Jazz & Drummer

ジャズの新譜を中心に感じたままに書いてます

カテゴリ:ジャズ・フュージョンのCD > 新譜

Alex Sipiagin / NoFo Skies

Alex Sipiagin (Tp)
Chris Potter (Ts)
Will Vinson (As)
John Escreet (P, Key)
Matt Brewer (Ac-B, El-B)
Eric Harland (Ds)
Alina Engibaryan (Vo)

Procuced by Alex Sipiagin and Chan Jung
Recorded by Mike Marciano of Systems Two at Samurai Hotel Studio, Astoria, New York on September 5-6, 2018
Mixed and mastered by Mike Marciano at Systems Two, Long Island, New York on October 2-9, 2018
Album Design & Photos: Bill Bramble
Band Member Photos: Teresa Lee
(Blue Room Music BRM 1005)

1. Rush 9:23
2. NoFo Skies 8:59
3. Recovery 8:53
4. Savoir 9:11
5. Sky 1 5:28
6. Shadows 10:28
7. Start Of... 7:06
8. Sky 2 4:00
9. Between AM's 8:41
10. For You 4:40
All compositions and arrangements by Alex Sipiagin
except "Between AM's" by Alina Engibaryan
All lyrics by Aline Engibaryan

アレックス・シピアギンの近作は、「Alex Sipiagin / Destinations Unknown(11年)」「Alex Sipiagin / Overlooking Moments(13年)」「Alex Sipiagin / Live at Smalls(13年)」「Alex Sipiagin / From Reality and Back(13年)」「Alex Sipiagin / Balance 38-58(15年)」「Alex Sipiagin / Moments Captured(17年)」「Alex Sipiagin / New Path 2(17年)」(各別頁あり)中の4作品が5つ星なのだが、「Moments Captured」と同じメンバー(クリス・ポッター、ウィル・ヴィンソン、ジョン・エスクリート、マット・ブルーワー、エリック・ハーランド、アリーナ・エンギバーヤン)でやっている本作もまた、ブレッカー・ブラザーズ的なテーマが目茶苦茶カッコいい1曲目「Rush」からして、早くも期待どおりのアグレッシブな展開となっていて実にいい塩梅。特にハーランドの高度なテクニックと斬新なアイデアを駆使しながらのスピーディなドラミングにはノックアウトされる。それは2曲目「NoFo Skies」以降も同様で、各人が本領を発揮しているのだからなんともたまらない。ゆったり目の3曲目「Recovery」、6曲目「Shadows」、9曲目「Between AM's」、10曲目「For You」にエンギバーヤンが参加しているのもいいアクセントとなっているし、エスクリートがアコピよりもエレピやシンセの方を多用しているのと、ブルーワーが半分ぐらいの曲でエレべを弾いているのも、非4ビートがメインのコンテンポラリーな演奏にはバッチリ嵌っている。演奏時間が長めの曲が続いているけれど、単にアグレッシブなだけではなく、動と静のバランスもきちんと考慮されているので、聴き疲れするようなことは全くなし。バンドとしてはもちろん、楽曲自体も優秀なおかげで、どの曲も「いいぞ、いいぞ」と思いながら聴いていたら、トータル77分があっという間に終わってしまった。トータルサウンド重視なので、シピアギン以外のメンバーのアドリブやソロを存分に堪能というわけにはいかないけれど、プレイ自体にカッコよさが濃縮されているので、これ以上は必要ないだろう。
過去のリーダー作を凌ぐほどの素晴らしい演奏には大満足だし、録音もマイク・マルシアーノらしい各楽器(ヴォーカル含む)の温かみのある音色が現代的な演奏に絶妙にマッチしていて、本作は当然ながらの5つ星。ここまで良いとなると、今年の私的ベストアルバムの上位は確実かもしれない。

評価☆☆☆☆☆ (☆最悪!、☆☆悪い、☆☆☆普通、☆☆☆☆良い、☆☆☆☆☆最高!)


