Jazz & Drummer

ジャズ・フュージョンの新譜や好きなドラマーのことなど音楽98%、感じたままに書いている個人ブログです。

カテゴリ:Jazz / FusionのCD > 新譜

Danny Grissett / Remembrance

Danny Grissett (P, Rhodes)
Dayna Stephens (Ss, Ts) except Track 9
Vicente Archer (B)
Bill Stewart (Ds)
Rec. April 19, 2017, NY
(Savant Records SCD2165)

ダニー・グリセットのヴィセンテ・アーチャー、ビル・スチュワートのリズム隊による第二弾。前作「Danny Grissett / The In-Between(15年、別頁あり)」に参加していたウォルター・スミスIIIが抜けて、新たにデイナ・スティーヴンスが加わったカルテット編成となっているけれど、「The In-Between」でのスミスIIIと同様に、スティーヴンスがグリセットと共演しているのもこれまで聴いたことがなかったので、はたしてどういうことになっているのか楽しみだ。

グリセット曲が4曲、ガレスピーの「Woody'n You」、エリントンの「Prielude to a Kiss」、モンクの「Renatus」、ハンコックの「Just Enough」、H. Ellis/L. Carter/J. Frigoの「Detour Ahead」で全9曲。
アップテンポの4ビートでマイルスの「Joshua」的なアレンジが施されている1曲目「Woody'n You」からして目茶苦茶カッコいい。スティーヴンスとグリセットのアドリブは絶好調だし、最後の方にはビルスチュとの8バースまで用意されていて、早くも買ってよかったという気にさせてくれる。続くオリジナルの2曲目「Lament for Bobby」は出だし部分の赤ちゃんの声がイマイチ気に入らないけれど、演奏自体はいかにもグリセットらしい、非4ビートで幾分ダークな曲調の中、ソプラノに持ち替えているスティーヴンスといいグリセットといい、程よい感じのモーダルなプレイで聴かせてくれる。3曲目は「Prielude to a Kiss」だけど、原曲のイメージを崩さないバラード演奏ながらも、3拍子でやっているのが小洒落ているし、4曲目の「Renatus」はテーマの後にいきなりドラムソロになっているのが意表を突くし、6曲目の「Just Enough」やエヴァンス・トリオでお馴染みの9曲目「Detour Ahead」も実にいい雰囲気で、大好きな曲をますますいい感じで演奏しているのだから何ともたまらない。オリジナルの楽曲も既成曲に劣らず優秀だし、5曲目「Renatus」で弾いているエレピもサウンド上のいいアクセントとなっていて、最後までノリノリで楽しませてくれる。
グリセットは久しぶりにハレルと共演している近作「Tom Harrell / Moving Picture(17年、別頁あり)」でのプレイも相当良かったけれど、彼の音楽性までも堪能できるのは、やはりこちらの方。演奏的にも各人が曲調の範囲内で最良のプレイをしているし、アルバムとしての動と静のバランスも完璧。録音(エンジニアはマイケル・マルシアーノ)も各楽器の温かさを伴いながらの大きめの音像がスピーカーの前面に浮かび上がって、オーディオ的にも満足するので、これは5つ星にするしかないだろう。

評価☆☆☆☆☆ (☆最悪!、☆☆悪い、☆☆☆普通、☆☆☆☆良い、☆☆☆☆☆最高!)
  

--EDIT--

Mark Guiliana Jazz Quartet / Jersey

Jason Rigby (Ts)
Fabian Almazan (P)
Chris Morrissey (B)
Mark Guiliana (Ds)
Gretchen Parlato, Jeff Taylor, Jason Rigby, Fabian Almazan, Chris Morrissey, Mark Guiliana, Marley Guiliana (vo)9
Rec. October 27-28, 2016, NY
(Motema Music MTM0233)

