Jazz & Drummer

ジャズ・フュージョンの新譜や好きなドラマーのことなど音楽98%、感じたままに書いている個人ブログです。

カテゴリ: Jazz / FusionのCD

Bob Reynolds / Hindsight

Bob Reynolds (Ts)
Aaron Goldberg (P)
Reuben Rogers (B)
Obed Calvaire (Ds)
Rec. January 2008, NY
(Bob Reynolds Music 807676148421)

先月の発売なので、てっきり新譜だと思って購入したけれど、クレジットを見たら録音が2008年1月と10年近くも前なのにまずはガッカリ。おそらく自主制作盤として流通経路に乗せるまでいろんな障害があったのだと思うけど、新譜聴きとしては常にミュージシャンの最新の演奏を聴いていたいので、出来ればもっと早くリリースしてほしかった。とはいえボブ・レイノルズのリーダー作を聴くのは「Bob Reynolds/Can't Wait For Perfect(06年、別頁あり)」以来だし、バックのメンバーもアーロン・ゴールドバーグ、ルーベン・ロジャース、オベド・カルヴェールと強力なので、それなりにはワクワクしている。

全7曲がカルヴェールのオリジナル。
「Bob Reynolds/Can't Wait For Perfect」と同様16ビート系の曲が続いている。メンバーもドラムスがエリック・ハーランドからカルヴェールに代わり、曲により参加していたマイク・モレノが抜けただけなので、演奏自体も大きな変化は見受けられないのだが、アルバムを通して何らかのストーリー性が感じられる曲構成となっている中でのレイノルズの大らかなテナーがいい雰囲気を醸し出している。ゆったり目の曲が多いので、普通であれば途中で退屈してくるけれど、本演奏に限ってそのように感じないのは、トータル約41分というLP並みの短さに加えて、大きくスポットが当たっているレイノルズだけではなく、他のメンバーも魅力的なプレイをしているから。数曲でアドリブを取っているゴールドバーグは当然として、ロジャースとカルヴェールのバッキングもセンスがよくてカッコいい。特にカルヴェールは楽曲とも相性がよかったのか、曲調にバッチリ嵌ったドラミングで聴かせてくれる。どちらかというとトータルサウンド重視なので、レイノルズ以外の3人が持ち味を存分に発揮しているというわけではないけれど、各人とも同じベクトルを向いた、バンドとしても調和のとれた演奏を楽しむことができた。これで威勢のいい曲がもう1曲ぐらいあれば更によかったと思う。
レイノルズのプレイは、リーダー作以外ではその他大勢的に参加している「Tony Grey/Chasing Shadows(08年、別頁あり)」「Bona/The Ten Shades of Blues(09年、別頁あり)」ぐらいでしか聴いたことがないのだが、他人のバンドに積極的には参加していないところをみると、それだけ自分がやりたい音楽に強い信念を持っているということなのだろう。それはそれで素晴らしいことではあるけれど、多くのミュージシャンと共演することによって見えてくる部分もあると思うので、奏法的な面はさておき、これ以上の音楽性のレベルアップを望んでいるのであれば、そうするのも一つの手段かもしれない。もちろんここでの演奏が悪いというわけでは決してないし、録音(エンジニアはMichael Brorby)も各楽器の音質、バランス共に上々で、本作はどうして今までお蔵入りしていたのか不思議に思うほどの良盤だ。

評価☆☆☆☆ (☆最悪!、☆☆悪い、☆☆☆普通、☆☆☆☆良い、☆☆☆☆☆最高!)


