Jazz & Drummer

ジャズ・フュージョンの新譜や好きなドラマーのことなど音楽98%、感じたままに書いている個人ブログです。



第1期パット・メセニー・グループのドラマーだったダニー・ゴットリーブ。その後はギル・エバンス・オーケストラ、アル・ディメオラ、新生マハビシュヌ、マンハッタン・ジャズ・オーケストラ(89~93年)等いろいろやっているが、何と言ってもメセニー時代の盟友マーク・イーガンと89年に結成したエレメンツが一番印象に残っているかな。サックスのビル・エバンスも参加したりして、爽やかながらもアグレッシブなところがありとてもカッコいいバンドだったね。ちょうどエレドラ(シモンズとか)が全盛の頃だったが、ゴットリーブももちろん使ったりしていた。アルバムは5~6枚出しているが、エレメンツは現在も続いているのかは不明。その他高内春彦や小野リサともやっていたっけ。リーダー作もWhirlwind(89年)、Freedom(91年)と出している。

で「最近はどうよ」と言われれば、これはもう完全にジャズの人である。
Jazz Beautiful Ballads(04年)、Jazz Classics(05年)と2年連続で4ビートジャズのリーダー作を出しているね。
あと04年にBack To The Pastという2枚組みも出しているようだが、これは価格が高すぎて(6,000円ぐらいする)買っていないので内容は分からない。

ゴットリーブは基本的にはフュージョンから4ビートまで何でも出来るオールラウンドプレーヤーってところかな。(今の世の中ではあたりまえのことだが)
ドラムの音の特長としては軽めで明るいっていう印象が強いな。これはメセニー時代から変わっていないような気がするので、もしかすれば彼のチューニングの仕方によるのかも知れない。
ドラミングは手数がそこそこ多いながらも気持がちいい程シャープだね。とても手に負えないような恐ろしいフレーズを出してくる人ではないので、ドラム初心者でも比較的コピーはしやすいのではないかと思う。

最近のもののおススメは上記Jazz Classics(05年、輸入盤)。アンディ・ラバーン、チップ・ジャクソンによるピアノトリオだが、エバンスライクなアンディのバックで結構遊んでいますな。
メセニー時代以降のゴットリーブが気になる方は是非とも聴いてみてください。

--EDIT--



Mulgrew Miller(P)
Derrick Hodge(B)
Karriem Riggins(Ds)

去年発売されたVolume Oneも良かったがこちらもなかなか良いですな~。
この03年のYoshi'sでのライブは2日間に渡って行なわれたようなので、Volume Twoを出すにあたって選曲に事欠くことはなかったんだろうね。ただ本作品については故ジェームス・ウィリアムスとかつての親分だったトニー・ウィリアムスに捧げられているようで関連曲が3曲入っている。

思えばマルグリューはデビュー当時は(マッコイ+ハンコック)÷2というイメージだったのだが、最近ではシッカリと自分の節まわしでピアノを弾くようになったな。力強いタッチは相変わらずいいね。
このアルバムは1曲目、マイルスの「フォア&モア」でおなじみのJoshuaだけで買った甲斐がある。なかなかこの曲を取り上げてくれるミュージシャンていないんだよね。4/4拍子の曲なのだが途中の(3/4が6小節+8/4)×3回のところがアクセントになっていてカッコいいんだよなぁ。Dsのカリエムもトニーには程遠いが頑張っとりますな。
ベーシストのDerrick Hodgeはあまり聞いたことがない人だが、テレンス・ブランチャードともやっているようだ。マクブライド系の太い音を弾く私好みのタイプなんだが、若干音程に問題があるかも。このアルバムではだいぶ見せ場を与えられているがソロもいまいちって感じかなぁ。
ラスト曲のトニーのオリジナルCitadelはとても懐かしい曲。ブルーノート東京ライブを思い出すね。

--EDIT--



Stanley Clarke(B,Syn,Vo)
George Duke(Syn)
Steve Gadd,Lenny White(Ds)
David Sancious,John McLaughlin,Jeff Beck(G)
Chick Corea(P)
etc.

スタンリー・クラークで好きだったのは1作目「Children Of Forever(72年)」2作目「Stanley Clarke(74年)」3作目(本作品、75年)4作目「School Days(76年)」あたりまでだったろうか。いずれも甲乙付け難い素晴らしい作品である。
5作目「Modern Man」以降はロック色が強くなり私としてはあまり好ましくはなかった。
このジャーニー・トゥ・ラブ(慈愛への旅路)はスタンがジョージ・デューク、スティーブ・ガッド、ジョン・マクラフリン、ジェフ・ベックと出会った記念すべき作品。特にベック先生との競演はよほど嬉しかったらしく「ハロー・ジェフ」という曲までやっている。
私はこのアルバムは全曲好きなのだが、中でもスタンのアコベ、チックのアコピ、マクラフリンのアコギでやっている「コルトレーンに捧げる歌パート1、パート2」と、ブラスセクションをふんだんに使った組曲風な「ジャズとロック・オーケストラのためのコンチェルト」が最高だね。

アコベもエレベも弾くという両刀使いのベーシストはスタン・クラークがはしりではなかったろうか。もちろんデイブ・ホランドやロン・カーターとかもやっていたが、エレベはオマケのようなものなので比較する対象にはならない。
スタンがいたからこそ後のジョン・パティトゥッチやブライアン・ブロンバーグのような素晴らしい両刀使いが出現したんだろうなぁ。

--EDIT--

↑このページのトップヘ

google-site-verification: google878c7206ee6d4f7b.html