Jazz & Drummer

ジャズ・フュージョンの新譜や好きなドラマーのことなど音楽98%、感じたままに書いている個人ブログです。

カテゴリ:Jazz / FusionのCD > 新譜

Will Vinson / It's Alright With Three

Will Vinson (As, Ss)
Gilad Hekselman (G)
Antonio Sanchez (Ds, Per)

Produced by Gerry Teekens
Recording Engineer: Michael Marciano
Mixing: Max Ross
Recorded: September 20, 2017
Recorded at Systems Two Recording Studios, Brooklyn, N.Y.
Photography: Jimmy Katz
Cover Design: Gerry Teekens/Bloemendaal in Vorm
(Criss Cross 1399)

1. My Shining Hour (H. Arlen) 7:21
2. The Pines (W. Vinson) 5:57
3. It's Alright With Me (C. Porter) 8:47
4. Samurai Hee Haw (M. Johnson) 6:38
5. Where Are You? (J. McHugh) 7:20
6. Resting Jazz Face (W. Vinson) 6:32
7. Down Homeless (S. Vinson) 4:19
8. Nobody Else But Me (J. Kern) 9:01

ギタリストではジョナサン・クライスバーグやラーゲ・ルンドとの共演が多いウィル・ヴィンソンだけど、本作ではヴィンソンと同様アリ・ホーニグのバンドの常連組ではあるも、アルバムで一緒にやっているのはこれまで聴いたことがなかったギラッド・ヘクセルマンと共演しているのが興味深い。しかもドラムが現代最高峰のアントニオ・サンチェスなのだから、ヘクセルマンもサンチェスも大好きな私としては期待に胸が高鳴るのだが、実際の演奏が思ったほどイケイケではないのは、ヴィンソンの音楽性もあると思うけど、それ以上にベーシストがいないことによりヘクセルマンがギターでベース的なパートも受け持っていることの方が大きく関係している。そのためにヘクセルマンには奏法上の制約が生じていて、ホーニグのバンドのときのような反応の素早いプレイはできなくなってしまっているし、サンチェスもまたベーシストの代わりに土台を支える必要があるので、ドラムソロや一部の場面以外はこれでもかというほどのアグレッシブなプレイはしていないのが物足りなく感じる点。とはいえドラムソロのスペースは多めに用意されているし、4曲目ではまさか今の時代に聴けるとは思ってもみなかった、Bass Desiresやジョンアバ絡みの演奏で大好きだったマーク・ジョンソン曲「Samurai Hee Haw」をやっていたりして(この曲や以降の曲でのヘクセルマンはオーバーダブなのかリフのループ音に被せているのかは定かでないが、ロック調のトーンでギンギンに弾いていたり、ビル・フリゼール的なエフェクターを用いていたりもする)、曲が進むにつれてそんなこともどうでもよくなるけどね。変則的なトリオなのに、スタンダード曲に対する演奏の持っていき方が意外とオーソドックスなのにも不思議な魅力を感じる。でもゆったり目のテンポの曲が多いので、どうせやるのならヘクセルマンやサンチェスの持ち味を生かしたスリリングな展開となっている曲がもっとあってもよかったのではと思う。
本作は期待していたような演奏とは異なるものの、ヘクセルマンとサンチェスのプレイは曲調の範囲内では堪能できるし(ヴィンソンは二人の強烈な個性に埋もれてしまっているような気がするけれど、「It's Alright With Me」にでも掛け合わせたのか、本人がアルバムタイトルとなっている「It's Alright With Three」と思っているのであればそれでよし)、録音も近年のCriss Cross盤同様上々なおかげで、聴き終わった後にはそれなりの充実感を味わうことができた。

評価☆☆☆☆ (☆最悪!、☆☆悪い、☆☆☆普通、☆☆☆☆良い、☆☆☆☆☆最高!)