Nofo Skies
Alex Sipiagin
CD Baby
2019-04-22

  

--EDIT--

JD Allen

JD Allen (Ts)
Ian Kenselaar (Ac-B, El-B on 2, 4, 9)
Nic Cacioppo (Ds)

Executive Producer: Barney Fields
Recorded at Samurai Hotel Recording Studio, Astoria, NY on January 16, 2019
Engineer: Mike Marciano / Assistant engineer: Max Ross / Mastered by Mike Marciano
(Savant Records SCD 2177)

1. Barracoon 4:11
2. G Sus 7:00
3. The Goldilocks Zone 3:18
4. The Immortal (H. Lacks) 6:27
5. 13 6:56
6. Beyond the Goldilocks Zone 4:52
7. Communion 8:18
8. Eye Scream 6:24
9. Ursa Major 6:07
10. When You Wish Upon a Star 5:51
All compositions by JD Allen
except track 10: Ned Washington/Leigh Harline
Suggested reading and inspiration for this recording:
Barracoon: The Story of the Last "Black Cargo" by Zora Neale Hurston
The Immortal Life of Henrietta Lacks by Rebecca Skloot

かなりの枚数がリリースされているJDアレンのサックストリオ作品だけど(近年はギターも加わっていたりするが)、本作ではこれまでのメンバーだったグレッグ・オーガスト、ルディ・ロイストンに代わり、イアン・ケンセラール(?)、ニック・カシオッポ(?)という知らない人たちとやっているのが興味深い。その演奏はカシオッポのドラミングがエルヴィン・ジョーンズによく似ているのと、ケンセラールのベースもジミー・ギャリソン的なこともあって、よりコルトレーン化しているのが実にいい塩梅。オーガスト、ロイストンとのトリオも相当良かったけど、こちらもまたそれらとは一味違った熱い演奏で聴かせてくれて、さすがにアレンが目をつけたメンバーだけのことはあるなあと思わせてくれる。ケンセラールは曲によってはエレべを弾いているけれど、それにより演奏の雰囲気が変わるということなく統一感がとれているし、オリジナルの楽曲群も良好なおかげで、どの曲をとってもノリノリで楽しめるだが、曲によっては曲の途中らしき所から始まったり、フェードアウトで終わったりしているのは気になるところ。もしかすると納得のいかない部分をカットしたのかもしれないけれど、そういうのも含めてありのままの自分をさらけ出すのがジャズの面白いところだと思っているので、できればノーカットで聴かせて欲しかった。それとケンセラールはこれで充分として、カシオッポのソロはもっとあってもよかったかも。バッキングだけでもバイタリティ溢れるプレイで聴かせてくれるとはいえ、ソロも増やした方がトリオとしての演奏にもますますメリハリがついてよかったのではと思う。
この暑い時期に、曲によってはアバンギャルドな方向にも行っている熱い演奏を聴くのはしんどいものがあるのだが、オーガスト、ロイストン組と比べても引けを取らないし、演奏にもグイグイと引き込ませてくれて、聴き終わった後には心地よい爽快感が残った。本作は録音(エンジニアはマイク・マルシアーノ)も各楽器がラフぎみの音で録れているものの、やっている音楽にはよくマッチしていて好感が持てる。

評価☆☆☆☆ (☆最悪!、☆☆悪い、☆☆☆普通、☆☆☆☆良い、☆☆☆☆☆最高!)

Barracoon
Jd Allen
Savant
2019-07-19


  

--EDIT--

David Kikoski / Phoenix Rising

David Kikoski (P)
Eric Alexander (Ts) except track 5
Peter Washington (B)
Joe Farnsworth (Ds)

Produced by Eric Alexander
Executive Producer: Barney Fields
Engineer: Maureen Sickler
Recorded and mixed at Van Gelder Recording Studio, Englewood Cliffs, NJ on December 20, 2018
Mastered by David Darlington at Bass Hit Studios, New York, NY
Photography by Gulnara Khamatova
Design by Irem Ela Yildizeli
Special thanks to Don Sickler
Eric Alexander plays ISHIMORI Woodstone saxophone and uses D'Addario select jazz reeds.
(HighNote Records HCD 7328)

1. Phoenix Rising (Eric Alexander / Dave Kiloski) 6:03
2. Kik It (Eric Alexander) 5:21
3. Wichita Lineman (Jimmy Webb) 5:48
4. If I Were a Bell (Frank Loesser) 7:57
5. Emily (Johnny Mandel / Johnny Mercer) 5:59
6. Love for Sale (Cole Porter) 6:41
7. My One and Only Love (Guy Wood / Robert Mellin) 6:33
8. Lazy Bird (John Coltrane) 7:26
9. Willow Weep for Me (Ann Ronell) 7:24

