Jazz & Drummer

ジャズの新譜を中心に感じたままに書いてます

カテゴリ: ジャズ・フュージョンのCD

Wallace Roney / Blue Dawn-Blue Nights

Wallace Roney (Tp)
Emilio Modeste (Ts, Ss)
Oscar Williams II (P)
Paul Cuffari (B)
Kojo Odu Roney (Ds)1, 4, 6, 7 & 8
Lenny White (Ds)1, 2, 3 & 5
Quintin Zoto (G)1, 3 & 5

Produced by Wallace Roney
Executive Producer: Barney Fields
Recorded at Van Gelder Recording Studio, Englewood Cliffs, NJ in September & December, 2018
Engineered and mixed by Maureen Sickler
Mastering Engineer: David Darlington, Bass Hit Studios, New York, NY
Photography by Kasia Idzkowska
Page 4 photo by Anna Yatskevich
Dasign by Irem Ela Yildizeli
Wallace Roney plays Martin trumpets and endorses Vintage Vibe Keybords & Gratsch Drums
Emilio Modeste plays a Selmer Tenor Saxphone and a Yamaha Soprano Saxophone
Lenny White plays Gretsch Drums
(HighNote Records HCD 7318)

1. Bookendz (Wayne Linsey) 6:12
2. Why Should There be Stars (Kaye Lawrence Dunham / Bryce Rhode) 5:28
3. Wolfbane (Lenny White) 7:50
4. New Breed (Dave Liebman) 8:10
5. Don't Stop Me Now (Steve Lukather / David Paich) 6:59
6. In a Dark Room (Oscar Williams II) 9:00
7. Venus Rising (Emilio Modeste) 5:11
8. Elliptical (Emilio Modeste) 4:15

ウォレス・ルーニーの前作「Wallace Roney / A Place in Time(16年、別頁あり)」は、テナーのベン・ソロモンを除きベテラン勢との共演だったのだが、本作では引き続き参加のレニー・ホワイト以外は知らない人たちと共演しているのが興味深い。調べてみたらその中のドラマー、コジョ・オドゥ・ルーニー(?)はアントワーヌ・ルーニー(ウォレスの弟)の息子でまだ14~15歳のよう。またテナーのエミリオ・モデステ(?)も18歳ぐらいのようだけど、そういう若手を積極的に起用しての演奏は、若さとパワーに満ち溢れていて実にいい塩梅。1曲目「Bookendz」ではコジョのトニー・ウィリアムス的なドラミング(ホワイトとのツインドラムかな?)に煽られて、ルーニー、モデステ、オスカー・ウィリアムスIIが熱いアドリブを取っているし、トランペット、ピアノ、ベースだけによる2曲目「Why Should There be Stars」はマイルスの黄金クインテット(「Miles Davis in Concert / My Funny Valentine(64年)」あたり)と聴き間違うほどにそっくりなプレイを、ルーニーだけではなくウィリアムスIIとポール・クファリ(?)もしているのだからなんともたまらない。また3曲目でホワイトの「Wolfbane」をやっているのも嬉しいし、リーブマンの「New Breed」(「Elvin Jones / Live At The Lighthouse(72年)」収録)や、はたまたTOTOの「Don't Stop Me Now」までマイルス絡みで取り上げているのだから狂喜してしまう。当然ながら元演奏と比較しても聴き劣りするようなことは全くなく、以降のウィリアムスIIとモデステのオリジナルのオリジナルも含めて黄金クインテット臭を撒き散らしながら、終始いい感じで楽しませてくれる。アドリブの出番はないけれど、曲により参加しているクウィンティン・ゾト(?)のギターもサウンド上のいいアクセントとなっている。
ルーニーの盟友のホワイトを除いては青田買い的なメンバーではあるけれど、各人とも素晴らしいテクニックと音楽性で聴かせてくれるし、Blue Note時代のヴァン・ゲルダー的な匂いを感じさせる録音も、各楽器の音質、バランス共に良好で、本作は買って大正解。ここまで良いとなると今後の成長も楽しみだ。

評価☆☆☆☆ (☆最悪!、☆☆悪い、☆☆☆普通、☆☆☆☆良い、☆☆☆☆☆最高!)


