Jazz & Drummer

ジャズ・フュージョンの新譜や好きなドラマーのことなど音楽98%、感じたままに書いている個人ブログです。

カテゴリ:Jazz / FusionのCD > 新譜

Walter Smith III / Twio

Walter Smith III (Ts)
Harish Raghavan (B)1, 2, 6, 7
Eric Harland (Ds)
Special Guests:
Christian McBride (B)3, 5, 8, 9
Josha Redman (Ts)3, 9
Rec. 2017?, NYC
(Whirlwind Recordings WR4718)

クリス・ポッター以降に登場してきたテナー奏者の中でもお気に入りの一人がこのウォルター・スミスIII。リーダー作はこれまでに「Walter Smith III/Casually Introducing(06年)」「Walter Smith III/Live in Paris(10年)」「Walter Smith III / III(10年)」「Walter Smith III / Still Casual(14年)」(各別頁あり)を聴いてきたのだが、サイド参加でも「The Terence Blanchard Group/Choices(09年)」「Eric Harland / Voyager: Live by Night(10年)」「Ambrose Akinmusire / When the Heart Emerges Glistening(11年)」「Next Collective / Cover Art(13年)」「Eric Harland Voyager / Vipassana(14年)」「Dayna Stephens / Reminiscent(15年)」「Danny Grissett / The In-Between(15年)」「Donald Edwards / Prelude To Real Life(16年)」(各別頁あり)等で非常にいい仕事をしているので、ハリシュ・ラガワン、エリック・ハーランドの超強力なリズム隊に加えて、ゲストでクリスチャン・マクブライド、ジョシュア・レッドマンも参加している本作には大いに期待している。

モンクの「Ask Me Now」、ジェローム・カーンの「Nobody Else But Me」、F. Grofeの「On The Trail」、カール・フィッシャーの「We'll Be Together Again」、サミー・フェインの「I'll Be Seeing You」、ショーターの「Adam's Apple」、ジミー・ロウルズの「The Peacocks」、ジジ・グライスの「Social Call」、スミスIIIのオリジナル「Contrafact」で全9曲。
レッドマン入りの曲も含めてコード楽器レスの演奏だし、選曲の関係もあって全曲を4ビートでやっているのもこれまでのリーダー作とは異なる点。なのでスミスIIIの特徴である現代ジャズ色は希薄なのだが、それがむしろ直球勝負といった感じで好感が持てる。サックストリオといえばロリンズの「A Night At The "Village Vanguard(57年)」「Way Out West(57年)」やブランフォード・マルサリスの「Trio Jeepy(89年)」、あるいは最近のところでは「JD Allen / Americana: Musings on Jazz and Blues(16年、別頁あり)」等のJDアレンのメンバー固定のサックストリオ諸作品がすぐに思い浮かぶけど(あとアルトではケニー・ギャレットの「Triology(95年)」とか)、本作での幾分肩の力を抜きながらのリラックスした感じのスミスIIIのプレイは、ある意味「Way Out West」にも通じるものがある。7曲目の「The Peacocks」は、ブランフォードも「Renaissance(87年)」でやっているので、おそらくそれを意識しての選曲だと思うけど、いずれにしてもコルトレーン的な要素(アグレッシブな)をあえて少なくした演奏が逆に新鮮に感じる。どの曲をとってもスミスIIIの大らかなテナーが素敵だし、レッドマンとマクブライドを含めた他のメンバーのスミスIIIに同調したプレイも実にいい塩梅。個人的にはハーランドがもっと暴れるような演奏を期待していたけれど、そういう曲はほとんどやっていない代わりに、6曲目「Adam's Apple」ではロングドラムソロを取っているので、叩き足りなく感じることはないし、スミスIIIを引き立てるために普段よりも音数少なめに吹いているレッドマンはさておき、ラガワンとマクブライドも持ち前の個性を発揮しながら力強いベースを弾いているおかげで、終始いい感じて楽しむことができた。トータル48分と、短い時間で簡潔に終わるのもグッドだね。
演奏には文句のつけようがないし、録音(エンジニアはChris Allen)も温かさを伴った各楽器には芯の太さが感じられるのに加えて、スピーカーの前面に浮かび上がる音像のバランスも見事で、本作は当然ながらの5つ星。これだけ良いとなると、今年の私的ベストアルバムの上位になるのも確実だろう。

