Jazz & Drummer

ジャズ・フュージョンの新譜を中心に感じたままに書いている個人ブログです

Branford Marsalis / The Secret Between the Shadow and the Soul

Branford Marsalis (Ts, Ss)
Joey Calderazzo (P)
Eric Revis (B)
Justin Faulkner (Ds)

Produced by Branford Marsalis
Recorded ana mixed by Rob "Wacko!" Hunter
Recorded May 28-30, 2018 at Alexander Theatre at Monash University, Clayton, VIC Australia
Mixed August 3-10, 29-31, 2018 at Studio in the Country, Durham, NC
Mastered September 28, 2018 by Greg Calbi at Sterling Sound, Edgewater, NJ
Art Direction and Design by Steven Jurgensmeyer
Photography by Eric Ryan Anderson
(Marsalis Music 19075914032)

1. Dance of the Evil Toys (Eric Revis) 8:23
2. Conversation Among the Ruins (Joey Calderazzo) 8:46
3. Snake Hip Waltz (Andrew Hill) 5:51
4. Cianna (Joey Calderazzo) 7:32
5. Nilaste (Eric Revis) 10:15
6. Life Filtering from the Water Flowers (Branford Marsalis) 9:00
7. The Windup (Keith Jarrett) 12:30

ドラムがジェフ・ワッツからジャスティン・フォークナーに代わってからのブランフォード・マルサリス・カルテットのアルバムは、「Branford Marsalis Quartet / Four MFs Playin' Tunes(12年、別頁あり)」「Branford Marsalis Quartet with Special Guest Kurt Elling / Upward Spiral(16年、別頁あり)」に次ぎ、本作で3枚目ということになるのかな。その演奏は早くも1曲目「Dance of the Evil Toys」から非常にエネルギッシュかつアグレッシブな展開(フリーの一歩手前まで行っている)となっていて、実にいい塩梅。かと思うと2曲目「Conversation Among the Ruins」は物悲しさを覚える美メロのバラードだし、3拍子の3曲目「Snake Hip Waltz」はユニークさが感じられるメロディーが特徴的(アドリブからはこれまたかなりアグレッシブ)、4曲目「Cianna」はルンバ調、5曲目「Nilaste」はルバートでスタートする自由度の高い2小節進行(同じフレーズを繰り返しているベースラインが不気味)、6曲目「Life Filtering from the Water Flowers 」はフリー調(というかルバート)でダイナミックに盛り上がるバラード、7曲目はこれまでのダークな雰囲気から一転しての明るめな曲調で、「Jan Garbarek, Keith Jarrett, Palle Danielsson, Jon Christensen / Belonging(73年)」に収録されている懐かしの「The Windup」(セカンドライン的なビートがアドリブからは4ビートにチェンジ)と、曲調的にはけっこうバラエティに富んでいるけれど、当然のことながら演奏の統一感はきちんと取れているし、コマーシャルな要素は一切ない、真摯にジャズに取り組んでいる姿勢も窺えて、流石にブランフォードのカルテットは他のバントとは一味も二味も違うなあと思わせてくれる。もちろんプレイ的にも、ブランフォードは曲によりテナーとソプラノを持ち替えながら、コルトレーンに通じる精神性の強い演奏で聴かせてくれるし(場面によっては歌心もたっぷり)、ジョーイ・カルデラッツォのハンコック、コリア、ジャレット等のいいとこ取りした感じのピアノも、あまりのカッコよさに聴き惚れるほど。また土台をガッチリと支えているエリック・レヴィスの骨太なベースも、口ずさみながらのソロを含めて素敵だし、フォークナーもここぞというときには前任のワッツ以上にパワー全開のエネルギッシュなドラミングで攻めまくっていて、各人がお互いにインスパイアされながら、自分の能力以上のものを出し切っている感のある本演奏には圧倒させられる。特に「The Windup」での鬼気迫る演奏には完全にノックアウトされてしまった。
フォークナー入りの3枚の中では本作が最高だし、録音もドラムだけはホールトーン的なものが加味されているのでオフ気味に聴こえるものの、各楽器の音質、バランス共に上々で、当然ながらの5つ星。これだけ良いとなると、先日聴い「Chris Potter / Circuits(19年、別頁あり)」と同様、今年の私的ベストアルバムの上位に食い込むのは確実だろう。

評価☆☆☆☆☆ (☆最悪!、☆☆悪い、☆☆☆普通、☆☆☆☆良い、☆☆☆☆☆最高!)


