Jazz & Drummer

ジャズの新譜を中心に感じたままに書いてます

カテゴリ: ジャズ・フュージョンのCD

David Sanchez / Carib

David Sanchez (Ts, Barril de Bomba, Per, Vo)
Lage Lund (G)
Luis Perdomo (P, Rhodes)
Ricky Rodriguez (Ac-B, El-B)
Oded Calvaire (Ds, Vo)
Jhan Lee Aponte (Per, Bomba Barril)
Markus Schwartz (Haitian-Per)

Produced by David Sanchez & Robert Mailer Anderson
Recorded Dec. 19, 20 & 21 at Systems Two
Recorded & Mastered by Mike Marciano at System Two
Photography: Jim Goldberg
Album Design: iamthinker.com
This recording is in memory of my father, Dimas Sanchez & my beloved late wife, Karla.
(Ropeadope - Malaza Music RAD-474)

1. Morning Mist 7:46
2. Wave Under Silk 7:22
3. Madigra 7:09
4. Fernando's Theme 3:59
5. Mirage 7:43
6. Prelude to Canto 1:19
7. Danto 5:59
8. The Land Of Hills 7:21
9. Iwa (Contemplation) 2:27
10. Iwa (spirit going back home) 6:17
11. A Thousand Yesterdays 7:41
All compositions written by David Sanchez
"Morning Mist" & "Madigra" produced by Obed Calvaire & David Sanchez
"Cant" and "Fernando's Theme" are featured tracks on the "Windows on the World" motion picture soundtrack

デヴィッド・サンチェスのリーダー作を買うのは「David Sanchez/Cultural Survival(08年、別頁あり)」以来。その間も「Antonio Sanchez / Live in New York: at Jazz Standard(10年)」「Kenny Werner / Balloons(11年)」「Stefon Harris, David Sanchez, Christian Scott / Ninety Miles(11年)」「Randy Brecker / Randy Pop!(15年)」(各別頁あり)でしか聴いていないので久しぶりの感があるのだが、本作には「Cultural Survival」から引き続きのラージュ・ルンドの他にも、ルイス・ぺルドモ、リーキー・ロドリゲス(「Joe Locke / Love Is a Pendulum(15年、別頁あり)」で聴いたことがある)、オベド・カルヴェールの美味しいどころが参加しているのだから大いにそそられる。その演奏はいかにもプエルトリコ出身のサンチェスらしいラテン色の強いコンテンポラリージャズとなっているけれど、男性的な逞しい音色でストレートに吹いているサンチェスのカッコよさは当然として、他のメンバーもサンチェスの音楽性にバッチリ嵌ったプレイで聴かせてくれるのだからなんともたまらない。特にペルドモは音楽の指向性がサンチェスとよく似ていることもあって、バッキングも含めて最高にいい感じで楽しませてくれる。またSF JAZZ Collectiveで一緒だったカルヴェールも、豊富なアイデアとテクニックを駆使しながらエネルギッシュに叩いているし(ソロをとっている曲も数曲あり)、曲によりウッドとエレべを使い分けているロドリゲスの堅実なプレイも素敵だし、ルンドの場面によってはギターのトーンを変えたりアコギに持ち替えたりしながらの、いい意味でそつのない上手さ(テーマのユニゾンもバッチリ決まっている)も流石としか言いようがない。二人のパーカッション奏者のプレイもいいアクセントとなっていて、どの曲も「いいぞ、いいぞ」と思いながらノリノリで聴いていたら、トータル65分があっという間に終わってしまった。
このようなラテンタッチなコンテンポラリージャズは基本的に大好きだし、録音もドラムのピッチは低めながらも、エンジニアがマイク・マルシアーノだけあって各楽器がやっている音楽によくマッチした音で録れていてバランスも上々なので、本作は5つ星にしておこう。このメンバーなので悪いはずがないとは思っていたけれど、想像していた以上の演奏を楽しむことができた。

評価☆☆☆☆☆ (☆最悪!、☆☆悪い、☆☆☆普通、☆☆☆☆良い、☆☆☆☆☆最高!)


