Jazz & Drummer

ジャズ・フュージョンの新譜や好きなドラマーのことなど音楽98%、感じたままに書いている個人ブログです。

(HMV)
1.上原ひろみ, Edmar Castaneda / Live In Montreal(輸入盤)
2.Jerry Bergonzi / Dog Star
3.Jing Chi / Supremo
4.Vincent Herring / Hard Times
5.Mike Moreno / 3 For 3
6.Willie Jones III / My Point Is...

5枚で40%オフセール利用。

--EDIT--

Bill Charlap Trio / Uptown Downtown

Bill Charlap (P)
Peter Washington (B)
Kenny Washington (Ds)
Rec. March 13-16, 2017, NY
(Impulse 06025578 1032)

前作「Bill Charlap Trio / Notes from New York(16年、別頁あり)」等と同様、ピーター・ワシントン、ケニー・ワシントンとの共演なので、やっていることは聴かなくても分かるのだが、それでもビル・チャーラップのリーダー作がリリースされるとついつい買ってしまうのは、オーソドックスなピアノトリオとして理想的な演奏をしているからに他ならない。普段はもっとコンテンポラリーなジャズを好んで聴いているけれど、そんな中でこういうオーソドックスな演奏を聴くとホッとするんだよね。あとはどういう曲を取り上げているのか、テンポ的にはどうなのかということだけど、その辺のところが本作ではどうなっているのか楽しみ。ちなみに両ワシントンは、近作としては「Lee Konitz / frescalalto(17年、別頁あり)」でも一緒だった。

ジェリー・マリガンの「Curtains」、トミー・ウォルフの「Spring Can Really Hang You Up The Most」、スティーヴン・ソンドハイムの「Uptown, Downtown」、アイシャム・ジョーンズの「The One I Love Belongs To Smebody Else」、ミッシェル・ルグランの「I'm All Smiles I'm All Smiles」、リチャード・ロジャースの「There's A Small Hotel」、ジジ・グライスの「Satellite」、ジム・ホールの「Bon Ami」、デューク・エリントンの「Sophisticated Lady」で全9曲。
どの曲をとってもチャーラップらしい、音の強弱や一音一音を大事にしながらのスウィンギーなプレイが心地いい。4ビートの曲が続いているとはいえ、テンポ的な工夫もそれなりに施されていて、ゆったりめの曲が多めではあるけれど速めの曲とのバランスも絶妙なので、聴いていて退屈するようなことは全くなし。トリオとしての演奏には特に不満はないのだが、しいていえばピーターのベースソロの場面はもっと多くてもよかったかも。ウォーキングだけでもその魅力は十分に伝わってくるにしても、ソロの上手さはまた格別なので、できればたっぷりと聴いてみたかった。それはケニーにもいえることだけど、こちらの方は選曲(ドラムソロには不向きな曲が多い)との兼ね合いもあるので致し方ないだろう。またチャーラップの楽曲に対するアプローチの仕方も、どれもが同じような感じになってしまっているのが気にならなくもないけれど、これこそが彼の持ち味でもあるわけなので、いまさら変える必要はないだろう。ベニー・グリーンのトリオあたりとはまた一味違ったオーソドックスな演奏で楽しませてくれるし、「Sophisticated Lady」以外は曲名や作曲者を知らなくても、聴けば「ああこの曲か」と分かるようなアンノウン・スタンダード的な曲を多く取り上げている選曲のセンスにも好感が持てる。その中の「Bon Ami」はチャーラップの過去盤「Bill Charlap Trio / Distant Star(97年、ドラムスはビル・スチュワート)」にも収録されているのが調べている段階で分かったので、そちらと聴き比べてみるのも面白いかもしれない。
今に始まったことではないけれど、本作でもチャーラップの音楽性が顕著に現れているトリオ演奏が堪能できるし、録音(エンジニアはジェームス・ファーバー)も、ベースがピーターのわりには柔らかめに録れていることを除いては良好なのだが、同じオーソドックスな演奏であっても、曲によってはガツンとくる方が私好みなので、次回作ではそういうのもやってくれることを願っている。

評価☆☆☆☆ (☆最悪!、☆☆悪い、☆☆☆普通、☆☆☆☆良い、☆☆☆☆☆最高!)


