Jazz & Drummer

ジャズ・フュージョンの新譜や好きなドラマーのことなど音楽98%、感じたままに書いている個人ブログです。

カテゴリ:Jazz / FusionのCD > 新譜

Fabrizio Bosso Quartet / State of the Art Live!

Fabrizio Bosso (Tp)
Julian Oliver Mazzariello (P)
Jacopo Ferrazza (B)Except for Tracks 3 and 5 on CD2
Luca Alemanno (B)
Nicola Angelucci (Ds)
Rec. November 22, 2016, Teatro Ristori, Verona: CD1 Tracks 1,2,3,4, CD2 Tracks1,2
Octber 18-19, 2016, Blue Note, Tokyo: CD1 Track 5, CD2 Track 4
June 25, 2016, Palazzo Venazia, Roma: CD2 Tracks 3,5
(Warner Music 5054197663529)

前作「Fabrizio Bosso / Duke(15年、別頁あり)」も素晴らしかったファブリツィオ・ボッソのライブ盤が登場。本作は2枚組なので2,492円(HMVのセール価格)と少々値段は高いけど、ライブだとますますいい感じで楽しませてくれるボッソなのですぐに飛びついた。メンバーのジュリアン・マッザリエロ(?)、ルカ・アレマンノ(?)、ニコラ・アンジェルッチは上記「Duke」から引き続き。もう一人のベーシストのヤコポ・フェラッツァ(?、1989年生まれ、本人のサイトあり)はこれが初聴きだけど、ボッソと共演するぐらいなのだから、それ相応のテクニックを持っているのは間違いないだろう。

ボッソ曲が5曲、マッザリエロ曲が1曲、アンソニー・ニューリーの「Pure Imagination」、ホーギー・カーマイケルの「The Nearness of you」、アイシャム・ジョーンズの「There is no Greater Love」、エロール・ガーナーの「Misty」で全10曲(CD1が5曲、CD2が5曲)。
予想に反して優しい曲調の「Pure Imagination」(「Some Day My Prince Will Come」に似た感じの3拍子)でスタートするけれど、演奏自体は過度に甘口にはなっていないのがいかにもボッソらしい。素晴らしいテクニックを駆使しながら曲途中からは豪快に吹きまくっているボッソに煽られて、バックのメンバーもダイナミックに盛り上がっていて実にいいね。アドリブ二番手のマッザリエロのピアノもなかなかの聴きもので、もうこの1曲だけでも買ってよかったという気分になってしまうのに、繋げて演奏されている2曲目「Minor Mood」(ボッソ曲)がまた私好みのモーダルな曲調なのだからなんともたまらない。初期のころのウィントンのカルテットを連想させるような、曲中に仕掛けを用意したりテンポも自在に変えながらのブルース演奏だけど、後半にはアンジェルッチのドラムソロも用意されていたりして、最高にいい感じで楽しませてくれる。3曲目「Rumba for Kampei」(ボッソ曲)は哀愁を誘うような感じのルンバ調の曲。ただ上手いだけではなく歌心も兼ね備えているボッソなので、こういう曲もお手のもの。アドリブの途中からは高度なテクニックの連発で、バックの演奏も必然的に盛り上がっているけれど、それに続くマッザリエロのアドリブもまた曲調にバッチリ嵌っていて、さすがにここ何年かずっと一緒にやっているだけのことはあるなあと感心するし、この曲で初めてソロを取っているフェラッツァの堅実なベースにも好感が持てる。4曲目はスタンダードの「The Nearness of you」。ソロピアノでスタートして、サビの前まではボッソとのデュオとなっているけれど、こういう典型的なバラード演奏であっても各人が非常に魅力的に聴かせてくれるのだから、これまたなんともたまらない。5曲目は「There is no Greater Love」。4曲目と同様ジャズの定番曲だけど、アンジェルッチがボッソのフレーズやマッザリエロのコンピングに敏感に反応しながらのドラミングが、オーソドックスではあるけれど目茶苦茶カッコよくて、後半には8バースのドラムソロも用意されていることも相まって、この曲もまたノリノリで楽しませてくれる。
長くなるので2枚目の感想は割愛するけれど(超アップテンポのボッソ曲の1曲目「Black Spirit」に長めのドラムソロが入っていることだけは記しておく)、どの曲をとってもライブならではのホットな演奏が堪能できて大満足。本作は録音(エンジニアはStefano Del Vecchio)も3つの会場で収録されているわりには、各楽器の音色、音像、バランスがきちんと統一されていて、その音質共々上々だね。

評価☆☆☆☆☆ (☆最悪!、☆☆悪い、☆☆☆普通、☆☆☆☆良い、☆☆☆☆☆最高!)