Bob Reynolds
Bob Reynolds Music
2017-09-19

  

--EDIT--

Christian McBride Big Band / Bringin' It

Christian McBride (B)
Frank Greene, Freddie Hendrix, Brandon Lee, Nabate Isles (Tp)
Michael Dease, Joe McDonough, James Burton (Tb), Steve Davis (Tb on M11), Douglas Purviance (Bass-Tb)
Steve Wilson (As, Ss, Fl), Todd Bashore (As, Fl, Piccolo), Ron Blake (Ts, Fl), Dan Pratt (Ts, Cl), Carl Maraghi (Bs, B-Cl)
Xavier Davis (P)
Rodney Jones (G)1, 7
Quincy Phillips (Ds)
Melissa Walker (Vo)6, 8
Brandee Younger (Harp)10 
Rec. 2017?, NY
(Mack Avenue)

クリスチャン・マクブライドのビッグバンド作品は「Christian McBride Big Band / The Good Feeling(11年、別頁あり)」以来。リーダー作はその間にも「Christian McBride / Conversations with Christian(11年)」「Christian McBride & Inside Straight / People Music(13年)」「Christian McBride Trio / Out Here(13年)」「Christian McBride Trio / Live at the Village Vanguard(15年)」(各別頁あり)がリリースされているのだが、デュオ作品の「Conversations with Christian」以降はクリスチャン・サンズ、ユリシーズ・オーウェンスJrとやる機会が多かっただけに、本作のザヴィア・デイヴィスは「The Good Feeling」にも参加しているのでさておき、新たにクインシー・フィリップスという、これが初聴きのドラマーを起用しているのが興味深い。フィリップスはロイ・ハーグローブのクインテットでも活動しているようで、YouTubeには異様に手が速いドラムソロが上がっている。

マクブライド曲が2曲、フレディ・ハバードの「Thermo」、ジミー・ヴァン・ヒューゼンの「I Thought About You」、マッコイ・タイナーの「Sahara」、Regina Werneck/ジャヴァンの「Upside Down」、ウェス・モンゴメリーの「Full House」、ジェリー・ジェフ・ウォーカーの「Mr. Bojangles」で全8曲。
ほとんどの曲のアレンジはマクブライドが担当。その演奏は「The Good Feeling」と同様、アメリカのビッグバンドの伝統的なスタイルに則ったものなので、すんなり頭に入ってくるし、選曲にも好感が持てる。3曲目では「Christian Mcbride / Number Two Express(96年)」に収録されていたオリジナル曲の「Youthful Bliss」をやっているけれど、こういう曲も元のイメージを壊すことなく、それでいながら最初からビッグバンド用に作られたかのようにごく自然なアレンジが施されているのだから、手法自体は地味ではあるけれど、流石だなあと思ってしまう。それと若い頃によく聴いていたマッコイの「Sahara」(5曲目)や、ウェスの有名曲「Full House」(7曲目)を取り上げているのも嬉しい限り。「Sahara」に関しては原曲のように、もっとガツンとくる演奏をしていればなおよかったと思うけど、それだと他の曲から浮いてしまう危険性があるので、これぐらいで限界なのかもしれない。マクブライドはアレンジだけではなく、演奏面においても魅力的なプレイで聴かせてくれるし、曲により入れ代わり立ち代わりのソロイストのプレイも良好。またビッグバンドとしてのアンサンブルも申し分がないのだが、「The Good Feeling」と同じようなアルバムを作る必要があったかどうかは疑問に感じなくもない。マクブライドにしてみると久しぶりにビッグバンドをやりたくなったからやったのだと思うけど、どうせやるのなら何らかのプラスアルファが欲しかった。それとメリッサ・ウォーカーのヴォーカルも、入れるとしても1曲だけで十分。オーウェンスJrの後釜(代役?)として抜擢されたフィリップスは、ビッグバンドでの譜面を見ながらのドラミングもバッチリで(「Sahara」や11曲目「Optimism」でのソロも素晴らしい)、わたし的に一番の収穫は彼だった。
ビッグバンドとしては比較的オーソドックスな演奏ではあるけれど、ヴォーカル入りの曲を除いてはそれなりにいい感じで楽しむことができた。また録音(エンジニアはTodd Whitelock)も、ドラムスがフュージョン的なタイトな音で録れているし、ホーンセクションも楽器の分離がよすぎるような気がするものの、ボリュームを上げてもうるさく感じることはないし、やっている音楽にもよくマッチしていると思う。

評価☆☆☆☆ (☆最悪!、☆☆悪い、☆☆☆普通、☆☆☆☆良い、☆☆☆☆☆最高!)