Uptown, Downtown
Bill Charlap Trio
Imports
2017-09-15


--EDIT--

Ralph Bowen / Ralph Bowen

Ralph Bowen (Ts)
Jim Ridl (P, Rhodes)
Kenny Davis (B)
Cliff Almond (Ds)
Rec. September 25, 2016, NY
(Posi-Tone Records PR8172)

Ralph Bowen/Dedicated(09年)」「Ralph Bowen/Due Reverence(10年)」「Ralph Bowen / Power Play(11年)」「Ralph Bowen / Total Eclipse(12年)」「Ralph Bowen / Standard Deviation(14年)」(各別頁あり)に次ぐラルフ・ボウエンのPosi-Toneからの6枚目だけど、今回は心機一転の意味合いなのか、アルバムタイトルが名前だけになっているのが興味深い。メンバーも前2作品に参加していたケニー・デイヴィス以外は、デイヴ・リーブマンのビッグバンド作品「The Dave Liebman Big Band/Live As Always(10年、別頁あり)」「Dave Liebman Big Band / A Tribute To Wayne Shorter(14年)」でしか聴いたことのないジム・リドル、「Michel Camilo Big Band / Caribe(10年、別頁あり)」等のミシェル・カミロ諸作品や「Abstract Logix Live! / The New Universe Music Festival 2010(11年、別頁あり)」といった、純ジャズよりもフュージョン系のドラマーとしてのイメージが強いクリフ・アーモンドなので、はたしてどういうことになっているのか楽しみだ。

ボウエン曲が7曲(うち6曲は「The Phylogeny Suite」と題した組曲)、デイヴィス曲が1曲、リーブマンの「Picadilly Lily」、マッコイ・タイナーの「Search for Peace」で全10曲。
ピアノだけではなくエレピもクレジットされているし、ドラマーがアーモンドなので、もしかすると8、16ビート系の演奏がメインとなっているのかなとも思ったけれど、曲によってはそういう場面展開があるし、ブルース曲の7曲目「A Cast of Crabs」は楽曲自体が現代版シャッフルといった感じだしデイヴィスがエレべを弾いているにしても、さすがにボウエンだけあって基本的にはきちんと4ビートで勝負をかけているのにまずはホッとする。その演奏もアーモンドが完全にジャズドラマーになり切っていて、アントニオ・サンチェスばりのアグレッシブなドラミングで聴かせてくれるのだから嬉しい限り。ソロの場面もたっぷりと用意されていて、その上手さをたっぷりと見せつけてくれる。またエレピは3曲だけに留めて、アコピをメインに弾いているリドルのプレイも上々。私好みのモーダルなピアニストといったわけではないけれど、特にアコピのアドリブには教科書的ではない独自の個性が感じられて好感が持てる。それに加えてデイヴィスのガッチリと土台を支えているベースが、バンドとしての推進力にも繋がっているね。でもなんといっても一番の聴きどころはボウエンのテナー。これまでと奏法自体は変わらないにしても、現代的なフレージングのカッコよさといい、高域になっても線が細くならないテナーの音質といい、最高にいい感じで楽しませてくれる。曲作りに関しても2曲目「A Rookery of Ravens」から7曲目までは組曲となっているけれど、何かのストーリーを感じさせるというよりは、それぞれが独立した曲調となっているのがむしろ好ましい。
リーダー作にはハズレなしのボウエンではあるけれど、本作もメンバーに有名どころが揃っているといったわけではないながらも実にいいね。演奏だけではなく、各楽器が温かみのある音色で録れている録音(エンジニアはNick O' Toole)も良好だ。

評価☆☆☆☆ (☆最悪!、☆☆悪い、☆☆☆普通、☆☆☆☆良い、☆☆☆☆☆最高!)


Ralph Bowen
Ralph Bowen
Imports
2017-08-04


--EDIT--

↑このページのトップヘ

google-site-verification: google878c7206ee6d4f7b.html