Alex Sipiagin / Balance 38-58

Alex Sipiagin(Tp, Flh)
David Binney(As, Ss)
Adam Rogers(G)
John Escreet(P, El-P)
Matt Brewer(Ac-B, El-B)
Eric Harland(Ds)
Rec. October 6, 2014, NY
(Criss Cross 1378)

近年のトランぺッターの中で音楽的に一番好きなアレックス・シピアギンだけど、本作もまたメンバーを見るだけでもそそられるね。マット・ブルーワー以外は過去のアルバムにも参加している常連組だが、デヴィッド・ビニー、ジョン・エスクリート、ブルーワーの3人は「Antonio Sanchez / New Life(13年、別頁あり)」でも相性がバッチリだったので(ビニーとエスクリートは他にも多くのアルバムで共演している)、シピアギン、アダム・ロジャース、エリック・ハーランドとで、はたしてどれだけカッコいいことになっているのか楽しみだ。

シピアギン曲が5曲と、ビニー曲が2曲で全7曲。
1曲目「38-58」はエレピやエレベを用いながらエレクトリックな演奏だけど、拍子がコロコロと変わっているように感じられる複雑な譜割の曲調を、各人とも何事もないかのようにアンサンブルしているのがまず素晴らしい。それだけでも十分にカッコいいというのに、シピアギン、ロジャーズ、エスクリート、ビニーに加えて、ハーランドまでがアグレッシブなソロで楽しませてくれるのだから、もうこの1曲だけで買ってよかったという気になってしまう。2曲目「Way To Her」はアコースティックな演奏。爽やかさの中にダークさも入り混じっている楽曲自体が素敵だし、曲調に対する各人のアプローチの仕方もさすがだね。ゆったりとしたテンポの曲で、このバンドとしてはバラード的な位置づけだと思うけど、こういう曲調であっても緊張感の漂った演奏をしているのには非常に好感が持てる。3曲目「Momentum」は、テーマの複雑なメロディーの2管ユニゾンがブレッカー・ブラザーズを連想させる16ビート曲。何拍子でやっているのか分からなくなるほどの変則的な拍子(基本は4/4+4/4+4/4+3/4のよう)を難なく演奏しているのは1曲目とも共通する。そんな曲調の中で、シピアギンとビニーがアドリブで熱いバトルを繰り広げているのが実にいい塩梅だし、その後のエスクリートのアドリブに対するハーランドの絡みも尋常ではなくて、目茶苦茶カッコいいことになっているね。これだけ凄い演奏ができるのも、このメンバーだからこそだろう。
残りの曲は割愛するけれど、どの曲をとっても各人が自分の持ち味を存分に発揮ながら最高の演奏をしていて、本作は文句なしの5つ星。16ビートが主体の典型的なコンテンポラリージャズで、曲によってはフュージョン的な要素も見え隠れするけれど、基本的には純ジャズ(4ビートジャズ)と同じく各人のアドリブが一番の聴きどころとなっているので、こっち方面の音楽に拒否反応を示すようなジャズファンであったとしても、ヒップホップやソウルといった売れ線に歩み寄っているジャズミュージシャンのアルバムよりは違和感なく楽しめそうな感じがする。まあその辺は音楽的嗜好で変わってくるので、一概には言えないけどね。本作は一昨日聴いた「Lage Lund / Idlewild」とは異なり、録音(エンジニアはマイケル・マルシアーノ)もベースが力感のある音で録れていて上々だ。

評価☆☆☆☆☆ (☆最悪!、☆☆悪い、☆☆☆普通、☆☆☆☆良い、☆☆☆☆☆最高!)