Mark Guiliana Jazz Quartet / Family First(15年、別頁あり)」に次ぐマーク・ジュリアナ(グイリアーナと読むのが正しいそう)のジャズ・カルテット作品の2枚目。今回はシャイ・マエストロに代わってファビアン・アルマザンが参加しているのが興味深い。前作の記事を読み直すとバンドとしては悪くはないけれど、全面的に共感しているわけではなく、「楽曲はダークな曲調がほとんどで、特に5曲目「Johnny Was」からはゆったりとした感じの演奏が続いていることもあって、聴いていると次第に気分が滅入ってくるので、曲ごとのメリハリはもっとつけてもよかったのではと思う」と書いてあるので、その辺のところがいい方向に変わっていることに期待している。

ジュリアナ曲が4曲、グレッチェン・パーラトとの共作が1曲、クリス・モリッシー曲が2曲、Rich Hinmanの「BP」、デヴィッド・ボウイの「Where Are We Now?」で全9曲。
4ビートジャズをメインとしていた前作とは異なり、こちらの方は非4ビートがメインとなっているのがジュリアナに対する元からのイメージだし、本人も生き生きと叩いているような印象を受ける。暗めの曲調が続いているのは相変わらずだけど、曲ごとにちゃんとメリハリをつけた演奏をしているので、気分が滅入るようなこともない。そんな中での4ビート曲の7曲目「Big Big Jones」もいいアクセントとなっていて、前作に感じた不満は全て解決しているね。まさか私のブログを読んで参考にしたわけではないと思うけど、結局はジュリアナ本人も同じように感じていたということなのだろう。もしかするとアルマザン効果なのかもしれないけれど、いずれにしても前作よりもいい感じで楽しめるし、バンド的にも音楽的にも独自のオリジナリティがあって好感が持てる。ジュリアナのコンテンポラリーなドラミングもソロを含めて存分に堪能できるのだが、欲をいうとアルマザンのソロの見せ場はもっとあってもよかったかも。それとジェイソン・リグビーとモリッシーも決して悪くはないのだが、他のやり手のテナー奏者やベース奏者と比べるとどうしても小粒な印象を受けてしまうので、もっと凄い人たちとやっていれば同じ曲でも2倍も3倍もよくなるのになあと思ってしまう。でもその辺は金銭的な問題が絡んでくるだろうし、演奏面においてもジュリアナの指示どおりにいかない部分も生じてくるので(そういうのをプラスに転じるのがジャズの面白いところなのだが)、やはりこのメンバーで正解なのかもしれない。数か月前のライブを実際に観たアメリカ在住の友人は「いまいちピンとこなかった」的なことを言ってたけど、本作を聴く限りにおいてはジュリアナが意図していることがよく分かる演奏で、ダークな曲調ながらも最後までルンルン気分で楽しむことができた。
ということで私としては前作よりもこちらの方が好き。本作は録音(エンジニアはJohn Davis)も、幾分タイトな音に加工されているドラムス(おそらくミュートの多用)と、リアル感のある他の楽器が絶妙にマッチしているし、その音像もスピーカーの前面に浮かび上がって上々だ。

評価☆☆☆☆ (☆最悪!、☆☆悪い、☆☆☆普通、☆☆☆☆良い、☆☆☆☆☆最高!)


Jersey
Mark -Jazz Quar Guiliana
Motema Music
2017-09-29

  

--EDIT--

Bob Reynolds / Hindsight

Bob Reynolds (Ts)
Aaron Goldberg (P)
Reuben Rogers (B)
Obed Calvaire (Ds)
Rec. January 2008, NY
(Bob Reynolds Music 807676148421)

先月の発売なので、てっきり新譜だと思って購入したけれど、クレジットを見たら録音が2008年1月と10年近くも前なのにまずはガッカリ。おそらく自主制作盤として流通経路に乗せるまでいろんな障害があったのだと思うけど、新譜聴きとしては常にミュージシャンの最新の演奏を聴いていたいので、出来ればもっと早くリリースしてほしかった。とはいえボブ・レイノルズのリーダー作を聴くのは「Bob Reynolds/Can't Wait For Perfect(06年、別頁あり)」以来だし、バックのメンバーもアーロン・ゴールドバーグ、ルーベン・ロジャース、オベド・カルヴェールと強力なので、それなりにはワクワクしている。

