Jazz & Drummer

ジャズ・フュージョンの新譜や好きなドラマーのことなど音楽98%、感じたままに書いている個人ブログです。

カテゴリ: Jazz / FusionのCD

Vincent Herring / Hard Times

Vincent Herring (As, Ss)
Cyrus Chestnut (P, Rhodes)
Yasushi Nakamura (B)
Carl Allen (Ds)
Nicolas Bearde (Vo) 2, 3, 5
Russell Malone (G) 1, 2, 7
Steve Turre (Tb) except 5, 6, 7
Brad Mason (Tp) except 5, 6, 7, 10, 11
Sam Dillon (Ts) except 5, 6, 7, 10, 11 
Rec. May 30, 2017, NYC
(Smoke Sessions Records SSR1708)

ヴィンセント・ハーリングのアルバムを買うのは「Vincent Herring/Ends and Means(06年、別頁あり)」以来だけど、その間に小林陽一絡みのバンドで生で2回観ているし(そのうちの「ヴィンセント・ハーリング・カルテット(2006.7.29)」はライブレポートあり)、「Cedar Walton/One Flight Down(06年)」「Louis Hayes/Maximum Firepower(06年)」「Carl Allen & Rodney Whitaker/Work To Do(09年)」「Mingus Big Band / Live at Jazz Standard(10年)」「Mike LeDonne & The Groover Quartet / That Feelin'(16年)」(各別頁あり)でも耳にしているので、久しぶりという感じは全くしない。本作ではサイラス・チェスナット、中村泰士、カール・アレンとの共演に加えて、曲によってはラッセル・マローンやスティーヴ・トゥーレ等が参加しているのが興味深いのだが、ハーリングがこれほどの大人数でレコーディングしているリーダー作は聴いた記憶がないので、はたしてどういうことになっているのか楽しみだ。

ハーリング曲が1曲、アレン曲が1曲、ジョン・ハンディの「Hard Work」、ビル・ウィザースの「Use Me」、ガーシュウィンの「Summertime」「Embraseable You」、ポール・ミッチェルの「Hard Times」、マルグリュー・ミラーの「Eastern Joy Dance」、Irene Higginbotham, Ervin Drake, Dan Fisherの「Good Morning Heartache」、ジョージ・コールマンの「Amsterdam After Dark」、ドナルド・ブラウンの「Phineas」で全11曲。
1曲目「Hard Work」は非常に気持ちいいハードバップ・サウンド。何の変哲もないオーソドックスな演奏ではあるけれど、こういうのを聴くとホッとする。男性ヴォーカル入りの2曲目「Use Me」は16ビートのソウルフルな演奏となっているのが、ハーリングにしては珍しい気がするけれど、こういう曲調であっても各人がノリノリで、特にマローンは時たま自分のアルバムでも披露しているようなロック調のギタープレイをしているのが面白いし、アレンもまたいまどきの若者には負けていられないと思ったのか、サイドスネアを用意するほどの意気込みで叩いている(別の曲ではエフェクトシンバルも使用)のが微笑ましい。同じくヴォーカル入りの3曲目「Summertime」も似たような感じの16ビート演奏だけど、今度はチェスナットがエレピを弾いているのと、ハーリングがソプラノを吹いているのがいい塩梅。演奏的にはこれまでのハーリングのアルバムとはずいぶん異なる印象を受けるけど、それぞれがベテランながらも少しでもナウい感じを出そうと、アレンジに合わせて奏法を変えている姿勢に好感が持てる。ハードバピッシュな4ビートの4曲目「Hard Times」では、ハーリングのコブシを効かせながらのテーマメロディが素敵。アドリブに入ってからも快調に飛ばしているし、続くチェスナット、トゥーレ、ブラッド・メイソンのアドリブも上々で、これまたいい感じで聴かせてくれる。ヴォーカル入りの5曲目「Embraseable You」はボサノヴァタッチ、6曲目「Eastern Joy Dance」は「タンタ・ンタタ・ンタン・タンン」のアフロ調(中村のベースソロがなかなかの聴きもの)、7曲目「The Sun Will Rise Again」(ハーリングのオリジナル)は「カツカツ」した16ビート寄りの8ビートといった感じで曲は進行していくけれど(以降の曲は4ビートがメイン)、どの曲をとっても各人がいい仕事をしているおかげで、終始ノリノリで楽しむことができた。
ハーリングはビッグトーンで豪快に吹きまくるイメージだったけど、本作ではアドリブスペースを他の人たちにも多く与えているのに加えて、肩の力も幾分抜きながら吹いているように感じられるのが、これまでとは異なる点。それが功を奏して、トータル約70分の長丁場ながらも聴き疲れするようなことは全くないし、録音(エンジニアはChris Allen)もスピーカーの前にせり出してくる各楽器が、やっている音楽にもよくマッチした逞しいながらも温かみのある音色で録れていて、演奏だけではなく音の良さでも満足させてくれる。

