Peter Bernstein / Signs Live!

Peter Bernstein (G)
Brad Mehldau (P)
Christian McBride (B)
Gregory Hutchinson (Ds)
Rec. January 4, 2015, Live at Jazz at Lincoln Center, NYC
(Smoke Seccions Records SSR1705)

ピーター・バーンスタインのブラッド・メルドー、クリスチャン・マクブライド、グレゴリー・ハッチンソンとの共演盤は「Peter Bernstein Quartet / Signs Of Life(95年)」以来かな。当時は輸入盤を買える環境になかったので、残念ながら「Signs Of Life」は所有していないのだが、同じくメルドー参加の「Peter Bernstein +3 / Heart's Content(02年)」「Peter Bernstein +3 / Stranger in Paradise(04年)」は、ドラマーがビル・スチュワートということもあってよく聴いている。なので本作での2人のプレイも大体想像はつくのだが、マクブライドとハッチンソンがバースタインと共演しているのは聴いたことがないし、メルドーとリズム隊の2人の組み合わせも同様なので(3人ともジョシュア・レッドマンのバンドのメンバーではあったけど、参加していた時期がずれている)、はたしてどういうことになっているのか楽しみだ。

バーンスタイン曲が9曲と、モンクの「Pannonica」、「Crepuscule with Nellie / We See(メドレー)」で全11曲(CD1が5曲、CD2が6曲)。
いかにもバーンスタインらしい温かみのある演奏。オーソドックスながらも古めかしさは感じないバーンスタインのギターが相変わらず素敵だし、そんなバーンスタインと調和を取りながら、自分のトリオのときとはまた一味違ったピアノを弾いているメルドーの、リラックス感のあるプレイも実にいい塩梅。それに加えてマクブライドの上手さや(ソロの場面もたっぷりと用意されている)、ハッチンソンのバイタリティー溢れるドラミングも楽しめるのだから(ドラムソロでも大炸裂)、演奏的には何も文句はないのだが、ちゃんと聴こえはするもののベースの音に力感が欠けているのと、ドラムスも若干奥に引っ込んだ感じで録れているのは気になる部分。一発勝負のライブ録音(エンジニアはGreg Scholl)なので仕方がないとはいえ、そのせいでバンドとしての演奏がなんとなくよそよそしく感じてしまう。ついでにいうとCD1は速めの2曲目「Hidden Pockets」を除いて、似たようなテンポ(ミディアムやそれ以下の)の曲が続いているのも、曲調はそれぞれ異なっているとはいえどうかと思う。せっかくこれだけのメンバーが揃っているのだから、もっといろんなテンポの曲を用意した方が、より各人の妙技が楽しめてよかったと思うけどね。ベースソロとドラムソロがいいアクセントとなっているとはいえ、トータル76分も同じ調子で演奏しているものだから、途中からは冗長に感じてしまった。でもCD2(トータル77分)の方はバースタインの楽曲の中でも大好きな1曲目「Useless Metaphor」(「Larry Goldings, Peter Bernstein, Bill Stewart / Ramshackle Serenade(14年、別頁あり)」収録曲)を筆頭に、テンポ的な工夫もきちんと施されているので(特にアップテンポの3曲目「All Too Real」は演奏的にも素晴らしい)、これでよしとしよう。
ということで全てに共感できるといったわけではないけれど、オリジナル以外ではモンクの曲を取り上げていることもあってノリノリで楽しむことができた。ハッチンソンが使っているSAKAEのドラム(Trilogyシリーズ)も良い音しているし、2枚組で1,819円(HMVのセール価格)というリーズナブルな値段も嬉しい。

評価☆☆☆☆ (☆最悪!、☆☆悪い、☆☆☆普通、☆☆☆☆良い、☆☆☆☆☆最高!)


Signs Live!
Peter Bernstein
Smoke Sessions Rec
2017-07-28