Charnett Moffett / Music From Our Soul

Charnett Moffett (Ac-B, El-B)
Pharoah Sanders (Ts)1, 7, 13
Stanley Jordan (G)1, 2, 4, 5-10, 12, 13 (P on 1, 7, 13)
Cyrus Chestnut (P, Key)2, 3, 5, 8, 9, 10
Jeff "Tain" Watts (Ds)1, 2, 7, 8, 9, 10, 12, 13
Victor Lewis (Ds)3, 5
Mike Clark (Ds)4, 6
Rec. October 16, 2014, NY (4, 6)
       January 25, 2015, Live at Jazz Standard, NY (3, 5)
       February 21-22, 2015, Live at Jazz Alley, WA (1, 7, 12, 13) 
       April 30, 2015, Live at Bern Jazz Festival, Switzerland (2, 8, 9, 10)
(Motema Music MTA-CD227)

チャーネット・モフェットのリーダー作を買うのは「Charnett Moffett/Treasure(10年、別頁あり)」以来。その間にも「Charnett Moffett / The Bridge: Solo Bass Works(13年)」や「Charnett Moffett / Spirit Of Sound(13年)」がリリースされているのだが、ソロ作品だったりメンバーがイマイチだったりでパスしている。その点本作はリーダー・デビュー30周年を記念しているだけあって豪華なメンバーが揃っているので、すぐに飛びついた。その中のスタンリー・ジョーダンは、過去作品にも参加しているモフェットの盟友。ジョーダンの近作「 Stanley Jordan / Friends(11年、別頁あり)」には、逆にモフェットが参加していたね。またヴィクター・ルイスもMJQ(マンハッタン・ジャズ・クインテット)で一緒の時代があったと思うけど、ファラオ・サンダース、サイラス・チェスナット、ジェフ・ワッツ、マイク・クラークがモフェットと共演しているのはこれまで聴いたことがなかったので、はたしてどういうことになっているのか楽しみだ。

モフェット曲が12曲と、エリントンの「Mood Indigo」、マイルスの「So What?」で全14曲。
アルバムを印象付ける曲として、1曲目というのはとても重要だと思うのだが、それがこのような即興的な演奏の途中からスタートして、フェードアウトで終わらせるような曲「Music from Our Soul」であってもいいのかどうか。弾まないレゲエといった感じの曲調の中、確かにサンダースはスピリチュアルないい感じで吹いているし、モフェットのフレットレスを用いたジャコパス的なエレべソロも決して悪くはないけれど、想像していたような音楽の方向性(このメンバーなので4ビートがメインだと思っていた)とは大きく異なっていることもあって肩透かしを食らってしまう。それは2曲目「Freedom」も同様で、こちらもレゲエとカントリーを足して2で割ったような曲調となっているし、各人のプレイも、特にチェスナットとワッツに違和感を感じるせいで素直には楽しめない。3曲目「Mood Indigo」もまた然りで、一応ピアノトリオで4ビートジャズはやっているものの、モフェットを引き立たせるためにルイスが抑えめのドラミングをしているせいで、ライブ演奏にもかかわらず躍動感が伝わってこないのが残念。4曲目の「So What?」でようやく望んでいるような演奏になるけれど、モヤモヤした気分で聴いているために、モフェットがテーマをきちんと弾けていないとか、ついつい粗探しに走ってしまう。なので残りの曲は割愛するけれど、4か所でのライブのベストテイクが収録されていると思われる割には、状態が悪くなってからのジャコにも共通する雑な演奏と、録音の悪さのせいで、最後までルンルン気分で楽しむことはできなかった。
本作でモフェットが一番聴いてもらいたいのは自分のベースだと思うけど、そのためには良い音で録音されていることが最低条件だと思うけどね。それとバンドとしての演奏もセッション的な要素が強いので、もっと緻密な曲を書くなりきちんとリハーサルをするなりして(中にはそういう曲もあるけれど)、このメンバーならではのカラーを打ち出す必要があったのではと思う。ベーシストがエレべとウッドの両方を弾くのは基本的に大歓迎なのだが、この演奏に限っては必要性もあまり感じられない。そんな中、曲によってはチェスナットが珍しくもハンコックやマッコイ的なモーダルでカッコいいピアノを弾いていたり(キーボードのときはコリア調になる)、ジョーダンのイケイケなギターがドハマリしている曲があるのには救われるし、3曲だけではあるけれど高齢のサンダースの頑張りも素敵なので、星一つオマケしておこう。

評価☆☆☆ (☆最悪!、☆☆悪い、☆☆☆普通、☆☆☆☆良い、☆☆☆☆☆最高!)

Charnett Moffett
Motema Music
2017-05-19