カリブ
デヴィッド・サンチェス
BSMF RECORDS
2019-07-26

  

--EDIT--

Matt Slocum / Sanctuary

Gerald Clayton (P)
Larry Grenadier (B)
Matt Slocum (Ds)

Produced by Matt Slocum
Recorded August 7 & 8 at Sear Sound, New York, NY
Recorded and Mixed by Brian Montgomery
Assistant Engineer: Owen Mulholland
Mastered by Scott Hull at Masterdisk
Artwork by Eelco Maan
Album Photography by Richard Conde
Art Direction and Design by Christopher Drukker
Matt Slocum endorses Canopus Drums
(Sunnyside SSC 1547)

1. Romulus 5:01
2. Consolation Prize 5:10
3. Aspen Island 6:07
4. Star Prairie 4:22
5. A Dissolving Alliance 4:30
6. Days of Peace 4:56
7. Sanctuary 5:35
8. Anselmo 6:28
All compositions by Matt Slocum
except "Romulus" by Sufjan Stevens, arranged by Matt Slocum

ジェラルド・クレイトン、ラリー・グレナディア買い。リーダーのマット・スローカム(?)を聴くのはこれが初めて。同じ名前の人が「Abstract Logix Live! / The New Universe Music Festival 2010(11年、別頁あり)」「John McLaughlin & The 4th Dimension with Jimmy Herring & The Invisible Whip / Live in San Francisco(18年、別頁あり)」にジミー・ヘリングのバンドのキーボーディストとして参加しているので、もしかするとドラムとキーボードの両刀使いなのかなと思ったけど、ネットに上がっている写真を見てみたらどうやら別人のようだ。5枚目のリーダー作となる本作での演奏は、いきなりグレナディアのソロからのスタートで、ピアノとドラムが加わってからもドラムドラムは全くしていない穏やかな演奏となっているところに、逆にスローカムの個性を感じる。アップテンポの4ビートの2曲目「Consolation Prize」も今どきの凄腕ドラマーとは異なり、パワフルさやアグレッシブさではなく繊細感を重視しているのだが、大人し目に叩いていながらもセンスのよさはきらりと光っているのだから、流石にクレイトン、グレナディアと共演できるだけのことはあるね。以降の曲も穏やかな曲調がメインとなっているけれど、オリジナルの楽曲自体が良好だし、クレイトンとグレナディアがスローカム以上に曲調にバッチリ嵌った魅力的なプレイで聴かせてくれるのだから、退屈に感じるようなことは一切なし。自分のリーダー作なのにソロも僅かしかとっていないほど控えめなスローカムではあるけれど、この小音量ドラミングは自分がPAなしの生ピアノと一緒にやるときの参考にもなる。それにしても普段とは一味違った内省的なピアノを弾いているクレイトンにはビックリ。きっとそれだけ多くの引き出しを持っているのだろう。
本作は演奏が良い(トータル42分という長さもちょうどいい)のに加えて、録音も各楽器の質感、バランス共に上々で、音的にも気分よく楽しませてくれる。

評価☆☆☆☆ (☆最悪!、☆☆悪い、☆☆☆普通、☆☆☆☆良い、☆☆☆☆☆最高!)


Sanctuary
Matt Slocum
Delta
2019-05-31

  

--EDIT--

Perico Sambeat / Ofrenda

Perico Sambeat (As, Ss)
Danny Grissett (P)
Ugonna Okegwo (B)
E.J. Strickland (Ds)

Grabado el 18 de Septiembre de 2018 en PKO Studios (Boadilla del Monte-Madrid)
Mezclado y masterizado por Vicente Sabater en L'entresol estudis
Técnico de grabasión: Caco Refojo
Técnico asistente: Frank Lozano
Perico Sambeat toca con cañas Dáddario
Producción musical: Perico Sambeat
(Karonte KAR 7870)

