Jazz & Drummer

ジャズ・フュージョンの新譜を中心に感じたままに書いている個人ブログです

Fred Hersch Trio / Live in Europe

Fred Hersch (P)
John Hebert (B)
Eric McPherson (Ds)

Produced by Fred Hersch
Recorded at Flagey Studio 4, Belgium, November 24th, 2017
Recorded by Stef Lenaerts for MotorMusic
Mixed by Rick Kwan, Willamsburg, NYC
Mastered by Mark Wilder, Battery Studios, NYC
Fred Hersch plays the Steinway Piano
Graphic Design by Christopher Drukker
Photo by John Abbott
(Palmetto Records PM2192)

1. We See (Thelonious Monk) 5:51
2. Snape Maltings (Fred Hersch) 7:24
3. Scuttlers (Fred Hersch) 2:39
4. Skipping (Fred Hersch) 4:49
5. Bristol Fog (for John Taylor) (Fred Hersch) 8:26
6. Newklypso (for Sonny Rollins) (Fred Hersch) 8:40
7. The Big Easy (for Tom Piazza) (Fred Hersch) 6:56
8. Miyako (Wayne Shorter) 7:10
9. Black Nile (Wayne Shorter) 6:44
10. Blue Monk (Solo Encore) (Thelonious Monk) 5:17

ジョン・エイベア、エリック・マクファーソンがレギュラーメンバーの近年のフレッド・ハーシュ・トリオのアルバムを買うのは、「Fred Hersch Trio / Floating(14年、別頁あり)」「The Fred Hersch Trio / Sunday Night at the Vanguard(16年、別頁あり)」に次いで3枚目だけど、本作も「Sunday Night at the Vanguard」と同様のライブ盤だけあって、ハーシュだけではなくリズム隊の2人もバイタリティ溢れるプレイをしているし、トリオとしての演奏にも濃密さが増していて実にいい塩梅。1曲目「We See」はただでさえ良い楽曲が、センスのいいアレンジと現代性が感じられる演奏でますますカッコいいことになっているし、フリー調の2曲目「Snape Maltings」や3曲目「Scuttlers」もどこまで譜面に書かれているのかは分からないけれど、3人が一糸乱れぬプレイ(阿吽の呼吸という表現がピッタリ)をしていて、流石に長年同じメンバーでやっているだけのことはある。4曲目「Skipping」もリズミカルな楽曲が私好みだし(ハーシュの右手と左手の同時進行が特徴的)、for John Taylorとなっている5曲目「Bristol Fog」も、テイラーのイメージとはちょっと違うけどエヴァンス的な演奏で聴かせてくれるし、for Sonny Rollinsの6曲目「Newklypso」も、タイトルどおりの現代調のカリプソ演奏に動いた体が止まらなくなってしまうし(長めのドラムソロも素敵)、その後にも大好きなショーターやモンクの楽曲が続いているものだから完全にやられてしまった。
選曲と演奏には文句のつけようがないし、録音もまた格別で、クリアーながらも温かみが感じられる各楽器が立体感を伴いながらスピーカーの前にせり出してきて、オーディオ的にも満足させてくれるので、本作は5つ星にしておこう。今まで聴いてきたハーシュのアルバムの中では、これが一番気に入った。

評価☆☆☆☆☆ (☆最悪!、☆☆悪い、☆☆☆普通、☆☆☆☆良い、☆☆☆☆☆最高!)


LIVE IN EUROPE
FRED HERSCH
PALME
2018-05-25


--EDIT--

The Stanley Clarke Band / The Message

Stanley Clarke (B, Talkbox, Vo)
Beka Gochiashvili (P)2, 3, 4, 6, 7, 9, 10, 11
Cameron Graves (Syn)2, 3, 4, 6, 9, 10, 11
Mike Mitchell (Ds, El-Ds)2, 3, 4, 6, 7, 9, 10, 11
Doug E Fresh (Beatbox)1
Salar Nadar (Tabla), Doug Webb (Sax, Fl), Chuck Findley (Tp, French Horns)2
Michael Thompson (G)3
Steve Blum (Vo)4
Pat Leonard (Syn, Sound design)5
Skyeler Kole (Vo), Trevor Wesley (Vo), Sofia Sara Clarke (Spoken words), Michael Thompson (G)6
Dominque Taplin (Additional-Syn), Marl Isham (Tp), Doug Webb (Ts), Ron Stout (Tp), Dwayne Benjamin (Tb), Chris Clarke (Backing-Vo)10
Doug E Rrech (Vo), Doug Webb (Ts), Ron Stout (Tp), Dwayne Benjamin (Tb)

