Jazz & Drummer

ジャズ・フュージョンの新譜や好きなドラマーのことなど音楽98%、感じたままに書いている個人ブログです。



Bill Dobbins(P)
John Goldsby(B)
Peter Erskine(Ds)

Fuzzy Musicからのリリースなので実質的なリーダーはアースキンであろう。
最近のアースキンのトリオ、ピアノはアラン・パスクァがほとんどやっているが、今回のはビル・ドビンズ。
う~ん初めて聞く名前の人だな。
この人はエバンス系のピアニストの典型ですな。特にどうこうと言うことはないよくあるタイプです。
なのでこれはアースキンを聴くCD。パスクァとやっている時は静かな曲が多いため、抑えにおさえていて「もうちょっと叩いてよ」と思っちゃうのだが、これはアップテンポあり、サンバ系ありで結構アースキンが活躍しているね。
ほとんどメンバーのオリジナルなのだが、唯一のスタンダードのダニーボーイ(アメリカ民謡か)はいつ聴いてもいい曲ですな。アメリカ民謡は好きな曲がいっぱいあるのに、どうして日本の民謡には全くなじめないのだろう?
あっ、でも、童謡とか小学校唱歌とかはいいのがいっぱいあったな。

アースキンが好きな人へのおススメの一枚です。

--EDIT--





ボジオとの最初の出会いはブレッカー・ブラザーズの名盤ヘビー・メタル・ビーバップだったのだが、その叩き放題で手数足数の多いドラミングに私はコブハム以来の衝撃を受けたのであった。
もっとボジオを聴いてみたいと思い過去にやっているのを探したら、それがフランク・ザッパだったのである。
ザッパの音楽は、一般大衆には決して受けいられる事のない異常さをモットーにしていて、5連符、7連符などの奇数連符や2拍5連、3拍7連などもう「わけわからん」状態の変則リズムなどを駆使したその曲は正に数学的であり、さすがの私も理解に苦しむ部分があったのだが、かなり勉強にはなりましたネ。

ブレッカーズ以降のボジオで私が聴いたのは数えるほどしかなく、マーク・アイシャム、パトリック・オハーン等の環境音楽系、ジェフ・ベックのギター・ショップぐらいかな?ボジオが結成したミッシング・パーソンズは最初の頃だけ聴いてやめちゃいました。どれもこれもあまりにもシンプルすぎてまったくシックリこなかったんだよね。ザッパでのイメージがあまりにも強すぎたからな。(UKは○です)

最近は写真のような100点セット(いや200点ぐらい行ってるかも)を駆使してドラムソロをやっているので、ソロパフォーマーになったのかな?まるで、昔に戻ったかのように叩きまくってくれてます。(これは神保彰のワンマンオーケストラより凄いです)
たまにはバンドでもやってちょーだい!
と思いながら、ネットで調べたら結構CDを出してるじゃないですか。
う~ん、このヘンのヤツは愛読書SJ誌には載っていないので気づかないんだよネ~。さっそく買わなくちゃ!!

--EDIT--


Bill Connors(G)
Bill O'connell(P)
Lincoln Goines(B)
Kim Plainfield(Ds)
Myra Casales(Per)


まずは「お帰りなさ~い!」と言いたい。
私の所有しているCDのリストを見ると87年のAssembler以来ですよ。その間に何枚か出していたという記憶はないのでおそらく18年ぶりかな?

ビル・コナーズはチック・コリアのリターン・トゥ・フォーエバーの初代ギタリストである。その隠れ名盤「第七銀河の讃歌」(73年)でデビュー、思いっきり歪ませたギターサウンドで私を楽しませてくれたものだが、1作だけであっさり退団(後釜が有名なアル・ディメオラです)。すぐにECMにソロ(だったと思う)で何枚か吹き込み、その後第一回目の雲隠れ。
85年に復帰してStep It!(この当時から歪み系の音は使わなくなっています)86年にDouble Up,87年に上記Assemblerを吹き込み、その後第二回目の雲隠れ。いずれも10年以上の雲隠れとは、どこでなにをしていたのやら。もしかして精神的ななにかがある人なのかな?

そして本作品の登場である。
温かい音色でとても丁寧な音をだしているね~。ピッキングも確実だし、80年代と変わらない演奏をしているじゃないですか。ただ、曲的にはフュージョン系の他に4ビート系も数曲やっていて、この辺が前と違うところかな。
う~ん、バックのドラマー(このCDのプロデュースも兼ねてます)がちょっと力不足かな?80年代はウェックルだったから、どうしても比べてしまうんだよネ。

また雲隠れしないよう、次回作にも期待しておりますよ。

--EDIT--

↑このページのトップヘ

google-site-verification: google878c7206ee6d4f7b.html