Jazz & Drummer

ジャズ・フュージョンの新譜や好きなドラマーのことなど音楽98%、感じたままに書いている個人ブログです。

カテゴリ: Jazz / FusionのCD

Sherman Irby & Momentum / Cerulean Canvas

Sherman Irby (As)
Vincent Gardner (Tb)1, 2, 7, 9
Eric Read (P)
Gerald Cannon (B)
Willie Jones III (Ds)
Special Guest: Wynton Marsalis (Tp)8, 10, Elliot Mason (Tb)3, 4, 5
Rec. April 11-12, 2017, NY
(Black Warrior Records BW1006)

「Willie Jones III / Vol. 1...Straight Swingin'(01年)」「Ryan Kisor/Conseption - Cool and Hot(08年、別頁あり)」「Ryan Kisor Quintet/Live at Smalls(10年、別頁あり)」や、ボス的存在であるウィントン・マルサリス率いる「Jazz at Lincoln Center Orchestra with Wynton Marsalis feat. Paco De Lusia/Vitoria Suite(10年、別頁あり)」に参加していたシャーマン・アービーのリーダー作を聴くのはこれが初めて。本人のサイトを見ると他にも7枚のリーダー作がリリース(うち2枚はBlue Noteから)されているけれど、名前さえ忘れかけていたところに本作が良かったとコメントをくださった方がいたので、バックのメンバーがいいこともあって興味津々買ってみた。

アービー曲が6曲(かな?)と、ヴィンセント・ガードナー曲が1曲、マルグリュー・ミラーの「From Day to Day」、ウェイン・ショーターの「Contemplation」、スタンダードの「Sweet Georgia Brown」で全10曲。
ハードバピッシュなものに、曲によってはコルトレーン的なモーダルさを加味しながらのストレート・アヘッドな演奏だけど、伝統を踏まえながらも決してオーソドックスなだけではない楽曲自体がよく出来ていることもあって好感が持てる。アービーのアルトは、キャノンボール・アダレイやヴィンセント・ハーリングあたりとも共通する芯の太さや力強さの中に優しさも兼ね備えているとでもいえば分かりやすいかな。楽器が朗々となっている様が気持ちいいし、情感豊かなフレージングで聴かせてくれるのだが、もう一人のフロントであるヴィンセント・ガードナーもそれには負けじと吹いていながらも、テーマのアンサンブルでは息がピタリと合ったコンビネーションを見せつけるのだから、さすがにJLCOでも一緒にやっているだけのことはあるね。この2人だけでも十分に楽しめるというのに、エリック・リードがこれまた自分のリーダー作よりもいいのではと思うほどのフレッシュなプレイをしているし、ソロを取っている場面もけっこう多いジェラルド・キャノンの存在感のあるベースや、この手の演奏にはもってこいのウイリー・ジョーンズIIIのドラミングも冴えわたっているおかげで、どの曲をとってもノリノリで楽しことができる。5曲にはウィントンやエリオット・メイソンがゲスト参加で手抜きなしのプレイをしているので尚更だけど、トータルで76分はいくらなんでも長いかも。一本調子の演奏ではないので、聴いてて飽きてくることはないにしても、2曲ぐらいカットした方がスッキリと纏まってよかったのではと思う。
純粋な4ビートジャズのアルバムとして、本作はかなりの高ポイント。演奏が良いだけではなく、録音(エンジニアはVenus盤でお馴染みだったキャサリン・ミラー)も温かみのある各楽器の音色、バランス共に上々だ。

評価☆☆☆☆ (☆最悪!、☆☆悪い、☆☆☆普通、☆☆☆☆良い、☆☆☆☆☆最高!)

Cerulean Canvas
Sherman Irby & Momentum
Black Warrior Rec.
2017-10-20


  

--EDIT--

Bob McChesney / Chez Sez

Bob McChesney (Tb)
Larry Goldings (P, B3)
Darek Oles (B)
Bill Stewart (Ds)
Bob Mintzer (Ts)1, 5, 8, 9, 10
Rec. 2014?, CA

ボブ・マッチェスニーは全然知らないトロンボニストだし、リリース年も2015年と少々古いけど、バックにはラリー・ゴールディングス、ダレク・オレス、ビル・スチュワート、ボブ・ミンツァーのそうそうたるメンバーが揃っているのだから、本作を買わないわけにはいかないだろう。マッチェスニーの経歴等は本人のサイトがあるので後で目を通すとして、自ブログで検索したら「Patrick Williams The Big Band / Aurora(11年)」「Donald Vega / Spiritual Nature(12年)」「Bob Mintzer / All L.A. Band(16年)」(各別頁あり)に参加しているのが見つかった。

