Jazz & Drummer

ジャズ・フュージョンの新譜や好きなドラマーのことなど音楽98%、感じたままに書いている個人ブログです。

カテゴリ: Jazz / FusionのCD

Gerald Clayton / Tributary Tales

Gerald Clayton (P)
Logan Richardson (As)
Ben Wendel (Ts, Basoon on 8,10)
Dayna Stephens (Bs)9
Joe Sanders (B)
Justin Brown (Ds)
Aja Monet, Darl Hancock Rux (Spoken Ward)8,14
Sachal Vasandani (Vo)13
Henry Cole (Per)1,10,12,13
Gabriel Lugo (Per, Post Production)1,10,12,13,14
Rec. June 9-10 & September 1-3, 2015, NY
(Motema Music MTM223)

ジェレルド・クレイトンの「Gerald Clayton/Two-Shade(09年)」「Gerald Clayton / Bond: The Paris Sessions(11年)」「Gerald Clayton / Life Forum(13年)」(各別頁あり)に次ぐ4枚目。どのアルバムもジョー・サンダースとジャスティン・ブラウンがリズム隊ということは、クレイトンは二人のことをよほど信頼しているのだろう。また「Life Forum」にはローガン・リチャードソンとデイナ・スティーヴンスも参加しているし(リチャードソンは「Next Collective / Cover Art(13年、別頁あり)」で、スティーヴンスは「Dayna Stephens / I'll Take My Chances(13年、別頁あり)」でもクレイトンと一緒だった)、ベン・ウェンデルも「Ben Wendel / Frame(12年、別頁あり)」で共演しているのだが、メンバーをこれだけに留めておけばいいのに(パーカッションは全然オーケーだけど)、2曲にはスポークンワード、1曲にはヴォーカルが加わっているのは気になるところ。でも「Life Forum」も同じサチャル・バサンダーニ(?)やグレッチェン・パーラトが7曲に参加しているにもかかわらず、そんなにヴォーカルヴォーカルはしていなかったので、たぶん大丈夫だと思う。

全14曲がクレイトンのオリジナル。
最先端のコンテンポラリージャズといった感じの演奏が展開されている。1曲目「Unforeseen」からトリッキーな5連符の拍ずらしフレーズが用いられていたりして、かなり高度な曲構成になっているにも関わらず、それを難なくこなしている各人の演奏能力がまず素晴らしい。アドリブで勝負というよりは、どちらかというとトータルサウンド重視となっているけれど、ここまでカッコいいことをやられてしまっては文句のつけようがない。それは2曲目「Patience Patients」も同様だけど、こちらの方ではクレイトンとリチャードソンが気合の入ったアドリブでも聴かせてくれるし、その場面ではブラウンもアグレッシブに叩いていて、ますますいい感じで楽しませてくれる。全体に漂っているマイルス時代のショーター的なダークな色合いもグッドだね。3曲目「Search For」はクレイトンとウェンデルのデュオによる小品。4曲目「A Light」に繋げるためのインタールードではあるけれど、こういう短い演奏であってもリスナーをのめり込ませるだけの力を持っているのだから流石としかいいようがない。その4曲目は複雑なテーマをリチャードソンとウェンデルがユニゾンでバッチリ決めているのが目茶苦茶カッコいいし、アドリブの途中から4ビートにチェンジするのもまた同様で、これまた実にいい塩梅。5曲目「Reach For」はサンダースのソロによるインタールード。6曲目「Envisionings」はバラード的なものが次第に盛り上がる曲調となっているけれど(後半にはドラムソロもあり)、ここまでクレイトンよりもリチャードソンとウェンデルの方にスポットが多く当たっているので、そろそろクレイトンのピアノをたっぷりと聴いてみたくなる。そう思っていると7曲目「Reflect On」は短いながらもソロピアノによるインタールードだったりして、こういうリスナーの心理を読み取る能力も相当なもの。ただし続く8曲目「Lovers Reverie」は男女のスポークンワードを聞かせるための曲となっているので、私にとっては必要ないけどね。でもスティーヴンスがバリトンで参加している9曲目「Wakeful」では、モンク的な曲調を3管でやっている4ビート演奏が何ともいえない雰囲気を醸し出しているし、クレイトンのいい感じのアドリブも堪能できるわけなので、これでよしとしよう。
残りの曲は割愛するが、スポークンワード入りの2曲以外は、ヴォーカル(サックスとのユニゾンによるコーラス)入りの13曲目「Squinted」も含めて、どの曲もノリノリで楽しむことができた。ダークな曲調ばかりではなく、後半には10曲目「Soul Stomp」のように明るい曲を用意しているのにも好感が持てるし、動と静のバランスやアルバムとしての構成力もバッチリ。全部で14曲もやっているものの、そのうちの4曲は短い曲なので、曲数が多いと感じることもない。クレジットには記されていないけど、クレイトンが曲によりキーボードやオルガン、エレピを味付け程度に用いているのもサウンド上のいいアクセントとなっているね。録音(エンジニアはAaron Nevezie, Todd Carder)も、各楽器に刺々しさは一切感じられなくて上々で、スポークンワードさえ入っていなければ、本作は間違いなく5つ星にしていた。