Producer: Stanley Clarke
Executive Producer: Gretchen Valade
EVP of A&R: Al Pryor
Production Manager: Will Wakefield
Executive Producer for Roxboro Entertainment: Atron Gregory
Administrative Assistants for Roxboro Entertainment: George Madrid & Nachae West
Chief Engineer: Gerry "The Gov" Brown
Recorded by Travis Rogers at ICP Studio, Brussels, Belgium
Mixed by Gerry "The Gov" Brown and Bobby Campbell at The Village, Los Angeles, CA
Over-Dubbing Engineer: Johnathan Hakakian
Mastered by Kevin Peterson at The Mastering Palace, New York, NY
Photogrphy, Creative Direction + Design: Raj Naik・naikdesign.com
Creative Services + Production: Maria Ehrenreich
Product Manager: Sharon Green
(Mack Avenue Records MAC1116)

1. And Ya Know We're Missing You (Stanley Clarke & Doug E Fresh) 1:58
2. After the Cosmic Rain/Dance of the Planetary Prince (Stanley Clarke) 6:59 
3. The Rugged Truth (Cameron Graves, Beka Gochiashvili, Mike Mitchell) 3:32
4. Combat Continuum (Cameron Graves, Steve Blum, Stanley Clarke, Beka Gochiashvili, Mike Mitchell) 5:04
5. The Message  (Stanley Clarke) 2:47
6. Lost in a World (Stanley Clarke, Mike Mitchell, Cameron Graves, Beka Gochiashvili, Skyeler Kole, Trevor Wesley, Sofia Clarke, Roxanne Seeman) 5:31
7. Alternative Facts (Stanley Clarke, Cameron Graves, Beka Gochiashvili, Mike Mitchell) 3:46
8. Bach Cello Suite 1 (Prelude) (Johann Sebastian Bach, arranged by Stanley Clarke)  2:25
9. The Legend of the Abbas and the Sacred Talisman (Stanley Clarke, Beka Gochiashvili) 4:03
10. Enzo's Theme (CameronGraves, Mike Mitchell, Beka Gochiashvili)3:44
11. To be Alive (Stanley Clarke, Doug E Fresh, Mike Mitchell,Cameron Graves) 4:52

ここ10年ぐらいはコマーシャリズムから脱却して、初期のように真摯な姿勢で音楽に取り組んでいるスタンリー・クラークだけど、本作ではチック・コリアやレニー・ホワイトも可愛がっているベカ・ゴチアシュヴィリ(「Beka Gochiashvili / Beka Gochiashvili(13年)」別頁あり)や、ロナルド・ブルーナーJr.に代わってマイク・ミッチェルがレギュラーメンバーとなり、バンドとして更なる若返りを図っているのが興味深いところ。二人は前作「The Stanley Clarke Band / Up(14年、別頁あり)」にも数曲参加していたけれど、そこにリーダー作「Cameron Graves / Planetary Prince(17年、別頁あり)」が非常に良かったキャメロン・グレーブス(ブルーナーJr.と同様カマシ・ワシントン一派)も加わって、これまで以上に活力の漲った演奏で楽しませてくれる。1曲目「And Ya Know We're Missing You」は打ち込み的なヴォイスパーカッション(かな?)に乗っかりながらベースを弾いているのが陳腐な感じがしないでもないものの、2曲目「After the Cosmic Rain/Dance of the Planetary Prince」でRTF時代の「After the Cosmic Rain」(「RTF / Hymn of the Seventh Galaxy(第7銀河の讃歌)」収録)を大胆なアレンジでやっているのには、多感な時期にこのアルバムを狂ったように聴いていた身としては大感激。もうこの1曲だけでも元を取ったというのに、続くどの曲もがクラークが流石のプレイで聴かせてくれるのは当然として、それにも増してゴチアシュヴィリ、グレーブス、ミッチェルが若さあふれるパワーと驚異的なテクニックで攻めまくっているのだからなんともたまらない。そんな3人を前面に打ち出して、自分は監督的な立場でいようとするクラークの意図はジャケ写からも見えてくる。曲によってはブラコン的なヴォーカルやスポークンワードがフィーチャーされているけれど、核となっているバンドの演奏自体がカッコいいので、そんなこともどうでもよくなるね。アップテンポの4ビートの7曲目「Alternative Facts」や、曲途中で4ビートにチェンジする3曲目「The Rugged Truth」ではゴチアシュヴィリが真価を発揮してギンギンに弾きまくっているのに加えて、ミッチェルも相当凄いことになっているし、クラークがバッハの曲に挑んだアルコソロの8曲目「Bach Cello Suite 1 (Prelude) 」や、ピアノとのデュオでウッドを弾いている9曲目「The Legend of the Abbas and the Sacred Talisman」なんかも相変わらずの素晴らしさで、どの曲も「いいぞいいぞ!」と思いながら聴いていたら、トータル44分があっという間に終わってしまった。
これでインスト曲を増やすとか、1曲の演奏時間を長くするなりして、トータルで1時間ぐらいやっていればもっとよかったと思うけど、演奏には概ね満足するし、録音もこの手のオーバーダブもありのフュージョンものとしては妙に生々しい音で録れているので、本作はオマケして5つ星にしておこう。

評価☆☆☆☆☆ (☆最悪!、☆☆悪い、☆☆☆普通、☆☆☆☆良い、☆☆☆☆☆最高!)