マッチェスニー曲が3曲、ゴールディングスとの共作が2曲、ゴールディングス曲が1曲、ナット・アダレイの「Naturally」、ジェローム・カーンの「Yesterdays」、デイヴ・ブルーベックの「In Your Own Sweet Way」、アクセル・ストーダールの「I Should Care」、コール・ポーターの「Love For Sale」で全11曲。
1曲目「You May Have It Wrong」(マッチェスニー曲)はアップテンポの4ビート。マッチェスニーとミンツァーのビシッと決まっているテーマ・ユニゾンからして既にカッコいいのだが、アドリブに入ってからもマッチェスニーはスライド・トロンボーンとは思えないような速いパッセージを正確な音程とタンギングで吹いているのだから、これはかなりのテクニシャンだね。またミンツァーがこういう純ジャズをやっているのも近年では聴いた記憶がないだけに、もうそれだけでも嬉しくなってしまう。2人がこれだけいい感じで吹けているのは、おそらくピーター・アースキンあたりとはタイプが異なるビルスチュのおかげだと思うけど、後半にはそんなに長くはないけれどドラムソロも用意されていて、この1曲で早くも買ってよかったという気分にさせてくれる。それと比べると続く2曲目「Naturally」ではごく普通のジャズをやっているし、ゴールディングスがハモンドを弾いている3曲目「The Preakness」(マッチェスニーとゴールディングスの共作)もよくあるタイプのファンキーな感じの8ビートではあるけれど、それでいながらノリノリにさせてくれるのは、各人のプレイが魅力的なのに他ならない。バンドとしても西海岸と東海岸の特性的なものが上手くミックスされていて実にいいね。知っている既成曲が多く収録されているし、演奏的にも分かりやすいので、これは特にアマチュアのトロンボニストの良いお手本になりそう。普段はもっと難しいコンテンポラリーなジャズを好んで聴いている私も、基本はこういうオーソドックスな演奏なのでホッとした気分を味わえるのだが、それでいながら1曲目と同様アップテンポの5曲目「Chez Sez」や8曲目「This Thing」(どちらもマッチェスニー曲)では気持ちをピリリと引き締めてくる匙加減が何ともたまらない。
ということで本作は買って大正解。お目当てだったビルスチュが多くの曲でドラムソロを取っているのも嬉しい誤算だし、アコピのときのゴールディングスのアドリブもやけによく感じる。録音(エンジニアはMichael Aarvold)も各楽器がバランスよく録れていて、その温かみのある音質共々上々だね。

評価☆☆☆☆ (☆最悪!、☆☆悪い、☆☆☆普通、☆☆☆☆良い、☆☆☆☆☆最高!)

Chez Sez
Bob Mcchesney
Moco Records
2015-06-09


  

--EDIT--

Brian Blade & The Fellowship Band / Body and Shadow

Brian Blade (Ds)
Jon Cowherd (P, Harmonium, Mellotron)
Chris Thomas (B)
Melvin Butler (Ts)
Myron Walden (As, B-Cl)
Dave Denine (G)
Rec. 2017?, Providence, RI
(Blue Note Records 00602557921717)

ブライアン・ブレイドのフェロウシップ・バンド名義のアルバムは、「Brian Blade Fellowship(98年)」「Perceptual(00年)」「Brian Blade & The Fellowship Band/Season of Changes(08年、別頁あり)」「Brian Blade & The Fellowship Band / Landmarks(14年、別頁あり)」に次いで、本作で5枚目ということになるのかな。メンバー固定でやっているバンドだけど、ギタリストだけは定着しないようで、今回は初聴きのデイヴ・デニーン(?)という人に代わっているのが興味深いところ。その辺で音楽的な変化があるのかないのか、これまでのフェロウシップ・バンドは比較的大人しい演奏のイメージだったので(それがこのバンドのカッコよさではあるのだが)、私好みのもっとガツンとくる曲が増えていることに期待している。

