Jazz & Drummer

ジャズ・フュージョンの新譜や好きなドラマーのことなど音楽98%、感じたままに書いている個人ブログです。

Kevin Eubanks / East West Time Line

Tracks 1-5
Kevin Eubanks (G)
Orrin Evans (P, Rhodes)
Dave Holland (B)
Nicholas Payton (Tp)
Jeff 'Tain' Watts (Ds)
Tracks 6-10
Kevin Eubanks (G)
Rene Camacho (B)
Mino Cinelu (Per)
Bill Pierce (Ts)
Marvin 'Smitty' Smith (Ds)
Rec. 2016?, NYC, CA
(Mack Avenue MAC1119)

昔だけではなく、近年のリーダー作「Kevin Eubanks / Zen Food(10年、別頁あり)」「Kevin Eubanks / The Messenger(12年、別頁あり)」や、「Dave Holland / Prism(13年、別頁あり)」「Orrin Evans / #knowingishalfthebattle(16年、別頁あり)」でのプレイも相変わらず素晴らしかったケヴィン・ユーバンクスだが、本作では東西対抗的なアルバム作りとなっているのが興味深い。私の好みとしてはメンバー的にNYレコーディングの方だけど、CAの方もドラマーが上記「Zen Food」や「The Messenger」から引き続きのマーヴィン・ スミッティ ・スミスだし、この2枚にはレネ・カマチョとビル・ピアースも参加しているので、どちらの演奏であってもいい感じで楽しめるのは間違いないだろう。

ユーバンクスのオリジナルが5曲(NYレコーディング)と、デューク・エリントンの「Take The Coltrane」、チック・コリアの「Captain Senor Mouse」、レイ・ブライアントの「Cubano Chant」、マーヴィン・ゲイの「What's Going On」、スタンダードの「My One and Only Love」(CAレコーディング)で全10曲。
NYレコーディングの方は、いかにもこのメンバーらしいキビキビとした演奏。1曲目「Time Line」における10/8拍子の変則的なテーマ部分を聴いただけでもワクワクしてしまうのだが、4ビートにチェンジ(コード進行も変えているよう)してからのユーバンクスのイケイケなアドリブがこれまたカッコいいし(ニコラス・ペイトンは思ったほどではないけれど)、後半には終始豪快に叩いているワッツのソロも用意されていて、もうこの1曲だけでも買ってよかったという気分にさせてくれる。またユーバンクスがアコギに持ち替えて弾いている2曲目「Watercolors」も、モーダルな雰囲気を醸し出しながらのゆったりとした3拍子(6/8拍子)の中、ユーバンクスは当然として、ペイトンも曲調にバッチリ嵌ったプレイで聴かせてくれる。そのペイトンは3曲目「Poet」の前半(ユーバンクスとのデュオ部分)でエレピ、デイヴ・ホランドとワッツが加わってからの後半ではアコピを弾いているけれど、こちらのプレイもピアノが本職でも食っていけるのではと思うほどに上手だね。同じくペイトンがアコピを弾いている4曲目「Carnival」では、ホランドの短いながらも骨太なソロが素敵。ファンク調の3拍子の5曲目「Something About Nothing」も比較的ラフな曲作りの中、各人が持ち味をきちんと発揮したプレイで楽しませてくれる。
CAレコーディングの方は、6曲目「Take The Coltrane」を2-3のルンバ・クラーベでやっているのが面白い。そのリズムが原曲のメロディーに何の違和感もなく嵌っているのだから、これはアイデアの勝利といっていいだろう。アドリブ一番手でテナーを吹いているピアースといい、その後のユーバンクスといい、流石のプレイで聴かせてくれるし、カホン等いろんなパーカッションを使いながらのミノ・シネルのソロも個性的で、スミスだけはバッキングに徹してるものの、こちらのユニットもNY組と比べて遜色ない演奏で楽しませてくれる。アドリブ部分であえてベースを休みにしているのも、プロのアレンジならではといった感じだね。続く7曲目「Captain Senor Mouse」ではスミスが大活躍。アコギを弾いているユーバンクスとのデュオ(シネルも味付け程度に加わっている)だけど、テーマを難しいキメの部分以外はバッサリとカットして、新たにユーバンス的なものを付け加えている斬新なアレンジと丁々発止な演奏が相まって、この曲が大好きな私をルンルン気分にさせてくれる。ピアースがソプラノを吹いているボサノヴァタッチの8曲目「Cubano Chant」も、スミスがリムショットではなく普通にスネアを叩くことによって、軽い中にも重量感があるのがいい塩梅だし、9曲目「What's Going On」を速めの4ビートでやっているのも、自分にはこのような発想がなかっただけにビックリ。短めの演奏でフェードアウトで終わっているのには不満が残るけど、ギター、テナー、ベースだけでやっているラストの「My One and Only Love」でのオーソドックスな演奏が心に染み渡って、そんなことはどうでもよくなった。
ということで演奏自体はどちらのユニットにも満足するのだが、録音(エンジニアはRobert M. Biles)はホランドのベースが曲により不鮮明なのが気になるところ。またワッツのドラムの音も緩めだし、全体的に昔のCTIのような加工臭も感じられるので、もっと素直な音で録って欲しかった。

評価☆☆☆☆ (☆最悪!、☆☆悪い、☆☆☆普通、☆☆☆☆良い、☆☆☆☆☆最高!) 

East West Time Line
Kevin Eubanks
Mack Avenue
2017-04-07

 

--EDIT--

スプリング・レコードコンサート(2017.4.15)

毎年1月に開催しているレコードコンサート(大館ジャズクラブ主催)を、今年から春夏秋冬の年4回実施することとなり、その第一弾としてスプリング・レコードコンサートが、昨日大館市中央公民館にて行われました。今回はジャズピアノをテーマに、各自が持参したピアノトリオを主体とした新旧のアルバムを3時間に渡ってたっぷりと堪能。会員A氏が製作持ち込みの真空管アンプ等のおかげで、会場備え付けのJBLパラゴンもこれまでになく良い音(音楽的な)で鳴ってました。
 
当方が持参した7枚のCDうち、視聴したのは下記の5枚。ここ2~3年の新譜から選びました。
 2曲目 Sushi
 9曲目 One's a Crowd
 2曲目 Old City
 4曲目 Medley: La plus lente que lente / La moins que lente
 7曲目 Twelve Tone Rag

次回サマー・レコードコンサートの開催は7月中旬の土曜日(15日の予定)、サックス(クラリネットも含む)特集に決定です。会員以外の方もお気に入りのCD・LPを持参の上、是非ご参加ください。  

--EDIT--

↑このページのトップヘ

google-site-verification: google878c7206ee6d4f7b.html