MESSAGE
STANLEY CLARKE BAND
MACAV
2018-06-29



--EDIT--

Davy Mooney & Ko Omura / Benign Strangers

Davy Mooney (G)
John Ellis (Ss, Ts, B-Cl, Cl)
Glenn Zaleski (P)
Matt Clohesy (Ac-B)
Ko Omura (Ds, Tabla)

Recorded at Big Orange Sheep Studios, Brooklyn NY
Recorded on the 8th and 9th of January 2018
Mastered by Crown Mastering Studios
Miced by Michael Perez-Cisneros, January 2018
Recording Engineer: Michael Perez-Cisneros
Assistant Engineer: Alex Haley
Photography: Ko Omura
Graphic Design: Christopher Drukker
(Studio Songs YZSO-10084)

1. Benign Strangers (Ko Omura) 6:27
2. In This Balance of Time (Davy Mooney) 5:56
3. Dim (Davy Mooney) 6:03
4. Subconscious Partner (Ko Omura) 5:10
5. Unimagined Virtues (Ko Omura) 6:59
6. Shady Shores (Davy Mooney) 6:23
7. Hiraeth (Ko Omura) 5:33
8. Polly Pulse (Davy Mooney) 5:59
9. The Heights (Davy Mooney) 5:22
10. 29th Rord (Ko Omura) 5:29

ライブを観たりドラムクリニックに参加したりと、ここ2年ぐらいは生のプレイに接する機会が多い大村亘だけど、アルバムで聴くのは「Bungalow / You Already Know(17年、別頁あり)」に次ぎ、本作で2枚目。今回は外国のメンバーと共演しているNY録音のリーダーアルバム(ニューオリンズ出身のデイヴィー・ムーニーとの双頭作品)なので、もうそれだけでもそそられるのだが、実際の演奏も日本人臭さを全く感じさせないコンテンポラリー・ジャズが展開されていて実にいい塩梅。「Bungalow」もやっている音楽の本質は変わらないと思うけど、メンバーと編成が異なる分、こちらの方がよりアメリカというかNY的な臭いがするね。楽曲は非4ビートを主体として、曲や場面によっては4ビート展開もあり。大村のドラミングは、5曲目「Subconscious Partner」で披露しているタブラも含めて決して派手ではないけれど、そのプレイには現代的なセンスのよさが感じられるし、曲調にもバッチリ嵌っていて、流石だなあと思わせてくれる。これが初聴きのムーニーのギターは、マイク・モレノをシンプルにした感じといえば分かりやすいかな。これはこれで悪くはないのだが、曲作りも含めて総じて大人しい印象なので、場面によってはもっと攻めてもよかったのではと思う。同じく初聴きのグレン・ザレスキーは共演者の中で一番貢献度が高い感じ。メロディアスなフレーズを重視しながらの、アーロン・パークスあたりにも通じる現代的なプレイが魅力的。またマット・クローシーのベースも曲調の範囲内でちゃんと自己表現していて好感が持てるのだが、テナーやソプラノの他にクラリネットやバスクラも吹いている(オーバーダブもあり)ジョン・エリスだけは合わせすぎのような気がしないでもない。でもそのおかげでバンドとしての調和が取れている部分もあるので、これでよしとしよう。曲調としてのバランスがよく取れているオリジナルの楽曲の中では、1曲目「Benign Strangers」、4曲目「Subconscious Partner」、6曲目「Shady Shores」、9曲目「The Heights」が特に気に入った。
全体的にクールな雰囲気を醸し出していながらも、内面には熱いものがある演奏には、バンドとしてのオリジナリティーが感じられるし、本作は録音も各楽器が温かみのある音で録れていて良好だね。アメリカやオーストラリアでの生活が長く、タブラ修行でインドにも行ったりして国際感覚を身につけている大村には、日本はもとより世界中での更なる活躍を期待している。

評価☆☆☆☆ (☆最悪!、☆☆悪い、☆☆☆普通、☆☆☆☆良い、☆☆☆☆☆最高!)


BENIGN STRANGERS
大村亘 KODA
スタジオソングス
2018-04-25


--EDIT--

↑このページのトップヘ

google-site-verification: google878c7206ee6d4f7b.html