評価☆☆☆☆☆ (☆最悪!、☆☆悪い、☆☆☆普通、☆☆☆☆良い、☆☆☆☆☆最高!)

Twio
Walter Smith Iii
Imports
2018-02-16


  

--EDIT--

Kenny Werner Trio / Animal Crackers

kenny Werner (P, El-P, Syn)
Johannes Weidenmueller (B)
Ari Hoenig (Ds)
Rec. May 9-10, 2016, Germany
(Pirouet PIT3099)

ケニー・ワーナーの、ヨハネス・ワイデンミューラー、アリ・ホーニグとのトリオ作品にはハズレなしなので、「Kenny Werner / The Melody(15年、別頁あり)」に次ぐ本作にも大いに期待しているのだが、Pirouet盤は総じて音量レベルが低いのは気になるところ。その辺はレーベルの主宰者、エンジニアでありテナー奏者でもあるジェイソン・セイザーが意図してのことだと思うけど、アンプのボリュームを上げれば済むだけの問題ではないので(音質に影響してくる)、できれば他レーベル並みの音量レベルにして、なおかつダイナミックレンジも広い音で録ってくれるよう願っている。おそらく本作も演奏はさておき、そういう音的な不満が出てくるのは確実だろう。

ワーナー曲が4曲、3人の共作が2曲、スタンダードの「The Song is You」「I Should Care」「If I Should Lose You」で全9曲。
自由度が高いながらも、細かい部分まで楽譜に書き込まれていたりもする演奏はこのピアノトリオならではなのだが、今回は曲によりエレピやシンセも部分的に使っているのがサウンド上のいいアクセント。またダークな曲調のオリジナル(8曲目「Iago」だけは明るめ)と、綺麗なコード進行のスタンダード曲の対比もいい感じだし、4ビート曲と16ビート曲もバランスよく配列されていて、アルバムを通して聴いても飽きないような工夫を施しているのには好感が持てる。スタンダードであってもベースがウォーキングをしていない場面もあったりして、どの曲をとっても一筋縄ではいかないのが私好みではあるのだが、全体的に知的な演奏となっていて、盛り上がりにはイマイチ欠けているので、もう少しいい意味でバカになって演奏してもよかったかもしれない。そういうのはワーナーが好まないとはいえ、特にオリジナル曲の何曲かは不完全燃焼に終わっているような印象を受ける。でも演奏上での不満点はそれぐらいで、私としては大好きなホーニグのポリリズムを多用したトリッキーなドラミングを聴いているだけでも満足してしまうけどね。近年の愛聴盤である「Gael Horellou / BrOoklyn, featuring Ari Hoenig(15年、別頁あり)」あたりと比べると控えめではあるけれど、これ以上叩くとトリオとしてのバランスが崩れてしまうので致し方ないだろう。そんなホーニグとワーナー、ワイデンミューラーが会話をしているかのようなインタープレイ的な演奏を楽しむことができる。
ということで演奏自体は概ね期待どおりではあるのだが、録音(エンジニアはセイザー)はやっぱり音が小さく録れていて、更にはベースも僅かながら遠く感じられるので、これで音的にも私好みだともっと良かったのになあと思ってしまった。

評価☆☆☆☆ (☆最悪!、☆☆悪い、☆☆☆普通、☆☆☆☆良い、☆☆☆☆☆最高!)

