Jazz & Drummer

ジャズ・フュージョンの新譜を中心に感じたままに書いている個人ブログです

Tobias Meinhart / Berlin People

Tobias Meinhart (Ts)
Kurt Rosenwinkel (G)1, 3, 4, 6, 7
Ludwig Hornung (P)
Tom Berkmann (B)
Mathias Ruppnig (Ds)

Recorded at Loft Cologne (Stefan Deistler) and Hansa Studios Berlin (Arne Schumann)
Mixed, mastered and produced by Johannes Felscher
Photography by Mariana Meraz
Artwork by MiriamCastillo.com
Rights & Support, Fett Music
(Sunnyside SSC 1541)

1. Mount Meru 8:19
2. Fruher War Alles Besser 7:46
3. It's Not So Easy 7:19
4. Malala 7:36
5. Be Free 3:59
6. Serenity 9:16
7. Childhood 7:21
8. Berlin People 6:09
9. Alfred 5:38
All tunes by T. Meinhart
except "Fruher War Alles Besser" by L.Hornung and "Serenity" by J. Henderson

カート・ローゼンウィンケル買い。他のメンバーはリーダーのトビアス・マイナートを含めて全然知らない人たちだけど、アルバムタイトルが「Berlin People」となっているので、おそらくベルリン出身のドイツ人なのだろう。各人の経歴をいちいち調べるのは面倒なので割愛するけれど、とりあえず名前の読み方はラドウィグ・ホーナング、トム・バークマン、マティアス・ルップニグとしておく。その演奏は非4ビートと4ビートをバランスよく配しながらのコンテンポラリー・ジャズ。完全にNYナイズされているので、普段聴いているアメリカ人の演奏と変わらないし、その曲調がローゼンウィンケルの音楽性にもよくマッチしているのだが、プレイ的にはローゼンウィンケル(大胆なギターのトーンで、アラン・ホールズワースばりに超絶技法で攻めまくっている)の上手さが目立つ分、他のメンバーがなんとなく影が薄く感じてしまうのは残念なところ。むしろ2曲目「Fruher War Alles Besser」とかのローゼンウィンケル抜きの曲の方が、各人の持ち味が前面に打ち出されていていい感じ。中でもピアノのホーナングはローゼンウィンケル入りの3曲目「It's Not So Easy」や4曲目「Malala」等でも確かなテクニックに裏打ちされたセンスのいいアドリブを取っていて、なかなかやるなあと思わせてくれる。またマイナートもよく聴くとコルトレーン的ではないところに独自の個性が感じられるね。ベースのバークマンとドラムのルップニグも水準以上のテクニックを持っているので、バンドとしても安定感のある演奏が堪能できるし、頭でっかちにはなっていないオリジナルの楽曲にも好感が持てて(既成曲の2曲も違和感なく溶け込んでいる)、結果的にはトータル62分をノリノリで楽しませてくれる。
流石にSunnysideからのリリースだけあって、ローゼンウィンケル以外は知らないメンバーながらも期待を裏切らない演奏をしているし、録音もテナーは少々硬質ではあるものの、各楽器の骨格のガッチリした音質がやっている音楽にもよくマッチしていて、これは買って大正解。ローゼンウィンケルとの共演は本作限りだと思うけど、次回作がリリースされたときにはまた買ってみようと思う。

評価☆☆☆☆ (☆最悪!、☆☆悪い、☆☆☆普通、☆☆☆☆良い、☆☆☆☆☆最高!)


