Jazz & Drummer

ジャズ・フュージョンの新譜を中心に感じたままに書いている個人ブログです

カテゴリ: ジャズ・フュージョンのCD

John Coltrane / Both Directions at Once: The Lost Album

John Coltrane (Ts, Ss)
McCoy Tyner (P)
Jimmy Garrison (B)
Elvin Jones (Ds)

Recorded by Rudy Van Gelder at Van Gelder Studios, Englewood Cliffs, NJ
Recorded: March 6th, 1963
Mastered by Kevin Reeves at Universal Music
Mastering, New York, NY
Original Recording Produced by Bob Thiele
Both Directions at Once: The Lost Album Produced by Ken Druker and Ravi Coltrane
Executive Producer for UME: Harry Weinger
A&R: Ken Druker
A&R Aciministration: Evelyn Morgan
Production Manager: Eric Neuser
Release Coordination: Julie Johantgen
Package Coordination: Natalie Weber
Legal Clearance for UME: Athena Rapis
Marketing Manager: Oliver Schrage
Creative Direction: Josh Cheuse
Design: Osk Studio
(Impulse 00602567492993)

CD1
1. Unititled Original 11383 (Take 1) (John Coltrane) 5:41
2. Nature Boy (Eden Ahbez) 3:24
3. Untitled Original 11386 (Take 1) (John Coltrane) 8:43
4. Vilia (Take 3) (Franz Lehar) 5:32
5. Impressions (Take 3) (John Coltrane) 4:36
6. Slow Blues (John Coltrane) 11:28
7. One Up, One Down (Take 1) (John Coltrane) 8:01
CD2
1. Vilia (Take 5) (Franz Lehar) 4:37
2. Impressions (Take 1) (John Coltrane) 4:06
3. Impressions (Take 2) (John Coltrane) 4:37
4. Impressions (Take 4) (John Coltrane) 3:40
5. Untitled Original 11386 (Take 2) (John Coltrane) 8:41
6. Untitled Original 11386 (Take 5) (John Coltrane) 8:23
7. One Up, One Down (Take 6) (John Coltrane) 7:17
All Tracks Previously Unreleased, Exept CD2, Track 01, Previously Issued on The Definitive Jazz Scene, Volume 3 and CD Versions of Live at Birdland

7月に入手していたのだが、私にとってのジャズ神であるコルトレーンの最高のカルテット(マッコイ・タイナー、ジミー・ギャリソン、エルヴィン・ジョーンズ)による演奏を生半可な気持ちで聴くことはできないのと、オーディオの音が一年で最も良くなる秋になってからにしようと思っていたら今頃になってしまった。本作の録音は「John Coltrane and Johnny Hartman」の前日とのことで、もうそれだけでも期待に胸が弾むのだが、その音源が海賊盤としてではなく、Impulseから正式リリースというのも嬉しい限り。なので迷わず2枚組の方を購入したけれど、実際の演奏も1曲目「Unititled Original 11383 (Take 1)」から非常にアグレッシブで実にいい塩梅。どうしてこんなに素晴らしい演奏が今まで未発表だったのかが不思議なのだが、コルトレーン・カルテットにしては各人のアドリブが短めだし、同じ曲を何回もやっているので、もしかすると練習を記録的にレコーディングしたのかもしれない。でも姿勢を正して聴いているというのに、どの曲をとっても動いた体が止まらなくなってしまうほどにノリノリにさせてくれるし、大好きな「Impressions」は4テイクも収録されているのだから、そんなことはどうでもよくなってしまうけどね。コルトレーンが曲によりテナーとソプラノを持ち替えて精力的に吹きまくっているのは当然として、土台をガッチリと支えているギャリソンのベースに乗っかりながら、タイナー(休んでいる曲もあり)とジョーンズもいつものことではあるけれど人間味溢れる個性的なプレイをしているのに加えて、最新の技術を駆使してマスタリングしたのか、音に関しても翌日のハートマンとの共演盤とはまた一味違った良い音で録れているものだから(よりインストに特化した感じ。アナログ的な色合いを醸し出したモノラルっぽい録音は、各楽器の音質、バランス共に申し分がない)、これはもう最高としかいいようがない。
なので本作は当然ながらの5つ星。偶然にも今日(9月23日)がコルトレーンの誕生日というのは、聴き終わってから知った。

評価☆☆☆☆☆ (☆最悪!、☆☆悪い、☆☆☆普通、☆☆☆☆良い、☆☆☆☆☆最高!)