全7曲がカルヴェールのオリジナル。
「Bob Reynolds/Can't Wait For Perfect」と同様16ビート系の曲が続いている。メンバーもドラムスがエリック・ハーランドからカルヴェールに代わり、曲により参加していたマイク・モレノが抜けただけなので、演奏自体も大きな変化は見受けられないのだが、アルバムを通して何らかのストーリー性が感じられる曲構成となっている中でのレイノルズの大らかなテナーがいい雰囲気を醸し出している。ゆったり目の曲が多いので、普通であれば途中で退屈してくるけれど、本演奏に限ってそのように感じないのは、トータル約41分というLP並みの短さに加えて、大きくスポットが当たっているレイノルズだけではなく、他のメンバーも魅力的なプレイをしているから。数曲でアドリブを取っているゴールドバーグは当然として、ロジャースとカルヴェールのバッキングもセンスがよくてカッコいい。特にカルヴェールは楽曲とも相性がよかったのか、曲調にバッチリ嵌ったドラミングで聴かせてくれる。どちらかというとトータルサウンド重視なので、レイノルズ以外の3人が持ち味を存分に発揮しているというわけではないけれど、各人とも同じベクトルを向いた、バンドとしても調和のとれた演奏を楽しむことができた。これで威勢のいい曲がもう1曲ぐらいあれば更によかったと思う。
レイノルズのプレイは、リーダー作以外ではその他大勢的に参加している「Tony Grey/Chasing Shadows(08年、別頁あり)」「Bona/The Ten Shades of Blues(09年、別頁あり)」ぐらいでしか聴いたことがないのだが、他人のバンドに積極的には参加していないところをみると、それだけ自分がやりたい音楽に強い信念を持っているということなのだろう。それはそれで素晴らしいことではあるけれど、多くのミュージシャンと共演することによって見えてくる部分もあると思うので、奏法的な面はさておき、これ以上の音楽性のレベルアップを望んでいるのであれば、そうするのも一つの手段かもしれない。もちろんここでの演奏が悪いというわけでは決してないし、録音(エンジニアはMichael Brorby)も各楽器の音質、バランス共に上々で、本作はどうして今までお蔵入りしていたのか不思議に思うほどの良盤だ。

評価☆☆☆☆ (☆最悪!、☆☆悪い、☆☆☆普通、☆☆☆☆良い、☆☆☆☆☆最高!)


Bob Reynolds
Bob Reynolds Music
2017-09-19

  

--EDIT--

Christian McBride Big Band / Bringin' It

Christian McBride (B)
Frank Greene, Freddie Hendrix, Brandon Lee, Nabate Isles (Tp)
Michael Dease, Joe McDonough, James Burton (Tb), Steve Davis (Tb on M11), Douglas Purviance (Bass-Tb)
Steve Wilson (As, Ss, Fl), Todd Bashore (As, Fl, Piccolo), Ron Blake (Ts, Fl), Dan Pratt (Ts, Cl), Carl Maraghi (Bs, B-Cl)
Xavier Davis (P)
Rodney Jones (G)1, 7
Quincy Phillips (Ds)
Melissa Walker (Vo)6, 8
Brandee Younger (Harp)10 
Rec. 2017?, NY
(Mack Avenue)

