Jazz & Drummer

ジャズ・フュージョンの新譜や好きなドラマーのことなど音楽98%、感じたままに書いている個人ブログです。

Cyrus Chestnut / There's a Sweet, Sweet Spirit

Cyrus Chestnut (P)
Buster Williams (B)
Lenny White (Ds)
Steve Nelson (Vib)1, 4, 8
Charlotte Small, Keesha Gumbs, Djore Nance (Vo)7
Rec. February 27, 2017, NY
(HithNote Rocords HCD7304)

なかなか良かった前作「Cyrus Chestnut / Natural Essence(16年、別頁あり)」と同様、リズム隊がバスター・ウィリアムスとレニー・ホワイトだし、曲によってはスティーヴ・ネルソンも参加しているので、本作にはすぐに飛びついたのだが、タイトルが「There's a Sweet, Sweet Spirit」となっているのは気になることろ。でもクレジットを見てみたら10曲目の曲名であって、全体的に甘口の演奏をしているといったわけではないので、アルバムの当たり外れが多いサイラス・チェスナットではあるけれど、たぶん大丈夫だと思う。

チェスナット曲が1曲、ウィリアムス曲が1曲、ボビー・ハッチャーソンの「The Littlest One of All」「Little B's Poem」、ショパンの「Chopin Prelude」、マイルスの「Nardis」、スタイリスティックスの「You Make Me Feel Brand New」、R. Raingerの「Easy Living」、モンクの「Rhythm-A-Ning」、Doris Akersの「Thre's a Sweet, Sweet Spirit」で全10曲。
肩ひじ張らないリラックスした演奏が堪能できるのは前作とも変わらない。トリオだけではなく、ハッチャーソン曲の1曲目「The Littlest One of All」や4曲目「Little B's Poem」、スタンダードの8曲目「Easy Living」に参加しているネルソンも非常にいい雰囲気を醸し出しているし、ソウルフルなヴォーカル(コーラス)入りの7曲目「You Make Me Feel Brand New」も昔よく聴いた大好きな曲なだけに、もうこの曲を取り上げているだけでも嬉しくなってしまう。また3曲目「Nardis」と9曲目「Rhythm-A-Ning」のアレンジも良好だね。特に「Nardis」は途中からチェスナットが、奏法的にもこの曲のイメージが強いエヴァンスではなく、マッコイ・タイナーのように弾いているのだからなんともたまらない。クラシカルな2曲目「Chopin Prelude」なんかもトリオとして小洒落た演奏となっているし、ソロピアノによる5曲目「Christine」(ウィリアムス曲)や10曲目「Thre's a Sweet, Sweet Spirit」も素敵だし、ボッサ(サンバかな?)調の7曲目「CDC」(チェスナット曲)やアップテンポの9曲目「Rhythm-A-Ning」にはホワイトのソロが用意されているのも嬉しい限り。トリオ(曲によってはカルテット)としては予定調和な演奏ではあるけれど、そのおかげでどの曲を取っても安心して楽しむことができる。
演奏に特に不満はないし(選曲も実にいい)、録音も流石にエンジニアがマイク・マルシアーノ(ミックスとマスターは内藤克彦)だけあって、各楽器が温かみのある音で録れているしバランスも良好で、これは買って大正解。数あるチェスナットのリーダー作の中でもかなりいい線いっているね。

評価☆☆☆☆ (☆最悪!、☆☆悪い、☆☆☆普通、☆☆☆☆良い、☆☆☆☆☆最高!)


THERE S A SWEET, SWEET
CYRUS CHESTNUT
HIGNO
2017-07-21


--EDIT--

(HMV)
1.Robi Botos / Movin Forward(再注文)
2.Ralph Bowen / Ralph Bowen Feat.Jim Ridl Trio(再注文)
3.Bill Charlap / Uptown, Downtown(再注文)
4.Mike Stern / Trip(再注文)
5.Al Di Meola / Elegant Gypsy & More -40th Anniversary Tour
6.Christian Mcbride / Bringin' It(再注文)
7.Antonio Sanchez / Bad Hombre(再注文)
8.Mark Guiliana / Jersey(再注文)
9.Blue Note All-stars / Our Point Of View
10.John Mclaughlin 4th Dimension / Live At Ronnie Scott's(再注文)

5枚で40%オフセール利用。

--EDIT--

Peter Bernstein / Signs Live!

