Jazz & Drummer

ジャズ・フュージョンの新譜や好きなドラマーのことなど音楽98%、感じたままに書いている個人ブログです。

カテゴリ:Jazz / FusionのCD > 未開封盤



Harold Mabern(P)
George Mraz(B)
Joe Farnsworth(Ds)
Rec. October 1st,2001,NY (Venus Records TKCV35099)

未開封盤聴き。
ハロルド・メイバーンとジョー・ファンズワースを生で観たのは、2000年の南郷ジャズフェスにおけるエリック・アレキサンダー・カルテットでだった。本作はそれより1年後の録音なのだが、私の場合は一度生を体験してしまうと、その後にリリースされるCDは買ったとしてもあまり聴く気がしないというパターンがよくある。特にレコーディング・メンバーが似通っていたりするとなおさらだね。ライブの感動にいつまでも浸っていたいという気持ちが強いのと同時に、どう考えてもスタジオよりもライブでの演奏の方がいいに決まっているということがあるからなぁ。というわけで本作も今までずっとCD棚に眠っていたのだが、未開封盤も残り数枚となったところでようやく手が伸びた次第。その間にメイバーンは弟子であるエリアレのバンドを抜けちゃったけど、そろそろヴィーナスからも離れてまたDIW時代、あるいはもっと過去の作品のようなガツンとしたアルバムを作ってほしいものだと願っている。06年リリースの「Harold Mabern Trio/Somewhere Over The Rainbow(別頁あり)」も、せっかくドラマーにウィリー・ジョーンズIIIを配しているのにもかかわらず、あまり良い出来ではなかったからね。

1曲のオリジナルとスタンダード・ナンバーを中心に全10曲。
この力強いピアノのタッチは紛れもなくメイバーンなのだが、それでもなんかいまいちしっくりとこないのは選曲の関係に他ならない。私としてはできればモーダルな曲調のものでガンガン攻めて欲しいと思っているんだなぁ。元々マッコイ・タイナー節が炸裂する人だからね。まあ彼の新たな魅力を引き出そうとしているヴィーナスの姿勢を認めないわけでもないのだが、やっぱりそのミュージシャンに一番合っているスタイルで演奏してもらうのがなによりでしょうな。そんな意味では3曲目の「Get Back Jack,Do It Again」(なんとスティーリー・ダンの曲のようだ)、自作曲の4曲目「Kelly Colors」、ウエイン・ショーター曲の8曲目「The Chess Players」、アフロ調な10曲目「Summertime」はかなりマッコイしていていい感じなんだけど、他の曲はやっぱりメイバーンのカラーには合わないような気がする。まあそんな曲が1曲か2曲しか入っていないのであればいい気分転換にもなるのだが、何せメインがこちらの方なので戸惑ってしまう。アルバムのタイトルが「恋に恋して」というのからして、メイバーンのイメージとはずいぶんかけ離れていると思うしね(苦笑)。
とはいえどの曲も演奏そのものはそんなに悪くはない。中にはメイバーンが曲調がらアドリブを持て余しているような曲もあるけれど、そういう部分もむしろ非常に人間味があって好感が持てる。また共演者のジョージ・ムラーツとジョー・ファンズワースもなかなかの仕事をしていて、演奏が決してダレることがないのがいいね。
録音に関しては、最近のヴィーナスよりもこの時代の方が明らかに音がいい。こういうガッツのある音こそがヴィーナスの売りだったと思うのだが、エディ・ヒギンズをレーベルの看板にしてしまったせいか、いつの頃からか音の傾向がもっと軟なものに変わってしまったような気がする。

評価☆☆☆ (☆最悪!、☆☆悪い、☆☆☆普通、☆☆☆☆良い、☆☆☆☆☆最高!)
  

--EDIT--



Jay Leonhart(B)
Benny Green(P)
Joe Cohn(G)
Rec. July 23,2003,NY (Venus Records TKCV35326)