1. Ofrenda 6:02
2. Dwarf Steps 5:29
3. Majoun 5:54
4. Palmyra 5:52
5. Nigromante 8:57
6. Implorar 6:47
7. Impasse 3:59
8. Gateway 6:45
9. Magic 5:56
10. Ruthy S Delight 4:14
11. Elagia 2:06

Perico Sambeat / Elastic(13年、別頁あり)」が最高に良かったペリコ・サンビートだけど、メンバーをガラリと変えての本作もまた、流石にダニー・グリセット、ウゴンナ・オケグォ、EJ・ストリックランドの美味しいどころと共演しているだけあって実にいい塩梅。おそらく全曲がサンビートのオリジナルだと思うけど、1曲目「Ofrenda」はコルトレーン・カルテット的な臭いがするアフロ調のブルース、2曲目「Dwarf Steps」はミディアムファーストの4ビート、3曲目「Majoun」はストリックランドがマレットを用いているルンバ調、4曲目「Palmyra」は1拍半ノリの3拍子、5曲目「Nigromante」はアフロ調の7/4拍子、6曲目「Implorar」は歌心溢れるバラード、7曲目「Impasse」はアップテンポの4ビートといった感じで、私好みの演奏が続くのだからなんともたまらない。あまり気張らないで腹八分目で吹いている感のあるサンビートのアルトが、今の暑苦しい時期にはちょうどいいし、グリセットとオケグォもトム・ハレルのクインテットのときとはまた一味違ったアプローチで聴かせてくれるし、エルヴィン・ジョーンズのいいとこどりをしているストリックランドのプレイも曲調にバッチリ嵌っていて、どの曲をとってもノリノリで楽しませてくれる。その中でも非常にアグレッシブでドラムとの8バースも用意されている7曲目は、演奏時間が短いながらも特に気に入ったのだが、不良品なのかどうかは分からないけど、8曲目「Gateway」からはバチバチしたノイズが盛大に発生するのにはがっかり。目に見えるキズはついていないので、ピックアップの精度の低いPCではたぶん大丈夫だと思うけど、良い音楽をオーディオ装置の良い音で聴けないのでは意味がないので、こういうのはいい加減にして欲しい。
ということで8曲目以降は聴くに堪えなくて興醒めしてしまったのだが、演奏自体はとても良いし、録音も温かみのある各楽器がスピーカーの前にドーンとせり出してきて、そのバランス共々上々なので、本作はiTunesに入れるための条件としている5つ星にしておいて、今後はそちらの方で聴くことにする。

評価☆☆☆☆☆ (☆最悪!、☆☆悪い、☆☆☆普通、☆☆☆☆良い、☆☆☆☆☆最高!)

Offering
Perico Sambeat
Karonte
2019-05-30



  

--EDIT--

Avishai Cohen / Arvoles

Avishai Cohen (B)
Elchin Shirinov (P)
Noam David (Ds)
Björn Samuelsson (Tb)1, 6, 9, 10
Anders Hagberg (Fl)1, 6, 9, 10

Produced by Avishai Cohen and Lars Nilsson
Executive Producer Razdaz Recordz
Recorded mixed and mastered by Lars Nilsson at Nilento Studio, Sweeden, February 18th - March 15th 2019
Nilento studio production team: Jenny Nilsson, Michael Dahlvid and Joar Hallgren
Original Art: Ora Cohen
Graphic Design: Toby Larnder
(Razdaz Recordz RD4619)

1. Simonero (Cohen) 4:07
2. Arvoles (Traditional) 5:35
3. Face Me (Cohen) 4:02
4. Gesture #2 (Cohen) 3:35
5. Elchinov (Cohen) 3:55
6. Childhood (for Darmel) (Cohen) 2:59
7. Gesture #1 (Cohen) 5:25
8. Nostalgia (Cohen) 4:17
9. New York 90's (Cohen) 2:56
10. Wings (Cohen) 4:29
All compositions written and arranged by Avishai Cohen