ハービー・ハンコック的なモーダルなプレイが目茶苦茶カッコいいデヴィッド・キコスキだけど、本作ではエリック・アレキサンダーがプロデュースを兼任していて、メンバーの人選(ピーター・ワシントン、ジョー・ファーンズワース)や選曲(スタンダードがメイン)もそっち寄りとなっているのが興味深い。その演奏はキコスキはやっぱりキコスキということで、オリジナルの1曲目「Phoenix Rising」では相変わらずのアウトフレーズを用いたモーダルなプレイでガツンといっているし、それに触発されてかアレキサンダーも、同じモーダルでもマッコイ・タイナー的なハロルド・メイバーンと共演しているときとはまた一味違ったイケイケなプレイで聴かせてくれる。それはブルース曲の2曲目「Kik It」も同様だし、軽い16ビートの3曲目「Wichita Lineman」やスタンダードの4曲目「If I Were a Bell」、ピアノトリオだけで演奏しているバラード調の5曲目「Emily」等も悪くはないのだが、ウォーキングのベースラインだけでも楽しませてくれるワシントン(ソロをとっている曲も数曲あり)はさておき、ファーンズワースはキコスキがこれまで共演してきたドラマーとはタイプが異なり、ソロイストに絡んでくるような攻撃的なプレイをする人ではないので(昔風のオーソドックスなスタイルが売り)、バンドとしての演奏には物足りなさを感じてしまう。アレキサンダーのカルテットやOne For Allのときなんかは、むしろこのドラミングがバッチリ嵌るんだけどね。でも今回キコスキがやりたかったことは、このような選曲や演奏だと思うので、これでよしとしよう。6曲目「Love for Sale」や9曲目「Willow Weep for Me」を軽い8ビートでやっているのはあまり好きではないし、1曲目以外はアウト感も希薄だけど、アップテンポの8曲目「Lazy Bird」では期待どおりの演奏で楽しませてくれる。
本作はキコスキよりもアレキサンダーのリーダー作として聴いた方がしっくりくるし、録音も一昨日聴いた「Mike LeDonne / Partners in Time(19年、別頁あり)」と同じモーリン・シックラーがエンジニアながらも、こちらの方はヴァン・ゲルダー的な加工臭(特に金臭さ)が感じられてイマイチ。HighNoteは音の良い盤が多いので、この辺の違いはレーベルのサウンドカラーではなく、ミックスやマスターが大きく関係しているのだろう。

評価☆☆☆ (☆最悪!、☆☆悪い、☆☆☆普通、☆☆☆☆良い、☆☆☆☆☆最高!)


Phoenix Rising
David Kikoski
Savant
2019-06-07

  

--EDIT--

Mike LeDonne / Partners in Time

Mike LeDonne (P)
Christian McBride (B)
Lewis Nash (Ds, Vo on track 1)

Produced by Mike LeDonne
Engineered and Mixed by Maureen Sickler
Recorded at Van Gelder Recording Studio, Englewood Cliffs, NJ on March 6, 2019
Thoto by (cover): Christopher Drukker
Photo by (inside back): Dino Meddoes
Graphic Design: Christopher Drukker
(Svant Records SCD 2174)

1. Lined with a Groove (Ray Brown) 6:02
2. My Funny Valentine (Richard Rodgers / Lorenz Hart) 6:32
3. Saud (M. LeDonne) 8:30
4. Lament (J.J. Johnson) 6:43
5. Recovery Blues (M. LeDonne) 7:28
6. Here's That Rainy Day (Johnny Burke / James Van Heusen) 4:33
7. N.P.S. (Cedar Walton) 7:36
8. Bopsolete (M. LeDonne) 5:48

ピアノとオルガンの両刀使いのマイク・ルドンのピアノアルバムを買うのは、「Mike LeDonne/Night Song(05年、別頁あり)」以来。これまで共演が多かったジョー・ファーンズワースに代わり、本作にはルイス・ナッシュが参加。またベースも大好きなクリスチャン・マクブライドなので大いにそそられるのだが、実際の演奏もレイ・ブラウン曲の1曲目「Lined with a Groove」から早くもマクブライドがテーマや長めのソロで大活躍していて実にいい塩梅。ルドンもオスカー・ピーターソンばりに指がコロコロ動いているし、ナッシュも曲調にバッチリ嵌ったプレイをしていて、トリオとしてもノリノリで楽しませてくれる。この曲の最後の方ではナッシュがスキャットしているけれど、それがまた本職のヴォーカリストと変わらないほどに上手いのだからビックリ。バラード曲の定番である2曲目「My Funny Valentine」を、あえて倍テンのミディアムテンポでやっているのも面白いし、マッコイ・タイナー的なオリジナルの3曲目「Saud」(6/8拍子)では、出だしの部分でマクブライドが昔のスタンリー・クラークを連想させるようなソロを弾いているのが目茶苦茶カッコいいね。トリオ演奏になってからも各人が熱いプレイを繰り広げていて(後半にはドラムソロもあり)、これまで以上にルンルン気分にさせてくれる。バラード曲として4曲目で「Lament」を取り上げているのも嬉しいし、オリジナルの5曲目「Recovery Blues」は私が大好きなブルース曲だし、続く3曲も好みの演奏ばかりで、これは買って大正解。どの曲も「いいぞ、いいぞ」と思いながら聴いていたら、トータル53分があっという間に終わってしまった。
久しぶりに聴くルドンだけど、メンバーのおかげもあって、これまでとは一味違ったフレッシュな演奏を堪能できるし、本作は録音(エンジニアはモーリン・シックラー)もアナログ的で温かみのある各楽器にヴァン・ゲルダー的な加工臭はあまり感じられないし、やっている音楽ともよくマッチしていて好感が持てる。

