ZOOM Q2HDを購入

自分の演奏の生録用として2009年から使用していたソニーのPCMレコーダー「PCM-M10」(別頁あり)が、昨年あたりからマニュアル録音時に片チャンネルだけが入力オーバーとなり(録音レベルが1~2ぐらいであっても)、全く使いものにならなくなってしまったので、以前から欲しいと思っていたPCMレコーダーにフルハイビジョンの動画撮影機能もオマケとして付いているZOOMのハンディ・ビデオ・レコーダー「Q2HD」を購入し、ここ3週間ほどいろいろと試してみた。
1920×1080ピクセルのフルHD動画、24bit/96kHz録音の高性能をフルに活用するために、SDHCカードは32GB(Transcend製のClass10)を購入。これで4時間近い撮影が可能となるのだが、問題はバッテリー(単3電池2本、私はエネループを使用)の持ちが思っていたよりも短いことで、1時間も使っていると3目盛りのうち2目盛りが減ってしまうので、AC電源代わりに使うことができるモバイル用の大容量バッテリー「cheero Power Plus 2 10400mAh」も購入。また野外での撮影だと風切音が入りまくりなので、ウィンドスクリーン欲しさにアクセサリーキットも後日購入した。
その使い心地にはほぼ満足しているのだが、フルHDだからといってもビデオカメラのように綺麗というわけではなく、ヘタするとiPhone 4Sのハイビジョン動画よりも画質が悪いので、YouTubeにアップする分においてはこれでも十分だと思うものの、大型TVで観るのには難があり。また自室のパナソニック製のTVにHDMIケーブルで接続しても、なぜか音声は出なかった。それと拡張子(?)がMOVなので、付属のパソコンソフト「HandyShare」(編集機能が劣っている)以外のムービーメーカー等にファイルを取り込んでも、これまた音声が出ないので、何らかの動画ファイル変換ソフトかMOV対応の動画編集ソフトが必要となり、私の場合はフリーソフトの「Prism動画ファイル変換ソフト」「VideoPad」というので対処した。
画質、音質については、実際に観て(聴いて)もらった方が早いと思うので、参考までに「花火大会」と昨日行われた八峰町・ポンポコ山音楽祭に自分が出演した「ライブ映像」をYouTubeにアップしたものを貼り付けておきます。