Jazz & Drummer

ジャズ・フュージョンの新譜を中心に感じたままに書いている個人ブログです

Gilad Hekselman / Ask for Chaos

+ gHex Trio
Gilad Hekselman (G)
Rick Rosato (B)
Jonathan Pinson (Ds)
* Zuperoctave
Gilad Hekselman (G, B)
Aaron Parks (Syn, Rhodes, P)
Kush Abadey (Ds, Pads)

Produced by Gilad Hekselman
All compositions by Gilad Hekselman
String arrangement Do Re Mi Fa Sol by Petros Klampanis
Strings on Do Re Mi Fa Sol by Duncan Wickel
Mixed and masterd by Michael Perez-Cisneros
Assistant engineer Alex Haley
Graphic Design by Jamie Breiwick, Bside Graphics
Cover photos by Josh Goleman
Disc photo by Caterina Diperri
(Motema Music MTM0284)

1. Prologuoooo 1101 0:22
2. Vblues * 6:48
3. It Will Get Better + 6:51
4. Tokyo Cookie * 8:08
5. Stumble * 7:26
6. Milton + 5:49
7. Home to You * 8:42
8. Little Song for You + 3:41
9. Clap Clap * 5:54
10. Do Re Mi Fa Sol + 5:26

一昨日聴いたばかりの「Ben Wendel / The Seasons(18年、別頁あり)」にも参加していたギラッド・ヘクセルマンのリーダー作を買うのは、「Gilad Hekselman / Homes(15年、別頁あり)」に次いで本作で6枚目だけど、今回はアーロン・パークスを除いて知名度が高くない人達とやっているのが興味深い。自ブログで検索してみたら、リック・ロサトは「Jonathan Kreisberg / Wave Upon Wave(14年、別頁あり)」に、またクッシュ・アバディは「Wallace Roney/If Only For One Night(10年)」「Wallace Roney / Home(12年)」「Frank Lacy / Live at Smalls(14年)」(各別頁あり)に参加しているのが見つかったし、ジョナサン・ピンソンも演奏しているのは聴いたことがないものの、「Ralph Peterson / The Duality Perspective(13年、別頁あり)」では彼の楽曲を取り上げているので、各人ともなかなかのやり手なのは間違いないだろう。gHex Trio、Zuperoctaveという2つのグループによる演奏は、パークス入りのZuperoctaveがエレクトリック色が強く(打ち込みとの同期やベースのオーバーダブもあり)、gHex Trioの方はウッドベースの音色を活かしたアコースティックな演奏となっているのが特徴。どちらも現代感覚に満ち溢れたコンテンポラリーなジャズではあるけれど、その演奏の切り口が異なっているのが面白いし、両方をやってのけているヘクセルマンの音楽性やギターの奏法の多彩さにも改めて感心する。アリ・ホーニグのバンドに参加するときなんかはまた違った一面を見せたりもして、どれだけ多くの引き出しを持っているのか計り知れないものがあるのだが、本演奏ではそんなヘクセルマンのプレイをたっぷりと堪能できると同時に、他のメンバーも非常にセンスのいいプレイをしているおかげで(中でもパークスとアバディにはテクニック面においても惹きつけられる)、ただでさえ良い楽曲をますます良く感じさせてくれる。エレクトリックとアコースティックな演奏が混在していても、ちぐはぐな印象は全く受けないのも流石だし、動と静のバランスも申し分がなく、どの曲も「いいぞ、いいぞ!」と思いながら聴いていたらトータル59分があっという間に終わってしまった。
これまでのような有名どころとの共演ではないので、聴く前は危惧していたけれど、どちらのバンドをとっても非常に魅力的な演奏をしていて大満足。本作は録音も各楽器の音質、バランス共に良好なので、ここは5つ星といきたいところだが、若手ギタリストの中で最も注目しているヘクセルマンだったらもっと凄いことができそうな気がするので、あえて4つ星に抑えておく。

評価☆☆☆☆ (☆最悪!、☆☆悪い、☆☆☆普通、☆☆☆☆良い、☆☆☆☆☆最高!)