Secret Between the..
Branford -Quartet- Marsalis
Okeh
2019-03-01


--EDIT--

Jeff Ballard / Fairgrounds

Jeff Ballard (Ds, Per)
Lionel Loueke (G, Vo)
Kevin Hays (P, Key, Vo)
Reid Anderson (Electronics)
Pete Rende(P, Rhodes)
Guest appearances:
Chris Cheek (Ts)5, 11
Mark Turner (Ts)6, 8

Pdoduced by Jeff Ballard
Co-Producer: Pete Rande
Exective Producer: Dave Stapleton
Recorded live between March 1 and 20, 2015, whle on tour in Europe (Amserdam, Berlin, Dublin, Munich, Molde, Odense, Paris, Rome, Tours, Terrassa, Vienna, Zurich)
Mixed by Pete Rende
Masterd by Nate Wood
Painting by Emile Gerard
Photography of painting by Pascal Rousse
Design by Oli Bentley, Split
Jeff Ballard uses MJC4 Vic Firth sticks
(Edition Records EDN1121)

1. Grounds Entrance 2:57
2. YEAH PETE! 5:44
3. The Man's Gone 3:56
4. I Saw A Movie 4:47
5. Hit The Dirt 5:56
6. Twelv8 2:15
7. Marche Exotique 5:19
8. Grungy Brew 4:38
9. Miro 7:41
10. Soft Rock 5:24
11. Cherokee Rose 3:51
All songs written and arranged by Fairgrounds
except; Hit The Dirt by Kevin Hays; Miro by Reid Anderson; Cherokee Rose by Chris Cheek; Twelv8 byJeff Ballard and Mark Turner

ジェフ・バラードの「Jeff Ballard Trio / Time's Tales(14年、別頁あり)」に次ぐ、2枚目のリーダー作ということになるのかな。メンバーのリオーネル・ルエケはその「Time's Tales」から引き続きだけど、今回はケヴィン・ヘイズやゲストとしてクリス・チーク、マーク・ターナー(バラードとは「Fly(04年)」「Fly/Sky & Country(09年、別頁あり)」「Fly / Year Of The Snake(12年、別頁あり)」で一緒だった)が参加しているのだからそそられる。エレクトロニクスとクレジットされているレイド・アンダーソンは、ザ・バッド・プラス(「The Bad Plus Joshua Redman(15年)」等別頁あり)のベーシストと同一人物かな。だとするとターナーとは、「Mark Turner/Dharma Days(06年、別頁あり)」「Reid Anderson / Abolish Bad Architecture(09年)」で共演している。またピート・レンデ(?)は「Lage Lund Four / Live at Smalls(12年、別頁頁あり)」や「Alan Ferber Nonet/The Compass(07年、別頁あり)」中の1曲に参加しているのが見つかったけれど、そんな面々で繰り広げている音楽は楽器編成からも分かるとおりのエレクトリックなサウンドとなっているのが、これまでのバラードのアコースティックな路線とは異なる点。心地よいビートを基調としながらの演奏は、パッと聴きではフュージョンやエレクトロニカ的ではあるものの、そこにバラードの人間臭いドラミングが加味されているし、タイコの音も数曲を除いては完全にジャズなので、無機質な印象を受けないのがいい塩梅。でも初期のWRのような実験的な要素が感じられるし(ジャケットからイメージする幻想的なものがテーマとなっているのかも)、5曲目「Hit The Dirt」のようなヴォーカル入りのロック調の曲もあるので、「バラードに望んでいるはこういう演奏ではない」という違和感が曲が進むにつれて強まってしまう。トータルサウンド重視なのと、アドリブも同時進行していたりするので、各人のプレイを存分にと堪能というわけにもいかないしね。似たようなゆったり目のテンポの曲が続くし、面白味もあまり感じられないものだから、途中から退屈してしまった。
ということで演奏はイマイチだけど、録音はやっている音楽によくマッチした立体的な音で録れているし、エレクトリックを多用していながらも妙な生々しさがあったりして、音的にはなかなかいい感じなので、これでよしとしよう。

評価☆☆☆ (☆最悪!、☆☆悪い、☆☆☆普通、☆☆☆☆良い、☆☆☆☆☆最高!)