評価☆☆☆☆ (☆最悪!、☆☆悪い、☆☆☆普通、☆☆☆☆良い、☆☆☆☆☆最高!)


Tributary Tales
Gerald Clayton
Motema Music
2017-04-21

  

--EDIT--

Bobby Watson / Made in America

Bobby Watson (As)
with the Curtis Lundy Trio
Stephen Scott (P)
Curtis Lundy (B)
Lewis Nash (Ds)
Rec. December 13, 2016, NY
(Smoke Sessions Records SSR1703)

ボビー・ワトソンのリーダー作を買うのは「Bobby Watson/Quiet As It's Kept(00年、別頁あり)」「Bobby Watson/In The Groove(01年、別頁あり)」「Bobby Watson/Live & Learn(02年)」以来。その間にも何枚かリリースされているのだが、やっていることはだいたい想像が付くのでパスしている。でもたまにはこういうオーソドックス路線も無性に聴きたくなるんだよね。本作にはルイス・ナッシュが参加していることもあってすぐに飛びついた。他のメンバーのカーティス・ランディは上記「Quiet As It's Kept」以外にも「The Jazz Tribe/The Next Step(99年、別頁あり)」等、多くのアルバムで共演している間柄。スティーブン・スコットがワトソンと共演するのは、もしかするとこれが初めてかな。ちなみにスコットとナッシュは、1998年の南郷ジャズフェスのロン・カーター・カルテットで、生で観たことがある。

ワトソン曲が8曲、スコット曲が1曲、ランディ曲が1曲、Walter Marksの「I've Gotta Be Me」で全11曲。
久しぶりに聴くワトソンだけど、昔よりも奏法が軽くなったような印象を受ける。それには高域寄りの音使いをメインにフレージングを構築していることも関係しているのだが、必要以上に細かくは吹いていないことからして、年齢に合わせて(といっても1953年9月生まれなので、まだ63歳だけど)無理のない吹き方に変えたのが一番の理由なのだろう。バックの3人も同様に軽いタッチの演奏で調和を取っているけれど、ナッシュが小音量ドラミングが得意なことは分かっているにしても、ここまでダイナミクスの変化に乏しいのはあまり聴いたことがないので、曲と場面によってはもう少し強く叩いてメリハリをつけてもよかったのではと思ってしまう。それはスコットにもいえることで、彼のプレイからも抑揚はあまり感じられない。もしかするとワトソン、あるいはトリオのリーダーであるランディからこういう抑え気味のプレイをするよう指示があったのかもしれないけれど(そういえばカーターのバンドでもこんな感じだった)、ナッシュにしてもスコットにしても普段はもっと生き生きとしているだけに、ここでのプレイはどうしても物足りなく感じてしまう。それでもオリジナルの楽曲自体が良好なおかげで、どの曲もそれなりにいい感じで楽しむことは出来るけどね。特にfor Sammy Davis, Jrとなっている5曲目「The G.O.A.T」(ワトソン曲)は、ナッシュのブラシを主体としたソロがフィーチャーされているのと、楽曲にも既視感があって大いに気に入った。あとスコットが絶妙にアウトしているカツカツした8ビートの9曲目「The Real Lone Ranger」(ワトソン曲)も、マッコイ的な曲調の中、ワトソンにも気合が入っていて悪くない。
ということで本作は期待していたほどではなかった。録音(エンジニアはOwen Mulholland)も各楽器の音の線が細目で、それが演奏に熱っぽさが感じられない要因にもなっている。

