Jazz & Drummer

ジャズ・フュージョンの新譜や好きなドラマーのことなど音楽98%、感じたままに書いている個人ブログです。

Jan Lundgren / Potsdamer Platz

Jan Lundgren (P)
Jukka Perko (As, Ss)
Dan Berglund (B)
Morten Lund (Ds)
Rec. 3-5, 2015, Berlin
(ACT 9831)

ヤン・ラングレン(1966年、スウェーデン生まれ)のアルバムはこれまでに「Jan Lundgren/In New York(06年)」「Jan Lundgren Trio/Plays Cole Porter Love Songs(07年)」「Jan Lundgren/A Swinging Rendezvous(07年)」「Jan Lundgren Trio/European Standards(09年)」(各別頁あり)を取り上げているのだが、全てがピアノトリオ作品だっただけに、本作ではサックス入りのカルテット編成となっているのが興味深い。ユッカ・パーコ(1968年、フィンランド生まれ)はこれが初聴きなので、どんなプレイをするのかは想像もつかないけれど、e.s.t.のベーシストだったダン・ベルグルンド、同じくACTからの近作「Danielsson Neset Lund / Sun Blowing(06年、別頁あり)」でもいい仕事をしていたモーテン・ルンドとで、はたしてどういうことになっているのか楽しみだ。

ラングレン曲が10曲と、Per Ödbergの「Tväredet」で全11曲。
非4ビートをメインに4ビート曲もあり。パーコが参加しているので、ラングレンのピアノをたっぷりと堪能というわけにはいかないけれど、それでも剛柔のバランスを考慮しながら相変わらずの上手さで聴かせてくれる。パーコのアルトはフィル・ウッズやジャッキー・マクリーンあたりに近いものがあるかな。彼らほど音数は多くないけれど、北欧のサックス奏者にイメージするような温度感の低さは微塵も感じさせないのが私の好みにも合致するね。またベルグルンドもバッキング、ソロ共にさすがのプレイをしているし、ルンドもソロの見せ場は少ないものの曲調にバッチリ嵌ったドラミングをしていて、各人がきちんと本領を発揮していながらバンドとしても非常に調和が取れているおかげで、どの曲を取っても最高にいい感じで楽しむことができる。作曲能力にも優れているラングレンのことなので、捨て曲のようなものは一切ないのだが、その中でもセカンドビート的な1曲目「Patsdamer Platz」、スウィンギーな3拍子の3曲目「Lycklig Resa」、ファンク調の4曲目「Bullet Train」、同じく16ビート系でダイナミックに盛り上がっている5曲目「The Poet」、4ビートのブルースで何度も転調するのがユニークな7曲目「Twelve Tone Rag」、ブギウギ(ストライド?)的なピアノのラインが特徴的な4ビートの9曲目「Dance Of Masja」が特に気に入った。
久しぶりに聴いたラングレンだけど、やっぱりいいね。本作は録音(エンジニアはArne Schumann)もピアノとサックスのリバーブ成分が多めながらも、各楽器が鮮明、かつ温かみのある音で録れていて、この音の良さだけでも買ってよかったという気にさせてくれる。

評価☆☆☆☆☆ (☆最悪!、☆☆悪い、☆☆☆普通、☆☆☆☆良い、☆☆☆☆☆最高!) 

Potsdamer Platz
Jan Lundgren Quartet
Act
2017-02-24

 

--EDIT--

(Tower Records)
1.Kevin Eubanks / East West Time Line 

--EDIT--

Chick Corea / The Musician

CD-1
Return to Forever: Stanley Clarke (B), Lenny White (Ds), Frank Gambale (G)
T1(Captain Marvel), T2(Light as a Feather) 
Chick Corea Trio: Gary Pecock (B), Brian Blade (Ds)
T3(I Hear a Rhapsody)
Five Peace Band: John McLaughlin (G), Kenny Garrett (Sax), John Patitucci (B), Brian Blade (Ds)
T4(Sprit Rides), T5(Special Beings)
Chick Corea & Bobby McFerrin Duet
T6(I've Got the World on a String), T7(Spain)