Animal Crackers
Kenny Werner ケニーワーナー
Pirouet
2017-11-23


  

--EDIT--

Steve Slagle / Dedication

Steve Slagle (As, Fl, Ss)
Lawrence Fields (P)
Scott Colley (B)
Bill Stewart (Ds)
Roman Diaz (Conga, Per)1, 4, 5, 6, 7
Special guest: Dave Stryker (G)2, 4, 6, 7, 8, 9
Rec. July 27, 2017, NJ
(Panorama Records 007)

前作「Steve Slagle / Alto Manhattan(17年、別頁あり)」が5つ星だったスティーヴ・スレイグルだけど、本作にもビル・スチュワートが参加しているのに加えて、これまた大好きなスコット・コリーも参加しているのだから大いにそそられる。他のメンバーのローレンス・フィールズとローマン・ディアスは、ビルスチュと同様に前作から引き続き。今回はジョー・ロヴァーノに代わって、スレイグルの盟友デイヴ・ストライカーもゲスト参加しているので、久しぶりに二人の息の合ったプレイも楽しめそうだ。

スレイグル曲が7曲、ストライカー曲が1曲、ウエイン・ショーターの「Chacoal Blues」で全9曲。
アルバムタイトルが「Dedication」となっているとおり、まずはロリンズに捧げたカリプソ調の曲「Sun Song」からスタート。リズムは軽快ではあるけど、このメンバーならではの気合の入った演奏となっていて、スレイグルも挑戦的なフレーズを取り入れながらダイナミックに吹きまくっているのがいい塩梅。フィールズのアドリブも曲調にバッチリ嵌っていて素敵だし、ビルスチュのソロまで用意されていて、早くも1曲目で買ってよかったという気になるというのに、ストライカー参加の2曲目「Niner」(スティーヴ・スワローに捧げている)ではビルスチュ入りのジョンスコのバンドのような曲をやっているのだから嬉しくなってしまう。ストライカーを聴くのは久しぶりだけど、いまどきの若手の凄腕ギタリストと比べるとオーソドックスながらも、かといって古臭さも感じさせないプレイが素敵だね。この曲ではフィールズも、1曲目とはまた違ったアプローチで楽しませてくれる。3曲目「Major in Come」(広義でのスウィングに捧げている)はアップテンポの4ビート。コリーの力感がありながらもノリのいいウォーキングとビルスチュのアタックの効いたドラミングに乗っかって、スレイグルが快調に飛ばしているし、フィールズの疾走感のあるアドリブも実にいい。ストライカーとコンビを組んでいた時代のバンドのリズム隊はこれほど強力ではなかったので、もしかするとブースの外で見学しているストライカーも一緒に弾きたくてうずうずしていたかもしれない。でも続く4曲目「Triste Belaza (Beautiful Sadness)」(ブラジル音楽に捧げている)ではゆったりとしたボサノヴァタッチの曲調の中、アコギを弾いているところをみると、現在のストライカーは音楽性が若干変化しているのかも。アコギはバッキングだけで、アドリブはエレギをオーバーダブで被せているけれど、これを聴いてもスレイグルにはエレギの方が似合っているのは明白なので、ボッサのフィーリングを出すためとはいえ、あえてアコギを使う必要はなかったのではと思う。この曲ではここまでバッキングに徹していたコリーが素晴らしいベースソロで聴かせてくれる。5曲目「Opner」(ジャッキー・マクリーンに捧げている)は途中から4ビートにチェンジする8ビート調の曲。3曲目と同様アップテンポなので、各人とも必然的に張り切ったプレイをしているし、後半ではスレイグルがフルートに持ち替えて、アルトのときとはまた一味違ったジェレミー・スタイグ的なプレイで楽しませてくれる。
残りの曲は割愛するけれど、どの曲をとっても各人が自分の持ち味を存分に発揮していながらも、バンドとしても調和が取れていて、前作「Alto Manhattan」と比べても甲乙つけがたい良い演奏を堪能できた。本作は録音(エンジニアはChris Sulit)も、低域から高域まで太い音で録れている(それでいながらいい意味でクリアー)のがやっている音楽にもよくマッチしているし、再生レベルが高いことも相まって、バランスのいい各楽器の音像がスピーカーの前にドーンとせり出してきて、オーディオ的にも満足するので、これは今年最初の5つ星にしておこう。

評価☆☆☆☆☆ (☆最悪!、☆☆悪い、☆☆☆普通、☆☆☆☆良い、☆☆☆☆☆最高!)


