Jazz & Drummer

ジャズの新譜を中心に感じたままに書いてます

Mike Clark / Indigo Blue Live At The Iridium

Mike Clark (Ds)
Christian McBride (B)
Donald Harrison Jr. (As)
Rob Dixon (Ts)
Randy Brecker (Tp)
Antonio Farao (P)

Produced by Mike Clark
Remixed & Mastered by Jean-Christophe Santalis at Raw Recording
Edited & Mixed by Lenny White
Recorded & Edited by Gary Meilke
Cover art & Package design by Kaya Marks
Mike Clark played DW Drums, Istanbul Cymbals, Evans Drumheads, Innovative Percussion Drumsticks.
(Ropeadope RAD-485)

1. Of Infinity (Rob Dixon) 6:14
2. Black Inside (Antonio Farao) 6:47
3. Past Lives (Linda Reynolds) 5:18
4. Sweet (Antonio Farao) 6:40
5. Straight No Chaser (Thelonious Monk) 4:23
6. If We Must Die (Rob Dixon) 6:58
7. Lucky No.7 (Rob Dixon) 7:24
8. Well You Needn't (Thelonious Monk) 6:28

Herbie Hancock / Thrust(74年、別頁あり)」「Herbie Hancock/Flood(75年、別頁あり)」での、ハーヴィー・メイソンとはまた一味違った白っぽいドラミングが大好きだったマイク・クラークだけど、近年の「The Headhunters / Platinum(11年、別頁あり)」でのプレイも悪くなかったし、それにも増して本作にはクリスチャン・マクブライド、ドナルド・ハリソン、ロブ・ディクソン(上記「Platinum」に参加)、ランディ・ブレッカーに加えて、なんとアントニオ・ファラオ(「Antonio Farao/Woman's Perfume(08年)」「Antonio Farao / Domi(11年)」「Antonio Farao American Quartet / Evan(13年)」「Antonio Farao / Boundaries(15年)」各別頁あり)までもが参加しているのだから大いにそそられる。その演奏はメンバーからも分かるとおりの純ジャズで、ヘッドハンターズのようなファンクはやっていないけど、流石に元来はジャズ屋だったと思われるクラークだけあって4ビートのドラミングも実にいい塩梅。今どきの凄腕ドラマーと比較すると一昔前の叩き方ではあるけれど、確かなテクニックに裏打ちされたバイタリティ溢れるプレイが堪能できるし(7曲目「Lucky No.7」と8曲目「Well You Needn't」ではソロもとっている)、当然ながら他のメンバーも本気モードの熱演を繰り広げていて、ライブとしての理想的な演奏で楽しませてくれる。ディクソンのサイトによるとレコーディングされたのは2013年のようなので、ちょっと古めではあるけれど、演奏はもちろん、モンク曲の2曲(「Straight No Chaser」「Well You Needn't」)を含んだオリジナル主体の楽曲も好ましいものばかりなので、そんなことはどうでもよくなる。3管編成によるハードバピッシュでノリのいい演奏に身を委ねながら聴いていたら、トータル50分があっという間に終わってしまった。
ということで本作は買って大正解。録音もジャズクラブでの演奏のわりには各楽器がいい感じで録れているし、観客の絶妙なタイミングでの掛け声や拍手もライブの楽しい雰囲気を倍増させてくれる。

評価☆☆☆☆ (☆最悪!、☆☆悪い、☆☆☆普通、☆☆☆☆良い、☆☆☆☆☆最高!)


Indigo Blue (Live At The Iridium)
Groove Attack / Koeln
2019-09-06


--EDIT--

VIC FIRTH American Classic 8Dを購入

10年ぐらい前まで7Aと共に愛用していた8Dを買い足し。
個体差なのかちょっと重く感じるけれど、やっぱり新しいスティックは気持ちがいいね。
しばらくはこれとSD2 Bolero、ナイロンチップのMJC5をTPOに応じて使い分けてみよう。


--EDIT--

(HMV)
1. Randy Ingram / Means Of Response 9/30
2. Carsten Dahl / Painting Music 9/30
3. ASTA / Passers Of Time 10/10
4. Dave Holland, Zakir Hussain, Chris Potter / Good Hope 10/11
5. Franck Amsallem / Gotham Goodbye 10/20
6. Ron Carter / Foursight: Stockholm Vol.1 10/20

5枚で40%オフセール利用。

--EDIT--

Scott Henderson / People Mover

Scott Henderson (G)
Romain Labaye (B)
Archibald Ligonniere (Ds)

Produced by Scott Henderson
Publidhed by Mango Prom Music
Publishing Adminstered by Bmg Chrysalis
Electronic Percussion by Scott Kinsey
Recorded by Alan Hertz at Kingsize Soundlabs, LA, CA
Mixed by Alan Hertz and Scott Henderson
Mastered by Joe Gastwirt
Artwork by Bret Linford
Additional Artwork by Pete Joison and Angela Henderson
Scott Henderson hangs Flying Hot Wheels with D'Addario Strings
(自主制作?)