クリスチャン・マクブライドのビッグバンド作品は「Christian McBride Big Band / The Good Feeling(11年、別頁あり)」以来。リーダー作はその間にも「Christian McBride / Conversations with Christian(11年)」「Christian McBride & Inside Straight / People Music(13年)」「Christian McBride Trio / Out Here(13年)」「Christian McBride Trio / Live at the Village Vanguard(15年)」(各別頁あり)がリリースされているのだが、デュオ作品の「Conversations with Christian」以降はクリスチャン・サンズ、ユリシーズ・オーウェンスJrとやる機会が多かっただけに、本作のザヴィア・デイヴィスは「The Good Feeling」にも参加しているのでさておき、新たにクインシー・フィリップスという、これが初聴きのドラマーを起用しているのが興味深い。フィリップスはロイ・ハーグローブのクインテットでも活動しているようで、YouTubeには異様に手が速いドラムソロが上がっている。

マクブライド曲が2曲、フレディ・ハバードの「Thermo」、ジミー・ヴァン・ヒューゼンの「I Thought About You」、マッコイ・タイナーの「Sahara」、Regina Werneck/ジャヴァンの「Upside Down」、ウェス・モンゴメリーの「Full House」、ジェリー・ジェフ・ウォーカーの「Mr. Bojangles」で全8曲。
ほとんどの曲のアレンジはマクブライドが担当。その演奏は「The Good Feeling」と同様、アメリカのビッグバンドの伝統的なスタイルに則ったものなので、すんなり頭に入ってくるし、選曲にも好感が持てる。3曲目では「Christian Mcbride / Number Two Express(96年)」に収録されていたオリジナル曲の「Youthful Bliss」をやっているけれど、こういう曲も元のイメージを壊すことなく、それでいながら最初からビッグバンド用に作られたかのようにごく自然なアレンジが施されているのだから、手法自体は地味ではあるけれど、流石だなあと思ってしまう。それと若い頃によく聴いていたマッコイの「Sahara」(5曲目)や、ウェスの有名曲「Full House」(7曲目)を取り上げているのも嬉しい限り。「Sahara」に関しては原曲のように、もっとガツンとくる演奏をしていればなおよかったと思うけど、それだと他の曲から浮いてしまう危険性があるので、これぐらいで限界なのかもしれない。マクブライドはアレンジだけではなく、演奏面においても魅力的なプレイで聴かせてくれるし、曲により入れ代わり立ち代わりのソロイストのプレイも良好。またビッグバンドとしてのアンサンブルも申し分がないのだが、「The Good Feeling」と同じようなアルバムを作る必要があったかどうかは疑問に感じなくもない。マクブライドにしてみると久しぶりにビッグバンドをやりたくなったからやったのだと思うけど、どうせやるのなら何らかのプラスアルファが欲しかった。それとメリッサ・ウォーカーのヴォーカルも、入れるとしても1曲だけで十分。オーウェンスJrの後釜(代役?)として抜擢されたフィリップスは、ビッグバンドでの譜面を見ながらのドラミングもバッチリで(「Sahara」や11曲目「Optimism」でのソロも素晴らしい)、わたし的に一番の収穫は彼だった。
ビッグバンドとしては比較的オーソドックスな演奏ではあるけれど、ヴォーカル入りの曲を除いてはそれなりにいい感じで楽しむことができた。また録音(エンジニアはTodd Whitelock)も、ドラムスがフュージョン的なタイトな音で録れているし、ホーンセクションも楽器の分離がよすぎるような気がするものの、ボリュームを上げてもうるさく感じることはないし、やっている音楽にもよくマッチしていると思う。

評価☆☆☆☆ (☆最悪!、☆☆悪い、☆☆☆普通、☆☆☆☆良い、☆☆☆☆☆最高!)