Steve Slagle
CD Baby
2017-12-06

  

--EDIT--

Vijay Iyer Sextet / Far From Over

Vijay Iyer (P, Rhodes)
Graham Haynes (Cornet, Flh, Electronics)
Steven Lehman (As)
Mark Shim (Ts)
Stephan Crump (B)
Tyshawn Sorey (Ds)
Rec. April 2017, NY
(ECM 2581)

ヴィジェイ・アイヤーの前作「Vijay Iyer Trio / Break Stuff(15年、別頁あり)」は決して悪くはなかったのだが、ECM作品よりはACTからの「Vijay Iyer Trio/Historicity(09年、別頁あり)」「Vijay Iyer Trio / Accelerando(12年、別頁あり)」の方が音楽的に好きなので、昨年8月リリースの本作も買おうかどうしようかずっと迷っていた次第。今回はドラマーも大好きなマーカス・ギルモアから、タイショーン・ソーリーに代わっているしね。でもソーリーも「Steve Coleman and Five Elements/Harvesting Semblances and Affinities(10年)」「David Binney / Lifted Land(13年)」「Matt Brewer / Unspoken(16年)」(各別頁あり)ではなかなかいい仕事をしているわけだし、本作を昨年のベスト盤に入れているブロガーさんもいたので、遅ればせながら購入した。

全10曲がアイヤーのオリジナル。
1曲目「Poles」からガツンとくる演奏で、ECM作品としては私好みではあるのだが、同じECMからの前作やACTからのピアノトリオ作品とは違ってホーン奏者が参加していて、しかもこの3人の方に大きくスポットが当たっているので、その分アイヤーの見せ場が少なくなっているのは気になるところ。今回はオリジナル曲だけに絞って、バンドとしてのカラーを前面に打ち出しているけれど、アイヤーの持ち味である変拍子やポリリズムの多用は逆に薄れているので、その辺のところにも物足りなさを感じてしまう。でもトリオだけの演奏でスタートしている5曲目「Down To The Wire」なんかはギンギンに弾きまくっていて、なかなかいい感じではあるけどね。ピアノの他に曲によってはエレピも弾きながらサウンドに変化を与えているとはいえ、私としてはこういう直球勝負の演奏の方に魅力を感じる。それはアイヤーだけではなく、2番手としてソロを取っているマーク・シムや、全体的に手数多く叩いているソーリーが、この曲ではより一段と気合が入ったドラミングをしていることも関係しているのだが、バンドのメンバーが思いっきり入り込んでいる曲と、比較的そうでもない曲が混在していることは、やっている側でなくても意外と分かったりするものなので、できることならどんな曲であっても同じようなテンションで演奏してほしかった。特に16ビート的な曲調のものに少々のありきたり感が見受けられるので、お得意の変拍子も取り入れるなりして、もっとインパクトを与えるような演奏をしていればよかったのではと思う。また録音(エンジニアはジェームス・ファーバー)も、ECMでのいつもながらの音ではあるけれど、ドラムスの音がソーリーのイメージとは異なっていて、なおかつ細かいフレーズも聴き取りにくいのが残念。ステファン・クランプのベースも不鮮明で、聴き終わった後には録音に対しても変なモヤモヤ感が残ってしまった。
ということで昨年中に本作を聴いても、ワタシ的にはベストアルバムに入れるほどの内容ではないけれど、ここ数年ますます静寂化している感のあるECMとしてはかなり動的な作品なので、それだけでもよしとしておこう。

評価☆☆☆☆ (☆最悪!、☆☆悪い、☆☆☆普通、☆☆☆☆良い、☆☆☆☆☆最高!)