大好きなベーシストではあるけれど、たまに変な方向(自身のヴォーカルをフィーチャーした「Avishai Cohen/Aurora(09年、別頁あり)」のような)に行くこともあるアヴィシャイ・コーエンのリーダー作を聴くのは、「Avishai Cohen Trio / From Darkness(15年、別頁あり)」以来。ここ何作かに参加していたニタイ・ハーシュコヴィッツに代わり、本作にはエルチン・シリノフ(1982年アゼルバイジャン生まれ、本人のサイトあり)が、またドラムもノーム・ダヴィド(1971年イスラエル生まれ)に代わっているのだが、助っ人として参加のビョルン・サムエルソン、アンデシュ・ハーグベリ(?、1958年スウェーデン生まれ、本人のサイトあり)も含めて全員が初聴きにもかかわらず、各人とも曲調にバッチリ嵌ったテクニックと音楽性で聴かせてくれて実にいい塩梅。コーエンはいったいどこでこういう人たちを見つけてくるのか、その辺の嗅覚が流石なのだが、シリノフにしてもダヴィドにしても個性的かつ積極的なプレイをしていながらも、バンドとして一番目立っているのはやはりベースなのだから(ほとんどの曲でソロをとっているけれど、それを抜きにしたバッキングだけでも力感のあるプレイでぐいぐい迫ってくる)、どれだけコーエンが凄いのかということになる。その演奏はコンテンポラリーな非4ビートがメインとなっていて、曲によってはイスラエル色が強いのもあったりするけれど、過去のアルバムのようにイスラエル色を前面に打ち出してはいないので、ごく普通の感覚で楽しむことができる。またサムエルソンとハーグベリが加わっている4曲では、テーマ部分の厚みのあるハーモニーや2人のアドリブもいいアクセントとなっているね。でも全体的にゆったり目のテンポのアルペジオ系の曲が多いので、その範疇ではビートやリズムがけっこう細かいので退屈はしないけど、もっと曲調に極端な変化をつけた方が、更にいい感じで楽しめてよかったのではと思う。そんな意味ではラスト曲の「Wings」が完全4ビートで、一番印象に残った。
ということで全面的に共感できるわけではないけれど、コーエンはもちろん、他のメンバーも素晴らしいプレイで聴かせてくれるし、録音も特にベースが実際に目の前で弾いているのではと思うほどリアルに録れているので、それなりに満足している。

評価☆☆☆☆ (☆最悪!、☆☆悪い、☆☆☆普通、☆☆☆☆良い、☆☆☆☆☆最高!)


Arvoles
Avishai Cohen
Razdaz
2019-06-07

  

--EDIT--

Bob Sheppard / The Fine Line

Bob Sheppard (Ts, Ss, Fl, Alto-Fl)
John Beasley (P)
Jasper Somsen (Ac-B) except 2, 4
Kendrick Scott (Ds)
Guests:
Mike Cottone (Tp)2
Simon Moullier (Vib)1, 6, 8
Maria Puga Lareo (Vo)3
Benjamin Shepherd (El-B)2, 4
Aaron Safarty (Shaker)3, 6

A&R Challenge Record by Martijn Verlinden
Produced by Bob Sheppard & Jasper Somsen
Recording studio: Tritone Studios, Burbank, CA
Recording & mixing engineer: Talley Sherwood
Mastering engineer: Peter Doell at Aftermaster Audio Labs, Hollywood, CA
Production coordination: Boudewijn Hagemans
Photography by Maria Puga Lareo
Design Juan Carlos Villarroel & Natasja Wallenburg, newartsint.com
Bob Sheppard plays D'Addario Reeds and Aaron for adding your brilliant additions.
Kendrick Scott plays Yamaha Drums, Zildjian Cymbals, Vater Drumsticks, Remo Drumheads, Sensory Percussion, Craviotto Snare Drums, Humes and Berg Cases.
(Challenge Records - Tokyo M-Plus CR73458)