State of the Art: Live
Fabrizio Bosso
Imports
2017-04-14

  

--EDIT--

Sean Jones / Live from Jazz at the Bistro

Sean Jones (Tp, Flh)
Obed Calvaire (Ds)2, 3, 6
Luques Curtis (B)
Orrin Evans (P)
Brian Hogans (As, Ss)2, 3, 4, 6
Mark Whitfield Jr. (Ds)1, 4, 5, 7
Rec. December 3-5, 2015, Jazz at the Bistro, St. Louis
(Mack Avenue Records MAC1111)

ショーン・ジョーンズのライブ盤はこれが初ということになるのかな。本作のメンバーは「Sean Jones / No Need for Words(11年、別頁あり)」「Sean Jones Quartet / Im・pro・vise: Never Before Seen(14年、別頁あり)」等に参加しているオリン・エヴァンス、ルケス・カーティス、オベッド・カルヴェールに加えて、曲によってはドラムスがマーク・ホイットフィールドJrに交代、また上記「No Need for Words」にも参加しているブライアン・ホーガンスが加わったクインテット編成にもなっているのだが、ただでさえ威勢のいいバンドのライブなだけに、これは相当熱い演奏が期待できそうだ。

ジョーンズ曲が4曲、ホーガンズ曲が1曲、エヴァンス曲が1曲、トラディショナルの「Amazing Grace」で全7曲。
4ビートが中心。思ったとおりの熱い演奏ではあるけれど、録音(エンジニアはTodd Whitelock)がイマイチで、ピアノ以外の各楽器の音質が少々チープな感じがするのは仕方がないとして、ドラムスがバランス的に奥に引っ込んでいるのと音量も小さめなせいで、その熱気が十分に伝わってこないのが残念。このバランスの悪さが気になって、私としては素直に演奏を楽しめないほどなのだが、それには録音的なことばかりではなく、ホイットフィールドJr.が頑張って叩いているわりには、カルヴェールと比べるとアイデア的に聴き劣りがすることも関係している。確かにここ何年かで登場してきた若手ドラマーの中ではけっこうなやり手だし、実際に2011年南郷ジャズフェス(別頁あり)で生で観たときにもそう感じたのだが、カルヴェールほどの境地には至っていないので、彼が参加している曲はそれなりのインタープレイをしていながらも、なんとなくつまらなく感じてしまう。それらの点を除いては各人とも流石にライブだけのことはある生きのいい演奏をしているのでこれでよしとしておくけれど、3日間のライブをレコーディングしているということは他にもいい演奏がいっぱいあったと思うので、できることならカルヴェール参加の曲の方を多くしてほしかった。
ということで想像していたほどの演奏ではないけれど、このバンドが私好みであることに変わりはない。アメリカでは当然のことではあるけれど、オリジナルできちんと勝負をかけているのにも好感が持てる。

評価☆☆☆ (☆最悪!、☆☆悪い、☆☆☆普通、☆☆☆☆良い、☆☆☆☆☆最高!)


