AH7A、Swingを購入1

相変わらず続いているスティック泥沼だけど、ここ数か月はVIC FIRTHのAmerican Heritage AH5A(別頁あり)で落ち着いていたものの、その日の気分によっては太く感じることがあるので、長年愛用している(スティックに迷ったときには必ず戻っている)American Classic 7Aのメイプル版であるAH7Aと、ついでなのでケンドリック・スコットがナイロンチップの方を使っているVATERのSwingも合わせて買ってみた。
一昨日のバンド練習でさっそく試してみたけれど、AH7Aは7Aよりも軽くできているだけあって、年とともに筋力が弱ってきている私であっても重く感じることは全くなく、速いフレーズなんかも思いどおりに叩けて実にいい塩梅。これは小音量ジャズにはうってつけだろう。またSwing(太さと長さはVIC FIRTHの8Dとほぼ同じであるも、ダブルテーパーになっているのと、チップの形状も違うので、バランスも音質も異なる)も重い分少々ボリュームは大きくなってしまうものの、けっこう繊細な音がするので、こちらの方もTPOに応じて使っていけそうだ。

AH7A、Swingを購入2
 

<4/25追記>
VATER Swingのナイロンチップも試し買いしてみたけど、思っていたほどシンバルレガートが音的にチンチンすることなく、こちらの方もいい感じ。ただし個体差なのかウッドチップよりも重いので、小音量で叩くには短く持たなければならなかった。
ナイロンチップ1
ナイロンチップ2