David Gilmore / Transitions

David Gilmore (G)
Mark Shim (Ts)
Victor Gould (P)
Carlo DeRosa (B)
E.J. Strickland (Ds)
Gregoire Maret (Harmonica)4
Bill Ware (Vib)8
Rec. September 19, 2016, NY
(Criss Cross 1393)

前作「David Gilmore / Energies of Change(16年、別頁あり)」が最高に良かったデヴィッド・ギルモアの、Criss Crossからの初リーダー作。今回はこれまでのどのアルバムともメンバーを一新しているのが興味深いのだが、その中のヴィクター・グールドは近作「Jeremy Pelt / Make Noise!(17年、別頁あり)」でもなかなかいい仕事をしていたので、本作でのプレイにも期待している。ベースのカルロ・デローザ(?、1970年生まれ)はこれが初聴き。またヴァイブのビル・ウェア(1959年生まれ)も「Fabio Morgera/Suck(07年、別頁あり)」でしか聴いたことがないけれど、マーク・シム、E.J.ストリックランド、グレゴア・マレといったそそられる面々とで、はたしてどういうことになっているのか楽しみだ。

ギルモア曲の「End of Daze」「Spontanuity」、ウディ・ショウの「Beyond All Limits」、ボビー・ハッチャーソンの「Blues Mind Matter」「Farralone」、トゥーツ・シールマンスの「Bluesette」、アネット・ピーコックの「Both」、ヴィクター・ベイリーの「Kid Logic」、エルメート・パスコアルの「Nem Un Talvez」で全9曲。
9/8拍子の複雑なテーマをギルモアとシムがユニゾンでやっている1曲目「End of Daze」からして早くもカッコいい。非常にキビキビとした曲調の中、各人ともアグレッシブに攻めていて、想像していた以上に凄いことになっている。2曲目「Beyond All Limits」も私が好きなモーダルな曲調だし、3曲目「Blues Mind Matter」もアップテンポの4ビートと、次々と好みの演奏をされるものだから、動いた体が止まらなくなってしまう。そして4曲目では、これまた大好きな「Bluesette」をやっていて、アレンジのセンスも抜群にいいのだからなんともたまらない。もうここまでツボにハマった演奏をさせてしまっては文句のつけようがないね。ギルモアは当然として、ゲストの二人を含めたメンバー全員が、バンドとしての調和をとりながら非常にいい仕事をしていて、至福のひとときを味わうことができる。5曲目「Both」ではフリーをやっているけれど、これもまたアルバムとしてのいいアクセントとなっているし、ヴィクター・ベイリーのオマージュとして7曲目で「Kid Logic」をやっているのも嬉しい限り。おそらくハッチャーソンやシールマンスの曲を取り上げているのも追悼の意を表してのことだと思うけど、どのようなビートや曲調であれ、あるいはギルモアがアコギを弾いている曲であってもきちんと統一感が取れていて、散漫な印象は全く受けないも見事。ソロイストを増やしたことにより、ギルモアが必要以上にワンマンなプレイをしていないことも、演奏を更によく感じさせる要因となっていて好感が持てる。
ギルモアのリーダー作の中では前作が最高だと思っていたのだが、本作はそれ以上に気に入った。録音(エンジニアはジョー・マルシアーノ)も、タム、フロアタムにピンスト系のヘッドを張っている(ように聴こえる)のには少々違和感を感じるものの、各楽器の音質、バランス共に申し分がない。

評価☆☆☆☆☆ (☆最悪!、☆☆悪い、☆☆☆普通、☆☆☆☆良い、☆☆☆☆☆最高!) 

Transitions
David Gilmore
Criss Cross
2017-02-17