Jazz & Drummer

ジャズ・フュージョンの新譜を中心に感じたままに書いている個人ブログです

Bill O'Connell / Jazz Latin

Bill O'Connell (P, Rhodes on tracks 3 & 6)
Lincoln Goines (El-B)
Robby Ameen (Ds)
featuring:
Randy Brecker (Flh) track 5
Craig Handy (Ts) track 3
Conrad Herwig (Tb) track 8
Andrea Brachfeld (Fl) track 6
Dan Carillo (G) tracks 5 & 9

Produced by Bill O'Connell
Executive producer: Barney Fields
Engineered and mixed by Chris Sulit
Recorded at Trading 8s Music, January 10, 2018, Paramus, NJ
Mastered by David Darlington at Bass Hit Studios, New York, NY
Photography: Chris Sulit (back), Phil Maturano (O'Connell)
Graphic design: Christopher Drukker
(Savant Records SCD 2172)

1. Obama Samba (B. O'Connell) 5:21
2. Just One of Those Things (C. Porter) 8:08
3. It's OK (B. O'Connell) 5:01
4. Footprints (W. Shorter) 7:34
5. Goodbye My Friend (B. O'Connell) 7:03
6. Quicksand (B. O'Connell) 6:25
7. Tip Toes (B. O'Connell) 5:53
8. Puttin' on the Ritz (I. Berlin) 5:26
9. Mom's Song (B. O'Connell) 3:44
10. Zingaro (A. C. Jobim) 6:26
11. What is This (B. O'Connell) 2:05

ビル・オコンネルのリーダー作を買うのは、「Bill O'Connell / Triple Play Plus Three(11年、別頁あり)」「Bill O'Connell + The Latin Jazz All-Stars / Zocalo(13年、別頁あり)」に次いで3枚目。メンバーのリンカーン・ゴーインズとはこれが初共演と思いきや、自ブログで検索したら「Bill Connors/Return(05年、別頁あり)」に一緒に参加しているのが見つかった。ロビー・アミーンとオンコンネルは、「Dave Valentin/Come Fly With Me(06年)」「Dave Valentin / Pure Imagination(11年)」「Conrad Herwig/The Latin Side of Herbie Hancock(10年)」「Conrad Herwig / The Latin Side of Joe Henderson(14年)」(各別頁あり)等、多くのアルバムで共演している間柄だけど、流石に2人とも音楽の指向性が同じラテンジャズ系だけあって、本作でのコンビネーションも実にいい塩梅。またゴーインズも、普段はマイク・スターンと一緒にやっていることが多いけど、アミーンの「Robby Ameen/Days in the Life(09年、別頁あり)」に参加しているだけあって、このようなプレイもお手のもの。この3人だけでもノリノリな演奏が堪能できるというのに、アルバムの中盤からはランディ・ブレッカー、クレイグ・ハンディ、コンラッド・ハーウィグ、アンドレア・ブラッチフェルド、ダン・カリロも入れ代わり立ち代わりの参加で、これまた曲調にバッチリ嵌ったプレイで楽しませてくれる。楽曲的にもオコンネルのオリジナルはどれもが自然な曲作りとなっているのが素敵だし、大好きなショーター曲「Footprints」(4曲目)を取り上げているのも嬉しい限り。ポーターの「Just One of Those Things」(2曲目)なんかもアレンジが実にいいね。オコンネルは元来がジャズ寄りのラテンジャズを得意としていて(アルバムタイトルにもなっている「Jazz Ratin」という表現がピッタリ)、その「Just One of Those Things」や「Zingaro」(10曲目)等では4ビート展開にもなっているけれど、こういうビートであってもアミーンがきちんと対応できているのは特筆もの。ラテンジャズ系では、オラシオ・”エル・ネグロ”・エルナンデスがあらゆるリズムに対応できるドラマーの代表格だけど、ここでのアミーンもスピード感を含めて遜色ないドラミングをしていて、その上手さには惚れ惚れしてしまった。けっこう手数多く叩きまくっているわりには、一人だけ浮いた感じは一切しないのも流石だね。ワタシ的にはアミーンのプレイを聴いているだけでも幸せな気分になってしまうというのに、ゴーインズのアンソニー・ジャクソン的なボトムをガッチリとキープしているベースもソロを含めて素敵だし、なによりもオコンネルのリズミカルなプレイが非常に魅力的なおかげて、近年のラテンジャズ系のアルバムとしては最高にいい感じで楽しむことができた。
ということで本作は文句なしの5つ星。演奏が良いのに加えて、録音も各楽器に温かみがありながらも実在感があって、そのバランス共々上々だ。

評価☆☆☆☆☆ (☆最悪!、☆☆悪い、☆☆☆普通、☆☆☆☆良い、☆☆☆☆☆最高!)