It's Alright With Three
Will Vinson
Criss Cross
2018-05-18


  

--EDIT--

Tia Fuller / Diamond Cut

Tia Fuller (As, Ss)
Adam Rogers (G)
Sam Yahel (Or) 2, 7
James Genus (B) 1-3, 6, 10, 12
Dave Holland (B) 4, 5, 7-9, 11
Bill Stewart (Ds) 1-3, 6, 10, 12
Jack Dejohnette (Ds) 4, 5, 7-9
Terri Lyne Carrington (Per) 7, 8

Producer: Terri Lyne Carrington
Executive Producer: Gretchen Valade
EVP of A&R: Al Pryor
Production Manager: Will Wakefield
Production Manager for EP/LPG: Margo M. Davis
Recorded at: The Clubhouse, Rhinebeck, NY
Recording Engineer: Paul Antonell
Assistant Recording Engineer: Ru
Mixed at: Sear Sound, New York, NY
Mixing Engineer: Jeremy Loucas
Mastered by: Paul Blakemore
Photography/Wardrove Stylist: Jerris Madison
Photography Assistant/Set Design: Steven Blank
Makeup: Samantha Reese
Art Direction + Design: Raj Naik
Creative Services + Production: Maria Ehrenreich
Rrosuct Manager: Sharon Green
(Mack Avenue Records MAC1127)

1. In The Trenches 6:17
2. Save Your Love for Me 5:37
3. I Love You 6:21
4. Queen Intuition 5:58
5. Joe'n Around 4:13
6. Crowns of Grey 5:53
7. The Coming 6:56
8. Soul Eyes 5:39
9. Delight 5:00
10. Fury of Da'Mond 3:58
11. Tears of Santa Barbara 4:22
12. Joe'n Around (altarnate take) 3:07
All songs written and arranged by Tia Fuller
except "Save Your Love for Me" witten by Buddy Johnson, arranged by Warren Wolf
"I Love You" written by Cole Poter, arranged by Tia Fuller
"Soul Eyes" written by Mal Waldron, arranged by Tia Fuller

Tia Fuller / Angelic Warrior(12年、別頁あり)」に次ぐ、ティア・フラーの5枚目のリーダー作。今回はボス的存在であるテリ・リン・キャリントンのプロデュースの元、これまでとはメンバーを一新しているのが興味深いのだが、アダム・ロジャース、サム・ヤエル、ジェームズ・ジナス、デイヴ・ホランド、ビル・スチュワート、ジャック・ディジョネットの、そうそうたる面々によるレコーディングだけあって、実際の演奏も1曲目「In The Trenches」からアップテンポな4ビートでガツンといっているのがいい塩梅。メンバー各人の個性的なプレイに埋もれることなく、フラーがきちんと自己表現ができているのには、ここ5~6年の成長ぶりが感じられるし、オリジナルをメインとしながらの動と静のバランスもビート的なことを含めて悪くないのだが、しいていうならブチ切れている場面がもっと多い方が、バンドとしてもより熱い演奏が楽しめていたかもしれない。楽曲としては1曲目の他に、最初の部分がディジョネットとの対話的なデュオとなっていて、途中からはホランドも入ってくる5曲目「Joe'n Around」、スタンダードナンバーと勘違いしてしまうほどに上質な曲作りとなっているバラード曲の6曲目「Crowns of Grey」、いかにもコンテンポラリージャズといった感じのカッコいい曲調の中、ロジャースがジョンスコ的なアプローチを見せている10曲目「Fury of Da'Mond」、5曲目「Joe'n Around」の別バージョンをジナス、ビルスチュ組とやっている12曲目「Joe'n Around (altarnate take)」が特に気に入った。7曲目「The Coming」の出だしと終わりの部分や、続く8曲目「Soul Eyes」にはキャリントンがパーカッション(皮もの)で参加しているけれど、それもまたサウンド上のいいアクセント。他の曲も概ねいい感じで楽しめるのだが、2曲目「Save Your Love for Me」だけは、確かにケニー・ギャレットあたりもこのような大衆受けしそうなソウルフルな演奏をしていることがあるし、純ジャズ一辺倒ではないフラーがそういうのをやりたい気持ちも分かるけど、この曲だけ雰囲気が異なっているので、カットした方がアルバムとしての統一感が取れてよかったのではと思う。
フラーのプレイは「Angelic Warrior」以降も、「Terri Lyne Carrington / Money Jungle: Provocative In Blue(13年)」「Dianne Reeves / Beautiful Life(13年)」「Ralph Peterson / The Duality Perspective(13年)」「Terri Lyne Carrington / The Mosaic Project: Love and Soul(15年)」「Mack Avenue SuperBand / Live From The Detroit Jazz Festival 2014(15年)」「Lewis Porter / Beauty & Mystery(18年)」(各別頁あり)で聴いているけれど、全曲に参加しているアルバムはそんなに多くはなかったので、本作では久しぶりに彼女の魅力をたっぷりと堪能できた。流石にこれだけのメンバーだけあって演奏が良いのに加えて、録音も各楽器がやっている音楽によくマッチした骨太な音で録れていて、オーディオ的にも満足させてくれる。