1. Edge of Trouble (B. Sheppard) 4:46
2. Run Amok (B. Sheppard) 5:52
3. The Fone Line (B. Sheppard) 4:11
4. People Make the World Go 'Round (L. Creed & T. Bell - arr. B. Sheppard) 5:08
5. I Didn't Know What Time it Was (R. Rodgers & L. Hart - arr. B. Sheppard) 7:20
6. Maria's Tango (B. Sheppard) 5:36
7. Above & Beyond (J. Somsen) 5:38
8. Joegenic (B. Sheppard) 4:54
9. Thanks for the Memory (R. Rainger & L. Robin - arr. B. Sheppard & J. Beasley) 4:24
10. A Flower is a Lovesome Thing (B. Strayhorn - arr. B. Sheppard) 7:02

アントニオ・サンチェス参加の「Bob Sheppard / Close Your Eyes(11年、別頁あり)」が最高に良かったボブ・シェパードだけど、本作のドラマーも大好きなケンドリック・スコットだし、他のメンバーもジョン・ビーズリー(「Close Your Eyes」にも参加)、イェスパー・サムセン(同じChallenge Recordsから「Jasper Somsen Trio / A New Episode in Life Pt.1(17年、別頁あり)」「Jasper Somsen Trio / A New Episode in Life Pt.II(17年、別頁あり)」をリリース)とやり手揃いなのだから大いにそそられる。その演奏は1曲目「Edge of Trouble」から早くも私好みのアップテンポの4ビートで実にいい塩梅。シェパードのソプラノがなかなかアグレッシブだし、アドリブ2番手のサイモン・ムリエ(ヴァイブ)や3番手のビーズリーも同様なのは、スコットにプッシュされてのことなのかもしれない。また2曲目「Run Amok」ではベースがベンジャミン・シェパード(エレべ)に代わってフュージョン的な演奏(ビーズリーと両シェパード参加の「Peter Erskine and the Dr. Um Band / Second Opinion(17年、別頁あり)」「Peter Erskine & The Dr. Um Band / On Call(18年、別頁あり)」に似た感じ)が繰り広げられているけれど、こういうのもいかにも西海岸的で悪くないね。以降の曲も都会的なセンスに満ち溢れた演奏で聴かせてくれるのだが、その中でも特に4曲目「People Make the World Go 'Round」は、高校時代に同曲が入っている「Milt Jackson / Sunflower(73年)」をビリー・コブハム絡みで愛聴していたので、この曲を取り上げているだけでも嬉しくなってしまう。どの曲をとってもシェパードはテナー、ソプラノ共に絶好調に吹きまくっているし、ビーズリーのピアノもアイデアが豊富で魅力的だし、ほとんどバッキングに徹しているだけではあるけれど、ベースのサムセン(9曲目「Thanks for the Memory」ではソロをとっている)とベンジャミンもそれなりのプレイで聴かせてくれるし、スコットも期待を裏切らないドラミングをしていて、終始ノリノリで聴いていたらトータル55分があっという間に終わってしまった。オリジナル曲はどれもが優秀。また既成曲もセンスのいいアレンジで聴かせてくれる。
演奏的には超強力なメンバーが揃っている「Close Your Eyes」に適わない気もするけれど、リラックスして楽しめるのはこちらの方。本作は録音も各楽器が西海岸らしいクリアーな音で録れているし、バランスも上々で、基本的にクリアーな音はあまり好きではないけれど、やっている音楽にはよくマッチしていて、音的にも気分よく楽しむことができた。

評価☆☆☆☆ (☆最悪!、☆☆悪い、☆☆☆普通、☆☆☆☆良い、☆☆☆☆☆最高!)


Fine Line
Bob Sheppard
Challenge
2019-06-07

  

--EDIT--

↑このページのトップヘ

google-site-verification: google878c7206ee6d4f7b.html