Jazz & Drummer

ジャズ・フュージョンの新譜や好きなドラマーのことなど音楽98%、感じたままに書いている個人ブログです。

Lauren Sevian / Bliss

Lauren Sevian (Bs)
Alexa Tarantino (As)
Robert Rodriguez (P)
Christian McBride (B)
E.J. Strickland (Ds)

Producer: Marc Free
Engineer: Nick O'Toole
Asst. engineer: Michael Brorby
Recorded: September 19, 2017, Acoustic Recording, Brooklyn, NY
Mixed and Mastered: Woodland Studio, Lake Oswego, OR
Photography: Anna Yatskevich
Package design: Jamie Brunson
(Posi-Tone Records PR8184)

1. Triple Water 5:59
2. Square One 4:39
3. Bliss 4:31
4. Bluesishness 5:35
5. Goldies Chance 5:50
6. Miss Lady 5:45
7. Lamb And Bunny 4:45
8. In The Loop 6:45
9. Evergreen 6:22
10. Minimal Moves 4:52
All compositions by Lauren Sevian exept "Square One" by Alexa Tarantino

バックのメンバー買いした「Lauren Sevian / Blueprint(10年、別頁あり)」が相当良かったローレン・セヴィアンだけど、本作もまたベースが大好きなクリスチャン・マクブライドで、ドラムもEJストリックランドなのだから大いにそそられる。実際の演奏も1曲目「Triple Water」からセヴィアンが女性とは思えないほどパワフルなプレイで攻めているし、「The Rodriguez Brothers / Impromptu(15年、別頁あり)」以来聴くのは久しぶりとなるマイケル・ロドリゲスもコンピング、アドリブ共にテンションの高いプレイで応酬していて、実にいい塩梅。リズム隊が強靭なことも相まって、早くもノリノリで楽しませてくれる。でも2曲目「Square One」は同じ女性サックス奏者(アルト)のアレキサ・タランティーノの音楽性に合わせすぎたのか、1曲目ほどの凄みは感じないけどね。とはいえこの曲が続くバラード曲の3曲目「Bliss」へのいい橋渡しとなっているのでこれでよしとしよう。オーソドックスなブルース曲の4曲目「Bluesishness」も、テーマをあえてバリトンで吹くには大変そうな速いパッセージにしているところにセヴィアンの挑戦心が感じられるし、3拍子の5曲目「Goldies Chance」もリリカルな曲調ながらもアグレッシブに攻めているのが私好み。バリトン奏者の近作としては、ちょっと前に「Ronnie Cuber / Ronnie's Trio(18年、別頁あり)」を聴いたばかりだけど、テクニック的にも音楽的にもセヴィアンの方がはるかによく感じるのは、それだけバリトンの世界も進化しているのだろう。楽曲は4ビートがほとんどではあるも、中には7曲目「Lamb And Bunny」のように超アップテンポの曲まであったり、同じくアップテンポの10曲目「Minimal Moves」はコード進行が「Giant Steps」のもろパクリだったりして、こういうところからも彼女の難曲に挑戦しようとする意気込みがビンビン伝わってくる。もちろんそれだけではなく、数曲入っているバラード曲や8曲目「In The Loop」のような8ビート系の曲でのプレイも素敵だし、ロドリゲス、マクブライド、ストリックランドがいい仕事をしているのは当然として、3曲のみ参加のタランティーノのちょっとした癖が感じられるプレイも魅力的なおかげで、どの曲をとってもルンルン気分で楽しむことができた。
本作は演奏だけではなく、録音も各楽器の質感、バランス共に上々で、音的にも満足させてくれる。内容的には「Lauren Sevian / Blueprint」の方がもっと良かった気もするけれど、セヴィアンのように自分のツボにバッチリ嵌る現役のバリトン奏者はそうそういるものではないので、これはオマケして5つ星にしておこう。

評価☆☆☆☆☆ (☆最悪!、☆☆悪い、☆☆☆普通、☆☆☆☆良い、☆☆☆☆☆最高!)