未開封盤聴き。
ジェイ・レオンハート(1940年生まれ)は、わたし的にはビル・チャーラップのニューヨーク・トリオやエディ・ヒギンズ(いずれもヴィーナス盤)で馴染みの深いベーシスト。スタジオ・ミュージシャンとしての地味な活動が長かったようで遅咲きの感がある人なのだが、リーダー作はこれ以外にも何枚かリリースしている。
レオンハートはレイ・ブラウンの直系だそうだが(本作のサブタイトルも「レイ・ブラウンに捧ぐ」となっている)、タッチもノリも違うためか、私としては今までそう感じたことは一度もなかった。ソロのフレーズもなんとなく違うような気がするしね。決して派手なタイプではないけれど、なかなか好感のもてるベーシストではある。
そんなレオンハートと共演しているのは、オスカー・ピーターソンの再来といわれているベニー・グリーンと、非常にスウィンギーなギタリストのジョー・コーン。ドラムレスという形態のトリオにおいて、これほどの適任者はいないだろう。それにしても近年のベニー・グリーンはドラムレスの仕事がずいぶん多いよなぁ。個人的にはちゃんとドラムスを加えて、また以前のように臭いほどファンキーに弾いてほしいと思っている。

全11曲がスタンダード・ナンバーというのがいかにもヴィーナスらしい。でも中にはあまり聴いたことのないような曲もあったりして、選曲的なセンスは悪くないね。
レオンハートはそれほどブラウンを意識して弾いているわけでもないような感じ。ウォーキングのベースラインもソロもニュアンス的には違って聴こえる。なんといってもベースの力強さが全然違うしなぁ。ヴィーナスということで録音の関係もあるのだろうが、ベースの音自体は大きいものの、ブラウンのようなガッチリとした芯の強さは感じない。というかレオンハートもそんなに力強くは弾いていないのだと思う。
ブラウンに似ているかどうかはさておき、さすがにリーダー作だけあってソロ・パートが多いし、曲によってはアルコ弾きも披露していたりして、サイド参加作品では味わえないぐらいタップリと彼のベース・プレイが堪能できる。たまに聴こえる唸り声も、決して音楽の邪魔にはなっていないのがグッドだね。
レオンハートの味わい深いベースを土台として、グリーンとコーンがとてもスウィンギーなプレイを繰り広げている。ゆったりとした感じの曲が多いのだが、グリーンは場面によってはかなりの速弾きをしていて、テクニックの素晴らしさを見せつけてくれる。それと比べるとコーンの方は控えめなプレイに徹していてわが道を行くって感じだなんけど、相性としては3人ともバッチリで、おかげで非常に調和の取れた演奏となっている。また楽曲のアレンジもよく練られていて、単なるセッション的な演奏には終わっていないのがいいね。ただしギターはコーンではなく、グリーンと共演歴のあるラッセル・マローンの方がもっとノリノリな演奏になっていたと思うけどなぁ。でもそうなるとベースはクリスチャン・マクブライドの方がさらにいいってことになってしまうか(苦笑)。
ドラムレスだし、テンポ的な工夫に欠けているのにもかかわらず最後まで飽きることなく楽しめるのは、三者が最上級のプレイでじっくりと聴かせてくれるから。本作は思ったよりも良かったです。

評価☆☆☆ (☆最悪!、☆☆悪い、☆☆☆普通、☆☆☆☆良い、☆☆☆☆☆最高!)
  

--EDIT--



John D'earth(Tp)
Jeff Decker(Ts)
Hod O'Brien(P)
Scot Fitzsimmons(B)
Aaron Binder(Ds)
Rec. January 24,2000,Virginia? (Aaron Binder AJB60874)

未開封盤聴き。
本作は確かホッド・オブライエン買いだったと思う。リーダーのアーロン・バインダー(ビンダー?)はネットで調べても経歴等は分からないのだが、自主レーベルからは本作以外にも「This Side of Jazz」「As Modern As Tomorrow」「Bang the Drum Quickly」と3枚のアルバムをリリースしていて、なかなかの頑張り屋さんのようだ。ジャケットのカヴァー・デザインは奥さんらしき人が担当。一枚のペラペラ紙だったりして、できるだけ安く仕上げようという魂胆がみえみえではあるが、こういう家内手工業的なものはなんかほのぼのとする。
メンバーのジョン・デアースもジェフ・デッカーもスコット・フィッツシモンズも知らない人ばかりだと思ったら、ジョン・デアースに関しては当ブログでリーダー作「John D'earth/Restoration Comedy(別頁あり)」が見つかった。他の2人についてはいちいち調べるのも面倒なので割愛する。