Berlin People
Tobias Meinhart
Sunny
2019-03-22


--EDIT--

Eric Reed / Everybody Gets the Blues

Eric Reed (P, Rhodes)
Tim Green (As, Ss)
Mike Gurrola (B)
McClenty Hunter (Ds)

Recorded on November 6, 2018 at Sear Sound Studio C, NYC
Produced by Paul Stache and Damon Smith
Recorded, Mixed and Mastered by Christopher Allen
Studio Assistant: Owen Mulholland
Photography by Jimmy and Dena Katz
Design by Damon Smith and Paul Stache
Eric Reed plays Yamaha pianos and keybords
McClenty Hunter plays Sabian cymbals with Vic Firth sticks
Tim Green plays Conn-Selmer and Yanagisawa Wind Instruments, and D'Addario Woodwinds Reeds
(Smoke Sessions Records SSR-1902)

1. Everybody Gets the Blues (Eric Reed) 3:51
2. Cedar Waltzin' ~ Don't You Worry 'bout a Thing (Eric Reed ~ Stevie Wonder) 8:23
3. Naima (John Coltrane) 5:28
4. Martha's Prize (Cedar Walton) 7:49
5. Yesterday ~ Yesterdays (John Lennon / Paul McCartney ~ Jerome Kern / Otto Harbach) 6:07
6. Up Jumped Spring (Freddie Hubbard) 8:48
7. Dear Bud (Eric Reed) 5:00
8. New Morning (Eric Reed) 9:30
9. Road Life (James Williams) 4:36

エリック・リードのリーダー作を買うのは「Eric Reed / Groovewise(14年、別頁あり)」以来だけど、調べてみたら「Eric Reed / Light In Darkness」というのもWj3 Recordsから昨年リリースされているんだね。本作のメンバーのティム・グリーンとマクレンティ・ハンターは、その「Light In Darkness」にも参加。ベースはベン・ウィリアムスから初聴きのマイク・グローラに代わっているものの、昨年ベニー・グリーンのトリオで来日しているだけあって、ウィリアムスと比較してもそんなに聴き劣りはしないので、まずはホッとする。演奏はピアノトリオのみによるゆったり目の「Everybody Gets the Blues」でスタート。当ブログは2005年4月に「Eric Reed Trio/Blue Trane(05年、別頁あり)」記事でスタートしているのだが、あの頃と比べると円熟味のあるリードのピアノが身体に心地いい。2曲目「Cedar Waltzin' ~ Don't You Worry 'bout a Thing」はグリーン入りのミディアムテンポの3拍子曲。こちらの方は打って変わって各人が元気溌剌なプレイをしているのが実にいい塩梅。特にリードの次々と湧き出てくる音数の多いフレージングが魅力的だね。3曲目は「Naima」だけど、あえてこの曲だけエレピを弾いているのはマッコイ・タイナーのイメージを回避するためなのかもしれない。その甲斐あってストレートな演奏ながらも、これまで聴いてきたどの「Naima」とも一味違った雰囲気で堪能できる。4曲目「Martha's Prize」はファンク調。跳ねる感じのビートなので途中から4ビートにチェンジしているけれど、この曲もまたリードを筆頭に各人のドライブ感はなかなかのものだし、バラード曲の5曲目はビートルズの「Yesterday」とジェローム・カーンの「Yesterdays」を合体させている発想自体が素敵。以降の曲も好ましい演奏が続いていて、流石に私がブログを始めるきっかけとなったリードだけのことはあるなあとつくづく思った。
本作は単に演奏が良いだけではなく、動と静のバランスを考慮しながらの曲配列も良好だし(ラスト曲「Road Life」を除いて、後半は落ち着いた曲調が続いているけれど、それが味わい深さにも繋がっている)、録音もアルトはもう少し太い音色の方が好みなのとベースにも力感が不足してはいるものの(おそらく二人の出の音自体がこういう音なのだろう)、全体的なバランスは悪くないのに加えて、リードが弾いているいかにもYAMAHAらしい明るめのピアノの音が演奏にもよくマッチしているおかげで、音的にもルンルン気分で楽しむことができた。

評価☆☆☆☆ (☆最悪!、☆☆悪い、☆☆☆普通、☆☆☆☆良い、☆☆☆☆☆最高!)


