6bc60f05.jpg


2週間前に購入したVIC FIRTHのAmerican Classic 85Aが、やはり小音量では思うようにスティック・コントロールができないので、一回り細いAmerican Classic 8Dにしようとしたところ、いつ買ったのかは全く記憶がないけれど4セットも持っていた。これはラッキーと思ってさっそく腿を叩いてみたけれど、どうもイマイチしっくりこない。とすると今のバンドで叩くのに最適なスティックはどれなのか、持っているものを全部引っ張り出して試してみた結果、同じくVIC FIRTHのAmerican Classic 8D Jazzという細めのスティックがベストなことが判明。どんなに小音量であっても信じられないぐらいに手を速く動かすことができるので、これにしようと思ってVIC FIRTHのサイトを見てみたら、名前がAmerican Jazz 3(AJ3)に変わっていて、なんとAmerican Classic 8Dよりも太くなってしまっているじゃないっすか。しかも取扱店が少なくて、値段も1,000円以上する。これはダメだと思って代替品で探したのがこのVATERのManhattan 7A。チップはボール状だけど、8D Jazzと同寸法と思われるので、とりあえず2セットだけ買ってみた。
ところが8D Jazzほどはテーパー部分が細くないので重心が先端寄りだし(それだけパワーが出てしまう)、1セットが異様に重くて(8Dと変わらず)、とてもじゃないけど使えない。もう1セットは軽くていい感じだけど、こうも品質にバラツキがあるとまとめ買いする気が失せてしまうんだよね。同じVATERのSugar Maple Super Jazzはこういうことはなかっただけに残念。
ということで、スティック泥沼から抜けるのはまだまだ先になりそうだ(苦笑)。