Blue Dawn - Blue Nights
Wallace Roney
Highnote
2019-08-30

  

--EDIT--

Enrico Pieranunzi Trio / New Visions

Enrico Pieranunzi (P)
Thomas Fonnesbæk (B)
Ulysses Owens Jr. (Ds)

Recorded March 10, 2019 at The Village Recording, Copenhagen
Produced by Enrico Pieranunzi and Thomas Fonnesbæk
Executive producer: Christian Brorsen
Mastering: David Elberling
Recorded and Mixed by Thomas Vang
Design: FinnNygaard.com
Photos: Gorm Valentin
Liner notes: Christian Brorsen
Thanslation: Steve Schein
Financial support: MPO & Kjeld Büllow
(Storyville 1018483)

1. Free Visions 1 (Pieranunzi-Fonnesbæk-Owens Jr.) 3:25
2. Night Waltz (Enrico Pieranunzi) 3:20
3. Anne Blomster Sang (Enrico Pieranunzi) 6:47
4. You Know (Enrico Pieranunzi) 6:35
5. Free Visions 2 (Pieranunzi-Fonnesbæk-Owens Jr.) 2:03
6. Free Visions 3 (Pieranunzi-Fonnesbæk-Owens Jr.) 4:06
7. Alt Kan ske (more Valentines) (Pieranunzi-Fonnesbæk-Owens Jr.) 6:46
8. Free Visions 4 (Pieranunzi-Fonnesbæk-Owens Jr.) 4:08
9. Brown Fields (Thomas Fonnesbæk) 5:07
10. Dreams and the morning (Enrico Pieranunzi) 4:13
11. One for Ulysses  (Enrico Pieranunzi) 4:40
12. Orphanes (Thomas Fonnesbæk) 5:10

エンリコ・ピエラヌンツィの近年のピアノトリオ作品としては、スコット・コリー、アントニオ・サンチェスとの「Enrico Pieranunzi / Permutation(12年、別頁あり)」「Enrico Pieranunzi with Scott Colley, Antonio Sanchez / Stories(14年、別頁あり)」が最高に気に入っているのだが、メンバーを一新しての本作もドラムがお気に入りのユリシス・オウエンスJrなのだからそそられる。デンマーク人ベーシストのトーマス・フォネスベックは、クリスチャン・サンズ(オウエンスJrと同じくクリスチャン・マクブライドの秘蔵っ子だった)の「Sands, Fonnesbaek, Riel / Take One(15年、別頁あり)」に参加していた人。他にも「Thomas Clausen/Back to Basics(07年、別頁あり)」で聴いたことがあるけれど、本作はデンマークのStoryvilleレーベルからのリリースだし、録音場所もコペンハーゲンなので、実質的なリーダーはフォネスベックだったのかもしれない。実際の演奏も、1曲目の「Free Visions 1」ではチョッパー風に弾く奏法が素敵だし、以降の曲にもソロの場面が多く用意されていて実にいい塩梅。いかにも北欧らしいテクニカルなベースがピエラヌンツィの音楽性にもよくマッチしていている。ピエラヌンツィ提供のオリジナルは大人し目の曲が多いので、オウエンスJrはいつものように溌剌としたドラミングというわけにはいかないのだが、2人と調和を取りながらの繊細なプレイが聴きものだし、曲中でダイナミックに盛り上がる展開や威勢のいい曲もバランスよく配されているので、叩き足りなく感じることは全くなし。当然ながらピエラヌンツィのいい意味でそつのない上手さも冴え渡っていて、トリオとしてだけではなく、個々のプレイに耳を傾けてもいい感じで楽しませてくれる。「Free Visions」と題した4曲では様々なアプローチの半即興演奏が堪能できるし(中でも8曲目「Free Visions 4」は非常にスリリング)、「My Funny Valentine」のコード進行を引用した(と思われる)7曲目「Alt Kan ske (more Valentines) 」では元曲のイメージをガラリと変えてアップテンポの4ビートでやっているのが私好みだし、曲調的には浮いているものの、マクブライドのトリオを意識した(と思われる)スウィンギーな11曲目「One for Ulysses」にもニヤリとさせられる。
コリー、サンチェスとのトリオとはまた一味違った演奏が楽しめるし、録音も特にピアノとベースがハッとするほど良い音(音楽的にもオーディオ的にも)で録れているので、評点が甘い気もするけれど、本作はオマケして5つ星にしておこう。

評価☆☆☆☆☆ (☆最悪!、☆☆悪い、☆☆☆普通、☆☆☆☆良い、☆☆☆☆☆最高!)


