岡安芳明(G)
金子健(B)
山下暢彦(Ds)
安保徹(Ts)
Rec. June 17-18,2001,Tokyo (King Records KICJ417)

未開封盤の大トリを飾るのはこれ。岡安芳明と金子健は以前デュオ・ライブでこちらの方にやってきたときに2~3曲セッションさせてもらっている私にとっては恩師的な存在なので、下手なことは書けないなと思って今までずっとCD棚で眠らせていた次第。でも本作の後にリリースされた「Yoshiaki Okayasu/Blaze Up(03年)」の方は買ってすぐに聴いているということは、きっとドラマーの兼ね合い(「Blaze Up」は井川晃)もあったのだろう。
岡安は日本のケニー・バレル的な存在。その王道的でブルージーなギターはレイ・ブラウン的な金子のベースとも非常に相性がよくて、二人のライブを生で観た時にはサウンドが非常に心地よく感じたものである。人柄の良さも最高だったね。山下暢彦はわたし的には初めてかな。安保徹は確かお隣の青森県の出身で、2006年の南郷ジャズフェス(小林桂&スーパー・クインテット)等で生で観たことはあるのだが、何かのアルバムで聴くのはこれが初めて。

ジャズメン・オリジナルやスタンダードで全11曲。
いかにも岡安らしい心温まる演奏。こういうのを聴くとホッとする。実に丁寧に歌い込まれた岡安のギターと、それにオブリガードぎみに絡んでくる安保のテナーが相性的にグッド。また堅実ではありながらもソロではきちんと自己主張している金子のベースと、いくぶん控えめな山下のドラミングにも好感を持てる。ただし1曲目2曲目とゆったりとしたテンポの曲が続くので、その辺はどうかなってところはある。もしも私だったら1曲目には3曲目の「Stompin' at the Savoy」を持ってくるけどなぁ。あるいは4曲目のアップテンポな「Cotton Tail」とかね。その方がアルバム全体としてノリのいい印象を受けるし、実際にノリのいい演奏が3曲目~5曲目まで続いているというのも、逆に考えるとなんか一本調子のような気がする。ここはやはり曲順を入れ替えたほうが正解だったかもしれない。ちなみに編成の方は岡安のソロだったり、安保とのデュオだったり、ギタートリオだったり、カルテットだったりするので、曲それぞれに違った雰囲気で楽しめるのがいいね。
最近の日本の若手ジャズ・ミュージシャンはグローバル化している感のある中において、この岡安のサウンドはいい意味においても悪い意味においても日本的。70~80年代中盤あたりのバンドは大抵こんな感じだったと思うのだが(特にスリー・ブラインド・マイス作品なんかは「日本のジャズ」臭がプンプンしていた)、今となっては珍しい。正直言って普段最先端のジャズを好んで聴いている耳からするといくぶん古臭いサウンドではある。まあ頭で聴くよりは、アルコールでも片手にリラックスして聴くのが一番でしょうな。ただしライブのときはもっとガッツがあるというか、ライブ向けにそれなりにアグレッシブな演奏をしていたと思うけどね。

評価☆☆☆ (☆最悪!、☆☆悪い、☆☆☆普通、☆☆☆☆良い、☆☆☆☆☆最高!)