ブレイド曲が4曲、ジョン・カワード曲が3曲、George C. Stebbinsの「Have Thine Own Way, Lord」のソロとバンド演奏が各1曲で全9曲。
まずは初聴きのデニーンだけど、ビルフリとマイク・モレノあたりを足して二で割ったような感じとでも分かりやすいかな。エフェクティブなギタートーンがなかなかいい感じではあるのだが、それにマッチした感じのゆったりめの曲調が続いているのは私好みとは言い難い。3曲目「Traveling Mercies」(カワード曲)の中盤なんかはダイナミックに盛り上がっているにしても、全体的にトータルサウンド重視の演奏となっていて、中には1分ちょっとの短い曲もあったりするので、楽曲ではなく各人の素敵なプレイを存分に堪能したい身としては肩透かしを食らってしまう。7曲目「Duality」(カワード曲)でようやく望んでいるような演奏が登場するけれど、これまで以上に穏やかな演奏が増えているのにはがっかり。楽曲自体も以前のフェロウシップや誰かのアルバムで聴いたことがあるような感じの、新鮮味のないものが多いしね。ブレイドがやりたくてやったものにとやかく言っても始まらないけれど、本当に良いと思う曲は7曲目の他には9曲目「Broken Leg Day」(カワード曲)しかないのだから、やっぱりこのバンドは私には合わないということになる。LPでもリリースするからといって、トータルで約32分というのも、いくらなんでも短すぎ。きっと次の曲が私好みのやつなのではと思いながら聴いていたら、あっけなく終わってしまった。
ということで本作は期待外れ。ブレイドはフェロウシップ・バンドでは総じて控えめなプレイをしているけれど、楽曲的なこともあって今回はこれまで以上に大人しい感があるので、聴き終わった後には欲求不満に陥ってしまった。それは他のメンバーにもいえることだけど、録音(エンジニアはブリアンWebb、Jeff Prystowsky)に関しては、この手のコンテンポラリー・ジャズの平均的な音で録れているし、やっている音楽にもよくマッチしていると思う。

評価☆☆☆ (☆最悪!、☆☆悪い、☆☆☆普通、☆☆☆☆良い、☆☆☆☆☆最高!)


Body & Shadow
Brian Blade
Blue Note Records
2017-11-10

  

--EDIT--

Antonio Sanchez / Bad Hombre

Antonio Sanchez (Ds, Key, Electronics, Voice)
Rec. October 20-21, 2016, NY
(Cam Jazz CAMJ7919)

ソロドラム系のアルバムを買うのはマックス・ローチの「Max Roach / Drums Unlimited(66年)」(限りなきドラム)や、「森山威男パーカッション・アンサンブル(76年?)」以来ということになるのかな。どれだけドラム好きであっても、ソロ作品にはなかなか手を出せないでいる。なのでアントニオ・サンチェスのサントラ盤「Antonio Sanchez / Birdman(15年)」も買わず仕舞いだったのだが、本作はCam Jazzからのリリースだし、サンチェスのFacebookを見ているとある人に対する怒りを表現しているような感じなので(それだけではないと思うけど)、興味津々買ってみた。

全10曲がサンチェスのオリジナル。
ドラムスの他にオーバーダブでキーボード等も入っているので(打ち込みを先に録音しているような感じ)、ソロドラムという印象はそんなには受けないのだが、そんな中でのロック調のビートを刻みながらのドラミングにはサンチェスの技がふんだんに盛り込まれていて、ドラム好きにとってはたまらないものがある。逆に言うと、そんなにドラムに興味がない人にとっては、全部の曲が終わるまでは苦痛の時間となってしまいそうだけど、そんなこともお構いなしにこのような作品を作ったということは、それだけ世の中に対して不満を抱いているからなのだろう。ミュージシャンが不満や怒りを表現する場は音楽しかないのでこんなのもありだとは思うけど、雑念が入ってしまったのか、音楽的に綺麗に纏めようとしている傾向も見受けられるので、どうせやるのなら長尺ドラムソロの曲も取り入れるなりして、もっとガツンとやって欲しかった。その方がサンチェスらしくていいと思うのだが、同じくソロアルバムを作っているマーク・ジュリアナのことも意識してしまったようで、結果的には中途半端に終わってしまったような印象を受けるのが残念。でも本人にしてみれば本作をレコーディングしたことによって日頃のうっぷんはだいぶ晴らせたと思うので、これでよしとしておこう。楽曲的には本格的なソロ仕立て(バックにシンセの持続音が流れてはいるけれど)となっている6曲目「Momentum」が大いに気に入った。ある意味テリー・ボジオのソロ演奏にも通じるストーリー性が感じられるソロの構築が実にカッコいいね。それと完全ドラムソロ(シンセの効果音や、後半にはヴォイスも入っているが)の10曲目「Amtisocial」も唯一の4ビート演奏で、そのドラミングの凄まじさを見せつけてくれる。
以前よりは参加アルバムが減っている感のあるサンチェスだけど、他の人が叩いているアルバムの中には、「これでドラムがサンチェスだったらもっと良かっただろうなぁ」と思うのがいっぱいあるので、これまでのようにジャズのトップドラマーとして精力的に活動することを願っている。その転機となるであろう本作は演奏のみならず、録音(エンジニアはサンチェス本人)もまたドラムスという楽器の魅力を十分に捉えていて上々。何曲目だかでスネアをパンポット(もしくは数台のスネアを用いながらの人力音移動)させているあたりも、「Billy Cobham/Crosswinds(74年、別頁あり)」でのコブハムのジェットマシーンを用いながらのソロを源流とするような、いかにもドラマーらしい発想でニヤリとしてしまう。