評価☆☆☆ (☆最悪!、☆☆悪い、☆☆☆普通、☆☆☆☆良い、☆☆☆☆☆最高!)

Made in America
Bobby Watson
Smoke Sessions Rec
2017-04-21


  

--EDIT--

Cameron Graves / Planetary Prince

Cameron Graves (P, Vo)
Ronald Bruner, Jr (Ds)
Stephen "Thundercat" Bruner (B)5,7
Philip Dizack (Tp)
Hadrien Faraud (B)1-4,6,8
Ryan Porter (Tb)
Kamasi Washington (Ts)
Rec. 2016?, CA
(Mack Avenue MAC1123)

初聴きのキャメロン・グレイヴスは何者って感じだけど、ドラムスがロナルド・ブルーナーJr(Drummer項あり)でベースがアドリアン・フェロー(パーソネルではFearudがFaraudとなっている)とくれば買わないわけにはいかないだろう。グレイヴスとブルーナーJrは当方未所有の「Kamasi Washington / Epic(15年)」に揃って参加しているけれど、本作には逆にワシントンがライアン・ポーターと共に参加しているところをみると、音楽的にもその延長線上にあるのかもしれない。他のメンバーのフィリップ・ディザックを聴くのは「Philip Dizack / Single Soul(13年、別頁あり)」以来。2曲で弾いているベースのステファン”サンダーキャット”ブルーナー(1984年生まれ、グラミー賞を受賞したケンドリック・ラマーのアルバム「To Pimp a Butterfly(15年)」に参加)はロナルドの弟のようだ。

全8曲がグレイヴスのオリジナル。
マッコイ・タイナーの「Sahara」「Atlantis」「Fly With the Wind」「Trident」あたりのフュージョン版といえば分かりやすいかな。どの曲も非常にエネルギッシュで、グレイヴスは男性的なたくましさでギンギンに弾き倒しているし、ロナルドもそれに輪をかけて叩きまくっていて、これまで聴いてきたどのアルバムよりも手数が多いのだから(多くの曲でのゴスペル・チョップスなソロにも一段と磨きがかかっている)、こういう熱い演奏が大好きな私としては嬉しくなってしまう。似たような感じの曲調でトータル78分もやっているわりには全く飽きないのは、グレイヴスとロナルドの凄みのあるプレイにグイグイ引き込まれてしまうから。そんな2人と比較するとフェローは控えめなベースを弾いているけれど、それでもいざというときには相変わらずのバカテクで、その上手さを見せつけてくれる。この3人を核としながら、ほとんどの曲には他のメンバーも参加しているけれど、3管によるテーマの重厚なアンサンブルがバッチリ決まっているのは当然として、ワシントンの数曲でのアグレッシブなアドリブも非常に聴き応えがあるし、1曲だけではあるもディザックとポーターもまたバックに負けじと気合の入ったアドリブをとっていて実にいい塩梅。また2曲に参加のサンダーキャットも、フェローよりも音数が多いではと思わせるプレイで楽しませてくれる。でもなんといっても一番の聴きどころはロナルドのドラミングだろうね。その凄まじいプレイには終始圧倒されてしまった。グレイヴスに関しては、エレクトリックな楽器を一切使わず(ヴォーカルも味付け程度にコーラスしているのみ)、アコピ1本で勝負しているのにも好感が持てる。
フュージョン的ではありながらも決して売れ線狙いではない本作がここまで良いとなると、やはり「Kamasi Washington / Epic」の方も聴きたくなってしまうのだが、買うタイミングを逃してしまい今さら感があるので、同じメンバーでやるのかどうかは分からないけど、次回の新譜を楽しみに待つことにしよう。本作は録音(エンジニアはBrian Soucy)も各楽器がラフな音で録れていながらも、やっている音楽にはよくマッチしていて上々だ。