評価☆☆☆☆ (☆最悪!、☆☆悪い、☆☆☆普通、☆☆☆☆良い、☆☆☆☆☆最高!)


Hard Times
Vincent Herring
Smoke Sessions Rec
2017-11-03

  

--EDIT--

Laurent Coq / Kinship

Laurent Coq (P)
Joshua Crumbly (B)
Johnathan Blake (Ds)
Rec. November 1, 2016, NY
(Jazz&People JPCD17004)

前作「Laurent Coq, Walter Smith III / The Lafayette Suite(15年、別頁あり)」もなかなか良かったローラン・コックだが、本作ではジョナサン・ブレイクと共演しているのだから、これまた大いにそそられる。ベースのジョシュア・クランブリーは「Terence Blanchard / Magnetic(13年、別頁あり)」でしか聴いたことがないけれど、シリアスなジャズにバッチリ嵌ったプレイをしていたので、同じくシリアス路線のコック、ブレイクとで、いい感じのトリオ演奏を堪能できるのは間違いないだろう。

Sandro Zerafaの「Light」、ウォルター・スミスIIIの「Momentum」、ブルース・バースの「Honest」、Guilhem Flouzatの「Pleasure」、マーク・ターナーの「Mystery」、Laurence Allisonの「Life」、ミゲル・ゼノンの「Organized」、Ralph Lavitalの「Sincerity」、Jerome Sabbaghの「Flow」、ダミオン・リードの「Radiation」、Guilermo Kleinの「Trip」で全11曲。
現代ジャズを好んで聴いている私でさえどんな曲だったのか記憶にないマニアックな選曲だけど、曲の雰囲気に統一感があるということは、それだけ自分たちのものとしてきちんと料理しているということなのだろう。非4ビートがメインの演奏の中、コックのモーダル感を漂わせながらのピアノがまずカッコいいのだが、それ以上に素敵なのがブレイクで、コックの出方を先読みしながら有機的なインタープレイをしているのだから、同じくピアノトリオ作品の近作としては「Kenny Barron Trio / Book of Intuition(16年、別頁あり)」でのプレイも相当良かったけれど、ここでの十分に自己主張していながらも決してうるささは感じさせないドラミングにはついつい聴き惚れてしまう。また二人の間を取り持ってガッチリと土台を支えているクレンブリーも、骨太なソロも含めて実にいい塩梅。どの曲も「いいぞ、いいぞ」と思いながら聴いていたらトータル49分があっという間に終わってしまったのだが、聴き終わった後の充実感がイマイチなのは、曲調を統一したことが裏目に出て、似たような曲が続いてしまっているように感じられることと、ブレイクがドラムソロを取っている曲が少な目だから。でもこの二点を除いては私の好みにバッチリだし(特に4ビート基調の2曲目「Momentum」と6曲目「Life」は最高に気に入った)、現代のピアノトリオとしてもかなりいい線いっていて、本作を今年の初聴きをして正解だった。サウンド的にはブレイクのサイドスネアがいいアクセント。録音もスピーカーの前面に浮かび上がる各楽器には実在感とエネルギーが感じられて、さすがにエンジニアが内藤克彦だけのことはある。真摯に音楽に取り組んでいるコックには今後も期待できそうだ。