Bringin' It
Christian -Big B Mcbride
Mack Avenue
2017-09-22

  

--EDIT--

John McLaughlin & the 4th Dimension / Live @ Ronnie Scott's

John McLaughlin (G)
Gary Husband (Key, Ds)
Etienne M'Bappe (B)
Ranjit Barot (Ds)
Rec. March 2017, live at Ronne Scott's
(Abstract Logix ABLX058)

ジョン・マクラフリンの4th Dimension作品は「Jon McLaughlin 4th Dimension/@ Belgrade Live(09年、DVD)」「John McLaughlin and the 4th Dimension/To the One(10年)」「John McLaughlin and the 4th Dimension / Now Here This(12年)」「John McLaughlin & The 4th Dimension / The Boston Record(14年)」「John McLaughlin / Black Light(15年)」(各別頁あり)と、ベースがドミニク・ディ・ピアッツァ、ドラムがマーク・モンデジールの時代や、同じく最初の頃のAbstract Logixのライブ盤「Abstract Logix Live! / The New Universe Music Festival 2010(11年、別頁あり)」も含めて、どれもが5つ星にしているほど大好きなのだが、メンバーをゲイリー・ハズバンド、エティエンヌ・ムバペ、ランジット・バロットに固定してから本作で既に4枚目なので、マンネリになっていないか気になるところ。でも前作「Black Light」から2年経っているし、このメンバーでのライブ盤も「The Boston Record」以来なので、やっていることはこれまでと同じであったとしても、新鮮な気持ちで楽しめるのではと思っている。

全9曲がマクラフリンのオリジナル。その中の1曲目「Meeting Of The Spirits」と8曲目「Vital Transformation」は「The Mahavishnu Orchestra / Inner Mounting Flame(71年)」、2曲目「Miles Beyond」と7曲目「Sanctuary」は「Mahavishnu Orchestra / Birds Of Fire(73年)」、3曲目「Gaza City」と4曲目「Here Come The Jiis」と6曲目「El Hombre Que Sabia」は「Black Light」、9曲目「Echos from Then」は「The Boston Record」収録と、新曲のオンパレードといったわけではないけれど、マハヴィシュヌ・オーケストラは自分が高校時代に最も衝撃を受けたバンドなので(これで変拍子にも目覚めた)、その曲を取り上げているだけでもワクワクする。
1曲目から「Meeting Of The Spirits」でガツンとぶちかましている。その演奏は「Inner Mounting Flame」を上回るほどにアグレッシブ。特にマクラフリンは速弾きを駆使しながらギンギンに攻めまくっていて、わたし的にはもうこの1曲だけでも元は取ったと思っているところに、続く2曲目がこれまた「Miles Beyond」なのだから狂喜してしまう。それは「Sanctuary」や「Vital Transformation」にもいえることなのだが、楽曲自体が古臭さは全く感じさせないので、マハヴィシュヌ・オーケストラに嵌ったことがない人であっても、ハードフュージョンが好きであれば、どなたでもこのバンドの凄さを堪能できるのではと思う。もちろんアグレッシブな曲だけではなく、3曲目「Gaza City」なんかはWRの「A Remark You Made(お前のしるし)」やジェフ・ベックの「哀しみの恋人達」あたりを連想させるようなバラード曲となっているので、聴き疲れするようなこともないだろう。バンドとしてはより一段と強力になっていて、アンサンブルやキメは非の打ち所がないし、流石にライブだけあってマクラフリンとハズバンドだけではなく、曲によってはムバペやバロットの驚異的なソロもたっぷりと楽しめて、これまでの4th Dimension作品も相当良かったけれど、それ以上のことをやっている演奏には完全にノックアウトされてしまった。
過去と現在の集大成的な演奏には文句のつけようがないし(マハヴィシュヌ時代の曲を多く取り上げていることもあって、マンネリに感じることもなし)、録音(エンジニアはSven Hoffmann)もライブ収録ながら各楽器が完璧なバランスと音質で録れていて、本作は当然ながらの5つ星。今年の私的ベストアルバムのフュージョン系部門の第一位はたぶんこれに決まりだと思う。

評価☆☆☆☆☆ (☆最悪!、☆☆悪い、☆☆☆普通、☆☆☆☆良い、☆☆☆☆☆最高!)