Everybody Gets.. -Digi-
Eric Reed
Membran
2019-04-19


--EDIT--

John Patitucci / Soul of the Bass

John Patitucci (Six-string El-B, El-B, Piccolo El-B, Ac-B)
Nate Smith (Ds)4, 9
Greisun (Vo)11
Isabella Patitucci (Vo)11
Sachi Patitucci (Cello)13

Producer: John Patitucci
Co-Producer: John Davis
Exective Producer: Sachi Patitucci
Recorded, Mixed & Mastered at The Bunker, Brooklyn, NY
Recording & Mixing Engineer: John Davis
Mastering: Alex De Turk
Front Cover Photo: Public Domain
All other photography: Peter Freed
Graphic Design: Malcolm Webb
(Three Faces Records 888295870986)

1. Soul of the Bass 2:23
2. Seeds of Change 2:37
3. Morning Train (Spiritual) 2:01
4. The Call 3:31
5. Mystery of the Soul 3:41
6. Morocco 1:45
7. Elvin 2:28
8. Earth Tones 3:15
9. Seeds of Change Reprise 2:48
10. Allemande in D minor (J. S. Bach) 5:45
11. Sarab 3:52
12. Trust 1:47
13. Truth 1:55
All pieces composed by John Patitucci
exept Track 3 "Morning Train" by Spiritual, Track 10 "Allemande in D minor" by Johann Sebastian Bach, Track 11 "Sarab" by John Patitucci and John Davis

ジョン・パティトゥッチのリーダー作を聴くのは「John Patitucci Electric Guitar Quartet / Brooklyn(15年、別頁あり)」以来。その間にも「Perez, Patitucci, Blade / Children of the Light(15年)」「Randy Brecker / Randy Pop!(15年)」「André Marques / Viva Hermeto(15年)」「Jimmy Greene / Flowers - Beautiful Life, Volume 2(17年)」「Lewis Porter / Beauty & Mystery(18年)」「Karel Ruzicka Quartet / Grace & Gratitude(19年)」「Yotam Silberstein / Future Memories(19年)」(各別頁あり)や、チック・コリアのエレクトリックバンド、アコースティックバンドの最新のYouTube映像等でプレイに接しているので、久しぶりといった感じは全くしないのだが、本作では数曲を除きソロベースとなっているのが興味深いところ。これまでのアルバムにもソロ曲は入っていたけれど、曲(半即興的なものがほとんど)によりウッドとエレべを使い分けながら、最後まで退屈することなく聴かせてくれるのは流石にパティトゥッチだけのことはある。1曲目「Soul of the Bass」から3曲目「Morning Train (Spiritual) 」までは完全ウッドソロ。ネイト・スミス入りの4曲目「The Call」はエレべ(オーバーダブもあり)によるファンクチューン。5曲目「Mystery of the Soul」はアルコ弾きにエレべと指弾きをオーバーダブ。スウィンギーな6曲目「Morocco」から8曲目「Earth Tones」まではまたウッドソロ。スミス入りの9曲目「Seeds of Change Reprise」(ウッドのラインにエレべをオーバーダブ)は4曲目と似た感じ。10曲目「Allemande in D minor (J. S. Bach) 」はエレべ一本によるクラシカルなソロ。11曲目「Sarab」はエレべとグレイスン(?)、イザベラ(娘かな?)のヴォイスの多重録音。ウッドソロの12曲目「Trust」を挟んだラストの13曲目「Truth」は奥方サチのチェロとの多重録音によるストリングアンサンブルと、エレべでギター的にメロディーを弾くのは抑え気味にして、今回はウッドをメインとしたアコースティックなサウンド作りとなっているのも実にいいね。曲調に合わせて超絶技法は控えめながらも、これだけいい感じで楽しませてくれるのだから大したもの。これを聴いてパティトゥッチのことがますます好きになった。
ソロベースの近作としては「Larry Grenadier / The Gleaners(19年、別頁あり)」も相当良かったけれど、音楽的にしっくりくるのは本作の方。演奏が良いのに加え録音もベースの生音がリアルに録れていて、音的にも満足させてくれる。パティトゥッチは近々アコースティックバンドの新作もリリースされるので、そちらでのプレイも楽しみだ。

評価☆☆☆☆ (☆最悪!、☆☆悪い、☆☆☆普通、☆☆☆☆良い、☆☆☆☆☆最高!)