評価☆☆☆☆☆ (☆最悪!、☆☆悪い、☆☆☆普通、☆☆☆☆良い、☆☆☆☆☆最高!)

Planetary Prince
Cameron Graves
Mack Avenue
2017-02-24


  

--EDIT--

Chris Potter / The Dreamer is the Dream

Chris Potter (Ts, Ss, Bass-Cl, Cl, Fl, Itimba, Samples)
David Virelles (P, Celeste)
Joe Martin (B)
Marcus Gilmore (Ds, Per)
Rec. June 2016, NY
(ECM 2519)

クリス・ポッターの「Chris Potter / The Sirens(13年、別頁あり)」「Chris Potter Underground Orchestra / Imaginary Cities(15年、別頁あり)」に次ぐ、ECMからの3枚目。今回はクリス・ポッター・アンダーグラウンドからの長い付き合いのクレイグ・タボーンが抜けて、「Chris Potter / The Sirens」に第二ピアニスト的に参加していたダヴィ・ビレージェスが昇格しているけれど、新たに加わったマット・ペンマン、マーカス・ギルモアのそそられるリズム隊とで、はたしてどういうことになっているのか楽しみだ。

全6曲がポッターのオリジナル。
1曲目「Heart in Hand」はECMのレーベルカラーに合わせた大人しめの演奏なので、雰囲気的にはコルトレーンの「Ballads」に通じるものがあるとはいえ少々がっかりするのだが、非常にリズミカルで躍動感もある6拍子の2曲目「Ilimba」(楽曲自体が目茶苦茶カッコいい)では、ポッターは当然のことながらビレージェスやギルモアのソロにも大きくスポットが当たっていて、そんな不満もどこかに吹き飛ばせてくれる。やっぱりこのメンバーにはこれぐらいのことをやってもらわないと面白くないのだが、こういう曲があるからこそノンテンポのバラード演奏の3曲目「The Dreamer is the Dream」も生きてきて、最初の部分ではバスクラ、アドリブからはテナーを吹いているポッターのコルトレーン、あるいはブレッカー的な指使いを多用しながらのプレイに加えて、今度はマーティンが聴き応えのあるソロを取っているのだからなんともたまらない。また2曲目と4曲目「Memory and Desire」の出だしでは、シンセ代わりに民族打楽器やチェレスタ等を使っているのがいいアクセント。その2曲目と5曲目「Yasodhara」、6曲目「Sonic Anomaly」以外はバラード調の演奏となっているとはいえ、曲調はそれぞれ異なっているし、ポッターが吹いている楽器もテナーをメインとして曲ごとに変えたりしているので(4曲目には多重録音による木管アンサンブル部分もあり)、全体を通して一本調子に感じることなく楽しませてくれる。ドラマーとしては前2作に参加していたエリック・ハーランドとネイト・スミスも相当良かったけれど、ここでのギルモアもいかにも彼らしい先の読めないドラミングで魅了させてくれて、それがまた曲調にもよくマッチしているものだから、わたし的にはそれだけでも満足してしまう。全曲でアドリブを取っているわけではないけれど、ビレージェスのいかにもキューバ出身らしいリズムのしっかりしたプレイ(フリー的なものまでカバーしている)もキラリと光っているね。
さすがにポッターだけあって、本作もまた終始いい感じで楽しめるのだが、これが他レーベルへのレコーディングであればもっとハードな曲の割合を増やすはずなので、できることならそういうのを聴いてみたかった。また録音(エンジニアはジェームス・ファーバー)もECM的な加工臭がするのに加えてピアノ以外は若干奥に引っ込んでいて(全体的にクールな感じ)、私の好みとは相容れないものがある。


評価☆☆☆☆ (☆最悪!、☆☆悪い、☆☆☆普通、☆☆☆☆良い、☆☆☆☆☆最高!)