CD-2
Chick Corea & Gary Burton with The Harlem String Quartet
T1(Overture), T2(Your Eyes Speak to Me feat. Gayle Moran Corea)
From Miles: Wallce Roney (Tp), Gary Bartz (Sax), Eddie Gomez (B), Jack DeJohnette (Ds)
T3(If I Were a Bell), T4(Nefertiti)
Flamenco Heart: Concha Buika (Vo), Carles Benavent (B), Jorge Pardo (Sax, Fl), Nino Josele (G), Jeff Ballard (Ds)
T5(Zyryab), T6(Mi Nino Lola)

CD-3
Chick Corea & Marcus Roberts Duet
T1(CC's Birthday Blues feat. Wynton Marsalis), T2(Caravan)
Chick Corea & Heabie Hancock Duet
T3(Hot House), T4(Dolphin Dance), T5(Cantaloupe Island)
The Chick Corea Elektric Band: Dave Weckl (Ds), John Patitucci (B), Eric Marienthal (Sax), Frank Gambale (G)
T6(Ritual), T7(Silver Temple)

Blu-Ray
Chick Corea / The Musician
 
Rec. October-November, 2011, Live at the Blue Note Jazz Club, NY
(Concord Jazz CJA00019)

今年のチック・コリアはエレクトリック・バンドでワールド・ツアーを行うようだけど(もう始まっているのかな)、それに合わせてか2011年秋にNYブルーノートで23日間に渡って開催されたコリアの70歳記念のライブ盤が登場。60歳記念のときは「Chick Corea / Rendezvous in New York」と題した、国内盤で31,500円もする9枚組DVDの他に2枚組CDも買ったけど、本作(ブルーレイ扱いとなっている)もまたブルーレイ1枚とCD3枚で約6,000円とけっこういい値段。しかもレコーディングから5年以上も経過しているのでどうしようか迷ったのだが(YouTubeにも動画が上がっているし)、ミュージシャンの中で一番好きなコリアのアルバムをこれだけ所有しないわけにはいかないので奮発して購入した。でもブルーレイなしのバージョンも4月21日にリリースされるんだね。もっと早く知っていればそちらにしていたかもしれない。

96分のブルーレイにトータル216分のCDと、かなりの長丁場ではあるけれど、インタビュー、各人との会話やリハーサル風景等も収録されたドキュメンタリー仕立てのブルーレイ(本来こういうのはあまり好きではないのだが)といい、3枚のCDといい、綺麗な画質やいかにもバーニー・カーシュらしい素晴らしい音質も相まって、飽きることなく楽しませてくれる。演奏自体もベストトラックが収録されているだけあって、どのユニットも最高だね。凄腕揃いなので手に汗握る興奮を味わえるのだが、その中でも特にゲイリー・ピーコック、ブライアン・ブレイドによるChick Corea Trio、ウォレス・ルーニーをマイルスに見立てたFrom Miles、マーカス・ロバーツとのデュオで1曲にはウィントン・マルサリスも参加しているChick Corea & Marcus Roberts Duetはこれまで聴いたことがなかったので、興味津々楽しむことができる。またエレクトリック・バンドのプロローグ的な曲だった「Overture」を、ストリング・カルテット入りでゲイリー・バートンとデュオっていたり、フランク・ギャンバレがReturn to Foreverに参加しているのも、同時期のレコーディングの「Return To Forever / The Mothership Returns(12年、別頁あり)」と同様とはいえ乙なもの。ブルーレイにはCD未収録の曲も通しではないながらも入っているので、単なるCD3枚組よりもこちらの方を買って正解だった。
素晴らしいの連発になってしまうので、ユニットごとの感想は割愛するけれど(「Ritual」でのデイヴ・ウェックルのロング・ドラムソロが凄すぎることだけは記しておこう)、演奏良し、音良し、映像良しに加えてパッケージングも豪華で、本作は当然ながらの5つ星。エレクトリック・バンドに関しては今年中に新作もリリースされそうな予感がするので、そちらの方も楽しみにしている。

評価☆☆☆☆☆ (☆最悪!、☆☆悪い、☆☆☆普通、☆☆☆☆良い、☆☆☆☆☆最高!) 

The Musician (Live at the Blue Note Jazz Club, New York, NY October-November 2011 )
Chick Corea
ユニバーサル ミュージック合同会社
2017-03-07



--EDIT--

↑このページのトップヘ

google-site-verification: google878c7206ee6d4f7b.html