Fairgrounds
Jeff Ballard
Edition Records
2019-01-25



--EDIT--

Ondřej Štveráček Quartet / Live in Prague

Ondřej Štveráček (Ts, Ss)
Klaudius Kováč (P)
Tomáš Baroš (B)
Gene Jackson (Ds)

Produced by Ondřej Štveráček
Recorded at Jazz Dock, Prague, 12th October, 2017 by Josef Flek
Mixed and Mastered by Josef Flek
Album was Released in December 2018
Photos by Alena Chlumska
Cover Design by Adda Adowicz
 (Stvery Records SR 17-01)

1. Spanish (Ondřej Štveráček) 14:06
2. Naima (John Coltrane) 9:25
3. Jin-Fizz (Ondřej Štveráček) 11:15
4. Bunch of Gypsies (Tomáš Baroš) 11:23
5. Dedicated (Ondřej Štveráček) 14:01
6. Calm (Ondřej Štveráček) 9:47

前作「Ondřej Štveráček Quartet feat. Gene Jackson / Sketches(17年、別頁あり)」で初めて知ったオンドレイ・ ストヴェラチェクだけど、もろコルトレーン的なテナーが一発で気に入ったので、1年7か月後に同一メンバーでライブ・レコーディングされた本作にもすぐに飛びついた。その演奏は前作に輪をかけてコルトレーンコルトレーンしているのが実にいい塩梅。ライブだけあって、ストヴェラチェクはますますアグレッシブに吹きまくっているし、ピアノのクラウディウス・コヴァック(?)もモーダルな1曲目「Spanish」や5曲目「Dedicated」なんかではマッコイ・タイナーに同化していて、まるで本物のコルトレーン・カルテットを聴いているような錯覚に陥るのだが、前作のところでも書いたとおり、ジーン・ジャクソンだけは変にエルヴィンを意識することなく自分のスタイルを貫いているのが、バンドとしての新鮮さに繋がっているね。90年代にハンコックとやっていたころのジャクソンは叩きすぎのような気がしてあまり好きではなかったけれど、そんなドラミングがこの演奏にはバッチリ嵌っているし、ジミー・ギャリソン的に土台をガッチリと支えているベースのトマス・バロス(?)も、自作の4曲目「Bunch of Gypsies」、6曲目「Calm」のソロではなかなかのテクニシャンぶりを魅せつけてくれて、メンバー各人が自分の実力を最大限に発揮しながら白熱のプレイを繰り広げているのだからなんともたまらない。コルトレーン以上にコルトレーン的なオリジナルの楽曲もどれもが良好で(原曲のイメージを崩さないでやっている「Naima」も素晴らしい)、トータル70分、私好みの演奏にどっぷりと浸ることができる。
そんな演奏には大満足なのだが、録音は各楽器の質感がイマイチなのと、音像も遠く感じられる(スピーカーより奥まって聴こえる)のが残念。それとお客さんの拍手ももっと大きく入れた方がライブの臨場感が増してよかったのではと思う。
このメンバーでのアルバムは、スタジオ・レコーディングの最新作「Ondřej Štveráček / Plays Mostly Standards」も4月に入荷するので、そちらの方も楽しみだ。

評価☆☆☆☆ (☆最悪!、☆☆悪い、☆☆☆普通、☆☆☆☆良い、☆☆☆☆☆最高!)

--EDIT--

↑このページのトップヘ

google-site-verification: google878c7206ee6d4f7b.html