バインダー曲が4曲、デアース曲が1曲と、その他で全6曲。
50~60年代のハードバップ色が強い演奏となっている。また録音に関しても、ハイ上がりなトップシンバルの音といい、鉄板エコー風なドラムの残響音といい、若干腰高なピアノの音(昔のソニー・クラークのような音とでもいえば分かりやすいかな)といい、武骨な感じのベース音といい、ストレートな響きのトランペットやテナーといい、当時の音の雰囲気を醸し出している。スネアのチューニングなんかもかなり昔風だね。あえてこういう音作りをしていると思うのだが、それがサウンドにとてもマッチしていて、まるで昔のジャズを聴いているかのような錯覚に陥る。私のCDだけかもしれないが、右chにはたまにプチッというノイズまで入っていて、これがまたLP的で実にいいんだなぁ。普段だったら不良品じゃないのと騒ぐんだけどね(笑)。いかにも昔のジャズらしい音質で、どうせやるのならここまで徹底してほしいものだが、そういえばわずか6曲でトータル50分弱という一切の無駄がない曲構成も完全にLP感覚だよね。
かなりのアート・ブレイキー・フリークと思われるバインダー(特にドラムソロはそっくり)を始めとして、メンバーの音楽性はとてもよく似ている。「Restoration Comedy」ではあまりいい印象を持っていなかったデアースも、ここではブッカー・リトル風の味わい深いトランペットを吹いているね。どの曲もスウィンギーなのは、オブライエンが影になり日向になりバンドをガッチリと支えているから。彼のおかげで非常に魅力的なサウンドに仕上がっている。
バインダーのすべての作品がこんな感じなのかどうかは分からないけれど、「なにも足さない。なにも引かない」という某ウィスキーのキャッチコピーがピッタリのサウンドは、刻々と変化しつつある現代のジャズ・シーンにとっては貴重な存在だね。往年のジャズファンだったら、演奏といい録音といい、きっと一発で気に入るのではないかと思う。

評価☆☆☆ (☆最悪!、☆☆悪い、☆☆☆普通、☆☆☆☆良い、☆☆☆☆☆最高!)
  

--EDIT--



Mike Wofford(P)
Darek“Oles” Oleszkiewicz(B)
Duncan Moore(Ds)
Rec. August 15-16,2000,Cleveland (Azica Records AJD72218)

未開封盤聴き。
マイク・ウォフォード(1938年テキサス州生まれ)は馴染みの薄いピアニスト。オフィシャルサイトを見ると1960年代から西海岸を拠点として活動しているベテランで、ディスコグラフィーにはシェリー・マンを筆頭に、有名どころがズラリと並んでいる。私が認識していなかったというだけで、もしかするとウォフォードもまたかなり有名なのかもしれないな。
共演者のダレク・オレス(ダレク・オレシュキェヴィチュ、1963年ポーランド生まれ、アメリカ西海岸で活躍中)は、昨年リリースされた実質的なリーダー作「Los Angeles Jazz Ehsemble/Expectation(別頁あり)」が記憶に新しい。サイドマンとして実に数多くのアルバムに参加している人なのだが、所有アルバムとしては「Dianne Reeves/That Day(97年)」「Charles Lloyd/Water Is Wide(00年)」「Brad Mehldau/Largo(02年)」「Alan Pasqua/Body And Soul(04年)」「Harvey Mason/Changing Partners(06年)」等で弾いている。ドラマーのダンカン・ムーアが参加しているアルバム数もディスコを見ると半端じゃないものの、私とは全くといっていいほど接点がないようだ。

1曲のオリジナルと、スタンダードやジャズメン・オリジナルで全12曲。
いかにも西海岸らしいカラッとした明るいサウンドで、内省的なものや陰影に富んだ部分はほとんど感じない。ネットで検索するとウォフォードのことをエバンス派といっている人が多いのだが、確かにフレーズ的に似ている部分があるし、ラスト曲では「You and the Night and the Music」をやったりなんかもしているけれど、本作を聴く限りにおいては、全体的な肌触りはどちらかというとバド・パウエルやハンプトン・ホーズあたりに近いものがあるね。また年齢がいっているわりには演奏自体はずいぶん若々しく感じる。それにはバックのダレク・オレスやダンカン・ムーアのプレイも関係しているのだろう。4ビートを主体とした正統的なジャズではあるも、現代的でセンスのいい演奏となっていて、もう死語かもしれないけれど「ナウい」という表現がピッタリ。またピアノのタッチはけっこう力強い方で、一音一音に説得力がある。ピアノソロの曲が3~4曲入っているのだが、これといって凄いことをやっているわけでもないのに知らず知らずのうちに演奏に引き込まれてしまうのは、やはりその関係なのだろう。いずれにしても平凡なジャケ写からは想像もつかないようなフレッシュなサウンドとなっている。
オレスもムーアも実にいい仕事をしているのだが、特にムーアのシャープな切れ味の小気味のいいドラミングが光っている。ピーター・アースキンに近い感じとでもいえば分かりやすいかな。西海岸にはこういうタイプのドラミングをする人が多いね。
知っている曲が多いことも相まって(かといって手あかにまみれた聴き飽きているような曲はやっていない)、トータル約75分という長丁場にもかかわらず、最後までノリノリで楽しめた。マイク・ウォフォードのことはもう一発で気に入ったです。