Live at Ronnie Scott's
John Mclaughlin & 4th Dimension
Abstract Logix
2017-09-15

  

--EDIT--

Blue Note All-Stars / Our Point of View

Ambrose Akinmusire (Tp)
Marcus Strickland (Ts)
Lionel Loueke (G, Vo)
Robert Glasper (P, Rhodes)
Derrick Hodge (Ac-B, El-B)
Kendrick Scott (Ds)
Guests: Wayne Shorter (Ss), Herbie Hancock (P) Disc Two 1
Rec. 2017?, CA
(Blue Note 5777491)

流石にBlue Note All-Starsと銘打っているだけあって、NYの第一線で活躍中のそそられる面々が揃っているのだが(1曲にはウェイン・ショーターとハービー・ハンコックも参加)、HMVレビューによると、「2014年に同レーベルの75周年を記念して集結。その年のモントルー・ジャズ・フェスティバルでライヴ・デビュー。その後も何度かライヴを行っていたが、ついに今年アルバム・リリースが実現」なのだそうだ。プロデュースはロバート・グラスパーと現社長のドン・ウォズが担当。これだけのメンバーで、はたしてどういう演奏を繰り広げているのか楽しみだ。

アンブローズ・アキンムシーレ曲が2曲、マーカス・ストリックランド曲が1曲、リオーネル・ルエケ曲が1曲、グラスパー曲が2曲、デリック・ホッジ曲が2曲、ケンドリック・スコット曲が1曲、ショーターの「Witch Hunt」「Masquelero」で全11曲(ディスク1が6曲、ディスク2が5曲)。
レコーディングの前に既に数回のライブを行っているだけあって、単なる顔見世的なセッションではない、バンドとしてよく練られたコンテンポラリーな演奏が展開されている。グラスパー曲の1曲目「Bruce's Vibe」はしゃべりもありのプロローグ的な曲なのでさておき、2曲目「Cycling Through Reality」(スコット曲)からは各人が本気モードで攻めていて、目茶苦茶カッコいいことになっているね。特にグラスパーはCriss Cross以降の自己のリーダー作ではもっと聴きやすいというか大衆受けする音楽をやっているだけに、久しぶりにガツンとくるプレイが聴けて嬉しい限り。またアキンムシーレとストリックランドもそれに負けじと容赦なくいっている。更にはルエケの個性的なギターもいいアクセントとなっているけれど、この4人がエネルギッシュなプレイができるのも、ボトムをガッチリと支えているホッジと、常にバイタリティー溢れるドラミングでバンドを鼓舞しているスコットがいるからこそだろう。ただでさえやり手の面々が一堂に会したことによる相乗効果で、ますますテンションの高いプレイで聴かせてくれる。オリジナル曲を持ち寄っていることもあって、同じ雰囲気の曲調が続いていないのもいい塩梅。非4ビートがメインではあるけれど、ディスク1の4曲目「Henya」(アキンムシーレ曲)はトランペットの多重録音とベース、ストリングス(もしかするとホッジの多重録音かも)だけによるドラムレス演奏、続く5曲目「Witch Hunt」(ショーター曲)はマイルス・クインテットを思いっきり意識した4ビート演奏と、曲によってはビートや編成を変えたりもしているので、2枚ぶっ通しで聴いても冗長な印象を受けることなく、ディスク2でルエケが歌っている曲が多いのは気にならなくもないものの、最後までノリノリで楽しませてくれる。曲によっては手に汗握るスリルと興奮まで味わえて、もうこれだけ私好みの演奏(しかも想像していた以上にシリアス)をされてしまっては文句のつけようがない。ソロイストが多いにもかかわらず、リズム隊の2人のソロが堪能できる曲もきちんと用意されているし、ディスク2の1曲目「Masquelero」に参加しているショーターとハンコックの気合も相当入っている。
Blue Note All-Starsという名前負けは全くしていない素晴らしい演奏に加えて、録音(エンジニアはKeith Lewis)も各楽器が過不足のない良い音(音楽的にもオーディオ的にも)で録れていて、本作は当然ながらの5つ星。これは今年の私的ベストアルバムの上位に食い込むのも確実だろう。

評価☆☆☆☆☆ (☆最悪!、☆☆悪い、☆☆☆普通、☆☆☆☆良い、☆☆☆☆☆最高!)