New Visions
Pieranunzi
Storyville Records
2019-08-16

  

--EDIT--

Eliane Elias / Love Stories

Eliane Elias (Vo, P)
Marc Johnson (B)
Mark Kibble (Background-Vo)2
Marcus Teixeira (G)1, 2, 3, 6, 9
Daniel Santiago (G)2
Roberto Menescal (G)8
Edu Ribeiro (Ds)1, 2, 3, 9
Rafael Barata (Ds)5, 8
Paulo Braga (Ds)4
Celso de Almeida (Ds)6

Produced by Eliane Elias, Marc Johnson and Steve Rodby
Recorded by Rodrigo De Castro Lopes
Recorded at Dissenso Estudion São Paulo, Brasil
Additional recording by Steve Rodby, Dave Stoller, Chris Allen, Joe Ferla and Tucker Hill
Additional recording at Samurai Hotel Studios, Montauk Studio and Sear Soud, NY
Assistants: Gabriel Teixeira, Yuri Mello and Justin Berger
Orchestra recorded at Abbey Road Studios, London, UK
Recorded by Jonathan Allen
Orchestra Contractor: Isobel Griffiths
Mixed by Pete Karam
Mastered by Paul Blakemore at GMG Mastering
A&R: Chris Dunn
A&R Operations: Mary Hogan
Photographs by Bob Wolfenson
Design by Carrie Smith
(Concord Jazz 00888072104594)

1. A Man and a Woman (Music by Fransis Lai, Lyrics by Pierre Barouh and Jerry Keller) 3:15
2. Baby Come to Me (Music and Lyrics by Rod Temperton) 5:02
3. Bonita (Music by Antônio Carlos Jobim, Lyrics by Gene Lees and Ray Giobert) 5:52
4. Angel Eyes (Music by Matt Dennis, Lyrics by Earl K. Brent) 5:25
5. Come Fly With Me (Music by Jimmy Van Heusen, Lyrics by Sammy Cahn) 5:52
6. The Simplest Things (Music by Eliane Elias, Lyrics by Eliane Elias and Marc Johnson) 3:59
7. Silence (Music by Eliane Elias, Lyrics by Eliane Elias and Marc Johnson) 4:04
8. Little Boat (Music by Roberto Menescal, Lyrics by Ronaldo Bôscoli) 5:48
9. The View (Music by Eliane Elias, Lyrics by Eliane Elias and Marc Johnson) 4:17
All songs arranged by Eliane Elias
Orchestra arranged and conducted by Rob Mathes

ボサノヴァ系なので夏に聴きたかったのに、注文の抱き合わせの関係で入荷が今頃になってしまったイリアーヌの新譜。旦那のマーク・ジョンソン以外は「Eliane Elias / Dance of Time(17年、別頁あり)」と同様に本場ブラジル(と思われる)のミュージシャンと共演しているだけあって、本作もまた実にいい塩梅。今回はストリングスや曲によってのバックコーラスも加わり、これまで以上に甘口でムーディーな仕上がりとなっているのだが、1曲目から誰でも知っている「男と女」を最高の雰囲気で聴かせてくれるのだからなんともたまらない。ヴォーカルアルバムなのでピアノの出番は多くないけれど、イリアーヌの非常に耳当たりのいい声質が、ヴォーカルものはほとんど聴かないとはいえ私の好みにバッチリ嵌っているので、そんなこともどうでもよくなる。ただしゆったり目のテンポの曲が続いているので、途中で眠気を催してくるけどね。できればサンバ系の速めの曲も用意するなりしてメリハリをつけた曲配列にして欲しかったのだが、今回はボサノヴァ特有の「気だるさ」や「心地よさ」を前面に打ち出したかったのだと思うし、ピアノでテンションの高い(カクテル的ではないの意)アドリブを取っている曲も中にはあり、それがいい曲中でのアクセントとなっているので、これでよしとしよう。中盤からはイリアーヌの曲が続いているけれど、既成曲と比べても遜色のないフィーリングで楽しませてくれる。
ストリングス入りのボサノヴァアルバムとしては超一級だし(トータル43分という長さもちょうどいい)、録音も各楽器の音質、バランス共に上々なのだが、私がイリアーヌに望んでいるのはヴォーカルではなくピアノで勝負を賭けた演奏なので、ここは4星に抑えておくとしよう。どれだけ好きであったとしても、流石に似たような感じの作品が何枚も続くと飽きてくる。

評価☆☆☆☆ (☆最悪!、☆☆悪い、☆☆☆普通、☆☆☆☆良い、☆☆☆☆☆最高!)