Bringin' It
Christian -Big B Mcbride
Mack Avenue
2017-09-22

  

--EDIT--

John McLaughlin & the 4th Dimension / Live @ Ronnie Scott's

John McLaughlin (G)
Gary Husband (Key, Ds)
Etienne M'Bappe (B)
Ranjit Barot (Ds)
Rec. March 2017, live at Ronne Scott's
(Abstract Logix ABLX058)

ジョン・マクラフリンの4th Dimension作品は「Jon McLaughlin 4th Dimension/@ Belgrade Live(09年、DVD)」「John McLaughlin and the 4th Dimension/To the One(10年)」「John McLaughlin and the 4th Dimension / Now Here This(12年)」「John McLaughlin & The 4th Dimension / The Boston Record(14年)」「John McLaughlin / Black Light(15年)」(各別頁あり)と、ベースがドミニク・ディ・ピアッツァ、ドラムがマーク・モンデジールの時代や、同じく最初の頃のAbstract Logixのライブ盤「Abstract Logix Live! / The New Universe Music Festival 2010(11年、別頁あり)」も含めて、どれもが5つ星にしているほど大好きなのだが、メンバーをゲイリー・ハズバンド、エティエンヌ・ムバペ、ランジット・バロットに固定してから本作で既に4枚目なので、マンネリになっていないか気になるところ。でも前作「Black Light」から2年経っているし、このメンバーでのライブ盤も「The Boston Record」以来なので、やっていることはこれまでと同じであったとしても、新鮮な気持ちで楽しめるのではと思っている。

全9曲がマクラフリンのオリジナル。その中の1曲目「Meeting Of The Spirits」と8曲目「Vital Transformation」は「The Mahavishnu Orchestra / Inner Mounting Flame(71年)」、2曲目「Miles Beyond」と7曲目「Sanctuary」は「Mahavishnu Orchestra / Birds Of Fire(73年)」、3曲目「Gaza City」と4曲目「Here Come The Jiis」と6曲目「El Hombre Que Sabia」は「Black Light」、9曲目「Echos from Then」は「The Boston Record」収録と、新曲のオンパレードといったわけではないけれど、マハヴィシュヌ・オーケストラは自分が高校時代に最も衝撃を受けたバンドなので(これで変拍子にも目覚めた)、その曲を取り上げているだけでもワクワクする。
1曲目から「Meeting Of The Spirits」でガツンとぶちかましている。その演奏は「Inner Mounting Flame」を上回るほどにアグレッシブ。特にマクラフリンは速弾きを駆使しながらギンギンに攻めまくっていて、わたし的にはもうこの1曲だけでも元は取ったと思っているところに、続く2曲目がこれまた「Miles Beyond」なのだから狂喜してしまう。それは「Sanctuary」や「Vital Transformation」にもいえることなのだが、楽曲自体が古臭さは全く感じさせないので、マハヴィシュヌ・オーケストラに嵌ったことがない人であっても、ハードフュージョンが好きであれば、どなたでもこのバンドの凄さを堪能できるのではと思う。もちろんアグレッシブな曲だけではなく、3曲目「Gaza City」なんかはWRの「A Remark You Made(お前のしるし)」やジェフ・ベックの「哀しみの恋人達」あたりを連想させるようなバラード曲となっているので、聴き疲れするようなこともないだろう。バンドとしてはより一段と強力になっていて、アンサンブルやキメは非の打ち所がないし、流石にライブだけあってマクラフリンとハズバンドだけではなく、曲によってはムバペやバロットの驚異的なソロもたっぷりと楽しめて、これまでの4th Dimension作品も相当良かったけれど、それ以上のことをやっている演奏には完全にノックアウトされてしまった。
過去と現在の集大成的な演奏には文句のつけようがないし(マハヴィシュヌ時代の曲を多く取り上げていることもあって、マンネリに感じることもなし)、録音(エンジニアはSven Hoffmann)もライブ収録ながら各楽器が完璧なバランスと音質で録れていて、本作は当然ながらの5つ星。今年の私的ベストアルバムのフュージョン系部門の第一位はたぶんこれに決まりだと思う。

評価☆☆☆☆☆ (☆最悪!、☆☆悪い、☆☆☆普通、☆☆☆☆良い、☆☆☆☆☆最高!)


Live at Ronnie Scott's
John Mclaughlin & 4th Dimension
Abstract Logix
2017-09-15

  

--EDIT--

↑このページのトップヘ

google-site-verification: google878c7206ee6d4f7b.html