Soul Of The Bass
John Patitucci
2019-04-19


--EDIT--

Patrick Cornelius / This Should Be Fun

Patrick Cornelius (As)
Ben Allison (B)
John Escreet (P)
Mark Ferber (Ds)
Nick Vayenas (Tb)

Procucer: Marc Free
Engineer: Nick O'Toole
Recorded: June 22, 2018, Acoustic Recording, Brooklyn, NY
Mixed & Mastered: Woodland Studio, Lake Oswego, OR
Photoguraphy: Sara Pettinella
Package design: Jamie Brunson

1. Big Pictures 6:45
2. Leaving Paradise 5:09
3. This Should Be Fun 5:00
4. Precious Souls 2:22
5. Telescope 5:38
6. Dissolution 7:07
7. Restiless Willow 4:59
8. Like Kenny 7:20
9. One Shy of a Dozen 5:19
10. For Morgan 7:56
All compositions by Patrick Cornelius
except "Dissolution" by Nick Vayenas
This album is dedicated to all of my fellow musicians.
Thank you for your constant inspiration.

パトリック・コーネリアスは「Philip Dizack/Beyond a Dream(06年、別頁あり)」「Patrick Cornelius / Maybe Steps(11年、別頁あり)」でしか聴いたことがないアルト奏者。なのでどんな感じのプレイをしていたのかはほとんど記憶に残っていないのだが、本作にはジョン・エスクリートとマーク・ファーバーが参加しているので興味津々買ってみた。その演奏は少々小粒ながらも、現代的なセンスに溢れていてなかなかいい塩梅。コーネリアスは温かみがあって、高音域でも線が細くならないアルトの音色がまずいいね。フレージングにも変な癖がなく、それが聴きやすさに繋がっているのだが、だからといってありきたりな印象は受けないのはオリジナルの楽曲をやっているから。楽曲は4ビートをメインに、非4ビートもバランスよく配列。3曲目「This Should Be Fun」のようなセカンドライン調の曲があったり、4曲目「Precious Souls」のようなベースのベン・アリソンとのデュオによるバラード曲があったり、半分ぐらいの曲にはトロンボーンのニック・ベイナス(これが初聴き)が参加したりと、曲ごとに変化のある演奏となっていながらも統一感はきちんと取れているし、動と静のバランスも良好なおかげで、終始いい感じで楽しむことができる。コーネリアスがどの曲でも聴かせてくれるのは当然として、エスクリートも普段やっていることと比較するとオーソドックスながらも、曲調の範囲内で非常に魅力的なピアノを弾いているし、フロントとしてコーネリアスと調和を取りつつ、いざというときにはけっこうダイナミックに攻めているベイナスも好感触。ファーバーも派手さはないものの、小技の効いたドラミングが実に気持ちいいし、力感のあるアリソンのベースも曲調にバッチリ嵌っていて、どの曲も「いいぞ、いいぞ」と思いながら聴いていたらトータル57分があっという間に終わってしまった。
本作は買って大正解。演奏が良いだけではなく、録音も各楽器がやっている音楽によくマッチした温かみのある音で録れていて、音的にも気分よく楽しませてくれる。

評価☆☆☆☆ (☆最悪!、☆☆悪い、☆☆☆普通、☆☆☆☆良い、☆☆☆☆☆最高!)


This Should Be Fun
Patrick Cornelius
Posi-tone Records
2019-04-29


--EDIT--

(HMV)
1. Joel Ross / Kingmaker 2-7日
2. Kurt Elling / Questions 在庫あり
3. Adam Niewood / Home With You, At Last 5/31
4. Ralph Moore / Three Score 5/31
5. Alexa Tarantino / Winds Of Change 5/31
6. Out To Dinner, Michael Dease / Different Flavors 5/31
7. Jeff Watts / Travel Band -Detained In Amsterdam 6/10

5枚で35(~50)%オフセール利用

8. Chick Corea Akoustic Band / Live(国内盤)5/22

--EDIT--

↑このページのトップヘ

google-site-verification: google878c7206ee6d4f7b.html