
Eddie Gomez(B)
Steve Gadd(Ds)
Rec.January&February,1981,Mad Hatter Studios,LA

「懐かしの一枚」コーナーではマイ・フェイヴァリット・ミュージシャンであるチック・コリアの作品を多く取り上げているが、肝心の本作をすっかり忘れていた(苦笑)。
チックにエデイ・ゴメス、スティーブ・ガッドの組み合わせは「妖精」「マッド・ハッター」「フレンズ」(共に別頁あり)でもお馴染みだが、そこに今度はステップスの流れからマイケル・ブレッカーまでが参戦していていて、当時としては最強の組み合わせとなっている。チックとマイケルの顔合わせはこれが初めてだったのかな?この2人はけっこう共演しているようで意外とやっていない。
70年代のマイケルは、クロスオーバー(フュージョン)系やスタジオの仕事が多かったが、80年あたりを境にステップスの「Smokin' in the Pit(80年)」やこの「スリー・クヮルテッツ(81年)」、パット・メセニーの「80/81(81年)」、ヨアヒム・キューンの「Nightline New York(81年録音)」等で、積極的に4ビート・ジャズに取り組んでブイブイいわせていた感がある。元来が「コルトレーン命」の彼のことだけに、いよいよ本領発揮って感じだったな。その後のインパルスでの自己名義のアルバムから現在に至るまでのマイケルももちろんいいけれど、一番面白かったのはやっぱりこの時代かなぁ。今となってみれば、どれもこれもジャズの歴史に残るべき重要な作品ばかりだね。
チックは「マッド・ハッター」や「フレンズ」で4ビート・ジャズへ回帰してはいたものの、まだまだやり足りなくて本作を作ったのだろう。エレピも弾いていた「スレンズ」とは違って、ここでは全編アコピ一本で勝負しているし、楽曲もとてもシリアス。当時の最先端の4ビート・ジャズをやっているのだが、これだけのメンバーなのでお互いのライバル意識もそうとうあったのだろう。各人が自分の持っているあらゆるテクニックを駆使してアグレッシブに攻めまくっているおかげで、ただでも複雑でカッコいい楽曲がそうとうテンションが高い演奏になっている。
記憶だけを頼りに書いているのでこの程度しか書くことができないが、とにかくA面もB面も凄かったです。

チックはこれを最後にゴメス、ガッドとはオサラバで、新しいプロジェクト(タッチストーン系)やロイ・ヘインズ、ミロスラフ・ヴィトウスとの再会セッション、ソロピアノやデュオピアノ等に精を出し、86年にはエレクトリック・バンドで新たな境地を切り開いている。一方マイケル、ゴメス、ガッドの3人は、しばらくステップスで一緒だったが、ガッドが抜けゴメスが抜けで、後々まで残ったのはマイケルだけだった。
その後はてんでんバラバラに活動していたが、2001年にチックの60歳を記念して行なわれた3週間におよぶブルーノートNY公演で、この「スリー・クヮルテッツ」も再結成されてファンを狂喜させている。近年のダメダメなガッドが、この時ばかりは絶頂期の凄さを取り戻していたっけね。
  

--EDIT--

↑このページのトップヘ

google-site-verification: google878c7206ee6d4f7b.html