Jazz & Drummer

ジャズ・フュージョンの新譜や好きなドラマーのことなど音楽98%、感じたままに書いている個人ブログです。

bdb94a05.jpg


初めて聴いたのが80年代の終わりごろ、確かメシオ・パーカーやジョー・ロバーノのCDだったと思うが、ほどなくして増尾好秋のJazz Ctiyレーベルから自己のリーダー作Think Before You Thinkをリリース。ビルがまだ20代のなかばだったと思う。
その時代からすでに彼のドラミングは非常に個性的であり他の誰にも似ていなく、聴いた瞬間に「あっ、ビルスチュだ」と分かるものであった。人まねでないって言うことは、出尽くした感のあるジャズドラミングにしてみれば大変な事であって、もしかすれば昔の改革者バティ・リッチ、フィリー・ジョー・ジョーンズ、マックス・ローチ、エルビン・ジョーンズ、トニー・ウィリアムス達と肩を並べる事が出来るかもしれない。それほど凄いってことですヨ。
なんといっても、バックで叩いている時のアクセント。気持ちよく決まりながらも全くうるさく感じないのは音楽をよく理解している証拠だね。あとスネアのオカズもカッコいいね~。
ドラムソロはもう彼の独壇場で、どのCDを聴いても違う切り口で(フレーズで)攻めてきます。別項のウエックル同様持っている引出がとても多いんだよネ。
ドラムの音もいいよね~。基本的にはグレッチの3~4点にラディッグのスネア、Kジルを使っているようだが、乾いた感じがしていかにもジャズドラムの音だよね。
ジルジャンK Custom Special Dry Complex Rideというシンバルを彼がプロデュースし発売されたようだが、まだ日本未入荷のよう。早く発売してくれ~!

お勧め盤としては去年発売のJohn Scofield Trio/EnRoute、最高で~す!!

--EDIT--



Greg howe(G)
Victor Wooten(B)
Dennis Chambers(Ds)

グレッグ・ハウの名前を初めて知ったのは、元カシオペアのベーシスト櫻井哲夫のGentle Heartsバンド(スタジオ盤、ライブ盤、ライブDVDが出ています)からだった。
それらを見て聴いてショックショック!こんなすごいギタリストを今まで見逃していたとは、フュージョンファンとしてお恥ずかしいことである。調べて見たら15年ぐらい前からコンスタントにCDを出しているではないか。とりあえず最近のをあわてて買った次第。このCD、私の愛読しているSJ誌には載っていなかったのでは?

本作品は曲よし演奏よし!脱帽である。櫻井君には悪いのだがこちらの方が私は好きであります。
ギタリストのタイプとしてはアラン・ホールズワースをもう少しロック寄りにした感じかな。とにかく指が異常に動きます。ギターカッティングもなかなかカッコいいな~。
曲としては5曲目Proto Cosmosが懐かしいネ。トニー・ウイリアムスのニュー・ライフライムで演ってたヤツだ。(櫻井バンドのDVDにも入ってます)
それにしてもグレッグとデニチェンの相性ってバツグンだね、って言うか他のドラマーはちょっと考えつかないな。

世のギター小僧さんたちに強力に推薦する1枚です。


--EDIT--



Tommy smith(Ts)
Joe Lovano(Ts)
John Scofield(G)
John Taylor(P)
John Patitucci(B)
Bill Stewart(Ds)

テナーサックス界において最も知名度の低い男トミー・スミス、と言ったら失礼にあたるかも知れないが、彼のリーダーアルバムは10枚位はあるはずなのに、全てが輸入盤で日本盤はゼロ(だったと思う)。よって日本で彼の名前を知っている人はごく一部かもしれない。その人たちも(私を含め)バックのメンバーにつられてCDを買っているんではないかな?
本作品もまた豪華なメンバーが勢ぞろいしている。よくもまあ私の好きなミュージシャンをこれだけ集めてくれたものである。中でもジョンスコはトミーのデビュー時代から何作かに参加しているので彼の秘蔵っ子(トミーが)なのかも・・・
それにしても彼は相変わらず影のうすい演奏をしているね。バックのメンバーに完全に食われています。
曲も(全てオリジナル)いい曲と「なんだこりゃ?」という曲がはっきりしているし。もしかして鬱系の人なのかも知れない。

引っ込み思案であまり他のセッションに顔を出さない彼ではあるが、バイブ奏者のJoe Lockeのバンド
(4 Walls Of Freedom)に故ボブ・バーグの替わりに迎え入れられ、リーダーアルバムより生き生きとしたアドリブをとっている。こっちのトミーのほうが好感を持てるよ~。

トミーさん、肩ひじ貼らずに頑張りましょう。

--EDIT--

↑このページのトップヘ

google-site-verification: google878c7206ee6d4f7b.html