VIC FIRTH American Jazz AJ3を購入

4月のライブに向けて購入したVATER Sugar Maple FUSION(別頁あり)に早くも飽きてしまったので、今度は2年ほど前までよく使っていたVIC FIRTH American Classic 8D(写真下)のジャズ版であるVIC FIRTH American Jazz AJ3を買ってみた。8DがL=16" / Dia.=.540"、AJ3がL=16" / Dia.=.545"と、サイズ的にはほぼ同じ。でもショルダー(テーパー)の形状が細長くて重心が後ろの方に来るのでずいぶん軽く感じるし、速いフレーズを力を入れて叩いてもそんなにボリュームが大きくならなくて、実にいい塩梅だね。
まだドラムセットでは試していないけど、腿を叩いてカタカタやる限りにおいてはスティックコントロールが自在にできて、自分が上手くなったのかと勘違いするほどに、この軽さとバランスがフィットする。
小音量ジャズ用のスティックはこのAJ3で決まりのような気がするのだが、新しいスティックを買ったときはいつもそう思うので、断言はしないでおこう。