Jazz & Drummer

ジャズ・フュージョンの新譜や好きなドラマーのことなど音楽98%、感じたままに書いている個人ブログです。

Junko Onishi Trio / Glamorous Life

Junko Onishi (P)
Yosuke Inoue (B)
Shinnosuke Takahashi (Ds)
Rec. September 4-5, 2017, Tokyo
(Somethin'Cool-disk Union SCOL1025)

大西順子のアルバムを買うのは「Junko Onishi/Baroque(10年、別頁あり)」以来。その間にも「Junko Onishi / Tea Times(16年)」というのがリリースされているし、本作と同時にバラッド・アルバム「Junko Onishi / Very Special(17年)」もリリースされているのだが、この2枚は私には合わなさそうなのでパスしている。大西のピアノはトリオでこそ威力を発揮すると思っているのだが、実際に生で観た2016年の南郷ジャズフェスでのトリオ(大西、井上陽介、山田玲)も、原大力が参加していたころの初期のトリオや、テリ・リン・キャリントンとの女性だけのトリオと同様に素晴らしかったので、今回はドラムスが高橋信之介に代わっているけれど、本作には期待している。

大西曲が5曲と、Nick Larocca他の「Tiger Rag」、Hasaan Ibn Aliの「Almost Like Me」、ジョー・ザヴィヌルの「Fast City」、David Holmesの「7/29/04 The day Of (from "Ocean's 12")」で全9曲。
昨年の南郷ジャズでもやった曲が入っているのかは記憶が定かでないのだが、1曲目「Essential」では静かな佇まいの曲調となっていて(ピアノの弾き方も女性的)、これまでの大西はいったいどこに行ってしまったんだろうと思っていると、曲途中でいきなりガツンとくるのが意表を突く。曲の持っていき方はひねり過ぎの感はあるものの、こういうのも全然オーケー。2曲目「Golden Boys」はいよいよ本領発揮で、男性的にガンガン弾きまくっているけれど、大西の出方に合わせていながらもプレイ自体に存在感が感じられる井上のベースや、容赦なく攻めている高橋のドラミングとの相乗効果で目茶苦茶カッコいいことになっているし、続く3曲目「A Love Song (a.k.a Kutoubia)」以降も総じていい感じで楽しませてくれる。聴く前はドラムスは山田の方がコンテンポラリー色が強くていいのではと思っていたけれど、高橋もあちこちからお呼びがかかる人だけあって、曲調にバッチリ嵌ったプレイをしているのだから流石だね。5曲目「Tiger Rag」からは他人の曲も登場するけれど、逆に大西色を強めた演奏をしているので、曲調的な違和感を感じることは全くないし、全体的にゆったりめの8ビート調の曲が多いわりには変化に富んでいるので、単調に感じることもなし。8曲目では「Fast City」を4ビートとの複合でやっているけれど、この大好きな曲を原曲以上にアグレッシブに演奏しているのだから嬉しくなってしまう。またラストの「7/29/04 The day Of (from "Ocean's 12")」も、今までになかったほどのロック調で爽快な気分を味わせてくれる。
大西のアルバムを聴くのは久しぶりだけど、やっぱりいいね。これで井上や高橋のソロもふんだんに用意されていれば更によかったと思う。本作は演奏だけではなく、録音(エンジニアはShinya Matsushita)も温かい音色の各楽器がバランスよく録れていて好感が持てる。

評価☆☆☆☆ (☆最悪!、☆☆悪い、☆☆☆普通、☆☆☆☆良い、☆☆☆☆☆最高!)


Glamorous Lifeグラマラス・ライフ
Junko Onishi Trio
DIW/SOMETHIN'COOL
2017-11-15


--EDIT--

249

Sadao Watanabe (As)
Cyrus Chestnut (P)
Chris Thomas (B)
Brian Blade (Ds)
Rec. May 24-28, 2017, NY
(Victor Entertainment VICJ61765)

渡辺貞夫も寄る年波には勝てないのか、ここ10年ぐらいのライブではミストーン(というかリードがピーッと鳴る音)が目立つようになったし、フレージングにも昔のような熱っぽさがあまり感じられないのだが、本作のドラマーがブライアン・ブレイドとなれば買わないわけにはいかないだろう。ブレイドや彼のフェローシップ・バンド(「Brian Blade & The Fellowship Band / Landmarks(14年)」等別頁あり)のメンバーでもあるクリス・トーマスがサイラス・チェスナットと共演しているのも聴いた記憶がないので、この組み合わせではたしてどのようなことになっているのか楽しみだ。