--EDIT--

Ben Wendel / The Seasons

Ben Wendel (Ts, Ss, Bassoon on #1, 3, 7, 12, EFX)
Aaron Parks (P)
Gilad Hekselman (G)
Matt Brewer (B)
Eric Harland (Ds)

Recorded March 5-7, 2018 at Bunker Studios, Brooklyn, NY by Aaron Nevezie
Mixed by Todd Burke
Mastered by Nate Wood at Kerseboom Mastering
Piano Tuned by James Carney
Photography: Josh Goleman
Design: Rebecca Meek
Project Manager: Rachel Silton
Publicity: Jason Byrne
Management: Tom Korkidis
Booking: Imn Wrld, Alycia Mack, Holly Brennock
(Motema Music MTM0288)

1. January 6:47
2. February 6:48
3. March 6:15
4. April 6:39
5. May 6:36
6. June 5:00
7. July 6:07
8. August 6:51
9. September 3:59
10. October 6:16
11. November 6:34
12. December 10:47
Produced, composed and arranged by Ben Wendel

ベン・ウェンデルのアルバムを買うのは「Ben Wendel/Simple Song(09年、別頁あり)」「Ben Wendel / Frame(12年、別頁あり)」以来。サイド参加としては他にも「Tigran Hamasyan/Red Hail(09年)」「Austin Peralta / Endless Planets(11年)」「Philip Dizack / Single Soul(13年)」「Matt Brewer / Unspoken(16年)」「Gerald Clayton / Tributary Tales(17年)」(各別頁あり)等で耳にしているのだが、本作の前に「Ben Wendel / What We Bring(16年)」がリリースされているのは、本人のサイトを見るまで気が付かなかった。HMVの解説によると、本演奏は1年=12ヶ月に対応した12の作品集を豪華ミュージシャンたちとのデュオ共演でYouTubeにアップして大きな話題となった「The Seasons Project」をグループ編成として発展させたものだそう。メンバーを見るだけでも非常にそそられるけど、実際の演奏も各人の持ち味を存分に生かしながらのコンテンポラリー・ジャズが展開されていて実にいい。アルバムを通して何らかのストーリー性が感じられる楽曲自体がまずカッコいいのだが、そんな中で全体的にマイケル・ブレッカー的な雰囲気を醸しながら吹いているウェンデルは、流石に大きくスポットが当たっているだけあって、どの曲においても魅力的なプレイで聴かせてくれるし(場面によってはサックスにエコー的なEFXをかましている)、ギラッド・ヘクセルマンも一糸乱れぬテーマユニゾンや、曲調にバッチリ嵌りながらも決して教科書的ではない斬新なフレージングが見事としか言いようがない。またアーロン・パークスもアドリブの場面は少ないものの、いざというときにはリーダー作よりも良いのではと思うほどのプレイをしているし、マット・ブリューワーのこの手のコンテンポラリーな曲への対応力にも改めて感心する。そしてなんといってもエリック・ハーランドが自己のバンドVoyagerや、James Farm、Aziza等と同等か、あるいはそれ以上の高度なテクニックと独創的なアイデアを駆使しながらダイナミックにプッシュしているものだから、私としてはもうそのドラミングを聴いているだけでも嬉しくなってしまう。トータルで約79分とかなり長めではあるけれど、曲構成の良さと素敵な演奏が相まって、どの曲も感動しながら聴いていたらあっという間に終わってしまった。
これだけのメンバーが揃っているので良いことは聴く前から分かっていたけれど、その演奏は想像していたものを遥かに超えていて素晴らしい。本作は録音も、シンバル系の金物だけはもう少し音が大きくてもいいと思うけど、それを除いては各楽器が私好みの温かみのある音色で録れているしバランスも良好で、オーディオ的にも楽しませてくれる。

評価☆☆☆☆☆ (☆最悪!、☆☆悪い、☆☆☆普通、☆☆☆☆良い、☆☆☆☆☆最高!)