Live from Jazz at the Bistro
Sean Jones
Mack Avenue
2017-05-26

  

--EDIT--

Bungalow / You Already Know

Mike Rivett (Ts, Electronics)
Koichi Sato (P, Rhodes)
Hiroshi Ikejiri (Ac-B, Ukulele-B)
Ko Omura (Ds, Tabla)
Rec. June 3 and September 28, 2016, Tokyo
(Studio Songs YZSO-10075)

小沼ようすけのスペシャルトリオとして、去年と今年の2年連続で十和田湖畔のジャズフェスティバルに出演した池尻洋史(ベース、ウクレレベース)と大村亘(ドラムス、タブラ)が、ピアノの佐藤浩一と結成したバンドBungalowの「Metropolitan Oasis(11年)」「Past Life(13年)」「Unseen Scenes(15年)」に次ぐ4枚目。今回は前作「Unseen Scenes」に引き続き、大村と同様マイク・ノックに師事したことがあるオーストラリア人のサックス奏者マイク・リヴェット(マンハッタン音楽院時代はデイヴ・リーブマンに師事したよう)が加わったカルテット編成となっているのだが、前3作は聴いたことがなかったし、池尻は小沼トリオのみ、また大村も小沼トリオの他には中村真トリオでしか観たことがなかったので、Bungalowではどういうプレイをしているのか興味深いものがある。

リヴェット曲が1曲、佐藤曲が4曲、池尻曲が2曲、大村曲が4曲、4人の共作が2曲で全13曲。
マイルスの黄金クインテット的なモーダルさやダークさに、ECM的な風景描写を加味した感じの演奏といえば分かりやすいかな。曲によりそれぞれの曲調は異なるけれど、サウンドカラーはきちんと統一されているし、各人の演奏スタイルがバンドとしてのオリジナリティーにも繋がっていて実にいい塩梅。聴く前はもっと静的な演奏を想像していたのだが、1曲目「Santa Crus」(大村曲)から私好みのアップテンポの4ビートで攻めているし、同じくアップテンポ基調の2曲目「Gravity Snap」(リヴェット曲)では池尻と大村が息をピタリと合わせながらテンポを自在に伸び縮みさせている様が目茶苦茶カッコよくて、もうこの2曲だけでも充実感が味わえるというのに、続く3曲目「Bombori」(佐藤曲)や即興的な4曲目「Led Astray」(4人の共作)ではバンドの特徴であるタブラを用いた演奏が登場するのだから嬉しくなってしまう。9拍子の5曲目「Ephemeral」(大村曲)では、同じフレーズを延々と繰り返している池尻のウクレレベースがこれまた特徴的だし、ミディアムテンポの4ビートの6曲目「TOAD」(佐藤曲)では、全く教科書的ではない佐藤の先の読めないアドリブが聴きものだし、4曲目と同様即興的な7曲目「You Already Know」(4人の共曲)では、タブラの響きを活かしながらの、ピアノとベースも打楽器的なプレイが何かの物語に聴こえるし、8曲目「Day29」(曲)での佐藤のエレピ(この曲でのみ使用)もいいアクセントとなっていたりして、残りの曲は割愛するけれど、どの曲をとってもいい感じで楽しませてくれる。全面参加しているリヴェットもこのバンドにきっちり溶け込んでいて、そのテクニックもリーブマンに習っただけあって申し分がないね。幾分ソフトな感じのテナーの音色も、やっている音楽によくマッチしていて非常に好感が持てる。
ストレートヘッドなジャズではないので万人受けはしないと思うけど、アメリカあたりで流行っているコンテンポラリーなジャズとはまた一味違った現代的かつ独自な演奏には大満足。曲によっては各人が会話しているようなインタープレイがあったりするのもグッドだね。本作は録音(エンジニアは松下真也)も各楽器がナチュラルな音で録れていて、そのバランス共々上々だ。

評価☆☆☆☆ (☆最悪!、☆☆悪い、☆☆☆普通、☆☆☆☆良い、☆☆☆☆☆最高!)