評価☆☆☆☆ (☆最悪!、☆☆悪い、☆☆☆普通、☆☆☆☆良い、☆☆☆☆☆最高!)


DIAMOND CUT
TIA FULLER
MACAV
2018-05-25

  

--EDIT--

Eliane Elias / Music from Man of La Mancha

Eliane Elias (P)
Eddie Gomez (B) 2, 3, 5, 6, 7
Jack DeJohnette (Ds) 2, 3, 5, 6, 7
Marc Johnson (B) 1, 4, 8, 9
Satoshi Takeishi (Ds) 1, 4, 8, 9
Manolo Badrena (Per) 1-4, 6-9

Produced by Eliane Elias and Mitch Leigh
Executive Producer: Christine Martin
Recorded at Power Station Studios NY
Mixed at Secret Studio, NY
Recorded and Mixed in 1995
Engineered by Hans Liebert
Degital Mastering Preparation: Steve Rodby
Mastered by Paul Blakemore at CMG Mastering
Photography by Priscila Silvestre
Layout: Carrie Smith
(Concord Jazz 0888072051331)

1. To Each His Dulciner 5:42
2. Dulcinea 5:34
3. What Does He Want of Me 6:43
4. The Barber's Song 5:07
5. It's All the Same 7:16
6. I'm Only Thinking of Him 5:04
7. Man of La Mancha (I, Don Quixote) 7:40
8. The Impossible Dream 5:48
9. A Little Gossip 4:31
All music composed by Mitch Leigh
All annangements by Eliane Elias

イリアーヌ・イリアスがエディ・ゴメス、ジャック・ディジョネットと共演するのは90年の「Eliane Elias / Plays Jobim」以来だと思うので、本作にはすぐに飛びついたけど、クレジットを見たら、なんと23年も前の1995年の録音なのには拍子抜け。それがなんで今頃になってリリースされたのか(しかも超有名なConcordレーベルから)、現在の姿が写っているジャケットを見ても騙された感が強いのだが、逆に昔の録音ということで、イリアーヌがヴォーカリストとして大々的に活動する以前のピアノで勝負をかけていた時代のインスト演奏が堪能できるわけなので、とりあえずはこれでよしとしよう。トラックによってはベースがマーク・ジョンソン、ドラムスが武石聡にチェンジ。またほとんどの曲にはマノロ・バドレーナも参加しているけれど、ブラジリアンな演奏に関してはジョンソン、武石組の方が、より本格的なビートでやっていていい感じ。ジョンソンは他のアルバムでも似たような感じで弾いているのでさておき、これが初聴きの武石は、ピーター・アースキンあたりにディヴ・ウェックル的な要素も加味した、なかなかセンスのいいドラマーだね。4ビート曲もありのゴメス、ディジョネット組の方は過去盤とも変わらないけれど、例によってディジョネットの定型ビートに囚われないドラミングが聴きもので、特に7曲目でのプレイはドラムソロも含めて非常にアグレッシブだし、この2人の共演は近年では滅多にないので、もう一緒にやっているだけでも嬉しくなってしまう。肝心のイリアーヌも現在と比較すると少々青臭さくて、深みのようなものは感じられないものの、これはこれで悪くはないし、「Man of La Mancha(ラ・マンチャの男)」ぐらいしか曲名を知らないミッチ・リーの楽曲集となっているのも、いい意味でのマニアックさが感じられて好感が持てる。二組のリズム隊のどちらをとっても、楽曲を完全に自分たちのものにして演奏していることは言うまでもないだろう。
ということで演奏自体はノリノリで楽しむことができるし、マスタリングでもやり直したのか、録音にも古さは感じられないだけに、これほどの音源がどうして今までお蔵入りになっていたのかという疑問は最後まで付き纏ってしまった。

評価☆☆☆☆ (☆最悪!、☆☆悪い、☆☆☆普通、☆☆☆☆良い、☆☆☆☆☆最高!)