SEASONS
BEN WENDEL
PIASU
2018-10-12


--EDIT--

John Scofield / Combo 66

John Scofield (G)
Gerald Clayton (P, Or)
Vicente Archer (B)
Bill Stewart (Ds)

Recorded April 9 and 10 2018 at Carriage House Studio
Recorded and mixed by Jay Newland
Masterd by Mark Wilder at Battery Studios
Degital editing by Brian Montgomery
Photos by Nick Suttle
(Verve 678 021 3)

1. Can't Dance 7:32
2. Combo Theme 7:22
3. Icons at the Fair 5:33
4. Willa Jean 7:59
5. Uncle Southern 5:39
6. Dang Swing 6:09
7. New Waltzo 8:52
8. I'm Sleeping In 5:04
9. King of Belgium 6:24
All songs by John Scofield

大好きなジョン・スコフィールドだけど、本作ではビル・スチュワート以外のメンバーを一新しているのが興味深い。ジェラルド・クレイトンもヴィセンテ・アーチャーもアルバムでジョンスコと共演するのは多分これが初めてだと思うけど、実際の演奏がラリー・ゴールディングスやスティーヴ・スワロウあたりのときと比べても大きくは変わっていないということは、それだけ自己の音楽性が確立されているのに加えて、これまでのバンドがジョンスコとビルスチュの強烈な個性で成り立っていたからなのだろう。そんな二人のプレイが本演奏においても非常に魅力的だし、クレイトンもオルガンを弾いている1曲目「Can't Dance」や7曲目「New Waltzo」ではゴールディングスと差異はないにしても、ピアノのときはバンドとしてのグルーブまで変化したように感じられるほどのスウィング感に満ち溢れたプレイ(ゴールディングスとはノリが異なる)で楽しませてくれるし、アーチャーもビルスチュとは過去にも「Nicholas Payton / Letters(15年)」「Danny Grissett / The In-Between(15年)」「Danny Grissett / Remembrance(17年)」(各別頁あり)で共演している間柄だけあって、力感のある太い音色で土台をガッチリと支えながら、リズム隊として相性バッチリのプレイで聴かせてくれる。楽曲的にも全曲が4ビートのオリジナルはどれもがみんな良いのだが、新曲ながらも過去のアルバムで聴いたことがありそうな曲調がほとんどなので、7曲目のように曲中でロック調に変化させるなりして、アルバムを通してもっとインパクトやメリハリのある演奏をしていれば更によかったと思う。でもこのデジャヴ感が聴いていての安心感に繋がっているわけでもあるので、これでよしとしよう。
ということで期待していたほどではないにしても、これまでのジョンスコ・サウンドに円熟味を加味した演奏が堪能できるし、「John Scofield / Past Present(15年、別頁あり)」「John Scofield / Country for Old Men(16年、別頁あり)」に引き続きのジェイ・ニュージランド(Jay Newland)の録音も、バスドラの音が少々小さく録れている以外は各楽器の音質、バランス共に良好なので(個人的にはジェームス・ファーバー方が好きだけど)、それなりの満足感は得られた。それにしてもアルバムタイトルの「Combo 66」とはどういう意味なのかな。「Live '77」にかけ合わせたのとは違うような感じだし、これは暇なときにでも調べてみるとしよう。

評価☆☆☆☆ (☆最悪!、☆☆悪い、☆☆☆普通、☆☆☆☆良い、☆☆☆☆☆最高!)


COMBO 66 [CD]
JOHN SCOFIELD
VERVE
2018-09-28


--EDIT--

↑このページのトップヘ

google-site-verification: google878c7206ee6d4f7b.html