評価☆☆☆☆ (☆最悪!、☆☆悪い、☆☆☆普通、☆☆☆☆良い、☆☆☆☆☆最高!)


Partners In Time
Mike LeDonne
Savant
2019-06-28

  

--EDIT--

Al Foster / Inspirations & Dedications

Jeremy Pelt (Tp)
Dayna Stephens (Ts, Bs)
Adam Birnbaum (P)
Doug Weiss (B)
Al Foster (Ds)

Recorded Live on January 28, 2019 at Sear Sound Studio A, NYC
Produced by Paul Stache and Damon Smith
Recorded, Mixed and Mastered by Christopher Allen
Studio Assistant: Owen Mulholland
Photography: John Abbott
Design: Damon Smith and Eric Beatty
Al Foster endorses Yamaha drums and Zildjian sticks and symbals
This recording is dedicated to Brandyn Dayne Foster
(Smoke Sessions Records SSR-1904)

1. Cantaloupe Island 6:42
2. Ooh, What You Do to Me 5:39
3. Simone's Dance 5:01
4. Samba de Michelle 5:54
5. Kierra 5:31
6. Douglas 4:48
7. Brandyn 1:38
8. Our Son 2:42
9. Song for Monique 4:21
10. Jazzon 5:00
11. Bonnie Rose 5:35
12. Aloysius 7:25
13. Jean-Pierre 5:40
All compositions by Al Foster
except "Cantaloupe Island" by Heabie Hancock, "Jean-Pierre" by Miles Davis

アル・フォスターのリーダー作を買うのは「Al Foster Quartet/Love,Peace and Jazz!(08年、別頁あり)」やDVD作品の「Al Foster Quintet/The Paris Concert(08年、別頁あり)」以来だし、ここ数年のプレイも「Adam Birnbaum, Doug Weiss, Al Foster / Three of a Mind(15年、別頁あり)」でしか聴いたことがなかったので、久しぶりにリリースされたのがまず嬉しい。しかもメンバーが上記「Three of a Mind」でも一緒だったアダム・バーンバウム、ダグ・ワイスに加えて、ジェレミー・ペルト、デイナ・スティーヴンスの美味しいどころが参加しているのだから尚更なのだが、実際の演奏もフォスターが取り上げるのは珍しい感のある1曲目の「Cantaloupe Island」からして、スティーブンス、ペルト、バーンバウムがフレッシュなプレイをしていて実にいい塩梅。でも肝心のフォスターには年相応の衰えが感じられるけどね。それは2曲目「Ooh, What You Do to Me」以降も同様で、曲によってはテンポ(タイム)が微妙にずれていたり、ソロも昔のようなカッコよさは薄れてしまったけれど、その辺のところを3人のソロイストが上手くカバーしているし、ワイスも芯のあるベースで聴かせてくれるので、これでよしとしよう。もちろんフォスター独自のドラミングは健在だし、オリジナルがメインの楽曲(ボサノヴァタッチ等の非4ビートが多め)も良好。中でもドラムソロからスタートするアップテンポの12曲目「Aloysius」(アフロ+4ビート)では、昔と比べても遜色ないプレイが堪能できるし、ラスト曲が「Jean-Pierre」なのも感極まる。
フォスターは1943年生まれなので、レコーディングの時点で76歳ということになるけれど、それでいてこれだけ叩ければ上出来だと思うし、過去のアルバムでは記憶にないほど作曲面に力を注いているのも見事。本作の録音はドラムがHipgig的な音で録れているものの、各楽器の質感、バランスは悪くない。

評価☆☆☆☆ (☆最悪!、☆☆悪い、☆☆☆普通、☆☆☆☆良い、☆☆☆☆☆最高!)

Inspirations &..
Al Foster
Membran
2019-06-28



  

--EDIT--

↑このページのトップヘ

google-site-verification: google878c7206ee6d4f7b.html