DREAMER IS THE DREAM
POTTER/VIRELLES/MART
ECM
2017-04-21


  

--EDIT--

Kuba Stankiewicz / The Music of Henryk Wars

Kuba Stankiewicz (P)
Peter Erskine (Ds)
Darek Oleszkiewicz (B)
Rec. July 4-5, 2016, CA
(KSQ Music 9586501)

ポーランドのミュージシャンには疎いので、クバ・スタンキェヴィッチも本作のテーマとなっている映画音楽等の作曲家ヘンリク・ヴァルスも知らないのだが、リズム隊がピーター・アースキンとダレク・オレスキェヴィッチ(ポーランド人)となれば買わないわけにはいかないだろう。2人は「Los Angeles Jazz Ehsemble/Expectation(07年)」「Peter Erskine, Bob Mintzer, Darek Oles, Alan Pasqua / Standards 2, Movie Music(11年)」「Peter Erskine, Alan Pasqua, Darek Oles / The Interlochen Concert(11年)」「Kait Dunton / Mountain Suite(12年)」「Massimo Colombo, Peter Erskine, Darek Oleszkiewicz / Trio Grande(15年)」(各別頁あり)でも素晴らしいコンビネーションを見せているので、ここでのプレイも楽しみだ。

全11曲(「Let the Chips Fall」「Mitosc Ci wszystko wybaczy / Love Forgives All」「Nic o Tobie nie wiem / I Know Nothing about You」「Ach, jak przyjemnie / Ah! It's So Pleasant」「I Remember」「Over and Over and Over」「Good Love」「Po Mlecznej Drodze / Along the Milky Way」「Flipper」「Sleep My Child」「Na pierwszy znak / At The First Sign」)がヴァルス曲。
原曲はどうなのか分からないけど、どの曲をとっても元々がジャズ曲だったかのような自然なアレンジが実にいい塩梅。きっとそれだけスタンキェヴィッチが楽曲を自分のものにしているということだと思うけど、オーソドックスながらも決してありきたりには感じさせないピアノの上手さと(音数は少ない方)、比較的シンプルなバッキングでスタンキェヴィッチの引き立て役に回っていながらも、ソロの場面ではやるべきことをきちんとやっているアースキンとオレスの職人技的な上手さが相まって、ほとんどの曲が落ち着いた演奏にもかかわらず、最後まで退屈することなく楽しませてくれる。それには4ビートを主体としながらも、16ビート系やサンバ調のリズム等の曲がバランスよく配列されていることも関係しているね。普段はもっと難しいジャズや激しいジャズを好んで聴いているだけに、たまにこういうのを聴くとホッとする。
「大人のジャズ」といった表現がピッタリの演奏に特に不満は感じないし、本作は録音(エンジニアはTalley Sherwood)も素晴らしくて、各楽器が非常にナチュラルかつ温かい音質で録れているのだから、もうこの音の良さ(オーディオ的にも音楽的にも)だけでも満足してしまう。これは現時点での今年の最優秀録音盤にしておこう。

評価☆☆☆☆ (☆最悪!、☆☆悪い、☆☆☆普通、☆☆☆☆良い、☆☆☆☆☆最高!) 

Music of Henryk Wars
Kuba Stankiewicz
Imports
2017-02-03

 
  

--EDIT--

↑このページのトップヘ

google-site-verification: google878c7206ee6d4f7b.html