Bungalow
スタジオソングス
2017-04-05

  

--EDIT--

Charnett Moffett / Music From Our Soul

Charnett Moffett (Ac-B, El-B)
Pharoah Sanders (Ts)1, 7, 13
Stanley Jordan (G)1, 2, 4, 5-10, 12, 13 (P on 1, 7, 13)
Cyrus Chestnut (P, Key)2, 3, 5, 8, 9, 10
Jeff "Tain" Watts (Ds)1, 2, 7, 8, 9, 10, 12, 13
Victor Lewis (Ds)3, 5
Mike Clark (Ds)4, 6
Rec. October 16, 2014, NY (4, 6)
       January 25, 2015, Live at Jazz Standard, NY (3, 5)
       February 21-22, 2015, Live at Jazz Alley, WA (1, 7, 12, 13) 
       April 30, 2015, Live at Bern Jazz Festival, Switzerland (2, 8, 9, 10)
(Motema Music MTA-CD227)

チャーネット・モフェットのリーダー作を買うのは「Charnett Moffett/Treasure(10年、別頁あり)」以来。その間にも「Charnett Moffett / The Bridge: Solo Bass Works(13年)」や「Charnett Moffett / Spirit Of Sound(13年)」がリリースされているのだが、ソロ作品だったりメンバーがイマイチだったりでパスしている。その点本作はリーダー・デビュー30周年を記念しているだけあって豪華なメンバーが揃っているので、すぐに飛びついた。その中のスタンリー・ジョーダンは、過去作品にも参加しているモフェットの盟友。ジョーダンの近作「 Stanley Jordan / Friends(11年、別頁あり)」には、逆にモフェットが参加していたね。またヴィクター・ルイスもMJQ(マンハッタン・ジャズ・クインテット)で一緒の時代があったと思うけど、ファラオ・サンダース、サイラス・チェスナット、ジェフ・ワッツ、マイク・クラークがモフェットと共演しているのはこれまで聴いたことがなかったので、はたしてどういうことになっているのか楽しみだ。

モフェット曲が12曲と、エリントンの「Mood Indigo」、マイルスの「So What?」で全14曲。
アルバムを印象付ける曲として、1曲目というのはとても重要だと思うのだが、それがこのような即興的な演奏の途中からスタートして、フェードアウトで終わらせるような曲「Music from Our Soul」であってもいいのかどうか。弾まないレゲエといった感じの曲調の中、確かにサンダースはスピリチュアルないい感じで吹いているし、モフェットのフレットレスを用いたジャコパス的なエレべソロも決して悪くはないけれど、想像していたような音楽の方向性(このメンバーなので4ビートがメインだと思っていた)とは大きく異なっていることもあって肩透かしを食らってしまう。それは2曲目「Freedom」も同様で、こちらもレゲエとカントリーを足して2で割ったような曲調となっているし、各人のプレイも、特にチェスナットとワッツに違和感を感じるせいで素直には楽しめない。3曲目「Mood Indigo」もまた然りで、一応ピアノトリオで4ビートジャズはやっているものの、モフェットを引き立たせるためにルイスが抑えめのドラミングをしているせいで、ライブ演奏にもかかわらず躍動感が伝わってこないのが残念。4曲目の「So What?」でようやく望んでいるような演奏になるけれど、モヤモヤした気分で聴いているために、モフェットがテーマをきちんと弾けていないとか、ついつい粗探しに走ってしまう。なので残りの曲は割愛するけれど、4か所でのライブのベストテイクが収録されていると思われる割には、状態が悪くなってからのジャコにも共通する雑な演奏と、録音の悪さのせいで、最後までルンルン気分で楽しむことはできなかった。
本作でモフェットが一番聴いてもらいたいのは自分のベースだと思うけど、そのためには良い音で録音されていることが最低条件だと思うけどね。それとバンドとしての演奏もセッション的な要素が強いので、もっと緻密な曲を書くなりきちんとリハーサルをするなりして(中にはそういう曲もあるけれど)、このメンバーならではのカラーを打ち出す必要があったのではと思う。ベーシストがエレべとウッドの両方を弾くのは基本的に大歓迎なのだが、この演奏に限っては必要性もあまり感じられない。そんな中、曲によってはチェスナットが珍しくもハンコックやマッコイ的なモーダルでカッコいいピアノを弾いていたり(キーボードのときはコリア調になる)、ジョーダンのイケイケなギターがドハマリしている曲があるのには救われるし、3曲だけではあるけれど高齢のサンダースの頑張りも素敵なので、星一つオマケしておこう。

評価☆☆☆ (☆最悪!、☆☆悪い、☆☆☆普通、☆☆☆☆良い、☆☆☆☆☆最高!)