Both Directions at Once: The Lost Album Deluxe (2CD)
John Coltrane ジョンコルトレーン
Impulse!
2018-06-28

  

--EDIT--

Mark Soskin / Upper West Side Stories

Mark Soskin (P)
Jay Anderson (B)
Adam Nussbaum (Ds)

Recorded December 2017
Recording: Chris Sulit
Mix & Mastering: Nils Winther
Phots: Nils Winther
Liner Notes: Neil Tesser
Produced by Nils Whinther
(Steeple Chase SCCD 31858)

1. I've Never Been in Love Before (Frank Loesser) 6:55
2. Gloria's Step (Scott LaFaro) 5:35
3. Remember (Steve Swallow) 6:10
4. Ugly Beauty (Thelonious Monk) 8:06
5. UMMG/Upper West Side Stroll (Billy Strayhorn / Mark Soskin) 5:40
6. Pee Wee (Tony Williams) 6:41
7. Un Poco Loco (Bud Powell) 5:10
8. Pensativa (Clare Fischer) 7:28
9. Listening Room (Mark Soskin) 5:49
10. Soiree (Earl Zindars) 4:12
11. Fee-Fi-Fo-Fum (Wayne Shorter) 6:14

マーク・ソスキンのリーダー作を買うのは「Mark Soskin/Man Behind The Curtain(09年、別頁あり)」以来なので9年ぶり。その間にも「Mark Soskin / Hearts And Minds(17年)」というのがリリースされているのだが、そちらの方はドラマーが知らない人(Anthony Pinciotti。自ブログで検索したら「Jeremy Steig Quartet/Flute On The Edge(06年、別頁あり)」に参加しているのが見つかった)なのでパスしている。本作のアダム・ナスバウムも昔は大好きだったけど(特にジョンスコとやっていた初期の頃が最高)、現代は若手の凄腕ドラマーが次々と登場してきて、興味の対象もそちらに移っているので、彼の参加にそそられるといったことはないものの、それでも好きなドラマーに変わりはないし、選曲的にも大好きな「Gloria's Step」「UMMG」「Pee Wee」「Un Poco Loco」をやっているのが嬉しい限り。実際の演奏もオーソドックスなピアノトリオを絵に描いたような感じではあるけれど、それが聴いていての安心感に繋がっているね。今回のソスキンはいつものカラッとしたイメージとは違って、アルバムの中盤まではエヴァンスの影響が感じられるけど、あえて音数を少なくすることによりメロディーやハーモニーが浮き彫りになっているのが素敵だし、それに絡むジェイ・アンダーソンのベースも、抜群のセンスとテクニックで聴かせてくれる。また前半は曲調に合わせてブラシ主体で叩いているナスバウムも、調和の取れたプレイをしていながらも自分の持ち味をきちんと発揮していて好感が持てる。5曲目「UMMG/Upper West Side Stroll」でのドラムソロは走り気味だけど、そういうのもナスバウムらしくて微笑ましいし、ラテンタッチの7曲目「Un Poco Loco」での半テンを交えながらのドラミングも、アイデアとしては単純ながらも曲調にはよくマッチ。トータルの演奏時間が68分はちょっと長いけど、どの曲も「いいぞ、いいぞ」と思いながら聴いていたらあっという間に終わってしまった。
ソスキンもナスバウムも年を取って丸くなったのか、昔と違って穏やかな印象を受けるけど、こういうのも悪くないね。本作は録音も平面的(Steeple Chase盤の欠点)ではあるものの、各楽器の質感とバランスは良好だ。

評価☆☆☆☆ (☆最悪!、☆☆悪い、☆☆☆普通、☆☆☆☆良い、☆☆☆☆☆最高!)

Upper West Side Stories
Mark Soskin
Steeple Chase
2018-06-01


  

--EDIT--

JD Allen / Love Stone

JD Allen (Ts)
Liberty Ellman (G)
Gregg August (B)
Rudy Royston (Ds)

Produced by JD Allen
Executive Producer: Barney Fields
Recorded at Systems Two Recording Studio, Brooklyn, NY on Jannuary 9, 2018
Engineer: Mike Marciano
Assistant Engineer: Andrew Cavaciuti
Mastered by Mike Marciano
(Savant SCD 2169)

1. Stranger in Paradise (G. Forrest-R. Wright) 6:06
2. Until the Real Thing Comes Along (S. Cahn-S. Chaplin-L. E. Freeman-A. Nichols-M. Holiner) 5:05
3. Why was I Born (J. Kern-O. Hammerstein II) 5:26
4. You're My Thrill (B. Lane-N. Washington) 5:07
5. Come All Ye Fair and Thender Ladies (Public Domain) 4:35
6. Put On a Happy Face (L. Adams-C. Strouse) 4:58
7. Prisoner of Love (R. Columbo-C. Gaskill-L. Robin) 4:39
8. Somedy (You'll Want Me to Want You) (J. Hodges) 3:58
9. Gone with the Wind (H. Magidson-A. Wrubel)4:55