1. Transatlantic 8:09
2. Primary Location 6:57
3. All Aboard 0:32
4. People Mover 4:39
5. Satellite 5:33
6. Blood Moon 5:50
7. Blue Heron Boulevard 8:11
8. Syringe 6:17
9. Happy Fun-Sing 8:19
10. Fawn 7:37
All Compositions by Scott Henderson

ハードフュージョン・ギタリストの雄スコット・ヘンダーソンを聴くのは、「Scott Henderson / Vibe Station(15年、別頁あり)」以来。本作でもお得意のブルースロック色を加味しながら相変わらずギンギンに弾きまくっているのは嬉しいのだが、これが初聴きのベースのロメイン・ラベイ(フランス人、本人のサイトあり)とドラムのアーチバルト・リゴニエール(同じくフランス人のよう)も、流石にスコヘンが目をつけただけあって相当なテクニシャンではあるものの、これまで共演してきたゲイリー・ウィリス、ジェフ・バーリン、スティーヴ・スミス、カーク・コヴィントン、デニス・チェンバースあたりと比較すると「俺が俺が」感や攻撃力が控えめで、全般的にスッキリとした印象を受けるのは物足りない点。もちろんいざというときにはけっこうガツンといっているけどね。でも過去作品のようなメンバー全員がテクニックの応酬をしているイケイケなプレイに耳を慣らされてしまっているので、このタイトな演奏にはどうしても違和感を感じてしまう。それには録音も関係していて、特にドラムが奥に引っ込んだ細身の音で録れているのが、必要以上にスッキリ感が醸し出されている一番の要因。リミッターをかけたような加工臭のせいで、どれだけ速く叩いていても一音一音が不鮮明なためにロールにしか聴こえなくて(ベースの音の線も細い)、結果的にはスピード感しか伝わってこないので、フュージョン特有のワイドレンジでクリアーながらも楽器本来の自然な音で録れていればもっとノリノリで楽しめたと思う。そんな不満はあるにしても、演奏自体は悪くはないし、ジョー・ザヴィヌル愛が感じられる楽曲があるのもいかにもスコヘンらしくて好感が持てる。
というわけで全面的に共感できるといったわけではないのだが、スコヘンの超絶プレイを聴いているだけでもそれなりに満足するので、これでよしとしよう。このメンバーが一時的なものなのか、あるいはレギュラー化しているのかは定かでないけれど、かなりの可能性を秘めているので、ずっと一緒にやっていくのもありだと思う。

評価☆☆☆☆ (☆最悪!、☆☆悪い、☆☆☆普通、☆☆☆☆良い、☆☆☆☆☆最高!)


People Mover
Scott Henderson
CD Baby
2019-07-01


--EDIT--

Zildjian K KEROPE 22

ここ数年トップシンバル買いがエスカレートしているのだが、今年に入ってから購入したIstanbul Agop Custom Series Turk Jazz Ride 22”(別頁あり)はクラッシュ音が気に入っているものの、肝心のライド音が倍音の高域成分が少ないためにピッチが低く聴こえて、バンドで演奏しているときに他の楽器の音に埋もれてしまいがちなので、他に何かいいシンバルがないかなと物色していたところ、以前から気になっていたKEROPE 22"が店頭展示品処分特価で出ていたので、売れてしまったり消費税が上がる前にと思って購入した。
KEROPEは同じKジルでも、Constantinople Medium Thin Ride Low(別頁あり)やLight Rideよりも温かみのある音がするのが特徴。重量が2,296gとKEROPEの中では軽いわりにはチップ音と倍音のバランスは良好だし、軽い分クラッシュ時の立ち上がりも速くて、重目のシンバルや厚目のシンバルのような「グワーン」ではなく、「バシャーン」系の音がするのも私好み。ただしTurk Jazz Rideのピッチを少しでも高くしようとしてここ1~2ヶ月愛用しているナイロンチップのスティックVIC FIRTH Modern Jazz Colection MJC5(別頁あり)との相性はイマイチだけどね。他のシンバルでもそうなのだが、ナイロンチップだと「コツコツ」ではなく、「チンチン」「シンシン」系の音になってしまうので、MJC5と同じ寸法のウッドチップAmerican Classic 8Dにするか、あるいはもっとコツコツ音を強調したいときにはより雑味の少ないSD2 Bolero(別頁あり)Peter Erskineモデル(SPE、別頁あり)YAMAHAのYCS-MO2(大坂昌彦モデル、別頁あり)あたりに替える必要がありそうだ。

Zildjian K KEROPE 22

--EDIT--

↑このページのトップヘ

google-site-verification: google878c7206ee6d4f7b.html