スティック1
スティック2

11月17日に東京キネマ・ジャズトリオのライブを観たのだが、大坂昌彦のあまりの素晴らしさに感化されてスティックを衝動買いしてしまった。
大坂モデルのスティックは、旧タイプを何年も前に使っていたことがあるけれど、新しいモデルは材質がヒッコリーからメイプルに変わっているし、太さも14mm(かな?)から15mmに変更されていて、使用感は旧モデルよりもむしろVIC FIRTH SD2(Bolero)(別頁あり)に近いものがある。私は普段VIC FIRTH 7Aを常用しているので、当然ながら太く感じるけれど、それでもたまに使っているSD2の16.1mmと比べると細いわけだし、メイプルということで重量も軽いので、まだドラムでは試していないけど、特に小音量でのスティックコントロールは楽にできそうな感じがするね。チップの形状がSD2と同一なので、きっとシンバルも繊細な音で鳴ってくれるのではと思う。
24日にブレイク・ジャズバンドの余興的なライブがあるので、ぶっつけ本番にはなってしまうけど、さっそく使ってみることにしよう。