Manuel Rocheman meets Toninho Horta / Cafe & Alegria

Manuel Rocheman(P)
Toninho Horta(G, Vo)
Yuri Popoff(El-B)
Marcio Bahia(Ds, Per)
Chico Amaral(Ss)2,9
Rec. December 16-17, 19-21, 2011, Brasil
(Naive NJ622511)

マニュエル・ロシュマン(1964年、フランス生まれ)はスコット・コリー、アントニオ・サンチェス買いだった「Manuel Rocheman/Cactus Dance(07年、別頁あり)」でしか聴いたことがないのだが、8月にテネシー州で行われたノックスビル・ジャズ・フェスに出演した際に、アメリカの友人が私の名前入りでCDにサインをしてもらったということで、一昨日アップした「Keith Brown / The Journey」と一緒に送っていただいた。ロシュマンのサイトによると、本作は9枚目のリーダー作(12年作品)。この後に「Manuel Rocheman, Nadine Bellombre / Paris-Maurice(14年)」がリリースされているので、新譜というわけではないのだが、名前はよく知っているのに実際の演奏やヴォーカルはほとんど聴いたことがないトニーニョ・オルタとの共演盤となっているのが興味深い。「Cactus Dance」でのロシュマンは、ビル・エヴァンスをもっと現代的にしたような印象だったけど、本作ではオルタやこれが初聴きのユリ・ポポフ(オルタの義理の弟のよう)、マルシオ・バイーア、シコ・アマラルのコテコテのブラジル・ミュージシャンとで、はたしてどういうことになっているのか楽しみだ。

ロシュマン曲が3曲、オルタ曲が6曲、ポポフ曲が1曲で全10曲。
オルタ以下のメンバーがいつも一緒にやっているのかは定かでないけれど、バンドとしての纏まりはバッチリ。いかにもといった感じのブラジル的な演奏に、フランス的な気品を漂わせながら弾いているロシュマンのピアノが違和感なく溶け込んでいるね。楽曲は当然ながらボサノヴァやサンバ的なものがメインとなっているけれど、どのような曲調であってもリズム自体が本場ものだし、ジャズ的な要素も加味されているので、私としてはもうそれだけでもノリノリになってしまう。そんな中ロシュマンが非常にセンスのいいプレイで聴かせてくれるし、オルタも洒落たギターとスキャットで楽しませてくれるのだが、二人と同じぐらいによく感じるのがポポフのベースで、ジャコパスやマーク・イーガンあたりを連想させるフレットレスでのプレイ(曲によってはオーバーダブもしている感じだが、もしこれが同時弾きだとすると相当凄いことになる)が身体に心地よく響いてくる。またそのよく伸びるベースの音とは対照的な、ゆったりとした曲であっても小刻みに叩いているバイーアのドラミングも演奏を単調に感じさせない要因となっているね。それと2曲に参加のアマラルのソプラノもいいアクセントとなっているのだが、各人が自分の持ち味をフルに発揮しているおかげで、同じくブラジルものであるイリアーヌの新作「Eliane Elias / Made In Brazil(15年、別頁あり)」以上にいい感じの演奏が楽しめる。作曲者による曲調差が感じられない楽曲もどれもが優秀。その中でもトリオだけで演奏している7曲目「Toninho」(ロシュマン曲)と、唯一の4ビート曲である3/4拍子の6曲目「Francisca」(オルタ曲)は特に気に入った。
「Manuel Rocheman/Cactus Dance」とは傾向の異なる演奏ではあるけれど、ブラジルの香りがプンプンする本作にも非常に好感が持てる。各楽器が明瞭な音で録れている録音も良好。それがやっている音楽にもよくマッチしているね。

評価☆☆☆☆ (☆最悪!、☆☆悪い、☆☆☆普通、☆☆☆☆良い、☆☆☆☆☆最高!) 


Manuel Rocheman(P)
Toninho Horta(G, Vo)
Yuri Popoff(El-B)
Marcio Bahia(Ds, Per)
Chico Amaral(Ss)2,9

Rec. December 16-17, 19-21, 2011, Brasil

(Naive NJ622511)


I have only listened to Manuel Rocheman’s (1964~, born in France) album ‘ Manuel Rocheman/Cactus Dance (2007).  He came to my attention since he played Scott Colley and Antonio Sanchez.  My friend who heard him play at Knoxville Jazz Festival last August gave me his signed CD together with ‘Keith Brown/The Journey’ (2015) which I uploaded my review yesterday.

According to his website, this album is his 9th leader album.  His ‘Manuel Rocheman, Nadine Bellombre/Paris-Maurice (2014) has been released, so this is not his latest album.  It is interesting that he plays with Toninho Horta, a renown musician whom I have not had a chance to listen to.

My impression of Rocheman’s playing style is something like a modernized Bill Evans.  On this album, he played with Horta and Yuri Popoff (he may be Horta’s brother-in-law), Marcio Bahia and Cico Amaral.  I wondered how he was going to sound with those heavy duty Brazilian musicians.


This CD contains three tracks of Rocheman’s originals, six tracks of Horta’s, and one track of Popoff’s.  It totals 10 tracks.  I don’t know if Horta always plays with all those musicians, but they play perfectly together.  And Rocheman’s piano,  accentuated Brazilian style with French elegance,  blends in comfortably.  The tracks are mainly based on bosa nova and samba.  All the rhythm is the real deal from Brazil and jazz elements are added on top of it.  I can not stand how much fun it is.

Rocheman plays extremely sensibly among those musicians.  Horta plays guitar fashionably and his scat sounds great.  I would say Popoff’s bass sounds as good as two these guys.  He plays fretless bass, which reminds me of Jaco Pastrius and Mike Egan.  He sounds like he’s overdubbing.  If he’s playing both at the same time, he must be a super bassist.  Anyway, his sound is comforting.  In the contrary to the long and spacious bass sound, the fast and short sounds of drumming of Bahia even on the slow pace song is one of the reasons that you don’t find their music boring.

Amaral who plays 2 tracks with soprano sax gives a good accent to the album.  Overall, since each musician plays his own music fully, I like this album more than another good Brazilian sound album, ‘Eilane Elias/Made in Brazil (2015).  Each song is outstanding having same taste although composers are different.  I especially loved the 7th track, ‘Toninho’ by Rocheman and the 6th track of 3/4 beat ‘Francisca’ by Horta.

This album has a different style from ‘Manuel Rocheman/Cactus Dance’.  I like this album with the strong scent of Brazilian.  The recording is good with each instruments sounding clear.  That matches their music, too.

Scores ☆☆☆☆Very Good
(☆Poor,  ☆☆Fair,  ☆☆☆Good,  ☆☆☆☆Very Good,  ☆☆☆☆☆Excellent!) 

Translated by Yuki Maguire

Cafe & Alegria [輸入盤]
Manuel Rocheman
Naive
2012-11-10