Peter Bernstein (G)
Brad Mehldau (P)
Christian McBride (B)
Gregory Hutchinson (Ds)
Rec. January 4, 2015, Live at Jazz at Lincoln Center, NYC
(Smoke Seccions Records SSR1705)

ピーター・バーンスタインのブラッド・メルドー、クリスチャン・マクブライド、グレゴリー・ハッチンソンとの共演盤は「Peter Bernstein Quartet / Signs Of Life(95年)」以来かな。当時は輸入盤を買える環境になかったので、残念ながら「Signs Of Life」は所有していないのだが、同じくメルドー参加の「Peter Bernstein +3 / Heart's Content(02年)」「Peter Bernstein +3 / Stranger in Paradise(04年)」は、ドラマーがビル・スチュワートということもあってよく聴いている。なので本作での2人のプレイも大体想像はつくのだが、マクブライドとハッチンソンがバースタインと共演しているのは聴いたことがないし、メルドーとリズム隊の2人の組み合わせも同様なので(3人ともジョシュア・レッドマンのバンドのメンバーではあったけど、参加していた時期がずれている)、はたしてどういうことになっているのか楽しみだ。

バーンスタイン曲が9曲と、モンクの「Pannonica」、「Crepuscule with Nellie / We See(メドレー)」で全11曲(CD1が5曲、CD2が6曲)。
いかにもバーンスタインらしい温かみのある演奏。オーソドックスながらも古めかしさは感じないバーンスタインのギターが相変わらず素敵だし、そんなバーンスタインと調和を取りながら、自分のトリオのときとはまた一味違ったピアノを弾いているメルドーの、リラックス感のあるプレイも実にいい塩梅。それに加えてマクブライドの上手さや(ソロの場面もたっぷりと用意されている)、ハッチンソンのバイタリティー溢れるドラミングも楽しめるのだから(ドラムソロでも大炸裂)、演奏的には何も文句はないのだが、ちゃんと聴こえはするもののベースの音に力感が欠けているのと、ドラムスも若干奥に引っ込んだ感じで録れているのは気になる部分。一発勝負のライブ録音(エンジニアはGreg Scholl)なので仕方がないとはいえ、そのせいでバンドとしての演奏がなんとなくよそよそしく感じてしまう。ついでにいうとCD1は速めの2曲目「Hidden Pockets」を除いて、似たようなテンポ(ミディアムやそれ以下の)の曲が続いているのも、曲調はそれぞれ異なっているとはいえどうかと思う。せっかくこれだけのメンバーが揃っているのだから、もっといろんなテンポの曲を用意した方が、より各人の妙技が楽しめてよかったと思うけどね。ベースソロとドラムソロがいいアクセントとなっているとはいえ、トータル76分も同じ調子で演奏しているものだから、途中からは冗長に感じてしまった。でもCD2(トータル77分)の方はバースタインの楽曲の中でも大好きな1曲目「Useless Metaphor」(「Larry Goldings, Peter Bernstein, Bill Stewart / Ramshackle Serenade(14年、別頁あり)」収録曲)を筆頭に、テンポ的な工夫もきちんと施されているので(特にアップテンポの3曲目「All Too Real」は演奏的にも素晴らしい)、これでよしとしよう。
ということで全てに共感できるといったわけではないけれど、オリジナル以外ではモンクの曲を取り上げていることもあってノリノリで楽しむことができた。ハッチンソンが使っているSAKAEのドラム(Trilogyシリーズ)も良い音しているし、2枚組で1,819円(HMVのセール価格)というリーズナブルな値段も嬉しい。

評価☆☆☆☆ (☆最悪!、☆☆悪い、☆☆☆普通、☆☆☆☆良い、☆☆☆☆☆最高!)


Signs Live!
Peter Bernstein
Smoke Sessions Rec
2017-07-28


--EDIT--

↑このページのトップヘ

google-site-verification: google878c7206ee6d4f7b.html