評価☆☆☆☆ (☆最悪!、☆☆悪い、☆☆☆普通、☆☆☆☆良い、☆☆☆☆☆最高!)


Kinship
Laurent -Trio- Coq
Jazz & People
2017-09-14

  

--EDIT--


2017年のベストアルバム01
2017年のベストアルバム02
2017年のベストアルバム03

昨年のベストアルバム発表後にブログアップしたCDは92枚。その中からジャズ10枚、フュージョン系1枚、最優秀録音1枚を2017年の私的ベストアルバムとしました。

(ジャズ)

(フュージョン)

(最優秀録音)
  

--EDIT--

Edward Simon, Scott Colley, Brian Blade / Steel House

Edward Simon (P, Key)
Scott Colley (B)
Brian Blade (Ds, Pump-Or)
Rec. December 10-12, 2014, Sonoma County, CA
(Artist Share AS0156)

エドワード・サイモンのジョン・パティトゥッチ、ブライアン・ブレイドとのトリオ作品(「Edward Simon / Trio Live in New York at Jazz Standard(13年)」等別頁あり)には何度も期待を裏切られているのだが、本作ではベースがスコット・コリーに代わっているので、その辺で音楽的な変化があるのかないのか興味深いところ。ただし録音は古めで昨年Sunnysideからリリースされた「Edward Simon / Latin American Songbook(2015年8月録音、別頁あり)」よりも前なので、なんで今頃といった感はあるけどね。ちなみにArtist Shareからはコリー、ブレイドが参加している「Koppel + Colley + Blade / Collective(2014年5月録音、別頁あり)」がリリースされているので、本レコーディングはその流れだったのかもしれない。

サイモン曲が3曲、コリー曲が4曲、ブレイド曲が1曲で全8曲。
1曲目「Glad You're Here」はゆったりとした曲調で、しかもブレイドがドラムではなくオルガンを弾いているのだから、私好みでは全くない。でも2曲目「What If?」ではチック・コリアを意識したような演奏をしていて、ブレイドのドラミングも期待どおりにダイナミックなので、そんなこともどうでもよくなる。16ビート調の3曲目「Kingpin」ではコリーがノリのいいベースで聴かせてくれるし、4曲目「87.5% of You」以降もこのメンバーならではの聴き応えのある演奏が続いていて、ライブ盤を除く最初の2作品よりははるかにいい感じで楽しませてくれる。曲によってはシンセを味付け程度に用いていたり、コーラスが入っている曲もあったりするけれど、それらもまたサウンド上のいいアクセントとなっているね。全体的にゆったり目の曲が多いながらも、曲中で大きく盛り上がっていたりするので、テンポ的なことはあまり気にならないし、非4ビートがメインながらもリズムの変化に富んでいるのに加えて1曲だけ4ビートも取り上げているので、ビート的な不満も特には感じない。どの曲をとっても3人の持ち味がきちんと生かされていて、なおかつトリオとしても調和の取れた演奏が堪能できる。おそらくサイモンのオリジナルだけをやっていれば似たような曲が続いて単調になっていたと思うけど、自分の曲よりもコリーの曲を多く取り上げていて、それらがまた実にいいので(ブレイド曲の1曲目は「なんだこりゃ?」だけど)、本作の立役者はコリーといっていいだろう。とはいえこれだけのメンバーが揃っているのだから、もっとハードな曲があってもよかったのではと思う。
ということで、これまでのブレイド入りの4枚の中では一番気に入ったし、録音(エンジニアはStephen Hart)も各楽器の質感、バランスとも上々で(やっている音楽にもよくマッチしている)、手元には未聴新譜が他に3枚あるけれど、本作を今年の聴き納めにして正解だった。

評価☆☆☆☆ (☆最悪!、☆☆悪い、☆☆☆普通、☆☆☆☆良い、☆☆☆☆☆最高!)


