Jazz & Drummer

ジャズ・フュージョンの新譜や好きなドラマーのことなど音楽98%、感じたままに書いている個人ブログです。



ハーリン・ライリー(1957年生まれ、ニューオリンズ出身)のデビューはアーマッド・ジャマルのバンドで84~87年まで活動。私が初めて耳にしたのはその後のウイントン・マルサリスのMajesty Of The Blues(89年)だった。ウイントン・バンドはこのアルバムからリズム隊がハースト=ワッツ組からビール=ライリー組みにチェンジ。発売当時は問題作として賛否両論だったと思う。ジャズの原点回帰に踏み出したそのサウンドはとてもニューオリンズ色が強くて泥臭いものだったんだね。
その後もウイントンは妙に理屈っぽくなり今度はモンクやエリントンに傾倒して行くことになるのだが、彼がいくら原点回帰に一生懸命でも作られたアルバムが何となくつまらないものばかりで、今までファンだった人たちはだいぶ離れていったような気がする。音楽的には私もどちらかと言えばあまり好きな方ではなかったな。でも、ジャズの歴史の重要性を唱えたウイントンの功績はとても大きなもので、それが認められて92年にはリンカーン・センター・ジャズ・オーケストラが結成され音楽監督に就任する。このビッグバンドは97年にはジャズ界初のピューリッツア賞を受賞している。
なんか話がウイントンのほうにずれてしまったが、ハーリン・ライリーはそんなウイントンと一緒にやってきた人だということである。(もちろんそれ以外でもいろいろやっているが)

彼のドラミングをカッコいいと思ったのは94年録音の大西順子のビレッジ・バンガード・ライブだったな。ベーシストは盟友レジナルド・ビール。2人ともウイントンの制約されている音楽から開放されたのか、とても生き生きと演奏していた。そのよくスウィングするリズムに乗せられて、大西のピアノもノリノリ。私としては彼女のベスト盤ですな。(最近また復帰したようで良かったな)

ドラミングの特長としては伝統的なバップドラマーの奏法と共に、ニューオリンズ音楽(セカンドライン等)の要素もだいぶ含まれている。ファンク系のビートを刻んでいるのは聴いたことがなく、あくまでも4ビートが基本の人なんだなぁ。

最近のもののおススメは何といってもPeter Beets/New York Trio Page 3(別項、05年、輸入盤)。久々のビールとのコンビで乗りにのっている。
あとStefano Di Battista/Parker's Mood(04年)もなかなかいいかな。

--EDIT--



Bobby Hutcherson(Vib,Mar)
Joshua Redman(Ts,Ss)
Nicholas Payton(Tp)
Miguel Zenon(As)
Josh Roseman(Tb)
Renee Rosnes(P)
Robert Hurst (B)
Brian Blade(Ds)

SF Jazzとはサンフランシスコで毎年春にジャズ祭を開催している非営利団体だそうだ。で、ジョシュア・レッドマンが02年にそのジャズ祭の音楽監督を務め、更に04年にはこのSF Jazz Collectiveを結成してライブ録音されたのが本作品のよう。
メンバー編成をみると単なる4管編成だが、よくあるメロディをハモって吹くというような管の使い方ではなくて、サウンドを聴いているとまるでビッグバンドのようだ。主旋律や対旋律がちゃんとアレンジメントされているし、誰かのソロの途中に出てくる他のメンバーでのリフ(というのかな?)もビッグバンドの奏法そのもの。アレンジ次第ではたった4人でこれだけの厚みがでるということでちょっとビックリしてしまった。なおアレンジメントはギル・ゴールドスタインがやっているようだ。
7曲中4曲はメンバーのオリジナルで残り3曲はオーネット・コールマンの曲。はっきり言って私はコールマンはそんなに好きなほうではないのだが、きっとこのコンサートはコールマンがなんらかのテーマになっていたんだろうな。まあ、しょうがないだろう。聴いている分にはそれほどコールマン臭さが感じられないので違和感なく楽しめた。
これだけのメンバーなので演奏は最高だね。みんながキッチリといい仕事をしている。なかでも一番多くソロを取っているAsのMiguel Zenonには注目。日本ではまだそれほど名前は知られていないと思うが、フレッシュサウンドのタレントシリーズ(Looking Forward 01年)からスタートし、マルサリスミュージック(Ceremonial 04年、Jibaro 05年)とすでに3枚のリーダー作を発表している。ジョシュアもブランフォードもその実力を認めている注目株ってところだろう。

SJ誌ではベースがマット・ペンマン、ドラムスがエリック・ハーランドになっているがこれは間違い。日本一信頼のおけるジャズ雑誌なのだからこんなミスはなくしてもらいたいものだ。

--EDIT--



Milt Jackson(Vib)
Hubert Laws(Fl)
Cedar Walton(P)
Ron Carter(B)
Steve Gadd(Ds)
Freddie Hubbard(Tp)B2
Herbie Hancock(P)B2
Billy Cobham(Ds)B2

実はMJQのアルバムは一枚も持っていない。昔はあの「室内楽」的なサウンドとコニー・ケイのドラミングがたまらなく嫌いだったんだなぁ。年を取ったせいか最近ようやく聴けるようになってきたが、まだアルバムを買うところまでは至っていない。そんな私だけれども、個人としてのジョン・ルイスとミルト・ジャクソンは昔から好きで、彼らのリーダー作はずいぶんと買ったな。
ミルトの私的ベストがこの「グッドバイ」である。74年に発表されたCTI盤なのだが、まずはメンバーが凄いよね。まあ、なにもこのアルバムだけではなくCTIレーベルやKUDUレーベルはどんなのでも豪華メンバーでやっているんだが。
ミルトの音ってとても暖かいんだよな。ゲイリー・バートンと比較すればビブラートの掛け具合が若干大きめなのかな。それとマレットのタマが大きめでしかも柔らかかったような。このバイブの音色だけで何となく心が和むのは私だけだろうか?
スティーブ・ガッドの4ビートを初めて聴いたのがこのアルバムだったのだが、なんかエルビン・ジョーンズをうんと洗練したようなドラミングで私をあっという間に虜にしたっけな。
で、この頃からガッド集めがスタートしたわけだ。何度も書いているが当時のガッドはカッコ良すぎだよ!!

このあとの作品「オリンガ」の頃来日したミルトを観に行ったのが初めての外タレ体験だったかな。
うん?同じ頃マックス・ローチも観ているぞ。どちらが先だったのかもはや記憶が定かではない(苦笑)

--EDIT--

↑このページのトップヘ

google-site-verification: google878c7206ee6d4f7b.html