前作「JD Allen / Radio Flyer(17年、別頁あり)」から1年後のレコーディングだけど、本作にもギターのリバティ・エルマンが参加しているということは、DJアレンはグレッグ・オーガストとルディ・ロイストンに加えて、エルマンのこともよほど気に入っているのだろう。今回はバラード集なので、いつものようなガツンとくる演奏は堪能できないけれど、それでも1曲目から大好きな「Stranger in Paradise」(ボロディンの「ダッタン人の踊り」と同曲)をやっているのは嬉しい限り。この曲はピーター・バーンスタインも Venus盤の「Peter Bernstein+3 / Stranger In Paradise(04年)」でやっているけれど、それとはまた一味違ったコルトレーン・ライクな演奏が楽しめるし、続く2曲目「Until the Real Thing Comes Along」以降も、「John Coltrane Quarter / Ballads(62年)」にロリンズ的なものを加味しているのが、曲調にもよくマッチしていていい塩梅。流石にこのメンバーだけあって、必要以上に演奏が大人しくなっていないのもグッドだね。知らない曲を多く取り上げていることもあり、聴いてて退屈するようなことは全くないのだが、スポットの当たっている比率がアレン8割、エルマン2割といった感じで、オーガストとロイストンはバッキングに徹しているだけなので、こういう曲調でドラムソロはやりようがないとしても、演奏の切り口を変えて、ベースを大きくフィーチャーした曲なんかも1~2曲ぐらいはあってもよかったのではと思う。それとテーマを吹いただけであっさり終わってしまうような短い曲が入っているのも物足りなさを感じる点。トータルでも45分しかやっていないので、メンバーの特性を活かすためにも、できればもっと1曲1曲を長くして、じっくりと聴かせて欲しかった。
好んでは聴かないバラード集ではあるけれど、それでも想像していたのよりもいい感じの演奏が楽しめるし、エンジニアがマイク・マルシアーノだけあって録音も各楽器に温かみがあって、これは買って正解だった。本元のコルトレーンの「Ballads」もそうだけど、アルコールでも飲みながらリラックスして聴くには打ってつけの1枚。内ジャケには全曲の歌詞が書かれているので、英語が解る人はそれを読みながら聴けば演奏に対する理解も深まるのではと思う。

評価☆☆☆☆ (☆最悪!、☆☆悪い、☆☆☆普通、☆☆☆☆良い、☆☆☆☆☆最高!)

LOVE STONE
JD ALLEN
SAVAT
2018-06-15


  

--EDIT--

Black Art Jazz Collective / Armor of Pride

Wayne Escoffery (Ts)
Jeremy Pelt (Tp)
James Burton III (Tb)
Xavier Davis (P)
Vicente Archer (B)
Johnathan Blake (Ds)

Produced by Jeremy Pelt and Wayne Escoffery
Recorded at Systems Two Recording Studio, Brooklyn, NY on February 11 & 12, 2018
Engineered by Max Ross
Mixed and mastered by Katsuhiko Naito
Photography by Chris Martinez
Grapic design by Christopher Drukker
(HighNote Recording HCD7313)

1. Miller Time (J. Blake) 7:25
2. Armor of Pride (W. Escoffery) 6:52
3. Awuraa Amma (J. Pelt) 6:47
4. The Spin Doctor (J. Burton) 4:56
5. And There She Was, Lovely As Ever (J. Pelt) 3:16
6. Pretty (J. Pelt) 5:19
7. When Will We Learn (X. Davis) 5:18
8. Black Art (W. Escoffery) 5:26

Black Art Jazz Collectiveという、オール黒人メンバーによる2枚目だけど、1枚目「Black Art Jazz Collective / Presented By The Side Door Jazz Club(16年)」はリリースされていたことに気づかず買い逃し。なので本作には期待に胸が膨らむのだが、実際の演奏も人選的によく似た「Blue Note All-Stars / Our Point of View(17年、別頁あり)」のような現代性は打ち出していないものの、ハードバップを基調とした演奏にはエネルギーが漲っていて実にいい塩梅。メンバーのウェイン・エスコフェリーとジョナサン・ブレイクはトム・ハレルのバンドでも一緒だけど、ここではやっている音楽に合わせてハレルのときとは切り口を変えているのが素敵だし、実質的なリーダーと思われるジェレミー・ペルトも、いつものことではあるけれど元気溌剌なプレイで聴かせてくれる。また自ブログで検索しても参加アルバムが「Ron Carter's Great Big Band(11年、別頁あり)」ぐらいしか引っかからないジェームス・バートンIIIも、ペルトやエスコフェリーと比べて聴き劣りすることはないし、サヴィア・デイヴィス、ヴィセンテ・アーチャー、ブレイクもフロントに負けないほどの強靭なプレイで楽しませてくれる。楽曲は私好みの活きのいい曲がほとんどだけど、その中でもラストの2曲「When Will We Learn」「Black Art」は、全体的に手数の多いドラミングをしているブレイクが容赦なく攻めまくっていて特に気に入った。
Blue Note All-Starsはコンテンポラリーな演奏をしている分、曲によっては素直に入り込めない部分もあったけど、このBlack Art Jazz Collectiveは基本がノリノリなハードバップなので、安心感があるのがなにより。このメンバーだったらもっと凄いことができそうな気がするのだが、本作は録音も各楽器の音質、バランス共に良好なので、オマケして5つ星にしておこう。