Our Point of View
Blue Note All-Stars
Blue Note Records
2017-09-29

  

--EDIT--

Robi Botos / Movin' Forward

Robi Botos (P, Or, Nord, Rhodes, Clavinet)
Jeff 'tain' Watts (Ds)
Robert Leslie Hurst III (B)
Seamus Blake (Ts, Ss, EWI)
Rec. 2014?, Tronto
(A440 Entertainment A440 010)

バックのメンバー買い。リーダーのロビ・ボトスは知らないピアニストだが、自ブログで検索したらテリ・リン・キャリントンの「One Take Volume Two(06年、別頁あり)」に参加しているのが見つかった。本人のサイトによるとハンガリー生まれで、1998年にカナダに移住。オスカー・ピーターソンに師事し、チャカ・カーン、アル・ジャロウ、ブランフォード・マルサリスとも共演歴があるよう。リーダー作は「Robi Botos / Place To Place(11年)」「Robi Botos / Friday Night Jazz(15年)」に次いで、本作が3枚目。ジャケ裏を見るまでは2015年作品だと気づかなかったけど、カナダJUNO Awards「最優秀ジャズアルバム」受賞作のようなので、これでよしとしよう。

ボトス曲が8曲と、バカラックの「Close To You」、スタンダードの「Softly as in a Morning Sunrise」で全10曲。
クレジットにはシンセやエレピ、EWI等も記されているけれど、やっていることは純ジャズ(8ビート調やラテンタッチの曲が多いが)で、アコースティックな演奏の中に、曲によってはエレクトリック楽器が違和感なく取り込まれているのがいい塩梅。ボトスのピアノがあまり弾まない感じなのはキース・ジャレットあたりに影響を受けているヨーロッパのピアニストと、また1曲目「Eurorleans」の4ビート部分、7曲目「Softly as in a Morning Sunrise」や9曲目「Yes I Don't」の4ビート演奏で効かせるこぶしやオクターブ奏法なんかはピーターソンに近いものがあるけれど、そんなに速弾きするようなタイプではないながらも、この場面でこれ以上の弾き方はないだろうと思わせてくれるような理想的なプレイをしていて好感が持てる。オリジナルの楽曲はモーダルなものから綺麗なメロディーのバラードまで様々だけど、どれもが現代的ではありながらも頭でっかちにはなっていないので非常に親しみやすいし、「Softly as in a Morning Sunrise」でのちょっとしたコードのアレンジなんかも洒落ているね。どことなくハンガリーの匂いがするラスト曲の「Dexterity」も魅力的だし、大好きな「Close To You」(5曲目)にもグッとくる。そんなボトスがやりたいことをバックのメンバーもよく理解していて、ジェフ・ワッツにしてもボブ・ハーストにしてもシーマス・ブレイクにしても、曲調に応じた最良のプレイをしているし、ブレイクだけではなくリズム隊の2人にもソロの場面がふんだんに用意されているおかげで、ますますいい感じで楽しむことができる。特にワッツは近年では珍しいぐらいに活きのいい曲ではダイナミックに叩いていて、もうそれだけでも買ってよかったという気分になってしまった。
ボトスを意識して聴くのはこれが初めてだけど、無名(私が知らなかっただけかな?)でもこんなにいいピアニストがいるなんて世の中は広いもんだね。本作は演奏が良いだけではなく、録音(エンジニアはJohn 'Beetle' Bailey)も各楽器のリアリティを伴った図太い音色がスピーカーの前にせり出してきて、これはカナダJUNO Awards「最優秀ジャズアルバム」になって当然だろう。

評価☆☆☆☆ (☆最悪!、☆☆悪い、☆☆☆普通、☆☆☆☆良い、☆☆☆☆☆最高!)


Robi Botos
Imports
2015-03-31

  

--EDIT--

↑このページのトップヘ

google-site-verification: google878c7206ee6d4f7b.html