MUSIC FROM MAN OF LA M
ELIANE ELIAS
CONCO
2018-04-20

  

--EDIT--

Joshua Redman / Still Dreaming

Joshua Redman (Ts)
Ron Miles (Cor)
Scott Colley (B)
Brian Blade (Ds)

Produced by Joshua Redman
Recorded April 2-3, 2017, at Sear Sound, New York, NY
Mixed July 15-16, 2017 at Sear Sound
Associate Producer & Engineer: James Farber
Assistant Engineer: Owen Mulholland
Mastered by Greg Calbi at Sterling Sound, New York, NY
Design by John Gall
Cover Photograph by Jon Brown
Executive Producer: Robert Hurwitz
(Nonesuch Records 7559-79330-8)

1. New Year (Scott Colley) 6:37
2. Unanimity (Joshua Redman) 5:09
3. Haze and Aspirations (Scott Colley) 5:56
4. It's Not the Same (Joshua Redman) 2:44
5. Blues for Charlie (Joshua Redman) 6:50
6. Playing (Charlie Haden) 3:17
7. Comme Il Faut (Ornette Coleman) 3:26
8. The Rest (Joshua Redman) 5:56

Joshua Redman / Trios Live(14年、別頁あり)」や、James Farm名義の2作品(「Joshua Redman, Aaron Parks, Matt Penman, Eric Harland / James Farm(11年、別頁あり)」「James Farm / City Folk(14年、別頁あり)」)は別として、ここ何作かはブラッド・メルドーとのオーケストラものやデュオが続いていたジョシュア・レッドマンなので、本作は久しぶりのカルテット編成(ピアノではなくコルネット入りだけど)なのに加えて、リズム隊が大好きなスコット・コリーとブライアン・ブレイドなのがまず嬉しい。これまでのレッドマンに父親であるデューイの影響はほとんど感じられないのだが(確か別れて暮らしていたはずなので逆に敬遠していたかも)、チャーリー・ヘイデンやオーネット・コールマンの曲を取り上げていることからも察しがつくとおり、本作はかつてデューイが在籍していたバンドOld and New Dreams(デューイ、ヘイデン、ドン・チェリー、エド・ブラックウェル)へのオマージュとなっているのが興味深い。実際の演奏もそれ用に曲が書かれているし、チェリーにどことなく雰囲気が似ているロン・マイルズの参加(「Ron Miles, Bill Frisell, Brian Blade / Quiver(12年、別頁あり)」「Ron Miles / Circuit Rider(14年、別頁あり)」で共演歴のあるブレイドの推薦と思われる)も相まって、Old and New Dreams的な臭いがプンプンするね。とはいえ単なる懐古趣味ではなく、メンバー各人の持ち味もきちんと生かされているので、やっている音楽だけではなくプレイ的にも癖が強かったOld and New Dreamsよりもはるかにいい感じで楽しむことができる。2管ということでレッドマンの出番は少なくなっているけれど、その代わりにマイルズが自分のアルバムよりもいいのではと思わせるほどにアグレッシブなプレイで聴かせてくれるし、スコットのベースも意図的にヘイデンに似せて弾いていながらもカッコよさは相変わらずだし、ブレイドも曲調の範囲内で直観的なドラミングをしているおかげで、バンドとしてはもちろん、各パートにおいても満足させてくれる。トータルで40分はちょっと短いような気がするけれど、フリー的な部分もあったりして演奏自体がヘビーなので、これ以上長くすると逆に疲れていただろう。
本作はOld and New Dreamsへの見事なオマージュとなっているし、録音も各楽器が過不足なく良い音(音楽的な)で録れていて、これはこれで悪くはないのだが、どうせこのメンバーでやるのなら路線の異なるジャズ(フリー的な要素を排除したコンテンポラリーなジャズ)の方を、できれば聴いてみたかった。そういうのは散々やってきているので飽きているとは思うけどね。

評価☆☆☆☆ (☆最悪!、☆☆悪い、☆☆☆普通、☆☆☆☆良い、☆☆☆☆☆最高!)