評価☆☆☆☆ (☆最悪!、☆☆悪い、☆☆☆普通、☆☆☆☆良い、☆☆☆☆☆最高!)


Bad Hombre
Antonio Sanchez
Imports
2017-11-24

  

--EDIT--

Junko Onishi Trio / Glamorous Life

Junko Onishi (P)
Yosuke Inoue (B)
Shinnosuke Takahashi (Ds)
Rec. September 4-5, 2017, Tokyo
(Somethin'Cool-disk Union SCOL1025)

大西順子のアルバムを買うのは「Junko Onishi/Baroque(10年、別頁あり)」以来。その間にも「Junko Onishi / Tea Times(16年)」というのがリリースされているし、本作と同時にバラッド・アルバム「Junko Onishi / Very Special(17年)」もリリースされているのだが、この2枚は私には合わなさそうなのでパスしている。大西のピアノはトリオでこそ威力を発揮すると思っているのだが、実際に生で観た2016年の南郷ジャズフェスでのトリオ(大西、井上陽介、山田玲)も、原大力が参加していたころの初期のトリオや、テリ・リン・キャリントンとの女性だけのトリオと同様に素晴らしかったので、今回はドラムスが高橋信之介に代わっているけれど、本作には期待している。

大西曲が5曲と、Nick Larocca他の「Tiger Rag」、Hasaan Ibn Aliの「Almost Like Me」、ジョー・ザヴィヌルの「Fast City」、David Holmesの「7/29/04 The day Of (from "Ocean's 12")」で全9曲。
昨年の南郷ジャズでもやった曲が入っているのかは記憶が定かでないのだが、1曲目「Essential」では静かな佇まいの曲調となっていて(ピアノの弾き方も女性的)、これまでの大西はいったいどこに行ってしまったんだろうと思っていると、曲途中でいきなりガツンとくるのが意表を突く。曲の持っていき方はひねり過ぎの感はあるものの、こういうのも全然オーケー。2曲目「Golden Boys」はいよいよ本領発揮で、男性的にガンガン弾きまくっているけれど、大西の出方に合わせていながらもプレイ自体に存在感が感じられる井上のベースや、容赦なく攻めている高橋のドラミングとの相乗効果で目茶苦茶カッコいいことになっているし、続く3曲目「A Love Song (a.k.a Kutoubia)」以降も総じていい感じで楽しませてくれる。聴く前はドラムスは山田の方がコンテンポラリー色が強くていいのではと思っていたけれど、高橋もあちこちからお呼びがかかる人だけあって、曲調にバッチリ嵌ったプレイをしているのだから流石だね。5曲目「Tiger Rag」からは他人の曲も登場するけれど、逆に大西色を強めた演奏をしているので、曲調的な違和感を感じることは全くないし、全体的にゆったりめの8ビート調の曲が多いわりには変化に富んでいるので、単調に感じることもなし。8曲目では「Fast City」を4ビートとの複合でやっているけれど、この大好きな曲を原曲以上にアグレッシブに演奏しているのだから嬉しくなってしまう。またラストの「7/29/04 The day Of (from "Ocean's 12")」も、今までになかったほどのロック調で爽快な気分を味わせてくれる。
大西のアルバムを聴くのは久しぶりだけど、やっぱりいいね。これで井上や高橋のソロもふんだんに用意されていれば更によかったと思う。本作は演奏だけではなく、録音(エンジニアはShinya Matsushita)も温かい音色の各楽器がバランスよく録れていて好感が持てる。

評価☆☆☆☆ (☆最悪!、☆☆悪い、☆☆☆普通、☆☆☆☆良い、☆☆☆☆☆最高!)


Glamorous Lifeグラマラス・ライフ
Junko Onishi Trio
DIW/SOMETHIN'COOL
2017-11-15

  

--EDIT--

↑このページのトップヘ

google-site-verification: google878c7206ee6d4f7b.html