Charnett Moffett
Motema Music
2017-05-19



  

--EDIT--

Chihiro Yamanaka / Monk Studies

Chihiro Yamanaka (P, Syn, Rhodes, Hammond B-3)
Mark Kelley (B)
Deantoni Parks (Ds)
Rec. April 2017, Brooklyn, NY
(Blue Note-Universal Classics & Jazz UCCQ9303)

国内の大手レコード会社からリリースされるCDは高くてなかなか買えないでいるのだが、本作は大好きなセロニアス・モンク集なのに加えて、従来のHQCDよりも更に高音質なUHQCD(Ultimete Hi Quality CD)という初めて耳にする製法となっているので、個人的には普通のCDの方が音楽的に良い音がすると思っていながら、オーディオ的にも興味津々買ってみた。山中千尋がマーク・ケリー、ディーントニ・パークスと共演するのはこれが初めてかな。ケリーは「Russell Gunn/Plays Miles(07年、別頁あり)」で、またパークスも「Tony Grey / Unknown Angels(10年、別頁あり)」でしか聴いたことがなく、2人がどういうプレイをしていたのかは全く記憶に残っていないので、はたしてどういうことになっているのか楽しみだ。

山中の「Heartbreak Hill」「New Days, New Ways」、モンクの「Pannonica」「In Walked Bud」「Rhythm-a-ning」「Rudy, My Dear」「Criss Cross」「Hackensack」、山中とモンク曲のメドレー「Nobody Kows~Misterioso」、「Thelonious Monk / Monk's Music(57年)」に収録されているウィリアム・ヘンリー・モンクの「Abide With Me」で全10曲。
山中がピアノの他にシンセ等のキーボードも多用しているのと、ケリーがエレべを弾いていることもあって、上原ひろみとPMGを足して2で割ったような感じのオリジナルの1曲目「Heartbreak Hill」はかなりフュージョン的ではあるけれど、これはこれで悪くない。また2曲目「Pannonica」のようなモンクの楽曲もエレクトリックなサウンドにバッチリ嵌っているね。近作では「Steve Khan / Backlog(17年、別頁あり)」での「Criss Cross」なんかもそうだったけど、モンクの曲作りは当時としてはかなり斬新で、テーマのメロディーはそのままで現代的なビートに変えただけでも違和感なくナウい曲へと進化するので、どれだけ時代を先取りしていたのかということになる。曲によってのトリッキーなテーマや部分的に拍子を変える(4拍子の曲に2拍子を挟み込むとか)ことも、コンテンポラリージャズ的な要素の源流といえるのだが、その辺は5曲目「In Walked Bud」~9曲目「Hackensack」までのモンク曲のオンパレードを聴いても一目瞭然だろう。ただし山中の場合はトリオとしての演奏自体がイマイチ面白くないのが残念。ベースのケリーはまあまあとして、リムショットを多用しているパークスのドラミングがアイデア不足な気がするんだよね。そのせいでどの曲も同じ調子に聴こえてしまうのだが、それには山中がワンマンに弾き倒していることも関係していて、スリリングなインタープレイの応酬とは程遠い演奏になってしまっているので、最低限ケリーとパークスのソロの見せ場も用意するなりして、曲中にメリハリをつけて欲しかった。
ということで演奏は期待していたほどではないし、録音(エンジニアはEric Elterman)も各楽器が必要以上に柔らかい音で録れているのが、UHQCDの特徴なのかは分からないけれど、本来は柔らかい音の方が好きな私ではあるけど気に入らない。オマケのDVD(「Hackensack」「Criss Cross」「Rhythm-a-ning」を収録)はまだ観ていないけど、これで定価が3,700円(税抜き)はやっぱり高いと思う。

評価☆☆☆ (☆最悪!、☆☆悪い、☆☆☆普通、☆☆☆☆良い、☆☆☆☆☆最高!)


山中千尋
ユニバーサル ミュージック
2017-06-21

  

--EDIT--

↑このページのトップヘ

google-site-verification: google878c7206ee6d4f7b.html