Steel House
Edward Simon (piano/keyboards)
ArtistShare

  

--EDIT--

Willie Jones III / My Point Is...

Willie Jones III (Ds)
Eric Reed (P)
Buster Williams (B)
Eddie Henderson (Tp)
Ralph Moore (Ts)
Rec. March 7, 2016, NY
(WJ3 Records WJ31018)

ウィリー・ジョーンズIIIの自主レーベルWJ3からのリーダー作の7枚目。メンバーのエリック・リード、バスター・ウィリアムス、エディ・ヘンダーソンは前作「Willie Jones III / Groundwork(16年、別頁あり)」から引き続きなのだが(リードは全アルバムに参加)、今回は新たにラルフ・ムーアが参加しているのが興味深い。同じラルフでもボウエンの方は活躍ぶりがよく目立つけど、ムーアはここ20年ぐらいは聴いた記憶がないので(Criss Crossへの吹込みも「Brian Lynch Quintet/Sextet / At The Main Event(93年)」が最後)、近年はどういうプレイをしているのか楽しみだ。

ジョーンズIII曲が3曲、リード曲が1曲、ウィリアムス曲が2曲、ハンコックの「The Maze」、ホレス・シルヴァーの「Peace」で全8曲。
フロントに2管を配した典型的なハードバップ路線なのは「Groundwork」等とも変わりはないのだが、一番多くアドリブを取っているヘンダーソンの次に目立っているように感じるのがリードなのは、人間味があふれるプレイをしているから。音数はあえて少な目に弾いているけれど、それが一音一音の重みやノリのよさに繋がっているね。ムーアもコルトレーンやブレッカーのような私好みの奏法で吹いてはいるけれど、存在感のあるリードと一緒では影が薄く感じてしまうので、どうせやるのならもっとガツンといって欲しかった。それでようやく華のあるプレイで聴かせるヘンダーソンともバランスが取れると思うし、リードと同様に存在感のあるリズム隊のウィリアムスとジョーンズIIIの方に耳が向いてしまうといったこともなくなるのだが、その辺は久しくレコーディングから遠ざかっていたために勘が鈍っていることが一番の要因なのだろう。そんなムーアだけはいい感じに吹いているわりにはいまいちパッとしないものの、他のメンバーは全員が魅力的なプレイをしているし、既成曲を含めた楽曲もどれもが良好なおかげで、最後までノリノリで楽しむことができる。ドラム好きとしてはジョーンズIIIが数曲でドラムソロも取っていて、中でもアップテンポの8曲目「Blues for Dat Taz」では、右手でライドシンバルを普通に刻みながらスネアやバスドラ等で自在にソロを取るといった、パッと聴きでは派手さは感じないものの、テクニック的にはまるで2人で叩いているかのような高度な奏法が目茶苦茶カッコいい。他の曲でも上手さとセンスのよさがきらりと光っているね。
よくあるタイプのハードバピッシュな演奏ながらもマンネリに感じるようなことは一切なくて、本作は買って大正解。録音(エンジニアはマイク・マルシアーノ)も各楽器の音質、バランス共に申し分がなくて、音的にも満足させてくれる。

評価☆☆☆☆ (☆最悪!、☆☆悪い、☆☆☆普通、☆☆☆☆良い、☆☆☆☆☆最高!)


My Point Is
Willie Jones III
Wj3 Records
2017-10-20

  

--EDIT--

↑このページのトップヘ

google-site-verification: google878c7206ee6d4f7b.html