Love Stories
Eliane Elias
Concord
2019-08-30


  

--EDIT--

Bill O'Connell / Wind Off The Hudson

Bill O'Connell (P, Composer, Arranger)
Andrea Brachfeld (Fl tracks 1, 3, 5, 7-10, Alto-Fl track 4)
Craig Handy (As tracks 1-3, 6, 7, 9 &10, Ss track 8)
Ralph Bowen (Ts)
Gary Smulyan (Bs)
Alex Sipiagin (Tp, Flh track 4)
Conrad Herwig (Tb)
Lincoln Goines (El-B)
Robby Ameen (Ds)
Roman Diaz (Congas except track 4)

Produced by Bill O'Connell
Executive Producer: Barney Fields
Engineered & mixed by Chris Sulit
Recorded at Trading 8's Music, Paramus, NJ on April 11, 2019
Mastered by David Darlington, Bass Hit Studios, New York, NY
Phtography by Gulnara Khamatova
Design by Irem Ela Yildizeli
Bill O'Connell is a Steinway Artist
(Savant Records SCD 2179)

1. Wind Off the Hudson (B. O'Connell) 5:12
2. Gospel 6 (B. O'Connell) 7:57
3. Jerry's Blues (B. O'Connell) 6:54
4. I Don't Have the Answer (B. O'Connell) 5:40
5. Oye Como Va (T. Puente) 5:46
6. Perdido (J. Tizol) 5:42
7. Got Cha (B. O'Connell) 5:35
8. Transition (J. Coltrane) 5:42 
9. C Jam Blues (D. Ellington) 5:47
10. Discombobulation (B. O'Connell) 6:57
All arrangements by Bill O'Connell

前作「Bill O'Connell / Jazz Latin(18年、別頁あり)」が最高に良かったビル・オコンネルだけど、新たにラルフ・ボーエン、ゲイリー・スマリアン、アレックス・シピアギンが加わった本作もまた実にいい塩梅。やっていることはこれまでと変わらないラテンジャズではあるけれど、今回は全編に渡ってのビッグバンド仕立てのアンサンブルがダイナミックでカッコいいし、オコンネルは当然として、フロント陣もリンカーン・ゴーインズ、ロビー・アミーン、ロマン・ディアスのリズム隊が繰り出す強靭なグルーブに乗っかりながら、曲調にバッチリ嵌ったプレイで聴かせてくれるのだからなんともたまらない。特にフルートのアンドレア・ブラッチフェルドと、ランディ・ブレッカーに代わって参加のシピアギンの活躍ぶりがよく目立っているね。アンサンブル的にはスマリアンのバリトンが効果的。楽曲としてはサンタナでお馴染みの「Oye Como Va」をやっているのが嬉しいし、「Perdido」「Transition」「C Jam Blues」も斬新なラテン・アレンジで楽しませてくれる。もちろんオリジナル曲もどれもが優秀で、終始ノリノリで聴いていたらトータル61分があっという間に終わってしまった。
ラージコンボとしての理想的なラテンジャズ演奏が堪能できるし、録音も各楽器が素直な音で録れていて好感が持てるのだが(バランスも上々)、これだけのメンバーが揃っていてもイマイチ新鮮味に欠けるのは残念なところ。でも前作よりも良く感じる部分は多々あるので、これはオマケして5つ星にしておこう。ミシェル・カミロ(「Michel Camilo / Essence(19年)」等別頁あり)とはまた一味違った純ジャズ寄りのアプローチは、オコンネルならではのオリジナリティに溢れている。

評価☆☆☆☆☆ (☆最悪!、☆☆悪い、☆☆☆普通、☆☆☆☆良い、☆☆☆☆☆最高!)