評価☆☆☆☆☆ (☆最悪!、☆☆悪い、☆☆☆普通、☆☆☆☆良い、☆☆☆☆☆最高!)

ARMOR OF PRIDE
BLACK ART JAZZ COLLE
HIGNO
2018-06-15


  

--EDIT--

Matt Penman / Good Question

Matt Penman (B)
Mark Turner (Ts)1, 2, 5, 7, 8, 9
Aaron Parks (P, Rhodes, Or, Vib)
Obed Calvaire (Ds)
Nir Felder (G)6, 9
Will Vinson (Ss)3
Rogerio Boccato (Per)3

Rroduced by Matt Penman
Recorded on March 24, 25 & July 12, 2017
by Andy Taub at Brooklyn Recording
Mixed by Alex Venguer
Mastered by Nate Wood
Photography and design by Christopher Drukker
Tracks 1 and 9 originally commissioned by SF Jazz for the SF Jazz Collective
(Sunnyside SSC 1513)

1. Mr Right 6:55
2. Small Famous 5:47
3. Fifths and Bayou 6:20
4. Blues and the Alternative Truth 5:52
5. Cave Life 7:27
6. Ride the Paper Tiger 7:10
7. Copeland 5:58
8. Meats 3:22
9. Big Tent, Little Tent 6:36
All compositions by Matt Penman

マット・ペンマンのリーダー作を買うのは「Matt Penman/Catch of the Day(08年、別頁あり)」以来だが、その間にも「SF JAZZ Collective / 10th Anniversary: Best of Live at the SFJAZZ Center, October 10 Through 13, 2013(14年)」「James Farm / City Folk(14年)」「Enrico Pieranunzi / Proximity(15年)」「Michael Rosen / Sweet 17(16年)」「Camila Meza / Traces(16年)」(各別頁あり)等、30枚以上のアルバムで耳にしているので、久しぶりといった感じは全くしない。そんなコンテンポラリー・ジャズ・シーンになくてはならない存在のペンマンだけど、「Catch of the Day」と同様に、本作でもソロを含めて俺が俺がと前面に出てくるようなプレイはしていないのが、いかにも彼らしいところ。おそらくトータルサウンドを重視してのことだと思うけど、それでいながらどこを切ってもペンマンだと分かるようなベースを弾いているのが流石だね。全曲がオリジナルの楽曲は、ダークな曲調の非4ビートがメイン。けっこう細かいところまで譜面に書き込まれているような感じだけど、作曲者のペンマンは当然として、他のメンバーも彼のやりたいことをきちんと理解しながら調和の取れた演奏をしていて、特に片腕的存在のアーロン・パークスはバッキングからして曲調にバッチリ嵌ったプレイをしているし、シーマス・ブレイクに代わってフロントを受け持っているマーク・ターナーも、ペンマンの書いた曲が自分の音楽性とよほどマッチしたのか、他のアルバムで見受けられるような一人だけ空気感の異なるプレイはしていないのが素敵。またSF JAZZ Collectiveと同様にエリック・ハーランドからバトンタッチしているオベド・カルヴェールも、曲調に合わせた控えめなドラミングながらも、単なるリズムキープだけには終わらない活力のあるプレイで楽しませてくれるし、ゲストのニール・フェルダーとウィル・ヴィンソンも参加曲は少ないながらも、バンドとしてのサウンドに変化を与えていて好感触。楽曲はどれもが私好みだし、演奏にも不満は見当たらないのだが、全体的にゆったり目の曲調が多いので、ペンマンが本当にやりたいこととは異なるとは思うけど、もっとガツンとくるようなハードな曲が2曲ぐらい入っていれば更によかったと思う。
ということで音楽的には全面的に共感できるといったわけではないけれど、いかにもペンマンらしい演奏が堪能できるし、録音も各楽器が過不足のない音で録れていて、本作は買って正解だった。

評価☆☆☆☆ (☆最悪!、☆☆悪い、☆☆☆普通、☆☆☆☆良い、☆☆☆☆☆最高!)


GOOD QUESTION
MATT PENMAN
SUNNY
2018-06-08

  

--EDIT--

↑このページのトップヘ

google-site-verification: google878c7206ee6d4f7b.html