評価☆☆☆ (☆最悪!、☆☆悪い、☆☆☆普通、☆☆☆☆良い、☆☆☆☆☆最高!)
  

--EDIT--



Jeff Gardner(P)
David Friesen(B)
Rec. December 1999(?),Belgium(?) (Khaeon KWM200203)

未開封盤聴き。
デヴィッド・フリーゼンとジェフ・ガードナーのデュオ・アルバム。ガードナーは名前こそは知っているものの、聴くのはもしかすると今回が初めてかもしれない。彼のサイトを見るとNY生まれ(年齢不詳)で、ピアノはジャッキー・バイアード、ドン・フリードマン、ジョン・ルイスらに学んでいるようだ。リーダー作は本作とゲイリー・ピーコックとのデュオ作品を含み11枚。2002年からはブラジルを拠点としているようなのだが、HMVの本作コメントには「パリを中心に堅実に活動」と書かれてあるので、もしかすると両方行き来しているということなのかもしれない。
ジャケ裏の写真を見ると、フリーゼンは普通のウッドベースではなく、相変わらずサイレント・ベース風の楽器(クレジットにはHemage Bassとある)を抱えてにっこりと微笑んでいる。ピックアップで弦の振動を拾うだけで胴鳴りのしないこの手のベースの音質は私はあまり好きではないのだが、フリーゼンに関してはこれがトレードマーク的なところもあるので仕方がないものと諦めている。
それにしても今日(6月21日)は蒸し暑いですなぁ。まだ6月だというのに、お昼の時点で室内温度がすでに31度もあるじゃないっすか。窓は全開なんだけどね。エアコンのない身としては、これからの時期のジャズ聴きはちょっとしんどいっす(苦笑)。

ガードナー曲が6曲、フリーゼン曲が2曲、スタンダードの「All The Things You Are」と「My Funny Valentine」で全10曲。
もっと小難しいサウンドを想像していたのだが、1曲目からボサノバ風の軽い演奏で思いっきり拍子抜け。2曲目はブルージーな演奏だし、続くどの曲もごく当たり前のスタイルの演奏となっている。とはいえ5曲目のベースソロだけはフリー・インプロで、私が想像していたようなプレイだけどね。テンポのハッキリしたノリのいい曲が多いので、これはドラムスのカラオケ用にピッタリ。個人練習にはうってつけですな。メトロノームのような機械ではなく、こういうドラムレスの生きた音楽を聴きながら自分の感性を磨いていけば、実践でも何の問題もなく叩けるのではないかと思う。
フリーゼンは各種のテクニックを披露していてさすがに凄いのだが、ガードナーはアドリブ・フレーズに無駄な速弾きが多いような気がしないでもない。基本的にはエヴァンス派だと思うけど、アドリブにはカクテル・ピアノ風に手癖でテラテラと弾いてしまっているような部分が見受けられる。フレーズ自体もちょっと単調だね。きっとこれが彼の特長なのだろうが、楽曲の雰囲気に応じてどんどんアプローチを変えれるぐらいに多くの引き出しを持ってないと、どれだけ巧くても聴き手には伝わりにくいのではないかと思う。もしかするとガードナーの本質には純粋なジャズ以外のものがあるのかもしれないな。
なにはともあれ二人のコンビネーションに関してはなかなかいいね。でも楽曲的な(テンポ的な)関係で、6曲目あたりからいささか退屈してしまった。やっぱりデュオで最後まで飽きずに聴かせるということは至難の業だよね。

評価☆☆☆ (☆最悪!、☆☆悪い、☆☆☆普通、☆☆☆☆良い、☆☆☆☆☆最高!)
  

--EDIT--

↑このページのトップヘ

google-site-verification: google878c7206ee6d4f7b.html