ナベサダ曲が10曲と、岩井俊二、菅野よう子の「花は咲く」で全11曲。
ナベサダは指が思うように動かないようで、全体的にもたついているように感じられるし、息切れしてしまうのかアドリブも長くは取っていないのだが、それでもやり手のメンバーを相手に、しかもアップテンポの曲なんかも積極的に取り入れながら、これだけ吹ければそれで十分。私は70年代からナベサダをリアルタイムで聴いているけれど、アフリカものであれフュージョンであれ純ジャズであれ、いつの時代も挑戦心を忘れることなく音楽に取り組んでいる姿勢には感服する。本作でも2曲目「Look Ahead」でブレイドとちょっとしたバトルをやっているのだからだ大したもの。そのブレイドは他の曲でも多くソロを取ったりして、ナベサダのアドリブが短いゆえのバントとして物足りない部分を上手くカバーしているのだが、それに加えてチェスナットもまた変にナベサダに寄り添うことなく、いつもの自分のスタイルを貫き通しているおかげでいい感じの演奏が堪能できる。昔のGJT(グレート・ジャズ・トリオ)との共演盤あたりと比較するとこじんまりしているけれど、今のジャズは表面的な派手さだけでは通用しなくなっているし、ナベサダも老齢なので、これ以上の演奏は望めないだろう。オリジナルの楽曲はどれもがナベサダらしい曲ばかり。その中のバラード曲の5曲目「Not Before Long」は他のアルバムでも聴いたことがあるような気がするのだが、似た感じの違う曲だったのかもしれない。ラストの「花は咲く」はソロでテーマを吹いただけであっさり終わってしまうけど、どうせやるのなら昔のNHK「みんなのうた」のように子供のコーラスを入れたりして、ハッピーに盛り上がった方がよかったのではと思う。
近年のアルバムとしては「Sadao Watanabe / Come Today(11年、別頁あり)」の方が良いと思うけど、本作もブレイドがドラムということもあり、それなりの演奏を楽しむことができた。録音もエンジニアがジム・アンダーソンだけあって、各楽器の音質、バランス共に上々だね。

評価☆☆☆☆ (☆最悪!、☆☆悪い、☆☆☆普通、☆☆☆☆良い、☆☆☆☆☆最高!)


リバップ
渡辺貞夫
ビクターエンタテインメント
2017-10-25


--EDIT--

Jing Chi / Supremo

Robben Ford (G, Or, P)
Vinnie Colaiuta (Ds)
Jimmy Haslip (B, Additional-Syn)
Horns: Jeff Coffin (Sax), Mike Haynes (Tp)
Vince Gill (G)7
Rec. 2017?, IN, CA, TN
(Tone Center TC4101)

Jing Chiのアルバムを買うのは「Jing Chi/3D(05年、別頁あり)」以来なので、12年ぶりということになるけれど、その間も不定期ながらバンドとしての活動をしていたのか、あるいはリユニオン的に再結成したのか興味深い。ネット上にライブ情報が上がっていた記憶はないので、おそらく後者だと思うけど、いずれにしてもビニー・カリウタとジミー・ハスリップは大好きなプレイヤーだし、ロベン・フォードも好みの音楽路線とは違うけど、ギタリストとしては嫌いではないので、久しぶりにこの3人でやっている演奏を聴けるのが嬉しい。

フォード曲が9曲と、ハスリップとの共作が1曲で全10曲。
これまでと同様にかなりロック寄りのフュージョンをやっているけれど、近年はテクニカルなハードフュージョンものしか好んで買わなくなっているので、こういう明確なメロディとビートの演奏は逆に新鮮に感じる。といっても3人ともシンプルなプレイに徹しているわけではなく、持ち前のテクニックはさり気なく聴かせてくれるけどね。その辺の匙加減が絶妙なのに加えて、オーバーダブを施しているフォードのギター(他にオルガンやピアノも担当、またハスリップもシンセでバッキングをつけている)やホーンセクションがとてもいいアクセントとなっていて、どの曲もそれなりにいい感じではあるのだが、1曲目「The Majestic」や2曲目「Better Times」等はフェードアウトで終わっているし、他の曲も総じて演奏時間が短めなのは気になるところ。この3人のことなので、さすがにBMG程度とまではいかないものの、神経を集中させて聴く気にはならないし、全ての曲がフォードのワンマンなプレイに終わっていて、カリウタにソロの見せ場はなし、ハスリップもラスト曲の最後の方でソロを取っているだけなのもいかがなものか。フォード名義のアルバムであればこれでも全然かまわないけれど、Jing Chiというバンド名でのリリースなのだから、その辺をちゃんと考慮したアルバム作りにする必要があると思うけどね。ソロがないのは仕方がないとしても、私なんかはカリウタのトリッキーなプレイを期待して買っているわけなので、ここまでまっとうなドラミングをされては拍子抜けしてしまう。今回はフォードが歌っていないのは唯一の救いだけど、やっている音楽は決して悪くないながらも、上記理由により変なモヤモヤ感が終始付き纏ってしまった。
ということで本作はワタシ的にはハズレ。これよりだったらハスリップやカリウタのプレイを楽しめるアルバムは他にいっぱいある。録音(エンジニアはMark Hornsby、Ozzie Doniz、Jeff Evans)も音質的には特に不満は感じないものの、オーバーダブや場所を変えたりしてホーンセクション等を別録りしているせいで、演奏的にはバンドとしての一体感や、相手の出方に対しての絡みのようなものに欠けているしね。演奏をゴージャスにしたい気持ちは分かるけど、それならば最初から同時録音でやって欲しいものだ。

評価☆☆☆ (☆最悪!、☆☆悪い、☆☆☆普通、☆☆☆☆良い、☆☆☆☆☆最高!)

Supremo
Jing Chi
Shrapnel
2017-10-27



--EDIT--

↑このページのトップヘ

google-site-verification: google878c7206ee6d4f7b.html