Joachim Kühn New Trio / Beauty & Truth

Joachim Kühn (P)
Chris Jennings (B)
Eric Schaefer (Ds)
Rec. July 7-8, 2015, Ludwigsburg
(ACT 9816)

ヨアヒム・キューンのリーダー作を買うのは、LP時代の「Joachim Kühn / Hip Elegy(76年)」以来ということになるのかな。他にも何か持っていたような気がするけど、所有CDリストで検索しても引っかからないところを見ると、同じピアニストのスティーヴ・キューンと混同しているのかもしれない。本作は「Hip Elegy」から40年も経過ということで、当時のようなクロスオーバー的な演奏はとっくの昔にやめていると思うけど(というか「Hip Elegy」だけが異質な作品だったのかも)、これが初聴きのクリス・ジェニングス(1978年、カナダ生まれ)、エリック・シェーファー(1976年、ドイツ生まれ)とで、はたしてどういうことになっているのか楽しみだ。

キューン曲が4曲、オーネット・コールマンの「Beauty And Truth」、ドアーズの「The End」「Riders On The Storm」、Stand High Patrolの「Sleep On It」、ガーシュウィンの「Smmertime」、クシシュトフ・コメダの「Sleep Safe And Warm」「Kattorna」、ギル・エヴァンスの「Blues For Pablo」で全12曲。
ロックやレゲエ的な曲をメインに4ビートもあり。キューンは1944年生まれなので、レコーディングの時点で71歳だけど、相変わらずの尖り具合がいかにも彼らしくていい塩梅。ピアノの奏法にも年齢的な衰えが全く感じられないのは(盛り上がり部分での速弾きもバッチリ決まっている)、このようなスタイルで長年やってきた賜物なのかもしれない。ベースのジェニングスとドラムスのシェーファーによる、比較的シンプルながらも逞しいビートに乗っかりながらワンマンに弾き倒しているけれど、どの曲を取っても決して単調には感じさせないのはキューンのピアノ自体が魅力的なのに加えて、ジェニングスとシェーファーも曲調の範囲内ではあるけれど非常にセンスのいいプレイをしているから。トリオとしての感触はe.s.t.に近いものがあるけれど、それだけではなくコメダ曲の10、11曲目は4ビート基調だし、ギル曲の12曲目もけっこうハードだったりして、アルバムとしての動と静のバランスだけではなく、リズムやテンポにも変化を与えていて、飽きさせない工夫を施しているのに好感が持てる。トータル48分というLP並の短さで、2~3分の曲が多いわりには演奏時間が短いと感じないのは、それだけ旨味が凝縮されているのだろう。聴き終わった後には、似たようなヨーロピアンなピアノトリオとはまた一味違った充実感や爽快感が味わえる。
40年ぶりに聴いたキューンだけど、当時とは音楽性がガラリと変わっていながらもやっぱりいいね。本作はさすがにACTからのリリースだけあって、録音(エンジニアはAdrian von Ripka)も低域から高域まで厚みがありながらも力強い音で録れているし、各楽器のバランスも完璧で、この音の良さだけでも十分に楽しめた。

評価☆☆☆☆ (☆最悪!、☆☆悪い、☆☆☆普通、☆☆☆☆良い、☆☆☆☆☆最高!) 

<3/6追記>
「Joachim Kühn, Daniel Humair, Jean-François Jenny-Clark  / The Threepenny Opera(96年)」「Joachim Kuhn/Poison(05年、別頁あり)」も持ってました。

Joac Kuehn New Trio
Act
2016-03-18