JAZZ LATIN
BILL O CONNELL
SAVAT
2018-04-27


--EDIT--

Buster Williams / Audacity

Buster Williams (B)
Steve Wilson (As, Ss)
Geoge Collgan (P)
Lenny White (Ds)

Recorded Live on December 4, 2017, at Sear Sound Studio C, New York
Produced by Paul Stache
Associate Producer: Damon Smith
Recorded, Mixed and Mastered by Christopher Allen
Studio Assistant: Owen Mulholland
Photography by Jimmy and Dena Katz
B&W phtograph by Gulnara Khamatova
Design by Damon Smith and Paul Stache
Executive Producers: Frank Christopher & Paul Stache
(Smoke Sessions Records SSR-1803)

1. Where Giants Dwell (Buster Williams) 6:43
2. Song of the Outcasts (Buster Williams) 10:32
3. Sisko (Steve Wilson) 4:56
4. Ariana Anai (Buster Williams)4:56
5. Lost on 4th Avenue (George Colligan) 8:35
6. Stumblin' (Lenny White) 4:07
7. Triumph (Buster Williams) 8:15
8. Briana (Buster Williams) 10:11
9. Audacity (Buster Williams) 6:46

ロン・カーター的なベースが決して嫌いではないバスター・ウィリアムスのリーダー作を買うのは、「Buster Williams / Live at the Montreux jazz Festival 1999(01年)」「Buster Williams / Houdini(01年)」「Buster Williams / Griot Liberte(04年)」以来ということになるのかな。その間にもいろんなアルバムで彼のプレイは耳にしているけれど、その中の「Hancock Island/The Music of Herbie Hancock(09年、別頁あり)」と本作のメンバーが全く同じなのは買ってから気づいた次第。ハンコックの楽曲を取り上げている「The Music of Herbie Hancock」は内容的にイマイチだったけど、こちらの方はウィリアムス以下のメンバーのオリジナル(書き下ろしかな?)をやっているだけあって、1曲目「Where Giants Dwell」からアップテンポの4ビートでアグレッシブに攻めていて、実にいい塩梅。ウィリアムスとジョージ・コリガンは普段からこういう感じだけど、スティーヴ・ウィルソンはいつになく熱いプレイで聴かせてくれるし、レニー・ホワイトもそれに輪をかけてガツンといっていて、早くも買ったよかったという気にさせてくれる。それはウィルソンがソプラノに持ち替えている2曲目「Song of the Outcasts」や、ウィルソンとホワイトのデュオ対決がある3曲目「Sisko」も同様で、どの曲をとっても気合が入りまくりの演奏にはノックアウト。おそらく各人の相乗効果(コリガンのテンションの高いピアノが引き金になっている感じ)でここまで凄いことになったのだと思うけど、アップテンポの曲が多い中でウィリアムスとホワイトは年齢を全く感じさせないプレイをしているのだから恐れ入ってしまう。5曲目「Lost on 4th Avenue」はコリガンがハンコック的にアウトしている16ビート系の曲だけど、こういうノリの曲であってもホワイトは当然として、ウィリアムスまでもがカッコいいベースで聴かせてくれるし、ゆったり目のテンポの曲なんかも非常に聴き応えがあって、最後まで「いいぞ、いいぞ!」と思いながら聴いていたら、トータル66分があっという間に終わってしまった。
私がジャズに求めているような汗が感じられる演奏には大満足。本作は録音も各楽器の音質、バランス共に良好なので、これは5つ星にしておこう。ちなみにウィリアムスとホワイトの共演盤の近作としては、「Cyrus Chestnut / Natural Essence(16年、別頁あり)」もなかなか良かった。

評価☆☆☆☆☆ (☆最悪!、☆☆悪い、☆☆☆普通、☆☆☆☆良い、☆☆☆☆☆最高!)


Audacity
Buster Williams
Membran
2018-06-22


--EDIT--

サマー・レコードコンサート2018 (2018.7.14)1

昨日大館市中央公民館で行われた大館ジャズクラブ主催のサマー・レコードコンサート(ギター特集)に当方が持参したCD(ここ1~2年の新譜)は下記のとおり。
今回は会員A氏の自作アンプに加えて、CDプレーヤーも会員S氏のTRIGONに替えたので、パラゴンが今まで以上に良い音で鳴ってくれました。

  3曲目「Blues Mind Matter」
  1曲目「Time Line」  
  CD2の2曲目「Let Loose」
  2曲目「Miles Beyond」
  5曲目「April in Paris」
6. Russell Malone / Time for the Dancers(時間の都合でかけず)
7. Oregon / Lantern(時間の都合でかけず)

サマー・レコードコンサート2018 (2018.7.14)2

サマー・レコードコンサート2018 (2018.7.14)3

--EDIT--

↑このページのトップヘ

google-site-verification: google878c7206ee6d4f7b.html