Bliss
Lauren Sevian
Posi-tone Records
2018-05-30


--EDIT--

Theo Hill / Interstellar Adventures

Theo Hill (P, El-P)
Rashaan Carter (Ac-B, El-B)
Rudy Royston (Ds, Per)

Producer: Marc Free
Engineer: Nick 'Toole
Asst. Engineer: Michael Brorby
Recorded: September 20, 2017, Acoustic Recording, Brooklyn, NY
Mixed and Mastered: Woodland Studio, Lake Oswego. OR
Theo Photo: Tomas Esquivel
Package Design: Jamie Brunson
(Posi-Tone Records PR8183)

1. Interstellar Adeventures (T. Hill) 5:22
2. Black Comedy (T. Williams) 4:14
3. Retrograde (T. Hill) 4:55
4. Cyclic Episode (S. Rivers) 3:44
5. The Comet (T. Hill) 5:48
6. Gyre (T. Hill) 6:37
7. Thorn of a White Rose (J. Hammer) 4:26
8. Revelations (K. Kirkland) 5:44
9. For Those Who Do (M. Miller) 6:09
10. Enchanted Forest (T. Hill) 3:38

テオ・ヒルは「Frank Lacy / Live at Smalls(14年、別頁あり)」で、またラサーン・カーターも同じく「Live at Smalls」や「Wallace Roney/If Only For One Night(10年、別頁あり)」「The Wayne Escoffery Quintet / Live at Firehouse 12(14年、別頁あり)」ぐらいでしか聴いたことがないのだが、本作には大好きなルディ・ロイストンが参加しているのですぐに飛びついた。生きのいいメンバーが揃っているので、1曲目からパワー全開でガンガン飛ばしていると思いきや、意外にもリリカルというか知的な演奏となっているのはヒルの音楽性なのだろう。とはいえ演奏は次第に熱を帯びてきて、特にロイストンはいつも通りの元気溌剌で容赦のないドラミングで攻めているので、早くも買ってよかったという気にさせてくれるけどね。2曲目もいよいよ本領発揮といった感じで、「そうそう、これこれ」と思わせてくれるようなアグレッシブな展開となっているし、エレピを弾いている3曲目も大好きな「Actual Proof」(ハンコック曲)のパクリ的な曲調なのに加えて、こっち系の演奏への対応力にも長けているだけあって、なかなかいい感じで楽しませてくれる。また4曲目にも私好みのモーダルな感じのアップテンポの4ビートが用意されているし、5曲目もコルトレーンやマッコイ的な6/8拍子のパワフルな演奏となっているのだから嬉しい限り。どの曲も「いいぞ、いいぞ」と思いながら聴いていたら、トータル50分があっという間に終わってしまった。
ミュージシャンが自分の実力(テクニック面での)を出し切らないで終わるような音楽性重視のアルバムも多い中、私が望んでいるのは各人がお互いのプレイに刺激を受けながら、自分の限界にも挑戦しているようなエネルギッシュな演奏なので、思っていたほどガツンとくる曲は多くないし、聴き終わった後にもロイストンの強烈なドラミング以外はあまり印象に残らないけれど、これはオマケして5つ星にしておこう。本作は録音も各楽器の質感、バランス共に良好だ。

評価☆☆☆☆☆ (☆最悪!、☆☆悪い、☆☆☆普通、☆☆☆☆良い、☆☆☆☆☆最高!)


Interstellar Adventures
Theo Hill
Posi-tone Records
2018-05-30


--EDIT--

ヘッドホン SONY WH-CH500を購入1

昨年9月に購入したワイヤレスヘッドホン iDeaUSA V203(別頁あり)は音質的に非常に気に入っていたのだが、普通に使っていただけなのに下の写真のとおりポッキリ折れてしまい(おそらく構造上の欠陥)、その旨をメーカーにメールしても保証期間内にもかかわらず返事が来ないので、仕方なくSONYのWH-CH500という発売されたばかりのワイヤレスヘッドホンを新たに購入した。
さっそくiPhoneに接続して音楽を取っ替え引っ替え聴いているけれど、若干ハイ上がりなのと、ヴォーカルのシ音がきつめなのと、ベースとバスドラが柔らかめなのが気になる点ではあるものの、エージングが進めばもう少し好みの音に近づいてくると思うし、そんなにボリュームを上げなくても大きい音が出るし、マイクが付いているので電話をヘッドホンで受信できるのは当然として、なんとSiriまで呼び出すことができるし、AACが対応コーデックとなっていて、これは買って大正解。オープンエアータイプなので密閉型よりも重量が軽いし、側圧が強くないので、長時間ヘッドホンをつけていても耳が痛くならないのも利点だね。

ヘッドホン SONY WH-CH500を購入2
ヘッドホン SONY WH-CH500を購入3



--EDIT--

↑このページのトップヘ

google-site-verification: google878c7206ee6d4f7b.html