Jazz & Drummer

ジャズ・フュージョンの新譜や好きなドラマーのことなど音楽98%、感じたままに書いている個人ブログです。

Kamasi Washington / Harmony of Difference

Kamasi Washington (Ts)
Ryan Porter (Tb)
Dontae Winslow (Tp)
Cameron Graves (P)
Brandon Coleman (Key)
Miles Mosely (Ac-B)
Ronald Bruner Jr. (Ds)
Tony Austin (Ds, Per)
Truth (Tr6): Rickey Wahington (Fl), Terrace Martin (As), Thundercat (El-B), Matt Haze (G), Nick Mancini (Vib)
Paul Catwright, Chris Woods, Jen Simone, Tylana Renga (Vln)
Molly Rogers, Andrea Whitt (Viola)
Peter Jacobson, Artyom Manukyan (Cello)
Thalma De Freitas, Taylor Graves, Doctor Dawn Norfleet, Patrice Quinn, Jimetta Rose Smith, Dexter Story, Dustin Warren, Steven Wayne, Mashica Winslow (Choir)
Rec. 2017?, LA
(Young Turks YTCD171 )

カマシ・ワシントンの前作「Kamasi Washington / Epic(15年)」(3枚組の大作)は買おうかどうしようか迷っているうちに月日が経ってしまったのだが、ワシントンと同じ一派のキャメロン・グレイヴスの「Cameron Graves / Planetary Prince(17年、別頁あり)」を聴いたらとても良かったので、本作にはすぐに飛びついた。LPでのリリースを考慮したためなのか、6曲しか入っていないミニアルバムとなっているけれど、ワシントンのバンド(ザ・ネクスト・ステップ)のレギュラー・メンバーに、ラスト曲にはストリングスやコーラス等まで加わって、はたしてどういうことになっているのか楽しみだ。

全6曲がワシントンのオリジナル。
マッコイ・タイナーの「Sahara」「Atlantis」「Fly With the Wind」「Trident」あたりにも通じる「Planetary Prince」的なエネルギッシュな演奏を期待して買ったけど、1曲目「Disire」は70年代のソウル的な音楽をやっていて肩透かしを食らってしまう。でも2曲目「Humility」はハードな4ビートでガツンといっているね。おそらくこの両面がワシントンの持ち味なのだろうが、ミニアルバムのためか「いいぞいいぞ」と思いながら聴いていても、曲がすぐに終わってしまうのは残念なところ。前作「Epic」は3枚組なので、逆に聴き終わった後にはドッと疲れたと思うけど、その辺の聴き手の心理まできちんと計算したアルバム作りにすれば、ワシントンはもっと多くの人に認められるのではと思う。楽曲的にも5曲目「Integrity」なんかは「Brazil」的な曲調が決して嫌いではないけれど、どうせやるのならこういう似た感じの曲を作ってみました的なものではなく、それを上回るほど素敵なのを作って欲しいし、編成的にも全編を通してツインドラムの必要性は感じられない。大所帯でやっている6曲目「Truth」だけは演奏時間が長いし、コーラスを効果的に用いながら壮大な演奏となっているのにはそれなりのオリジナリティも感じられるけど、ワシントンがやりたい音楽は伝統的な4ビートジャズとも今どきのコンテンポラリー・ジャズとも異なっているので、今後は音楽的にもメンバー的にも行き詰ってしまわないかが心配。同じ黒人テナー奏者ではカーク・ウェイラムなんかもスムースジャズのブームに乗っかったせいで、自分が本当にやりたい音楽を見失ってしまった感があるけれど(近年は真摯な姿勢でジャズに取り組んでいるが)、売れ線狙いでやっても簡単には儲からないのが今の時代なので、ワシントンにはそうならないことを願っている。
ということで演奏は期待したほどではないし、録音(エンジニアは)にも変な加工臭があって、本作よりも私としてはグレイブスの「Planetary Prince」の方が、ロナルド・ブルーナーJrが本気モードで容赦なくいっていることも相まって、はるかに好きだ。

評価☆☆☆ (☆最悪!、☆☆悪い、☆☆☆普通、☆☆☆☆良い、☆☆☆☆☆最高!)


Harmony of Difference [輸入盤CD](YTCD171)
Kamasi Washington
Young Turks
2017-09-29


--EDIT--

VATER Sugar Maple 8Aを購入1

9月に購入したVIC FIRTH American Jazz AJ2は2回のライブとセッションで使用してみてけっこういい感じではあるのだが(ライドシンバルの刻み音も気に入っている)、太さが1.44cmあり、その日の気分によっては太く感じることがあるので、細めのVATER Sugar Maple 8Aを某通販店のポイント活用で買ってみた。
この8AはVIC FIRTHのAmerican Classic HD4(別頁あり)American Custom SD4 COMBO(HD4のメイプル版、別頁あり)と長さも形状もよく似ているけど、これらが1.38cm×40.32cmなのに対し、1.41cm×40.64cmと若干太くて長めなので、スティックを握った感触は異なっている。その辺が実際にドラムセットで叩いたときにどうでるかなのだが、細身のスティックはVIC FIRTHのAmerican Classic 7A(1.37cm×39.37cm)を長年愛用しているも、最近はその短さが気に入らなくて、かといって同じAmerican Classicの8D(1.37cm×40.64cm)もイマイチしっくりこないので、メイプル製という軽さも含めて、今後はこの8Aが新たなリファレンスとなってくれることを願っている。

IMG_7106

--EDIT--

(HMV)
1.Jasper Somsen / New Episode In Life Pt.2(再注文)
2.Laurent De Wilde / New Monk Trio(再注文)
3.Antonio Sanchez / Bad Hombre
4.Sherman Irby / Cerulean Canvas(再注文)
5.Brian Blade / Body & Shadow(再注文)

5枚で40%オフセール利用。
6.渡辺貞夫 / Re-Bop 
7.大西順子 / Glamorous Life



--EDIT--

↑このページのトップヘ

google-site-verification: google878c7206ee6d4f7b.html