Far from Over
Vijay -Sextet- Iyer
Ecm Records
2017-08-25

  

--EDIT--

Joey Alexander / Joey. Monk. Live!

Joey Alexander (P)
Scott Colley (B)
Willie Jones III (Ds)
Rec. June 2-3, 2017, The Appel Room at Jazz at Lincoln Center, NY
(Motema Music MTM0247)

ジョーイ・アレキサンダーは、本人のサイトによると2003年インドネシアのバリ島生まれなので、本レコーディングの時点でまだ14歳なのだが、それでいてリーダー作は11歳のときに録音したデビューアルバム「Joey Alexander / My Favorite Things(15年)」、「Joey Alexander / Countdown(16年)」に次いで既に3枚目なのだから、どれだけの神童かということになる。同じピアニストとしては過去にもセルジオ・サルヴァトーレ、オースティン・ペラルタ、エルダー・ジャンギロフ、テイラー・アイグスティ、ティグラン・ハマシアン、ベカ・ゴチアシュヴィリなんかも若くしてプロデビューしているけれど、天才にもいろいろと悩みはあるようで、中には途中でポシャったり亡くなってしまった人もいるので、アレキサンダーには雑念を振り払って、自分の持ち味に磨きをかけるよう願っている。

セロニアス・モンクの「Round Midnight」「Evidence」「Ugly Beauty」「Rhythm-A-Ning」「Epistrophy」「Straight No Chaser」「Pannonica」で全7曲。
大好きなモンク集となっているのがまず嬉しい。その演奏もメンバーがスコット・コリー、ウィリー・ジョーンズIIIだけあっていい感じで聴かせてくれるのだが、1曲目「Round Midnight」のようなソロピアノに関しては上手いことは上手いし表現力にも長けているけれど、アイデア的には先輩ピアニスト達に適わないという気がしないでもない。でも曲が終わってからの拍手で気がついたけど、これってライブ盤だったんだね。大勢のお客さんを前に、これだけのプレイができれば上出来だろう。部分的にちょっとだけミスタッチしているけれど、細かいことは気にせずにリズム隊の2人に対して攻撃的なフレーズで仕掛けているあたりには末恐ろしさを感じる。当然ながらコリーもジョーンズIIIも若者を優しく見守りながらのプレイではなく、本気モードで挑んでいるけれど、そのおかげもあってどの曲をとっても濃い内容の演奏が堪能できる。モンク曲に対する解釈もオーソドックスながら素敵だし、新人にありがちな頭でっかちな部分も見受けられなくて、これはゴチアシュヴィリあたりのいいライバルとなりそうだね。こういう逸材がバリ島から登場してくるのだから、ジャズも昔以上にワールドワイドになったものだ。
モンクの曲は楽曲自体が優れているし、コリー、ジョーンズIIIとの共演なので、演奏が悪いはずはないのだが(良くて当然)、それにしても14歳にしてジャズがなんたるかを知っているアレキサンダーには脱帽する。本作は録音(エンジニアはBob Macomber)も、ドラムスだけはバランス的に少々奥に引っ込んでいる感があるものの、各楽器の音質は上々なのに加えて、ホールの温かい雰囲気もきちんと伝わってきて好感が持てる。

評価☆☆☆☆ (☆最悪!、☆☆悪い、☆☆☆普通、☆☆☆☆良い、☆☆☆☆☆最高!)


Joey Monk Live
Joey Alexander
Motema Music
2017-12-01

  

--EDIT--

↑このページのトップヘ

google-site-verification: google878c7206ee6d4f7b.html