Wind Off the Hudson
Bill O'Connell
Savant
2019-08-16

  

--EDIT--

Laurent Coulondre / Mishel On My Mind

Laurent Coulondre (P, Or)
Jeremy Bruyère (El-B, Ac-B)
André Ceccarelli (Ds)

Producer: New World Production
Production & arrangements: Laurent Coulondre
Recorded by Amaud Kalmes and assisted by Loïc Colin at Studio Besco (Tilly)
Mixed by Amaud Kalmes (Paris)
Mastered by Nate Wood at Studio Kerseboom (New York)
Photos && design: Marc Ribes
André Ceccarelli plays Yamaha drums, Zildjian cymbals, Vic Firth sticks & Remo Drumheads
(New World Production LCPETRU20Y)

1. Memories of Paris 3:04
2. Brazilian Like 4:51
3. She Did It Again 2:45
4. Michel on My Mind 4:25
5. Les Grelots 4:02
6. Looking Up 4:30
7. Bite 4:01
8. Guadeloupe 3:55
9. Rachid 3:26
10. Colors 5:15
11. Little Peace in C 3:04
12. Hidden Joy 1:24
13. September Second 3:46
14. Choriniño 4:45
All tracks composed by Michel Petrucciani
and arranged by Laurent Coulondre
except track 5 by Eddy Louiss
tracks 4 & 14 by Laurent Coulondre

アンドレ・チェッカレリ買い。リーダーのピアニスト、ローラン・クーロンドル(本人のサイトあり)とベースのジェレミー・ブリュイエールは知らない人なのだが、ミシェル・ペトルチアーニのトリビュート作品となれば聴かないわけにはいかないだろう。その演奏はペトルチアーニ的な雰囲気を随所に漂わせながらも、クーロンドルなりのオリジナリティが感じられて(当然ながらピアノのタッチも異なる)、実にいい塩梅。曲によりアコピと共に用いて(オーバーダブかな?)いるオルガンもいいアクセントとなっているし、3曲目「She Did It Again」の途中での「Take the A train」の部分も、ペトルチアーニの演奏を再現しつつオスカー・ピーターソン的でもあったりして、思わずニヤリとする。リリカルな曲調でのプレイにはフランスらしい気品が感じられるし、ラテンタッチな曲では思いっきりリズミカルに弾いていたりして、いろんな引き出しを持っているのが素敵だね。そんなクーロンドルのプレイが曲によってはエレべも弾いているブリュイエールや、チェッカレリのセンスのいいドラミングともよくマッチ。ペトルチアーニの演奏で大好きな「Estate」はやっていないけど、その代わりに6曲目で同じく大好きな「Looking Up」を取り上げていて、それがまた中盤からは7/8拍子にもなっていたりするのだから(続く7曲目「Bite」も7/8拍子)、変拍子好きとしてはたまらない。アンソニー・ジャクソン、スティーヴ・ガッドとの共演盤「ライブ・アット・ブルーノート東京(99年)」の中から「Colors」「Little Peace in C」「September Second」を、また同じ時期に映像作品でリリースされた「ライブ・イン・コンサート」(レーザーディスクで所有)の中からも「Brazilian Like」「Guadeloupe」を取り上げているのが、当時はガッドへの興味を失っていたのでそんなに繰り返し観たり聴いたりしたわけではないけれど、選曲的には好感が持てる。アルバムを通して各人のいい意味でそつのない上手さを堪能できると同時に、トリオとしても調和の取れた演奏で聴かせてくれるし、チェカレリが休んでいる曲や場面があるのもアルバムを通して一本調子には感じさせない要因となっていて、どの曲も「いいなぁ」と思いながら聴いていたら、トータル53分があっという間に終わってしまった。収録曲が14曲と多いわりには各曲とも美味しいエキスが濃縮されているので、1曲1曲が短く感じることはない。
ペトルチアーニ・トリビュートに相応しい演奏が楽しめるし、録音も各楽器の音質、バランス共に良好で、本作は買って正解だった。

評価☆☆☆☆ (☆最悪!、☆☆悪い、☆☆☆普通、☆☆☆☆良い、☆☆☆☆☆最高!)


Laurent Coulondre
New World Production
2019-07-04

  

--EDIT--

↑このページのトップヘ

google-site-verification: google878c7206ee6d4f7b.html