Still Dreaming
Joshua Redman
NONES
2018-05-25

  

--EDIT--

Ari Hoenig / NY Standard

Ari Hoenig (Ds)
Tivon Pennicott (Ts)#5-7
Gilad Hekselman (G)#1-3, 5, 6
Tigran Hamasyan (P)#2
Shai Maestro (P)#4, 6
Eden Ladin (P)#3, 5
Orlando le Fleming (B)

Recorded at Peter Karl Studios in Brooklyn, September 2015
except Bessie's Blues recorded January 21, 2010
Recorded, mixed and mastered by Michael Perez-Cisneros
Cover photo by Ilkka Rantamaki
Rroduced by Ari Hoenig
Executive Producer: Jordi Pujol
(Fresh Sound Records FSNT550)

1. Boplicity (M. Davis-G. Evans) 4:29
2. Bessie's Blues (John Coltrane) 8:31
3. Stablemates (Benny Golson) 6:19
4. Someday My Prince Will Come (F. Churchill-. Morey) 6:21
5. Pent Up House (Sonny Rollins) 5:52
6. In Walked Bud (Thelonious Monk) 7:30
7. Fee Fi Fo Fum (Wayne Shorter) 4:50

アントニオ・サンチェスと同様に、リーダー作のほとんどを5つ星にしているほどに大好きなアリ・ホーニグなので、この最新作にも期待に胸が膨らむのだが、録音が前作「Ari Hoenig / The Pauper & the Magician(2016年、別頁あり)」と同じ2015年9月(「Bessie's Blues」のみ2010年1月録音)なのは買ってから気づいた次第。新人発掘のイメージが強いFresh Sound New Talentからのリリースというのも違和感があるのだが、何はともあれ1曲目「Boplicity」からいかにもホーニグらしい演奏が繰り広げられていていい塩梅。2曲目「Bessie's Blues」なんかは、新たに付け加えられているイントロやテーマの部分にお得意のドラムでのメロディー奏法も取り入れたり、変拍子の部分もあったり、ポリリズムもバンバンぶちかましていたりして、ただでさえ素敵な楽曲がますますカッコいいことになっているね。当然ながらホーニグのプレイは絶好調だし、ギラッド・ヘクセルマンやオーランド・ル・フレミング、曲により入れ代わり立ち代わりの3人のピアニスト、ティグラン・ハマシアン、シャイ・マエストロ、エデン・ラディン(ホーニグとは初共演。当方所有のアルバムとしては「Myron Walden/Momentum Live(10年、別頁あり)」に参加)や、「The Pauper & the Magician」にも参加していたティヴォン・ペニコットも、それぞれがホーニグの音楽性を熟知した上で自分の持ち味をきちんと発揮しているおかげで、どの曲をとってもノリノリで楽しむことができる。「NY Standard」というとおり、今回はあえて全曲既成曲をやっているけれど、そのアレンジも実に斬新で、中にはコード進行を変えているために、何の曲をやっているのかはテーマ部分でしか分からない曲もあったりするし、曲によっては演奏の途中でビートを変化させるのも常套手段となっているおかげで、過去のリーダー作のオリジナル曲と比較しても遜色ないフレッシュな演奏となっているし、その選曲にもセンスのよさが窺えるのだが、欲をいうならばガツンとくる曲がもう1曲ぐらいあってもよかったかも。でもそんなことも、このカッコいい全ての演奏を聴いていればどうでもよくなるけどね。トータルで約44分というLP並みの短さではあるけれど、演奏には美味しさが濃縮されているので(ホーニグならではのドラムソロの場面も多い)、聴き終わった後には心地よい充実感が残った。
ということで演奏には大満足だし、各楽器が穏やかな音色で録れている録音も上々で、本作もまた当然ながらの5つ星。ホーニグのよき理解者であるヘクセルマン、ハマシアン、マエストロ、フレミングらと一緒にやっている限りにおいては、この快挙はまだまだ続きそうだ。

評価☆☆☆☆☆ (☆最悪!、☆☆悪い、☆☆☆普通、☆☆☆☆良い、☆☆☆☆☆最高!)


Ny Standard
Ari Hoenig
Fresh Sound New Talent
2018-05-25

  

--EDIT--

↑このページのトップヘ

google-site-verification: google878c7206ee6d4f7b.html